漫画、アニメ、ライトノベル関係のロゴに使われているフォントの紹介。オタクのためのフォント読本「書体の研究」の情報も。

« [書体の研究] 通販のご案内(~2014年1/31) | メイン | 大阪でのイベントに参加させていただきます »

2013年11月 5日

●[フォント] 『のんのんびより』

にゃんぱす~

今日は『のんのんびより』で使われているフォントの小ネタです。


『のんのんびより』といえば、『ゆゆ式』と『きんいろモザイク』が終わってしまって途方に暮れていた私たちを救ってくれた、救世主とも言うべき今期の傑作アニメですが、もちろんみなさんBlu-ray買いますよね?(笑)

田舎が舞台で、ゆったりとした作品の雰囲気にあわせて、タイトルロゴも明るく、のんびりとした雰囲気です。





たしか、こんなロゴだったはず(うろ覚え)。

『のんのんキル』

で、キャラの登場シーンではこんなテロップが出たはず。

『のんのんキル』



本物のロゴと見比べてみましょう。

『のんのんキル』

ん~似てるんだけど、微妙に違いましたね(笑)

→ 参考:ゆず屋:[フォント] 『キルラキル』のあの文字



さて、冗談はさておき、今日紹介したいのはロゴではなく各話タイトルなどに使われているフォントです。

『のんのんびより』

『のんのんびより』

『のんのんびより』

上に挙げたように、『のんのんびより』の各話タイトルなどではちょっと変わったゴシック体が使われています。

普通のゴシック体と比べて仮名のデザインがちょっとゆるい感じで、可愛らしいですよね。

これはやさしさゴシックという名前のフォントで、実はフリーフォントなんですよ。

漢字部分にM+フォントIPAゴシックを利用し、それにオリジナルの仮名を組み合わせたものです。

『のんのんびより』で使われている普通の太さのもの以外に、ボールドもあります。

『のんのんびより』

上の2つが「やさしさゴシック」で、下の3つがよく見かける普通(?)のゴシック体です。

こうやって並べると、やさしさゴシックの、ちょっと下手っぽい(笑)、素朴な可愛さがよく分かりますね。

このフォントが、商用・非商用問わず無償で利用できるんですから太っ腹です。

ダウンロードは「フォントな」よりどうぞ。

→ フォントな


ちなみに、『ゆゆ式』でも携帯の文字にこのフォントが使われていました。

やったね!(笑)

『ゆゆ式』

『ゆゆ式』


画像は、『のんのんびより』(© 2013 あっと・メディアファクトリー/旭丘分校管理組合) 第3話、『ゆゆ式』(©三上小又・芳文社/ゆゆ式情報処理部) 第3話より。




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://yuzuya.style.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/846