漫画、アニメ、ライトノベル関係のロゴに使われているフォントの紹介。オタクのためのフォント読本「書体の研究」の情報も。

« 2013年7月 | メイン | 2013年9月 »

2013年8月17日

●[訂正] 明日のコミティアは「す15b」です

明日、8/18(日)はコミティアなわけですが、先日のエントリで思いっきり配置を間違えて書いていました。

正しくは、す15bになります。

上のバナーも間違っていたのでこっそり修正。

(前回の配置を書いちゃっていたんですよね……)

次回、10月のコミティアは『ゆゆ式』のイベントと重なっているので参加できないので、ぜひ今回お越しいただければと思います。


→ 新刊:『書体の研究』 Vol.13(最終号の内容紹介)

→ とらなのあなさんでの委託も始まっています → とらのあな

以上、どうぞよろしくお願いいたします。




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2013年8月14日

●[イベント] 胆石が痛むけど、コミティア出ます!

ゆず屋 夏コミにて

■ コミケのお礼

こんばんは。榊です。

コミケ終了後、最初の更新です。

今年の夏も、暑くてハードな夏コミでしたが、参加された皆様、お疲れ様でした。

うちは2日目がサークル参加でしたが、今回もたくさんの方がお越しくださいました。

今回が最終号ということもあって、いつになく多くの方から声をかけていただき、本当に嬉しかったです。

『書体の研究』が終わるのを惜しんでくださる方、次回作に期待していると言ってくださる方など、いただくのは温かい言葉ばかりで、5年間やってきてよかったと思いました。

もっとも、そんな風に思えたのは翌日以降の話で、当日は、会場の蒸し暑さと、朝から座ることも出来ずに本をお渡しし続ける疲労とで、もうろうとしていました(笑)

あと、差し入れもたくさん頂戴しました。ありがとうございます。

お菓子類は大好物なので、大事に食べさせていただきます。


■ 次はコミティア

今後のことですが、とりあえずは次の日曜日(8/18)に東京ビッグサイトで開催されるコミティア105に参加する予定です。

なんだかさっきから胆石の痛みが出ているんですが、頑張って参加します。

いえ、本当にやばかったら迷惑になるのでやめますが、たぶん大丈夫かと……

配置は す-15b です。

ラインナップと価格は夏コミと同じで、バックナンバーの割り引きセットもあります。

詳しくは、こちらの記事をどうぞ。


■ その後の活動は?

コミティア105以降の活動はまったくの未定です。

たくさんご質問いただいたのですが、今のところ、新たに本を出す予定はなく、また、コミケにも申し込まない予定です。

ですので、『書体の研究』を読んでみたいと思ってくださった方は、できれば今回のコミティアで入手していただけると有り難いです。

ちなみに、個人的な話で恐縮ですが、どうして『書体の研究』が終わるのかというと、今年度いっぱいで今の仕事の任期が切れるので、転職しなくてはいけないのと、転職すると、おそらく今よりもずっと忙しくなる可能性が高いからです。

なので、予想に反して転職後も同人誌を書く時間が確保できれば、何らかの形でまた同人誌を書く可能性も……

『続・書体の研究』とか『書体の研究 Z』とか(笑)

(ぶっちゃけた話、大量に買ったフォントがもったいないんですw)

先のことはともかく、とりあえずこのブログは当面の間、続けていきたいと思っています。

あと、今回の新刊のおさらいUSTも、いつものように9月頃にする予定です。

ということで、引き続きよろしくお願いいたします。




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2013年8月 9日

●[フォント] 『きんいろモザイク』と『茜色コンフィチュール』

こんにちは。榊です。

いよいよ明日の土曜日からコミケが始まるというこのタイミングですが、うちのブログは今日もいつも通りフォントのお話です(あと、新刊の宣伝も少し)。


■ 『きんいろモザイク』

『きんいろモザイク』のフォント

現在TVアニメが放送中の『きんいろモザイク』ですがすごっくいいですよね!!

キャラクターもみんな可愛らしいですし、すごく丁寧に映像化されていて最高です。

ほんと最近の4コマ原作のアニメは当たりが多いですね。

こういうタイプの作品が好きな自分としては、『きんいろモザイク』、『ゆるゆり』、『Aチャンネル』、『ゆゆ式』の4本を、サザエさん時空にして1クールごとに交代でずっとやって欲しいくらいです(笑)


話を戻しましょう。

きんいろモザイクの単行本では、上の画像にあるように明朝体のタイトルが使われています。

アニメ版でもちらっと出てきますよね。

『きんいろモザイク』のフォント

拡大するとこんな感じです。

明朝体にもいろいろありますが、このタイトルに使われているのはモリサワのリュウミンです。

ただし、平仮名と片仮名には普通のリュウミンの仮名ではなく、リュウミン オールドがなというのが用いられています。


■ オールドがな

『きんいろモザイク』のフォント

上の図で「リュウミン R-KO」と書かれているのがそれです。

「R」は文字の太さが「レギュラー」であることを、「OK」が「オールドがな」であることを、それぞれ表しています。

この「オールドがな」というのは、リュウミンの仮名を置き換えて使うための仮名書体で、ちょっと雰囲気を変えたいなというときに使うことが出来ます。

リュウミンのもともとの仮名と見比べてみましょう。

『きんいろモザイク』のフォント

『きんいろモザイク』のタイトルを、普通のリュウミンで組むとこんな感じです。

『きんいろモザイク』のフォント

こうやって並べると違いがはっきりします。

『きんいろモザイク』のフォント

(クリックで拡大)

すっきりとしたリュウミンの仮名に比べ、「オールドがな」は丸みをおびていて柔らかな印象です。

文字としてもきれいですが、なにより作品の雰囲気にピッタリですよね。

こんな風に、一口に明朝体といっても、仮名のフォントを変えるだけで雰囲気が全然違ってくるのが面白いところです。


ちなみに、この「オールドがな」のデザインは、東京築地活版製造所の5号、12ポイント系活字の流れを汲むもので、写研の石井中明朝体などと同系統のものです。

『きんいろモザイク』のフォント

その辺りの話は、この夏コミで出る『書体の研究』の新刊でも、上の画像のように筑紫オールド明朝の話の中で紹介していますので、よかったら読んでみてください。

新刊の内容紹介はこちらのエントリにあります


■ 『茜色コンフィチュール』

『茜色コンフィチュール』のフォント

せっかくなので、もう一つ、明朝体の仮名の例を。

こちらは百合姫コミックスの『茜色コンフィチュール』です。

「コンフィチュール」とは、フランス語でジャムのことです。

この表紙も、小さな文字サイズで、さらにクラッシックな雰囲気のフォントを滲ませて使ったタイトルが、落ち着いたトーンの絵柄とよくあっています。

『きんいろモザイク』のフォント

そのタイトルに使われているフォントはというと、漢字は先ほどの『きんいろモザイク』と同じリュウミンのようですが、組み合わされている仮名は秀英5号になっています。

「帯」でも同じフォントが使われているので、そちらも見てみましょう。

『茜色コンフィチュール』のフォント

『茜色コンフィチュール』のフォント

「た」や「な」の脈絡がつながって、一筆書きのようになっているのが特徴的ですね。

文字全体としても、線がやや太めでしっかりとしていてリュウミンの仮名とは全然ちがっています。

『茜色コンフィチュール』のフォント

同じコピーでも、リュウミンで全部組むと上の図のようになります。

秀英5号で組んだものを見た後にこちらを見ると、ちょっと物足りなく感じるかも。


■ 秀英体

『きんいろモザイク』のフォント

この秀英5号は、「リュウミン オールドがな」と同様に、リュウミンの仮名の置き換え用としてモリサワから出ている仮名書体です。

ただし、こちらはその名前にあるとおり、秀英体という活字書体の「5号」サイズのものをベースに制作されたものです。

秀英体というのは、大日本印刷の前身である秀英舎が作っていた鋳造活字の書体のことで、先ほど名前が出た東京築地活版製造所の書体と並んで歴史のあるものです。

今回の『書体の研究』 Vol.13は第2部が明朝体の特集になっており、もちろん秀英体の話も出てきます。

興味を持っていただけた方は、ぜひコミケでお立ち寄りいただければと思います。


→ 『書体の研究』 Vol.13 内容紹介

→ とらなのあな:『書体の研究』 Vol.13 (委託販売)




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2013年8月 6日

●[フォント] 『大室家』

こんばんは。榊です。

いよいよ夏コミが迫ってきましたが、みなさん準備はお済みでしょうか?

私はというと、先日の日曜日に段ボールに詰めた本を発送し終えたので、あとは当日を待つのみといったところです。

今回の新刊である『書体の研究』 Vol.13 の内容については、先日の記事をご参照ください。

今号が最終刊ですので、ぜひ手にとっていただければと思います。


『大室家』

話は変わりますが、先日、書店でなもりさんの新刊、『大室家』を買ってきました。

『ゆるゆり』のスピンオフ作品ですね。

『大室家』

(クリックで拡大)


タイトルの文字は、どうやらFONT1000から出ているマユミンウォークを太らせているようです。

マユミンウォークは、ここでも何度も紹介しているはるひ学園をデザインされた七種泰史さんのフォントです。

『大室家』

ちょうど、今度出る『書体の研究』の新刊で紹介していますので、よかったらそちらもご覧ください(と宣伝)。


一方、帯のコピーのうち右側のものには力強い楷書体が使われています。

タイトルのゆる~いフォントととの対比が面白いですね。


謎なのが帯の左側の文字で、モリサワの教科書体ICAっぽいんですが、なぜか下の図のように「も」の形だけ違っています。

ここだけ別のフォントなんでしょうか。不思議です……

『大室家』

8/7 追記:Twitter で指摘していただいたんですが、教科書体ICAの「学参かな」だったようです。

学参なんて普段使うことがないのですっかり存在を失念していました……


ちなみに内容ですが、向日葵があんまり絡んでこなかったのは残念なのですが、撫子もいいですよね……(笑)




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ