漫画、アニメ、ライトノベル関係のロゴに使われているフォントの紹介。オタクのためのフォント読本「書体の研究」の情報も。

« 2013年2月 | メイン | 2013年4月 »

2013年3月 2日

●[フォント] A1明朝ともう一つのニュアンス系明朝体?

■ ニュアンス系明朝体

冬コミで出した『書体の研究』 Vol.12 では、「ちょっと変わったフォントカタログ」と題して、ほんの少し変わったフォントを6つのカテゴリーに分けて紹介しました。

そのうちの一つの「ニュアンス系明朝体」では、モリサワのA1明朝と、フォントワークスの筑紫オールド明朝という2つのフォントを紹介しました。

今日は、この「ニュアンス系明朝体」、特にA1明朝について、使用例をいくつか挙げつつ補足したいと思います。

なお、筑紫オールド明朝については今回は触れないのですが、これまでの記事にも登場しているのでよかったらご参照ください。

→ [フォント] 藤田重信さん×草野剛さんのトークセッションを聴いてきました
→ [フォント] フォントワークス2012年の新書体


■ A1明朝

モリサワ A1明朝(ゆず屋)

(クリックで拡大)

『書体の研究』にも書いたように、A1明朝は線と線の交わる部分に設けられた墨だまりと呼ばれる「にじみ」が特徴の明朝体です。

上に書体見本を載せていますが、そのままでは分かりづらいのでぜひクリックして拡大して見てください。

Vol.12をお持ちの方は、紙面で見ていただいた方が分かりやすいかと思います。


活版印刷や写真植字の時代には、インクや光の加減によって起こってしまう「にじみ」は嫌われていたはずですが、A1明朝では本来シャープに出力できるはずのデジタルフォントにあえて「にじみ」を付けることによって独特のニュアンスを持たせることに成功しています。

その味のあるデザインに加え、もともとモリサワという普及率の高いベンダーのフォントであることも手伝って、非常によく使われているフォントの一つといえるでしょう。


■ A1明朝の使用例

では、書籍でのA1明朝の使用例をいくつか見てみましょう。

モリサワ A1明朝(ゆず屋)

アイの物語 (角川文庫)

これはSFですが、例によってライトノベルやコミックスでの使用例もあります。


モリサワ A1明朝(ゆず屋)

鳩子さんとラブコメ (富士見ファンタジア文庫)


モリサワ A1明朝(ゆず屋)

星刻の竜騎士 (MF文庫J)


モリサワ A1明朝(ゆず屋)

魔法少女を忘れない (集英社スーパーダッシュ文庫)


モリサワ A1明朝(ゆず屋)

魔法少女育成計画 restart (前) (このライトノベルがすごい! 文庫)

ラノベが続きましたが、コミックスでも使われています。


モリサワ A1明朝(ゆず屋)

魔法少女いすずさんフルスロットル 1 (まんがタイムKRコミックス エールシリーズ)

「魔法少女」で始まるタイトルが続いたのは偶然です。「魔法少女もの」にA1明朝が特に好まれる、といった傾向があるわけではないと思います。たぶん(笑)


モリサワ A1明朝(ゆず屋)

恋染紅葉 1 (ジャンプコミックス)

コミックスも挙げてみましたが、やっぱりラノベでの使用率が高そうですね。

切りがないのでもう挙げませんが、メディアワークス文庫の『不思議系上司の攻略法』や『僕の小規模な奇跡』、集英社スーパーダッシュ文庫の『ライトノベルの神様』や『神乃崎綾香の魔獣』もタイトルがA1明朝です。


■ もうひとつのニュアンス系明朝体?

最後に、もう一つだけ使用例を見てみましょう。

モリサワ A1明朝(ゆず屋)

角川つばさ文庫の『カナデ、奏でます!』です。

こちらの本のタイトルもA1明朝なのですが、ちょっと工夫が施されています。

というのも、「カナデ、奏でます」というタイトルの文字のうち、「、奏でます」だけがA1明朝で、「カナデ」の部分には別のフォントが使われているのです。

モリサワ A1明朝(ゆず屋)

(クリックで拡大)

再現すると、上の図のようになります。


「カナデ」の文字に使われているフォントはニィスのS明朝体ソフト

拡大して見ると分かりますが、A1明朝と同じような「墨だまり」があります。

モリサワ A1明朝(ゆず屋)

(クリックで拡大)

ちなみに、S明朝体ソフトとS明朝体ハードは、漢字が共通で仮名のデザインだけが違う兄弟フォントです。

モリサワ A1明朝(ゆず屋)

A1明朝だけで作ってみたのが上図です。

A1明朝の「カナデ」の文字は右上から左下方向への流れの強いデザインなのに対して、S明朝ソフトのカタカナは正方形に近い形をしていることが分かります。

おそらく、こういう正方形に近い形の方がタイトルにはいいと考えて、カタカナ部分のみをS明朝体ソフトに置き換えられたのではないかと思われます。


■ S明朝体の注意点

こうしてみると、S明朝体にも「墨だまり」があるのでA1明朝と同じように使えそうに思えるのですが、残念ながらそういうわけにはいきません。

モリサワ A1明朝(ゆず屋)

(クリックで拡大)

*比較のために普通の明朝体(リュウミン)と、ニュアンス系明朝体である筑紫オールド明朝とA1明朝も載せています。

たしかに、A1明朝ほどでは無いものの、上図に示すようにS明朝体の仮名には「墨だまり」のような「にじみ」があります。

ですが、これは仮名だけの話で、漢字にはまったく「にじみ」がありません(下図)。

モリサワ A1明朝(ゆず屋)

(クリックで拡大)

そういうわけで、「墨だまり」があるフォントとしてS明朝体をA1明朝と同じように使うことは出来ません。

この『カナデ、奏でます!』のフォントの組み合わせは、S明朝体の仮名には墨だまりがあることを上手く生かしたものといえるでしょう。

というわけで、今日はA1明朝とS明朝体のお話しでした。


* 余談ですが、上に載せた漢字のサンプルの「丈」や「沼」の文字のように、S明朝体にはぎょっとするようなデザインの文字が混ざっていますので使われる場合にはどうぞご注意ください。




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ