漫画、アニメ、ライトノベル関係のロゴに使われているフォントの紹介。オタクのためのフォント読本「書体の研究」の情報も。

« [新刊] 『神速 InDesign』 | メイン | [書体の研究] 通販のご案内(~2014年1/31) »

2013年10月 8日

●[フォント] 『キルラキル』のあの文字

『キルラキル』

■ 『キルラキル』の見どころは、アホの子(CV:洲崎綾)ですよね?

こんにちは。榊です。

今日は、この10月から始まったTVアニメ、『キルラキル』に出てくるあの文字の話です。

『キルラキル』

『キルラキル』

これです。

『キルラキル』では、こんな風に大きなサイズの文字で頻繁にテロップ(?)が入るのですが、この文字、かなり太いですよね。

ここまで極端に太いフォントというと、視覚デザイン研究所のロゴGブラックが真っ先に思いつくので、てっきりそれだと思ったのですが違いました。

(手作業で加工するには違いが多すぎたのと、ライセンスの関係で視覚デザイン研究所のフォントを使う可能性は低いだろうと思われたので、変だとは思ったのですが、思い込んでしまっていました。)


正解は、フォントワークスのラグランパンチでした。

ツイッターで指摘されるまで、このフォントの存在を完全に失念してしまっていました(笑)

『キルラキル』

上がオリジナルの映像、下がフォント(ラグランパンチ)で再現したものです。

ちなみに私が最初勘違いした「ロゴG ブラック」で組むと、下のようになります。

『キルラキル』

こうやって見比べると、全然違いますね……


■ ラグランパンチとラグランの違い

フォントワークスには、「ラグランパンチ」と同じ系統の「ラグラン」というフォントもあります。

→ フォントワークス:ラグラン UB

→ フォントワークス:ラグランパンチ UB

ウエイトはどちらも「UB(ウルトラボールド)」と同じなのですが、「ラグランパンチ」の方が、文字を構成する線と線の隙間の白抜きになる部分(パンチ)をやや大きめにとって、文字を判別しやすくデザインされています。

「ざ」、「ご」、「ば」などの濁点の白フチも同様に、ラグランパンチの方が太くなっています。

微妙な差ですが、特にこういう線が詰まったフォントでは文字が潰れて読みにくくなりがちなので、こういったちょっとした配慮でずいぶんと読みやすさが改善されます。

下の図を見れば「ラグランパンチ」の方がぱっと見て読み取りやすいのが分かると思います。

『キルラキル』


■ すごく太いフォント、すごく細いフォント

こんなふうに極太のフォントを、大きなサイズで力強く使うというのは、ある意味で時代に逆行してますよね。

どちらかというと最近は、iOSやWindows 8 のUIがそうであるように、細いサンセリフ(ゴシック体)をスッキリと使うデザインが流行のようですから、『キルラキル』はその真逆をいっているわけです。

もっとも、このアニメは作画やノリといった内容的にも昭和の香りがぷんぷんする感じですので、そういった意味では本編の内容と文字の使い方とが首尾一貫していると言えるかもしれません。


ちなみに、『書体の研究』の Vol.12 では、「カテゴリー別 ちょっと変わったフォントカタログ」という特集の中で 極細ゴシック体をいくつか紹介しましたが、今回取りあげた「ラグランパンチ」のような極太のフォントと並べてみると下の図のようになります。

『キルラキル』

(画像をクリックで拡大)

上が「極太」、真ん中が「一般的な見出し用」、そして一番下が「極細」です。

おそらく市販のゴシック体で一番細いであろうJTCカル1なんかは拡大しないとまともに見えないレベルです。

(グレーで書いているわけではないんですが、ヘアラインレベルの太さなのでこんなふうに描画されてしまうんです……)

もしもAXIS Basic ULとか、欧文だとNeue Helvetica Ultra Lightみたいな極細フォントでテロップを作ったら、そこだけすごくスタイリッシュになって『キルラキル』の雰囲気とまったく合わなくなりそうですね(笑)


*アニメの画像は、『キルラキル』(©TRIGGER・中島かずき/キルラキル製作委員会)第1話より引用させていただきました。

→ 『キルラキル』公式サイト



来週くらいから同人誌『書体の研究』の直接通販を期間限定で行う予定です。

イベントに出る予定は今のところないので、ご興味のある方はぜひご利用いただけたらと思います。




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://yuzuya.style.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/844