漫画、アニメ、ライトノベル関係のロゴに使われているフォントの紹介。オタクのためのフォント読本「書体の研究」の情報も。

« 2013年10月 | メイン | 2013年12月 »

2013年11月30日

●[イベント] 燃える文字祭に参加してきました

燃える文字祭

先週の土曜日は、大阪で開催された「燃える文字祭」というイベントに参加してきました。

主催者の檜垣さんをはじめ、関係者の方々には大変お世話になりました。

大阪まで行って話をするというのは初めてだったんですが、おかげさまでとても楽しい時間を過ごすことが出来ました。

聴きに来てくださった方々も、同じように楽しんでいただけていたらいいなと思います。

ちなみに、50分ほどしゃべる予定だったのに、事前に170枚以上スライドを作ってしまってどうしようという感じだったんですが、適当に端折りながら話して、なんとかおおむね時間に収められたので一安心でした(笑)

あと、来場者の方に回答していただいたアンケートが面白い結果になっていたんですが、それにつてはイベントの公式ブログをご参照ください。

→ 燃える文字祭 公式ブログ


その翌日は、大阪DTPの勉強会さん主催の『鳥海修の文字塾 第2回』に参加。

鳥海さんのお話は分かりやすい上に面白く、非常に有意義な時間を過ごすことが出来ました。

時間の余裕があまりなく、懇親会に参加できなかったのが残念です。

→ 大阪DTPの勉強会


あと、その際に教えていただいたんですが、関西では「和文と欧文」というイベントも開催されているそうで、フェイスブックページを拝見しただけでもすごく勉強になりそう、というかむちゃくちゃ面白そうです。

参加させていただきたいけど東京からは遠いです……

→ 和文と欧文


こんなかんじで、関西でも文字関係のイベントがたくさん開かれているんですが、もちろん東京でもそれに負けずいろいろあるわけです。

そういういろんなイベントに積極的に参加したいと常々思っているんですが、出不精な上になかなかそういった情報に疎いもので、見逃してしまうこともしばしば。

今回も、行く気満々だった「タイポグラフィの世界」と「タイプルノアール」の両方とも、気がついたときには定員に。

楽しみにしていたのに、どんくさすぎです。

gggでやっていた「ヤン・チヒョルト展」もいつのまにか終わっていたし……

今後はこんな風にならないように、こまめにチェックしたいと思います(笑)


なお、今日までの予定だった『書体の研究』の直接通販ですが、年明けまで延長しようと思います。

もし、ご興味のある方がいらっしゃったらぜひご利用ください。

→ [書体の研究] 通販のご案内(~2014年1/31)




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2013年11月14日

●大阪でのイベントに参加させていただきます

タイトルの通り、今月末、2013年11月23日(土)に大阪であるイベントに参加させていただきます。

「燃える文字祭」というイベントなんですが、主催者の方よりお誘いいただき、50分程度時間をいただいて『書体の研究』出張版 「身近なフォントの楽しみ方〜オタク系コンテンツを中心に〜」(仮題)というタイトルで話をさせていただくことになりました。

『書体の研究』の延長線的な内容で、難しいことは抜きにして、どちらかと言えば初心者の方向けに書体、フォントの面白さを紹介するというような内容にしようと思っています。

いつものように、マンガ、アニメ、ラノベ系のネタが多めです(笑)

他に、フロップデザインの加藤さんのお話しやパネルディスカッションも予定されています。

事前の申込みなしに無料で参加できるイベントですので、気軽に参加していただければと思います。

詳しくはイベントの公式ブログをご覧ください。

→ 燃える文字祭

ちなみに、翌日の日曜日には、大阪DTPの勉強部屋さん主催の「鳥海修の文字塾 第2回」が大阪でありますのでお忘れなく(もちろん私も申し込みました)。


同人誌『書体の研究』の通信販売も引き続き行っていますのでよろしくお願いいたします。

→ [書体の研究] 通販のご案内




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2013年11月 5日

●[フォント] 『のんのんびより』

にゃんぱす~

今日は『のんのんびより』で使われているフォントの小ネタです。


『のんのんびより』といえば、『ゆゆ式』と『きんいろモザイク』が終わってしまって途方に暮れていた私たちを救ってくれた、救世主とも言うべき今期の傑作アニメですが、もちろんみなさんBlu-ray買いますよね?(笑)

田舎が舞台で、ゆったりとした作品の雰囲気にあわせて、タイトルロゴも明るく、のんびりとした雰囲気です。





たしか、こんなロゴだったはず(うろ覚え)。

『のんのんキル』

で、キャラの登場シーンではこんなテロップが出たはず。

『のんのんキル』



本物のロゴと見比べてみましょう。

『のんのんキル』

ん~似てるんだけど、微妙に違いましたね(笑)

→ 参考:ゆず屋:[フォント] 『キルラキル』のあの文字



さて、冗談はさておき、今日紹介したいのはロゴではなく各話タイトルなどに使われているフォントです。

『のんのんびより』

『のんのんびより』

『のんのんびより』

上に挙げたように、『のんのんびより』の各話タイトルなどではちょっと変わったゴシック体が使われています。

普通のゴシック体と比べて仮名のデザインがちょっとゆるい感じで、可愛らしいですよね。

これはやさしさゴシックという名前のフォントで、実はフリーフォントなんですよ。

漢字部分にM+フォントIPAゴシックを利用し、それにオリジナルの仮名を組み合わせたものです。

『のんのんびより』で使われている普通の太さのもの以外に、ボールドもあります。

『のんのんびより』

上の2つが「やさしさゴシック」で、下の3つがよく見かける普通(?)のゴシック体です。

こうやって並べると、やさしさゴシックの、ちょっと下手っぽい(笑)、素朴な可愛さがよく分かりますね。

このフォントが、商用・非商用問わず無償で利用できるんですから太っ腹です。

ダウンロードは「フォントな」よりどうぞ。

→ フォントな


ちなみに、『ゆゆ式』でも携帯の文字にこのフォントが使われていました。

やったね!(笑)

『ゆゆ式』

『ゆゆ式』


画像は、『のんのんびより』(© 2013 あっと・メディアファクトリー/旭丘分校管理組合) 第3話、『ゆゆ式』(©三上小又・芳文社/ゆゆ式情報処理部) 第3話より。




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ