漫画、アニメ、ライトノベル関係のロゴに使われているフォントの紹介。オタクのためのフォント読本「書体の研究」の情報も。

« [イベント] 燃える文字祭に参加してきました | メイン | [フォント] フォントワークスの2014年の新書体 »

2013年12月 3日

●[フォント] 解ミン 月、解ミン 宙(モリサワ)の使用例

今日はタイトルのとおり、解ミン 月、解ミン 宙という書体の使用例の紹介です。

この2つはモリサワの年間ライセンシングプログラム「PASSPORT」に収録されている書体で、今年(2013年)のアップグレードキットで登場したものです。

アップグレードキットが出た9月から数ヶ月たち、ぼちぼち使われているのを見かけるようになりました。

そんなわけで、私が見かけた使用例をいくつか挙げてみます。


■ 解ミン 月

解ミン 月

まずは「解ミン 月」の例です。

米谷たかねさんの『天才博士と恋のおくすり』(ミッシィコミックスYLC Collection)です。

解ミン 月

(クリックで拡大)

この「解ミン」という書体は、フォント解の金井和夫さんがデザインされたもので、共通の漢字に、異なるデザインの仮名を組み合わせた「月」と「宙(そら)」の2種類があります。

モリサワの説明によれば、解ミンの漢字は「明朝体に隷書の筆法を取り入れた」と表現されています。

たしかに、明朝体のような水平垂直の骨格を持っていますが、横画は明朝体ほど細くなっておらず、筆で書いたような柔らかさも備えています。

また、解ミン 月では仮名も隷書体に近いデザインになっています。

→ モリサワ:解ミン 月


■ 解ミン 宙(そら)

次は、もう一つの解ミン 宙です。

解ミン宙

これは白神怜司さんの『スイの魔法』(アルファポリス)。

解ミン 宙

こちらは原 悠衣さんの『わかば*ガール』(まんがタイムKRコミックス)。

原悠衣さんというと、『きんいろモザイク』の作者の方ですね。

解ミン 宙

『わかば*ガール』で使われているフォントを見てみると、上図のようになります。

タイトルの文字は、一見、明朝体の仮名のようにも見えますが、これが「解ミン 宙」です。

ちなみに、欧文タイトルにも解ミン 宙の従属欧文が使われていました。

原 悠衣さんの絵のタッチに、鮮やかな緑色という色使い、そしてこの落ち着いた解ミン 宙の仮名がすごく合っていてきれいですよね。


では、解ミン 月と解ミン 宙の違いを簡単にみてみましょう。

解ミン 宙

(クリックで拡大)

先ほどの「解ミン 月」の仮名が隷書体風だったのに対して、「解ミン 宙」の仮名はこのように明朝体に近いデザインになっています。

それも、今風の明朝体と言うよりは、漢字のデザインにマッチするようにオールドスタイルのデザインになっています。

解ミン 宙

(クリックで拡大)

上の図は、左から順に「リュウミン オールドがな」、「解ミン 宙」、「解ミン 月」、「陸隷」です。

左端の「リュウミン オールドがな」はオールドスタイルの明朝体、右端の「陸隷」は隷書体の例だと思ってください。

こうやって並べてみると、左側の明朝体から右側の隷書体へとグラデーションっぽくなっているのが分かりますね。

→ モリサワ:解ミン 宙


■ こんな使い方も

解ミン 月

最後に、こちらは慶野由志さんの『つくも神は青春をもてなさんと欲す』(スーパーダッシュ文庫)です。

解ミンの漢字に、筆書体(これは行書というのでしょうか?)の仮名を組み合わせて使っています。

こんな風にまったく系統の違う漢字と仮名を組み合わせるのも面白いですね。


と、こんな感じでライトノベルやマンガでの解ミンの使用例を紹介しましたが、おそらくそれ以外の用途、例えば、食品のパッケージなんかでもそろそろ使われだすのではないでしょうか。見つけるのが楽しみです。

では。


同人誌『書体の研究』の通販も引き続きやっていますのでよろしくお願いいたします。





関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://yuzuya.style.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/849