漫画、アニメ、ライトノベル関係のロゴに使われているフォントの紹介。オタクのためのフォント読本「書体の研究」の情報も。

« 2013年8月 | メイン | 2013年10月 »

2013年9月23日

●[新刊] 『神速 InDesign』

『神速 InDesign』

先日、『神速 InDesign』という本を著者の方より頂戴しました。

今月末に発売される予定の本で、「神速(しんそく)」という名前の通り、InDesign での作業を短時間で効率的に行うためのテクニックにフォーカスした本です。

同じシリーズの『神速Photoshop』という本が既に出ているので、そちらをお持ちの方も多いと思いますが、そのInDesign版になります。

著者の方々のお名前をみても、森裕司、尾花暁、たけうちとおる、宮地知、今関洋一、結城しおり(敬称略)と、著名な方ばかりです。

章立ては、次の通り全7章。

  1. 環境設定とワークフロー
  2. 基本操作の神速テクニック
  3. ページレイアウトの神速テクニック
  4. 文字組みの神速テクニック
  5. スタイルの神速テクニック
  6. 画像とグラフィック表現の神速テクニック
  7. 自動処理の神速テクニック

カバーのそで(折り返し)の部分に「神速デザイン五カ条」というのが書いてあるのですが、その中に「四、直しに強いデータを作ろう」、「五、面倒な作業は自動化しよう」と書いてあるあたりに説得力を感じました。

内容の方は、まさにそういったコンセプトに相応しいもので、実際の仕事でありそうな様々な作業を効率化するノウハウがつまった良書だと思います。

ご興味のある方はぜひ。





関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2013年9月14日

●[フォント] 『進撃の巨人』のテロップがすごい!

■ 『進撃の巨人』のオープニング

『進撃の巨人』のテロップ(ゆず屋)

今日は『進撃の巨人』の話です。

といっても、タイトルロゴではなくオープニングのテロップに関してです。

今のオープニングになってすぐに書こうと思ったのですが、いろいろあってこんな時期になってしまいました(笑)

上に挙げた画像の左下にもテロップが入っていますが、小さくて分かりにくいので拡大してみましょう。

『進撃の巨人』のテロップ(ゆず屋)

こんな感じでゴシック体が使われているのですが、いろんなところの線が下にでろ~んと伸ばされています。

「の」の文字なんかも容赦なく伸ばされていて、かなり印象的です。

この部分だけではなく、オープニングのテロップの文字すべてがこんな感じです。

『進撃の巨人』のテロップ(ゆず屋)

もちろんこんなフォントがあるわけではないので、既存のフォントを元に加工したのでしょう。

すごく手間がかかっていますよね。


さらに、普通の手トップのように単純に画面上に文字を置くだけではなく、写っている絵に文字が影を落とした状態で動いていたりします(下の画像)。

『進撃の巨人』のテロップ(ゆず屋)

『進撃の巨人』のテロップ(ゆず屋)

また、下の2枚の画像にある人物の頭が画面の奥から手前に向かって倒れ込んでくるカットでは、初めはテロップが人物より前にあるのですが(1枚目)、頭が倒れてくるとテロップを追い越して、文字が頭に隠れます(2枚目)。

『進撃の巨人』のテロップ(ゆず屋)

『進撃の巨人』のテロップ(ゆず屋)

TVアニメのテロップにここまで凝るのも珍しいのではないでしょうか。


■ フォントは?

ここで終わってしまうとフォントの話にならないので、一応使われているフォントについても触れておきましょう。

ですが、その前にゴシック体の分類について簡単に確認しておきたいと思います。

『進撃の巨人』のテロップ(ゆず屋)

(クリックで拡大)

上に示したように、ゴシック体には大きく分けて3つのタイプがあります。

1つ目は、オーソドックスなタイプ。

オーソドックスなんていうとちょっと曖昧ですが、大ざっぱに言うと昔からあるデザインのゴシック体です。

2つめは、モダンゴシック

こちらは、オーソドックスなものに比べて正方形の枠をいっぱいに使うように文字がデザインされており(字面が大きい)、明るい印象です。

写研のゴナ、モリサワの新ゴなどがこれにあたり、駅の案内表示などにもよく使われています。

そして3つめは、ユニバーサルデザイン(UD)タイプ

ユニバーサルデザインとは、誰にでも使いやすいことを目指したデザインのことです。

UDフォントは、パナソニックが自社製品をUD化するに当たって、それに適したフォントをフォントメーカーのイワタと共同で開発したのが発祥で、それをイワタが市販化したのを皮切りに、現在では多くのフォントベンダーがUDをコンセプトとしたフォント(特にゴシック体)をリリースしています。

詳しくは、『書体の研究』 Vol.6 をご参照下さい。

3つのタイプでは仮名のデザインの違いが顕著なのですが、漢字にもいろいろ違いがあります。

一番分かりやすいのが、ゲタの有無でしょう。

下の図にあるように、標準的なゴシック体では「くにがまえ」のような四角形には下につきだした部分(ゲタ)があるのですが、モダンゴシックでは「眼」の文字の「目」の右下のように、他のパーツと干渉するような位置ではゲタが省略されており、さらにUDゴシックではゲタが完全になくなって、その分のスペースを使って文字自体がめいっぱい大きくデザインされています。

『進撃の巨人』のテロップ(ゆず屋)

(クリックで拡大)


■ 『進撃の巨人』では

『進撃の巨人』の話だったのに、なんでこんなこと書いてるんだろって感じですね。

話を戻しましょう(笑)

『進撃の巨人』のテロップ(ゆず屋)

上の画像は、オリジナルのテロップと、フォントワークスのニューロダンで再現したものを並べたものです。

文字の形からすると、どうやらこのテロップはニューロダンをベースにしているようですが、こうやって見比べると最初に書いたような線を下の伸ばす処理以外にも手が加えられていることが分かります。

『進撃の巨人』のテロップ(ゆず屋)

分かりやすいように拡大したのが上の図です。

ニューロダン自体は、ゲタがあることから分かるようにモダンゴシックに分類されるフォントなのですが、このテロップではわざわざ「ゲタ」を消してUDゴシックっぽく加工されています。

そのおかげで、元のフォントよりもさらに幾何学的というか現代的というか、そんな雰囲気が強くなっています。

このテロップをぱっとみると、線が下に延びていることの方に目が行くかもしれませんが、このゲタをなくしたことのほうが映像の雰囲気全体に与える影響は大きいのではないかと思います。

それにしても、これを全部手作業でやったのならかなりの手間がかかっていますよね。

以前、『セキレイ』のテロップがすごく凝っているということを紹介したときにも書きましたが、こういう細部まで手間をかけるスタッフの方々の意欲というか、遊び心は観ていて嬉しくなりますね。

→ ゆず屋:[フォント] 『セキレイ』第2期のテロップの文字がすごい!

というわけで、今日は『進撃の巨人』のOPテロップのお話しでした。




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2013年9月10日

●[近況報告] 諸事情によりUstは延期します

実際には「諸事情」などとぼかしていうほどのことではなく、胆石の痛みがひどくなってきたため、来月、手術することになった次第です。

前回のコミティアの前から多少痛みはあったのですが、コミティアから帰ってきた夜に耐えがたくなり病院へ。

なんだかんだあって、結局、あきらめて切ることにしました。

というか、現状、まともに食事がとれないのでさっさと手術してしまいたい気分です(笑)

固形物を食べると痛みが出て、ブスコパン(痛み止め)を飲んでもほとんど聞かないので、栄養補給は主に液体から。

ジュース、スポーツドリンク、具のない味噌汁……

あとは黒砂糖をなめたりしてしのいでます。

慣れてしまえば空腹はそれほどつらくないんですが、普通の食事をとらないとどうしても脱水気味になるのが困りものです。

痩せられる、とかいう以前に、来月の手術まで持つんでしょうか。

自宅で点滴でも打てれば良いんですけどね。

そんなわけで、バタバタしているため、『書体の研究』 Vol.13のおさらいのUSTはとりあえず延期ということにさせていただきます。

本が出てからあんまり間が開くのもあれなんで、もしかしたらそのまま中止にするかもしれませんがご容赦を。


回復したら、おいしいものをいろいろ食べる、それだけが目下の楽しみの榊でした。

では。




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ