漫画、アニメ、ライトノベル関係のロゴに使われているフォントの紹介。オタクのためのフォント読本「書体の研究」の情報も。

« 2013年6月 | メイン | 2013年8月 »

2013年7月30日

●[写真] ワンフェスに行ってきました

ワンダーフェスティバル 2013 summer

先日の日曜日にあったワンフェスに行ってきました。初参加です。

どうせなら写真を撮ってこようと思い、カメラ+ストロボ+バッテリーグリップ+ディフューザーと、フル装備で参加。

撮る気まんまんで、行く前はメディアの容量足りるかな~とか心配していたのですが、いざ行ってみると1時間ほどで体力が尽きてしまい、結局、237枚しか撮らずに撤退というていたらくでした(笑)

やっぱり、体力と、ぶれずにカメラを支えられる腕力は必要ですね……

あ、『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!』のイベントはちゃっかり観てきました(笑)


そんなわけで、少ししか撮れなかった写真のいくつかを載せておきます。

これ以外の写真も含め、大きいサイズのものが Flickr にアップしてあるので、よかったらそちらもご覧ください。
Flickr

ワンダーフェスティバル 2013 summer

ワンダーフェスティバル 2013 summer

ワンダーフェスティバル 2013 summer

ワンダーフェスティバル 2013 summer

ワンダーフェスティバル 2013 summer

ワンダーフェスティバル 2013 summer

ワンダーフェスティバル 2013 summer

ワンダーフェスティバル 2013 summer

ワンダーフェスティバル 2013 summer

リヴァイ兵長のまわりには、カメラを持った女性がたくさんいらっしゃいました(笑)

ワンダーフェスティバル 2013 summer

ワンダーフェスティバル 2013 summer

ワンダーフェスティバル 2013 summer

ワンダーフェスティバル 2013 summer

この2つは、ワンダーショーケースの作品です。

いまいち上手く撮れていませんが、すごい完成度で、自分にもガレージキットを作る技術があれば迷わず買うのにと、つくづく思いました。


ちなみに、レンズは 24-70mm f2.8 の標準ズームと、60mm のマクロを持っていったのですが、ほとんど標準ズームで撮っていました。

フラッシュを使うときも使わないときも、あまりよく考えずに開放付近で撮っていたのですが、もうちょっと絞っておくべきだったようです。

ただ、暗いんですよね。PLフィルタも付けてますし。

あと、D800 では ISO 1600より上げたくないんですよね……

さぁ、D4でも買うか……(無理ですw)




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2013年7月16日

●[夏コミ新刊] 書体の研究 Vol.13(最終号)

書体の研究 Vol.13

こんばんは。榊です。

ずっと新刊作業にかかりきりだったので更新が滞っていましたが、昨日、ようやく完成いたしました。

あとは印刷が上がってくるのを待つばかりです。

というわけで、今日は新刊の内容を紹介させていただきたいと思います。


■ 書体の研究 Vol.13

書体の研究 Vol.13

書体の研究 Vol.13

書体の研究 Vol.13

書体の研究 Vol.13

書体の研究 Vol.13

書体の研究 Vol.13


今回の特集は、『ろごたいぷっ! 特別編』です。

最終号ということもあって、ここは基本に立ち返ってと考え、いつもやっている「ろごたいぷっ!」のコーナーを全ページ使って大々的にやっています。

さらに、いつも48ページのところを、64ページに増ページしました。

といっても、64ページも延々と「ろごたいぷっ!」が続くと飽きてしまうので、前半の「デザイン書体編」と後半の「明朝体編」の2部構成とし、それぞれをテーマごとに3章に分けるという構成にしています。

章と章の間にはちょっとしたコラムなんかも入っているので、飽きずに楽しんでいただけるのではないかと思います。


■ コミケでの配置

夏コミでの配置は次の通りです。

8/11(日) 東2ホール O- 38b

イベントでの頒布価格はいつもと同じ 700円です。

在庫のある既刊(Vol.5~12)も合わせて持って予定です。

さらに、Vol. 5~12 全 8冊が、5,600円のところ、1,600円引きの 4,000円になる「既刊セット割り引き」も引き続き行います。

新刊とセットでご購入くださる場合は4,000+700=4,700円です。

とらのあなさんでの委託については後日あらためて告知させていただきます。


というわけで、新刊の紹介でした。

これが正真正銘の最終巻となりますので、ご都合のつく方はぜひお立ち寄りいただければと思います。

よろしくお願いいたします。




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ