漫画、アニメ、ライトノベル関係のロゴに使われているフォントの紹介。オタクのためのフォント読本「書体の研究」の情報も。

« 2012年12月 | メイン | 2013年2月 »

2013年1月29日

●[告知] 2/3 コミティア、2/10 Ust

こんばんは。榊です。

今日は2月の予定の告知を。

先日もちらっと書きましたが、2月3日(日)はコミティア 103です。

配置は東6ホールの「と - 13a」です。

冬コミで出した『書体の研究』の新刊(Vol.12)と、既刊 Vol.5~11を持っていきます。

冬コミでやったVol.5~12の8冊セット割り引きもやる予定です。

(700円×8冊で 5,600円のところを 4,000円と、1,600円引きになります)


そして、その次の週の 2月10日(日)はUstream です。

いつものように、今回の新刊の内容の補足や、フォント関係の雑談を予定しています。

時間は未定ですが、たぶん夜の10:00から1時間30分程度になるのではないかと。

お時間ある方は、『書体の研究』片手に聞いていただければと思います。

以上、2月の予定でした。




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2013年1月18日

●[フォント] 『たまこまーけっと』とか『ささみさん@がんばらない』とか『俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる』とか『僕は友達が少ないNEXT』とか

こんばんは。榊です。

今日はフォントワークスのライラというフォントのお話しです。

(もう、これだけで何を書こうとしているのかピンと来た方もいるのではないでしょうか)

この1月から始まった今季のアニメを観ていると、この「ライラ」というフォントがあちこちで使われています。

画像を挙げつつ順番にみて行くことにしましょう。


■ ささみさん@がんばらない

『ささみさん@がんばらない』のフォント(ゆず屋)

まずは『ささみさん@がんばらない』です。

(『ささみさん@がんばらない』 ©日日日・小学館/製作委員会@がんばらない)

『ささみさん@がんばらない』のフォント(ゆず屋)

上の画像はオープニングのものですが、ここで使われているのがライラです。

『ささみさん@がんばらない』のフォント(ゆず屋)

拡大するとこんな感じです。

『ささみさん@がんばらない』のフォント(ゆず屋)

『ささみさん@がんばらない』のフォント(ゆず屋)

こんな感じでエンディングのテロップにも使われています。

ぱっと見ると金文体に見えるかもしれませんが、実は結構違います。

フォントワークスのライラとダイナコムウェアの金文体(ゆず屋)

(クリックで拡大)

こうやって並べるとはっきりすると思います。

「国」などの四角の部分の底辺が丸くなっているところなんかは共通していますが、曲線のそり方などはだいぶ違っていますね。

→ フォントワークス:ライラ


■ たまこまーけっと

もう一作品、ライラが使われていたのが京アニの『たまこまーけっと』です。

(『たまこまーけっと』 ©京都アニメーション/うさぎ山商店街)

『たまこまーけっと』のフォント(ゆず屋)

『たまこまーけっと』のフォント(ゆず屋)

『たまこまーけっと』のフォント(ゆず屋)

こんな感じでエンディングのテロップのフォントがライラです。


■ 他のアニメでも

あと、私は観ていないので画像が用意できなかったのですが、同じく今期放送中の 『AMNESIA』という作品のOP/EDでも、やはりテロップにライラが使われていました。

あ、あとまったく何の役にも立たない情報ですが、『僕は友達が少ないNEXT』の第2話に登場したこの方が持っていた怪しげなソフトのロゴもライラでしたね。

『僕は友達が少ないNEXT』のフォント(ゆず屋)

『僕は友達が少ないNEXT』のフォント(ゆず屋)

『僕は友達が少ないNEXT』のフォント(ゆず屋)

『たまこまーけっと』のエンディングの様なしっとりした映像にも合う一方で、こんな用途にも使えてしまう不思議なフォントです……

(©2013 平坂読・メディアファクトリー/製作委員会は友達が少ないNEXT)


■ 『もっとToLOVEる』や『Aチャンネル』でも

という風に、今期はやたらとアニメのテロップでライラを見かけるわけですが、もちろんこれまでにもいくつかの作品で使われています。

既に以前このブログで紹介しているのでここでは詳しく書きませんが、『もっとToLOVEる』や『Aチャンネル』などのアニメでも、テロップに使われています。

詳しくは次の記事をどうぞ。

→ ゆず屋:[フォント] 『もっとToLOVEる』

→ ゆず屋:[フォント] 『花咲くいろは』 と『Aチャンネル』の共通点


■ コミックスでの使用例

アニメでの使用例ばかり挙げてきましたが、コミックスなどでも使われています。

ライラの使用例(ゆず屋)

桜野 みねねさんの『星の大サーカス』(BLADE COMICS)

こちらはタイトルのフォントがライラ。

ライラの使用例(ゆず屋)

百合アンソロジー dolce(マジキューコミックス)

こっちはタイトルと帯の文字がライラです。

ライラは2009年にリリースされたフォントですが、徐々に目にする機会が多くなってきている印象ですね。

以前も書きましたが、エキゾチックにも和風にも見え、使い方次第で「こってり」にも「あっさり」にも合わせることが出来るので、いっけんアクが強そうな割には使いやすいフォントと言えるのではないでしょうか。


■ おまけ

ライラの話はもう終わりなのですが、ついでなので小ネタを一つ。

『俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる』のフォント(ゆず屋)

『俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる』のフォント(ゆず屋)

『俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる』のフォント(ゆず屋)

上の画像は、やはり今期アニメが放送中の『俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる』です。

(©裕時悠示・ソフトバンク クリエイティブ/「俺修羅」製作委員会)

オープニングのテロップに使われているフォントはフォントワークスのロックンロール

どこかで観たことがあるような気が……

そうです、さっきも出した『たまこまーけっと』のロゴとおんなじフォントですね。

『たまこまーけっと』のフォント(ゆず屋)

『たまこまーけっと』のフォント(ゆず屋)

ちなみに、『俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる』のロゴに使われているフォントはダイナコムウェアの『ナーティ』というフォントですが、こちらについては既に『書体の研究』 Vol.9 (p.33)で紹介済みなのでここでは割愛します。

→ ダイナコムウェア:ナーティ


というわけで、今日はライラのお話しでした。




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2013年1月11日

●[フォント] かなバンク 「ツルコズ」

[フォント] かなバンク 「ツルコズ」 (ゆず屋)

こんばんは。榊です。

今年最初のフォントの話題は、上の画像にあるツルコズのお話しです。


■ かなバンク

昨年の11月、タイプバンクよりかなバンクという新しいフォントのシリーズが発売になりました。

各方面で活躍されているデザイナーさんたちの手による個性的なフォントを集めたシリーズで、「かなバンク」という名前の通りすべて「かな」フォントです。

いわゆる「デザイナーズフォント」をタイプバンクがとりまとめて一つのレーベルにしたような感じです。

(1/12 追記) 上のように書いたのですが、表現が適当ではありませんでした。デザイナーさんたちのフォントを集めてタイプバンクが販売しているわけではなく、正しくは、デザイナーさんとタイプバンクがコンセプト段階から協力して作ったフォントです。

今回はその第一段として、次の4つの書体がリリースされました。

  • フィンガー (永原康史さん)
  • ツルコズ (祖父江慎さん)
  • TREE (田中千絵さん)
  • BREAKOUT (田中良治さん)

詳しくは、タイプバンクのサイトをご覧下さい。

どの書体もそれぞれの良さがあってぜひ使ってみたいところですが、予算に限りもあることなので、まずはとある理由から目についた「ツルコズ」を購入してみることにしました。


■ アラタ

どうして「ツルコズ」が目についたのかというと、自分の知っている「アラタ」という書体に似ていたからです。

アラタというのはミキ・イサムさん(1904-1985)という方がデザインされた書体で、モトヤから金属活字として発売されていました。

そのときのモトヤのカタログの写真が、『アステ』 (リョービイマジクス)、7号、pp.19-21の「ミキ イサムとカナモジ」という小泉均さんが書かれた記事に載っています。

残念ながら私はそのモトヤのカタログを持っていませんが、その後、アラタは写研から写植用の文字盤としてリリースされており、その見本が手元にありました。

写研の『写植NOW [3]』(1974年)です。

[フォント] かなバンク 「ツルコズ」 (ゆず屋)

[フォント] かなバンク 「ツルコズ」 (ゆず屋)

(クリックで拡大)

ちなみに、アラタ以外にミキさんの他の書体(ホシ、クレハ、サカエ)も写研から出ていたようですが、この本にはサカエしか載っていませんでした。

[フォント] かなバンク 「ツルコズ」 (ゆず屋)

(クリックで拡大)


現在では、モトヤから出ている「仮名パック23」にTrueType版のアラタが収録されていますので、それを使えば一応PCでアラタを使うことが出来ます。

(ただし、Windows版のみ)


■ 金属活字として復活したアラタ

かなバンクの紹介なのに、なかなかツルコズの話にたどり着けませんが、もう少しアラタの話を。

このアラタ、もともと活字を出していたモトヤにも既に母型も残っておらず、かろうじで上述のTrueType版があるだけだったそうですが、「アダナ・プレス倶楽部」という活版事業を行っている朗文堂が、モトヤからライセンスを受けて数年前に金属活字としてアラタを復活させました。

[フォント] かなバンク 「ツルコズ」 (ゆず屋)

それがこのアラタ1209です。

上の写真は朗文堂から出ている『VIVA!! カッパン』という本なのですが、なんとこの本では本文にこのアラタが使われています(下図)。

本を買ったとき、珍しい書体が使われているのに驚いたのを今でも覚えています。

ちなみにこの本、カラーの図版が豊富で読みやすいのでお薦めです。

[フォント] かなバンク 「ツルコズ」 (ゆず屋)

詳しくは朗文堂のサイトを → 朗文堂:アラタ 1209


■ カナモジカイ

アラタの制作者であるミキ・イサムさんは、カナモジカイというグループの一員でした。

カナモジカイとは簡単に言うと、日本語を漢字を用いずにカタカナの横書きで書こうという「カナモジ運動」を行っている団体です。

(先ほどから三木 凱歌さんのお名前を「ミキ・イサム」とカタカナで書いているのはそういうわけです)

→ カナモジカイ

詳細はカナモジカイのサイトを見ていただくとして省略しますが、そのカタカナによる横書きに適した書体としてデザインされたのが、アラタを初めとする肩線ガナでした。

実は、冒頭で登場したかなバンクのツルコズも、この肩線ガナの1つであるツル5号という書体をベースに作られています。

(やっとツルコズの話に戻ってきた……)

「ツル」は、やはりカナモジカイのマツサカ・タダノリ(松坂忠則)さんによってデザインされた書体です。

実際にはツルの方が先に作られて、その後に作られたアラタはツルの影響を受けているため、よく似たところがあるということのようです。


下の写真はカナモジカイが発行していた『カナノヒカリ』という機関誌です。

[フォント] かなバンク 「ツルコズ」 (ゆず屋)

『カナノヒカリ』 第216号 (昭和14年)

[フォント] かなバンク 「ツルコズ」 (ゆず屋)

(クリックで拡大)

おそらく、この本文で使われているのが「ツル」ではないかと思われます。


■ ツル + コズフィッシュ = ツルコズ

というわけで、ツルコズはこのツルという書体を元に作られたので「ツルコズ」という名前になっています。

「コズ」の部分は、制作者の祖父江慎さんの事務所「コズフィッシュ」からとったそうです。

いかにも祖父江さんっぽい雰囲気のネーミングですね。

[フォント] かなバンク 「ツルコズ」 (ゆず屋)

(クリックで拡大)

ちなみに、「ツル」はカナ書体ですが、「ツルコズ」にはカタカナに合わせてデザインされたひらがな、英数もついています。

カナモジカイの提唱するカタカナのみの書き方では、上の見本のように単語ごとにスペースで区切る「分かち書き」をするようですが、私たちが普通に使う分には適当なフォントの漢字と混植することになるかと思います。

かなバンクの書体見本では、TB明朝、漢字タイポス、TBゴシック、TBゴシック for コンデンスなどのタイプバンク書体と組み合わせた例が載っていましたので、ここではあえてそれ以外の組み合わせを考えてみました。

[フォント] かなバンク 「ツルコズ」 (ゆず屋)

(クリックで拡大)

上から順に、視覚デザイン研究所の「アドミーン」、モリサワの「黎ミンY20」、フォントワークスの「ハミング」です。

何の調整もせず合成フォントにしただけですが、思ったほど違和感はないように見えます(私だけ?)。

漢字との組み合わせもそうですが、どんな風に使うか考えるのが楽しい書体ですね。

というわけで、長くなりましたが今日はかなバンクの「ツルコズ」のお話しでした。


なお、1月25日(金)~2月3日(日)に、東京杉並区の6次元でかなバンクのイベントがあるそうです。

トークイベントもあるのでご興味のある方はぜひどうぞ。

→ 6次元


また、かなバンクの記事が以下の雑誌にも掲載されています。




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2013年1月 8日

●[イベント] 次はコミティア(2/3)です

ゆず屋

■ 冬コミのご報告

新年あけましておめでとうございます。

今年最初の更新です。

昨年12/31にはコミケに参加してきたわけですが、おかげさまでたくさんの方にお越しいただきました。

有り難いことに、3時頃には持ち込んだ『書体の研究』の既刊、新刊とも完売となりました。

立ち寄って下さった皆様、ありがとうございました。

ゆず屋


■ 次はコミティアです

もっとも、「完売」といっても自宅にはたくさん在庫がありますので、次のイベントにはちゃんと持っていきます。

今のところ、参加が決まっているのは2月3日(日)のコミティア103です。

→ コミティア

配置は決まり次第告知させていただきます。

コミケに来られなかった方は、よかったらお立ち寄りいただければと思います。

ちなみに、コミケと同様に Vol.5~12 を持っていきます。全巻セットもする予定です。

(Vol.4 については完全に在庫がなくなりましたので、今後の頒布はありません)

あと、新刊は「とらのあな」さんでも取り扱っていただいていますので、そちらもよろしくお願いいたします。

→ とらのあな:『書体の研究』 Vol.12




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ