漫画、アニメ、ライトノベル関係のロゴに使われているフォントの紹介。オタクのためのフォント読本「書体の研究」の情報も。

« 2013年4月 | メイン | 2013年6月 »

2013年5月27日

●[イベント] 夏コミに当選したら新刊を。

こんばんは。榊です。

今週末の 5/31 には、いよいよ夏コミの当落発表です。

もし、当選したら『書体の研究』の新刊を出したいと思っています。

今度こそ、正真正銘の「最終号」です。

当落の結果は twitter でもつぶやきますが、このブログでも早めに報告させていただきたいと思います。

ちなみに、例によって新刊の内容はまだ全然決まっていません。

リクエストをお待ちしております(笑)


余談ですが、先日、職場の同僚から下の画像のようなお土産をいただきました。

白いさつまいも

ロゴ部分を拡大すると、こんな感じです。

白いさつまいも


白いさつまいも

「白いさつまいも」というメインの文字は、かなりいらってありますが、フォントワークスの筑紫明朝(オールドじゃない方)のようです。

こういう雰囲気のものだと、何も考えずに(失礼)モリサワのA1明朝にしちゃう方も多いと思うのですが、これは筑紫明朝だったので少し意外でした。
→ 参考:[フォント] A1明朝ともう一つのニュアンス系明朝体?


あと、右側の「晴れの国・岡山」の文字は、同じくフォントワークスのライラです。

最近よく見かける「ライラ」ですが、以前にも、『ささみさん@がんばらない』のアニメなどで使われていることを紹介していますので、よかったらそちらの記事もご覧下さい。
→ 参考:[フォント] 『たまこまーけっと』とか『ささみさん@がんばらない』とか『俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる』とか『僕は友達が少ないNEXT』とか

なお、頂戴したお菓子はスタッフ……じゃなくて私がおいしくいただきました(笑)




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2013年5月 8日

●[フォント] 『銀の匙』とタイプバンクの「みやび」

先日、荒川弘さんの『銀の匙』を読んでいて、ある文字が気になりました。

下に引用させていただいた画像にある、「ぶわっ」の文字です。

『銀の匙』

* 『銀の匙』第6巻52ページより(荒川弘、小学館、2013)


『銀の匙』をお読みの方は分かっていただけると思いますが、こってりとしたデザインの文字で、ど派手な縦ロールのキャラによく合っています。

上のコマでは手で書かれていますが、この文字ってタイプバンクのみやびですよね?

「みやび」というのは写植用書体の名前で、手元にある写植書体の見本帳(下の写真)を見ると、「書体設計=三宅康文/タイプバンク」の書体として紹介されています。

『銀の匙』

* 『リョービ書体スペシメンブック』(リョービ印刷機販売株式会社、1983)

『銀の匙』

(画像をクリックで拡大)

同じ文字はありませんが、おそらくこれですよね。

『リョービ書体スペシメンブック』によれば、「西洋建築の装飾を思わせる古典的王朝風のディスプレイ書体。童話のイニシャルなどにも使えます」とのこと。

この書体はデジタルフォントとしてはリリースされていませんが、こういうマンガでの使用や、女の子向けのラノベなどで需要あると思うんですがいかがでしょうか。

1977年制作の書体ですが、今でも全然いけますよね。


タイプバンクからは、つい最近も下に挙げるようにゴシック調の「オズ」、「赤のアリス」、「白のアリス」、アールヌーボー調の「クリーパー」がリリースされており、着実にディスプレイ書体が充実していっているのですが、この「みやび」や、マンガのロゴでよく見かけるようなもっととがったゴシック(ブラックレター)調のフォントなんかも出ると嬉しいですね。

実際に使う訳でもない私がこんなこと言っても仕方ないのですが(笑)。

『銀の匙』

(画像をクリックで拡大)




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ