漫画、アニメ、ライトノベル関係のロゴに使われているフォントの紹介。オタクのためのフォント読本「書体の研究」の情報も。

« [フォント] 解ミン 月、解ミン 宙(モリサワ)の使用例 | メイン | [フォント] TP明朝がついに登場 »

2014年1月 8日

●[フォント] フォントワークスの2014年の新書体

■ ウィッチクラフトワークス

みなさま、新年明けましておめでとうございます。

またもや前回の更新から一月以上あいてしまうというていたらくですが、今年もどうぞよろしくお願いいたします。


年が明けたということは、つまり新しいアニメが始まるということで、さっそくいろいろ観ていきたいところなのですが、年明けすぐに風邪をひいてしまい、今週の月、火と出勤したものの、まずます症状が悪化して今日はついに休む羽目になってしまいました。

病院で薬を出してもらって少しマシになったので、せっかくなのでブログを更新しようというわけです。

とはいえ、まったく新アニメを観られていないわけではなく、『咲 全国編』のあまりの登場人物の多さにどうやってアフレコしたのか余計な心配をしたり、某作品を観て「いくら好きな声優さんが出ててもこれは無理……」とか思ったりしていました(笑)。

あと、フォントがらみでいえば、『ウィッチクラフトワークス』では下の画像にあるように、OP手リップでライラ、EDテロップでぶどう、そして各話タイトルでパールというフォントが使われていましたね。

ウィッチクラフトワークス

ウィッチクラフトワークス

ウィッチクラフトワークス

ウィッチクラフトワークス

ウィッチクラフトワークス

(クリックで拡大)

このライラ、ぶどう、パールの3つは、いずれもフォントワークスの書体です。

(別に、『ウィッチクラフトワークス』と『フォントワークス』をかけている、というような駄洒落ではないと思いますが……)

ライラは以前(下記リンク参照)にも紹介したようによく見かけるんですが、パールがアニメで使われているのは珍しいかもしれません。

→ ゆず屋:[フォント] 『たまこまーけっと』とか『ささみさん@がんばらない』とか『俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる』とか『僕は友達が少ないNEXT』とか


■ フォントワークスの新書体

フォントワークス

で、そのフォントワークスから今日、荷物が届きました。

新しくなったインストーラーと今年の新書体です。

フォントワークスの年間ライセンスシステムであるLETSは、いままで黒い大きなバインダーに何枚ものCD-ROMを綴じて保管するというスタイルだったのですが、今回、メディアがDVD-ROMになってパッケージもうんとコンパクトになりました。

そして、肝心の新書体はというと、人気シリーズである筑紫オールド明朝の新しいバージョンである筑紫Cオールド明朝や、筑紫ゴシックのオールドスタイル版である筑紫オールドゴシックなど、楽しみにしていたフォントがついにリリースされました。

筑紫cオールド明朝

(クリックで拡大)

筑紫オールドゴシック

(クリックで拡大)

それ以外にも、「スキップ」のウエイト展開や、アーク、テロップ明朝など新フォントも出ていますので、詳しくはフォントワークスのサイトをご覧ください。

→ フォントワークス:LETS新書体

あと、忘れてはいけないのが今まで別料金だった白舟書体コレクション 48書体がフォントワークスLETSに収録されたことですね。

→ フォントワークス:白舟書体コレクション

明朝やゴシックのような基本書体とは違って筆書系の書体は遣いどころが限られるとはいえ、デザイン等のお仕事をされている方にとってはかなりいい話なのではないでしょうか。

これで年会費24,000円(3年コースの場合)って、ちょっと安すぎるのではと、かえって心配になってしまうくらいです。

もっとも、だからといって春あたりから白舟書体をタイトルに使ったラノベが大量に出てくる、なんてことにはなって欲しくないわけですが(笑)


ちなみに、昨年度(2012年12月)にリリースされたフォントワークス新書体の記事はこちらです。

→ ゆず屋:[フォント] フォントワークス2012年の新書体

あと、同人誌『書体の研究』の通販も引き続きやっていますのでよろしくお願いいたします。

*本文中のキャプチャ画像は『ウィッチクラフトワークス』(水薙竜・講談社/ウィッチクラフトワークス製作委員会)第1話より引用。




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://yuzuya.style.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/850