漫画、アニメ、ライトノベル関係のロゴに使われているフォントの紹介。オタクのためのフォント読本「書体の研究」の情報も。

« 2013年1月 | メイン | 2013年3月 »

2013年2月23日

●[書体の研究] 直接通販のご案内(~3/3)

ゆず屋 書体の研究

タイトルの通り、同人誌『書体の研究』の通信販売のご案内です。

一週間限定ですが、在庫のある『書体の研究』 Vol. 5 ~ 12 をこのブログ上で販売したいと思います。


価格などの条件は、基本的には前回と同じです。

ちょっとややこしくて恐縮ですが、以下の注意点を確認いただいた上でメールフォームよりご注文ください。

・ 今回取り扱うのはVol. 5 ~ 12です。Vol.1~4 は完売しました。

・ 価格はどの巻も 1冊 1,000円です。

 (とらのあなで購入してくださった方と不公平にならないようにこの価格とさせていただいています。ご了承下さい。イベントだと700円ですので、イベントに参加できる方はぜひそちらでお求めください。)

ただし、Vol.5 ~ 12 の8冊セットの場合は2,000円引きの「6,000円」とさせていただきます。注文フォームにある「8冊(Vol.5-12)割引きセット」をお選びください。

・ 発送はメール便または宅急便。送料は当方で負担します。

・ 支払い方法は、PayPal または 口座振り込みです。

・ いずれの場合も、商品到着後 2週間以内にお支払い下さい

・ PayPal の場合、フォームに記入していただいたメールアドレスに請求のメールを送らせていただきます。

・ 口座振込みの場合は、振込先口座を書いたものを本と一緒にお送りします。

・ 振込先はみずほ銀行 と ゆうちょ銀行の口座からお選び下さい。

・ 申し訳ありませんが、振込手数料はご負担下さい。


・お申し込みから 1週間程度で発送させていただきますので、ご注文からお手元に届くまでに1~2週間程度かかる見込みです。

・発送後、お知らせのメールをお送りいたします。

・配送トラブル防止のため、建物名(アパート名/マンション名)と部屋番号も略さずご記入ください。


2013年 3月 3日(日)の 24:00 締切です。

→ 注文用メールフォームはこちら


なお、本の内容紹介は次のリンク先をご覧下さい。

→ Vol. 12 「カテゴリー別ちょっと変わったフォントカタログ」

→ Vol. 11 「ここから始める欧文書体」

→ Vol. 10 「やっぱり明朝体が好き!」とそれ以前の号

以上、よろしくお願いいたします。




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2013年2月18日

●[フォント] はるひ学園(モリサワ)の使用例

はるひ学園(モリサワ) ゆず屋

こんばんは。榊です。

上の画像はJR東日本のパンフレットです。

今朝、駅で見かけてもらってきたのですが、青地に白い文字という鮮やかなコントラストがすごく春らしいですね。


使われているフォントは、「いいとこどり」の文字がカタオカデザインワークスの丸明オールド、 「やまどり春号」の文字と縦書きの部分がモリサワのはるひ学園

はるひ学園(モリサワ) ゆず屋

(クリックで拡大)

どちらも今さら紹介するまでもないほど有名なフォントですね。

「丸明オールド」の使用例は、『書体の研究』 Vol.4 でまとめて紹介したので、ここでは「はるひ学園」の使用例をいくつか挙げてみたいと思います。

はるひ学園(モリサワ) ゆず屋

先日の ust で話したカゴメのトマトオレンジまこちゃんのロゴも「はるひ学園」でした。

こういった商品パッケージ、パンフレットや広告などはもちろん、ライトノベルやコミックスなどでもたくさん使われています。


はるひ学園(モリサワ) ゆず屋

まずは熊岡冬夕さんの『花君と恋する私』(講談社コミックスフレンドB)。

この本ではタイトルが「はるひ学園」で、著者名が「丸明」と、先ほどのJRのパンフレットと同じ組み合わせのフォントが使われています。


他にもいろんなところで使われています。

はるひ学園(モリサワ) ゆず屋

以前にも紹介しましたが、秋★枝さんの『純真ミラクル100%』(まんがタイムKRコミックス)。


はるひ学園(モリサワ) ゆず屋

西村 悠さんの『僕と彼女とギャルゲーな戦い』(メディアワークス文庫)。


はるひ学園(モリサワ) ゆず屋

西木田景志さん、蔵石ユウさんの『我妻さんは俺のヨメ』(講談社コミックス)。


はるひ学園(モリサワ) ゆず屋

麻生みことさんの『路地恋花』(アフタヌーンKC)。

余談ですが、個人的にこの作品が好きで、ノイタミナ枠あたりでアニメ化しないかなとか思うのですが、ちゃんと京都弁と大阪弁の違いが分かる程度に方言を再現してもらわないと……とか思ってしまう面倒くさい京都人なのでした(笑)


はるひ学園(モリサワ) ゆず屋

そして、現在TVアニメが放送中の作品、鴨志田一さんの『さくら荘のペットな彼女』(電撃文庫)。


はるひ学園(モリサワ) ゆず屋

その他、以前書いたようにTVアニメ『花咲くいろは』でも使われていました。

詳しくはこちら → [フォント] 『花咲くいろは』 と『Aチャンネル』の共通点


というわけで、今日はモリサワの「はるひ学園」の使用例でした。

→ モリサワ:はるひ学園
→ カタオカデザインワークス:丸明ファミリー




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2013年2月14日

●[ust] 「『書体の研究』 Vol.12のおさらい」 アーカイブ公開中

『書体の研究』 Vol.12のおさらい(ゆず屋)

先日の日曜日に、「『書体の研究』 Vol.12のおさらい」と題して Ustream の配信を行いました。

ご覧下さった皆様、ありがとうございました。

ご覧いただいていない方も、アーカイブを公開していますのでよかったら見てみてください。

過去の配信分も残ってます。

アーカイブはこちら → 書体の研究 on Ustream

ちなみに、上の写真は Ust 冒頭で紹介したカゴメのプチトマトです。

配信後、スタッフがおいしくいただきました、と言いたいところですがまだ食べてないんですよね……




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2013年2月 8日

●[Ust] 2/10(日) 夜10:00~ 『書体の研究』 Vol.12のおさらい

『書体の研究』 Vol.12のおさらい(ゆず屋)

こんばんは。榊です。

昨日も twitter で告知させていただきましたが、今週末、2/10(日)の夜10:00 から Ustream で
『書体の研究』 Vol.12 のおさらい を配信させていただきます。

内容はタイトルの通り、先日出た『書体の研究』の新刊に関するもので、書きそびれたことの補足を中心とした雑談になります。

本にも書いたとおり、Vol.10が「やっぱり明朝体が好き!」、Vol.11が「ここから始める欧文書体」と、やや堅めの内容が続いていましたので、今回の『書体の研究』はもっと気楽に流し読みできるような内容を目指しました。

それに合わせてUst の方も軽めになると思いますので、本を片手に気軽に観ていただければと思います。

時間はだいたい1時間~1時間半程度の予定です。

操作をミスしない限り、アーカイブも残すつもりをしています。


配信場所はこちら → http://www.ustream.tv/channel/shotaken (音が鳴ります)

過去の配信もアーカイブされていますので、ご興味のある方はどうぞ。


→ 『書体の研究』 Vol.12 の内容紹介

→  通信販売(とらのあな)




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ