漫画、アニメ、ライトノベル関係のロゴに使われているフォントの紹介。オタクのためのフォント読本「書体の研究」の情報も。

« 2012年11月 | メイン | 2013年1月 »

2012年12月30日

●[冬コミ] 『書体の研究』の新刊と全巻セット割り引き

冬コミ1日目、2日目に参加された皆様、お疲れ様でした。

いよいよ明日はコミケ最終日です。

(世間一般では明日は大晦日なんでしょうが、私たちにとっては「3日目」ですよね)

うちのサークルも明日はサークル参加なので、今日はあらためてその告知を。


■ 新刊(Vol.12)が出ます

『書体の研究』

先日告知させていただいたように、オタクのためのフォント読本『書体の研究』の新刊が出ます。

特集のテーマは「ちょっと変わったフォントカタログ」

詳しい内容は前日のエントリをご覧下さい。
→ [冬コミ新刊] 書体の研究 Vol.12

配置は東5ホール 「ノ」-48b のお誕生日席です。


■ 全巻セット割り引き

既刊については、在庫がある Vol.5~11はすべて用意しています。

Vol.4 はあと4冊しかないので表には出していませんが、欲しい方は残っていないか声をかけてみてください。

また、夏コミに引き続き今回も全巻セット割り引きを行わせていただきます。

内容はこんな感じです。

『書体の研究』

全巻といっても、在庫のあるVol. 「5」~「12」のセットなのでご注意ください。

そのかわり、700円×8冊で 5,600円のところを 4,000円と、1,600円引きなのでかなりお得です。

また、2セット限定ですが Vol.4 も含めた全9冊完全セット用意しました。

こちらは定価通りの 6,300円なのですが、その代わり商業誌版『書体の研究』が「おまけ」についてきます。

商業誌版には同人誌版 Vol.1~3の内容が収録されていますので、合わせれば Vol.1 からすべての内容をお読みいただくことが出来ます。


という感じでいろいろそろえてお待ちしておりますので、ぜひお立ち寄りいただければと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2012年12月24日

●[フォント] フォントワークス2012年の新書体

■ よつ葉バター

よつ葉バター

こんばんは。榊です。

いきなりですが、バターの話です。

以前から「よつ葉バター」のパッケージが可愛らしくて気になっていたんですが、先日他のもののついでに買ってみました。

バターやマーガリンの売り場で他の製品と見比べるとよく分かるのですが、高級すぎもせず、かといって安っぽくもない素敵なパッケージです。

文字を主体としたシンプルなデザインで、白地に明るい緑色と+ワンポイントとしてのトーストのオレンジという明るい色合いも、よくあるクリーム色の容器なんかとちがって食欲がわきそうですね。

よつ葉バター

「パンにおいしいよつ葉バター」という商品名は、しっかりとした太さで落ち着きのあるデザインの明朝体で書かれています。

これはフォントワークスの筑紫B見出ミンというフォントで、名前の通り見出し用の明朝体です。

よつ葉バター

(画像をクリックで拡大)

筑紫シリーズの見出し明朝体には「A」と「B」の2種類がありますが、よつ葉バターでは「B」の方が使われています。

(ただし、最後の音引き「-」だけは「A」のもののようです)

ちょっと古めかしい雰囲気がパッケージの雰囲気にピッタリですね。


■ 筑紫オールド明朝のファミリー化

ところで、フォントワークスの筑紫シリーズというと、つい先日2012年の新書体がリリースされたばかりですので、今日はその新しいフォントを紹介させていただきたいと思います。

まず、今回のリリースのメインはなんといっても筑紫オールド明朝のファミリー化でしょう。

フォントワークスの人気書体のひとつである「筑紫オールド明朝」は、これまでウエイト(太さ)が「R」の1種類しかなかったのですが、今回、一気に「L」から「E」の6ウエイトのファミリーとなりました。

筑紫オールド明朝

(画像をクリックで拡大)

ただし、名前に「A」の文字が入って「筑紫Aオールド明朝」となっていることから分かるように、従来の筑紫オールド明朝とまったく同じ書体ではありません。

下の図にあるように、さんずいの3画目が長くなっているので注意が必要です。

筑紫オールド明朝

また、先ほどの図の一番下にあるように、仮名のデザインが違う「筑紫Bオールド明朝」も1ウエイトのみですが同時にリリースされました。

かなり個性的で大胆なデザインの仮名を採用しているので、どんな使われ方をするのかこれから楽しみです。

ちなみに、筑紫オールド明朝がどういう風に使われているかは、12/31の冬コミででる『書体の研究』 Vol.12 の特集や、このブログの以前の記事(→ [フォント] 藤田重信さん×草野剛さんのトークセッションを聴いてきました)をご参照ください。


■ キャッチ書体

今回のリリースでは、筑紫オールド明朝の他にも2種類のキャッチ書体が登場しています。

筑紫オールド明朝

(画像をクリックで拡大)

1つは上に示したユールカ

見ての通り、「ゆるい」デザインのフォントで、既存のものでたとえるならニィスのじゃんけんと同じ系統といえるでしょう。

筑紫オールド明朝

(画像をクリックで拡大)

そして、もう1つは花風テクノ

アーフィックのAR新藝体というフォントの漢字に、新たにデザインされた仮名を組み合わせた書体で、「E」と「U」の2ウエイトあります。

上の図に、同系統の書体であるダイナコムウェアのDF綜藝体と写研の創挙蘭も一緒に載せていますので、見比べてみてください。

花風テクノの仮名は、AR新藝体よりはDF綜藝体や創挙蘭に近いようですが、「な」や「は」のループ部分をカーブではなく直線で構成するなど、独自の味付けがなされていることが分かります。


ということで、今回はフォントワークスの新書体の紹介でした。

ここ数年のフォントワークスの新書体を見てみると、筑紫A丸ゴシック(2010年)、筑紫B丸ゴシック(2011年)、そして筑紫Aオールド明朝(今年)と、筑紫シリーズの人気書体のファミリー化を進めると同時に、キャッチ書体のバリエーションを着実に増やしており、なんというか「かゆいところに手が届く」感じですね(笑)


次回はタイプバンクの「かなバンク」の紹介を予定しています。




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2012年12月15日

●[冬コミ直前企画] 『書体の研究』バックナンバープレゼント(12/18締切)

こんばんは。榊です。

冬コミで頒布予定の『書体の研究』 Vol.12が、先ほど印刷所から届きました。

まだちらっとしか見ていないのですが、今の大きなミスはなさそうです。

本の内容については前日の紹介記事をご参照ください。

→ ゆず屋: [冬コミ新刊] 書体の研究 Vol.12


■ バックナンバー・プレゼント

今日はもう12/15日ということで、冬コミまであと半月を残すばかりとなりました。

そこで、今日は冬コミ直前企画として、『書体の研究』のバックナンバーをプレゼントをさせていただきたいと思います。

抽選で 3名の方に、お好きなバックナンバー1冊をプレゼントさせていただきます。

対象となるのは既刊の内、在庫がある Vol.4 ~11。

それぞれの号の内容については次のリンク先でご確認ください。


→ 『書体の研究』 Vol.11 特集「ここからはじめる欧文書体」

→ 『書体の研究』 Vol.10 特集「やっぱり明朝体が好き!」

→ 『書体の研究』 Vol.9 特集「このフォントがすごい! 2011」

→ 『書体の研究』 Vol.8 特集「情報量の多い書体を使おう!」

→ 『書体の研究』 Vol.7 特集「マンガの書体。文字の演技力。」

→ 『書体の研究』 Vol.6 特集「ユニバーサルデザイン書体」

→ 『書体の研究』 Vol.5 特集「しょたけん的 丸ゴシック体 概論」

→ 『書体の研究』 Vol.4 特集「てろっぷ!! -アニメの書体はロゴだけじゃない-」


申込み締め切りは 12/18(火) 16:00 です。

当選された方にはメールでご連絡いたしますので、送付先の住所とお名前をお知らせください。

発送はメール便の予定です。

とういうわけで、よかっらた試しに申し込んでみてください。

→ プレゼントの申込みフォーム

(年代と職業の記入は必須ではありません。差し支え無ければ参考までにご記入いただければと思います。)




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2012年12月 9日

●[冬コミ新刊] 書体の研究 Vol.12

[冬コミ新刊] 書体の研究 Vol.12

こんばんは。榊です。

前回の更新から少し開いてしまいましたが、ようやく12/31のコミケで出す『書体の研究』の新刊を完成させることが出来ました。

今週火曜日に入稿したのですが、多少無理したせいか風邪をこじらせてしまい、水曜日に行くはずだった「かなバンク」のイベントを欠席する羽目になるなど散々だったのですが、ともかくこれで新刊を落とさずに済みそうです。


■ 内容紹介

というわけで、今回も新刊の内容を紹介させていただきたいと思います。

[冬コミ新刊] 書体の研究 Vol.12

[冬コミ新刊] 書体の研究 Vol.12

[冬コミ新刊] 書体の研究 Vol.12

[冬コミ新刊] 書体の研究 Vol.12

[冬コミ新刊] 書体の研究 Vol.12

[冬コミ新刊] 書体の研究 Vol.12

[冬コミ新刊] 書体の研究 Vol.12

[冬コミ新刊] 書体の研究 Vol.12

今回の特集は「カテゴリー別 ちょっと変わったフォントカタログ」です。

フォントと一口に言っても、小説の本文に使われるようなスタンダードなものから、いったいどういう場面で使えばいいのか分からないような奇抜なものまで、色々なものがあります。

そんななか、今回の特集では「ほんのちょっとだけ変わったフォント」に焦点を当て、6つのカテゴリーに分けて紹介しています。

「すごく変わったフォント」じゃなくて「ほんのちょっとだけ変わったフォント」ということで、どれも普段よく目にするものばかりで、取り立てて珍しいわけではないのですが、その分実用的なフォントたちです。

前回の欧文書体入門、前々回の明朝体と、やや堅めの特集が続いていましたが、今回はもっと気楽に読んでいただけるようなテーマで、ライトノベルやマンガなどでの使用例も多く挙げていますので、お正月休みにでものんびり読んでいただければと思います。


連載の「ろごたいぷっ!」では、いつものようにマンガやライトノベルのタイトルロゴを中心に紹介していますが、今回はさらに番外編として「映画のパンフレットのフォント」を4ページにわたって取りあげています。

どんな内容なのかお楽しみに!


■ コミケでの配置など

冬コミでの配置は次の通りです。

12/31(月) 東5ホール 「ノ」- 48b

イベントでの頒布価格はいつもと同じ 700円です。

ページ数もいつもと同じ A4 フルカラー 48ページです。

今回もとらのあなさんで取り扱っていただける予定で、店頭での販売は12/31から、通販の予約は既に始まっています。

→ とらのあな:『書体の研究』 Vol.12


なお、コミケには在庫がある既刊(Vol. 5~11)も持っていく予定です。

さらに、夏コミに引き続き全巻セット割り引きもやります。

新刊を含めた Vol. 5~12 全 8冊が、5,600円のところ、1,600円引きの 4,000円になりますので今回初めて『書体の研究』を買ってくださる方にはお薦めです。


というわけで、大晦日はビッグサイトで寒さに震えながらお待ちしております(笑)。ぜひお立ち寄りください。




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ