漫画、アニメ、ライトノベル関係のロゴに使われているフォントの紹介。オタクのためのフォント読本「書体の研究」の情報も。

« 2012年9月 | メイン | 2012年11月 »

2012年10月31日

●[フォント] 秀英体について若干の補足

前回はモリサワパスポートの今年の新書体について書きましたが、今日はそれについて少し補足です。
前回の記事 → [フォント] 2012年の新書体・モリサワ編(1)


■ 秀英角ゴシック金

その先日の記事で、「秀英角ゴシック金」はあまり秀英体っぽくない、というようなことを書いたところ、秀英体の中の人から、「もとあった秀英ゴシ(90年代前半に開発)はむしろ金の仮名ほう」だということを教えていただきました。

それで、昨年いただいた秀英体の冊子(下の写真のやつ)を見返してみると、ちゃんとそのことが図入りで説明されてました。

[フォント] 秀英体について若干の補足

[フォント] 秀英体について若干の補足

パスポートを契約されている方は、昨年のアップグレードキットにこの冊子が入っていますのでご覧いただければと思います。

@mashcosan さん、ありがとうございました。

以上、先日の補足でした。

え、それで終わりかよ! って感じですが、このあたりの話は正直よく知らないのであんまり書くことがないのです……

けど、これではあんまりなので、秀英体関係の小ネタを2つほど。


■ 秀英体 小ネタ(1)

先日、twitterで秀英角ゴシックの「雪マーク」が可愛いと話題になっていました。

[フォント] 秀英体について若干の補足

こんな感じで、マフラーと手袋装備の可愛い雪だるまです。

他の天気のマークも表情の付け方がユーモラスで、なかなか可愛い感じです。

他のフォントと比べてみると違いがよく分かると思います。

[フォント] 秀英体について若干の補足

(画像をクリックで拡大)

実は、一般的なフォントでは「晴れ」や「曇り」などのお天気マークに顔はついていないんですね。

「雨」のマークを見ても、傘が真っ直ぐなものや斜めのもの、秀英角ゴシックのように雨が降っているもの、ラインGのように雨粒が下に落ちているものなど様々です。

ですが、やはり一番バラエティに富んでいるのは「雪」マークでしょう。

まず、全体の形では、秀英角ゴシックや小塚ゴシック、游ゴシック体のように丸い雪をアイスクリームのように2段に積んだタイプと、鏡餅のように平べったい2段のものに分けることができます。

また、秀英角ゴシック、メイリオ、小塚ゴシックのようにマフラーをしているもの、秀英角ゴシック、イワタ明朝オールドのように「腕(木の枝)」があるものも有ります。

中でも特殊なのがダイナコムウェアの「DFクラフト花」です。

なんというか、溶けて形が崩れたような感じになっちゃっているのはともかく、頭の上に載せている「バケツ」のはずの物体までぐんにゃりしていて、もう何が何だか分かりません(笑)

ちなみに、電話のマークも昔ながらの黒電話タイプが多かったのですが、最近はプッシュ式のものが増えてきているようです。

本当はこんな形の電話機、あんまり見かけないんですが、リアルにしようとすると電話だって分からなくなりそうですね。


■ 秀英体 小ネタ(2)

最後に小ネタをもう一つ。

今さらですが、秀英体ってご存じですか?

先日から秀英体について書いているわけですが、このブログを見てくださっている方の中には、マンガやラノベは好きだけどフォントにはそれほど興味がないという方も結構いらっしゃるのではないかと思います。

秀英体は金属活字の時代より続く歴史のある書体で、デザインやDTP関係のお仕事をされている方なら誰でも知っているほど有名なのですが、そういう一般の方にとっては馴染みがないかもしれません。

けど、実は市販の書籍の装幀なんかにもたくさん使われていて、気づかないうちに普段から目にしているはずです。

もちろん、マンガにも使われています。例えば……

[フォント] 秀英体について若干の補足

[フォント] 秀英体について若干の補足

上に挙げたオノナツメさんの『つらつらわらじ』、中嶋 ちずなさんの『いいなり!あいぶれーしょん』のタイトルにはモリサワの秀英3号というフォントが使われています。

[フォント] 秀英体について若干の補足

[フォント] 秀英体について若干の補足

東村 アキコさんの『主に泣いてます』、オノナツメさんの『リストランテ・パラディーゾ』のタイトルに使われているのは秀英5号です。

[フォント] 秀英体について若干の補足

大沖さんの『はるみねーしょん』では、秀英3号と秀英5号がまぜて使われています。

(詳しくは『書体の研究』 Vol.5Vol.8をご覧ください)

秀英3号と5号は、近年の平成の大改刻の以前からモリサワで提供されていた仮名書体で、同じモリサワの明朝体であるリュウミンの漢字と組み合わせて使えるようにデザインされています。

[フォント] 秀英体について若干の補足

また、この水谷 フーカさんの『チュニクチュニカ』には、2010年のアップグレードで提供された秀英初号明朝が使われています。

私の好みで買った本から例を挙げているので偏っている気もしないではありませんが、こんな風に身近なところでたくさん使われているというお話でした。




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2012年10月29日

●[フォント] 2012年の新書体・モリサワ編(1)

■ アップグレードキットが届きました

先週、モリサワからパスポートのアップグレードキットが届きました。

何度も紹介していますが、「パスポート」というのは毎年一定の料金を支払えばモリサワのフォントをすべて使えるという年間ライセンスシステムの名称で、毎年この時期になると「アップグレードキット」として新しいフォントが届けられます。

届いたパッケージに入っている小冊子を見ていたのですが、今年はかなりの数のフォントが追加されたようです。

(どんなフォントが追加されたかは、モリサワのサイトをご覧ください)


■ 秀英体

中でも今回の目玉は、やはり秀英体ファミリーの新書体、秀英角ゴシック秀英丸ゴシックでしょう。

「秀英体」というのは今の大日本印刷の前身である秀英舎が製造していた活字書体と、それをベースにして制作されたフォントを指す言葉です。

2005年ごろより始まった「平成の大改刻」と呼ばれるプロジェクトにより、新たに制作された秀英体ファミリーのデジタルフォントが次々とリリースされていますが、今回の秀英角ゴシック、秀英丸ゴシックもその一つになります。


■ 秀英角ゴシック

[フォント] 2012年の新書体・モリサワ編(1)

(画像をクリックで拡大)

実際のフォントをみてみると、秀英角ゴシックは上の図にあるようにの2種類あります。

なんだか「ポ○モン」か「○魂」みたいですが、この2つは漢字と英数が共通で、仮名のみが異なる兄弟フォントとなっています。

(たぶん、来年には「秀英角ゴシック・黒」と「秀英角ゴシック・白」がリリースされるはず?)

アップグレードキット同梱の小冊子に詳しい説明がありますが、「銀」の方が既にリリースされている秀英明朝と同じ骨格をしているのに対して、「金」ではふところを広くとった、よりニュートラルなデザインになっています。

なので、「金」はあまり秀英体っぽい雰囲気はなく、冊子でも「オーソドックスなゴシック体」と説明されています。

大日本印刷のサイトにも説明があります)


■ 秀英丸ゴシック

そして、個人的に楽しみにしていたのが秀英丸ゴシック。

こちらは秀英角ゴシック金の骨格に合わせて作られた丸ゴシック体で、字面が小さく落ち着いた印象です。

『書体の研究』のVol.9 にも書きましたが、以前は丸ゴシック体と言えばモリサワの新丸ゴフォントワークスのスーラのように正方形の枠いっぱいに文字をデザインしたタイプのものが主流でしたが、ここ数年、こういった字面が小さめの落ち着きのある丸ゴシック体が各社からリリースされており、選択肢が広くなったのは嬉しいかぎりです。

いくつか例を挙げてみると、下の図のようになります。

上の方が「字面が小さい」タイプ、下の方にあるフォント名が青いものが「字面が大きい」タイプです。

また、字面が小さいタイプの中でも、骨格に活字時代の名残を強く残すものから、よりデフォルメされたもの、角のアールが大きいものや小さいものなど、さまざまな個性があることが分かると思います。

[フォント] 2012年の新書体・モリサワ編(1)

(画像をクリックで拡大)


ちょっと中途半端ですが、今日はここまで。

他にも色々なフォントが追加されているので、時間があればモリサワ編(2)を書きたいと思います。




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2012年10月23日

●[フォント] 『ちはやふる』のロゴの謎

■ 『ちはやふる』のロゴの謎

[フォント] 『ちはやふる』のロゴの謎(ゆず屋)

「謎」なんていうとちょっと大げさですが、今日は『ちはやふる』のロゴに使われているフォントについて少し書きたいと思います。

末次 由紀さんの『ちはやふる』はTVアニメで知った作品なんですが、実はTVで放送されていたときからこのロゴがずっと気になっていました。

というのも、ぱっとみるかぎり何のフォントを使っているのかよく分からないからです。

(もちろん、既製のフォントでないという可能性もありますが)

そこで、来年1月からアニメ第2期の放送も決まったことですし、ちょっと調べてみることにしました。


■ 明朝体の仮名

ロゴに使われているのは、上の画像の通り明朝体の仮名のようです。

(「明朝体の仮名」っていう言い方は変なんですが、他に良い表現もないので……)

[フォント] 『ちはやふる』のロゴの謎(ゆず屋)

(画像をクリックで拡大)

もちろん、明朝体と一口に言ってもかなりの種類があります。

上に挙げたのはその一例です。

とりあえず、こういった既製の明朝体フォントの中から似ているものを探します。

[フォント] 『ちはやふる』のロゴの謎(ゆず屋)

(画像をクリックで拡大)

ここでその作業をいちいち説明しても仕方がないので、さっさと結論を書いてしまうと上の図のように文字ごとに形の近いフォントがバラバラでした。

「ち」がモリサワの秀英3号、「は」、「ふ」がモリサワのリュウミン・オールドがな、そして「や」、「る」が旧リョービのRo築地です。

ただ、これはあくまでも「似ている」フォントというだけであって、よく見てみると輪郭があちこち違っています。

角を丸めてあるといった程度ならよくあることですが、「は」の右上の部分なんかはかなり違っています。

違っているんだけれど、これ以上形の近いフォントは見当たらなかったので、これらのフォントを元に、デザインされた方が全体のバランスを考慮して、かなり細かく修正されたのではないかと思います。

もっと幾何学的なディスプレイ書体ならともかく、明朝体の仮名のように繊細なバランスが要求される文字を手作業でこれだけ変更されたのだとすると、かなり神経を使う作業だったのではないかと思われます。


というわけで、今日は『ちはやふる』のお話しでした。

* 今回はピッタリ当てはまるフォントがあったわけではないので、間違っている可能性が結構あります。もし、もっと近いフォントをご存じでしたらぜひお教えください。




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2012年10月12日

●[聖地巡礼] 『TARI TARI』の舞台、鎌倉と江ノ島に行ってきました

こんばんは。榊です。

タイトルの通り、『TARI TRAI』の舞台である鎌倉と江ノ島に行ってきました。

いわゆる、聖地巡礼というやつです。

放送もすでに終わってしまっていてちょっと遅い気もしますが、カメラとレンズを新調したのでそのテストを兼ねて出かけてきました。

というわけで、撮ってきた写真をいくつかアップしてみたいと思います。

ゆず屋

ゆず屋

まずは鎌倉駅前の時計。来夏が歌を歌っていたところですね。

JRで鎌倉に着いて、このあたりの写真を撮った後、江ノ電で鎌倉高校前へ向かいました。

ゆず屋

ゆず屋

この駅のホームもアニメに登場していました。

アニメのキャプチャは面倒なので割愛します……(笑)

ゆず屋

ゆず屋

学校へ向かう途中のこの踏切も、何度か登場していました。

たしか、紗羽が馬に乗って通っていたのもここだったかと。

ゆず屋

江ノ電は海沿いに走っているので、この踏切の場所で後ろを振り返ったらすぐに海です。

天気も良かったので、すごくいい眺めでした。

そして、ここからもう一度江ノ電に乗って江ノ島へ向かいます。

ゆず屋

ここからは歩いて江ノ島へ渡ります。

その途中の橋(?)がこちら。

ゆず屋

ゆず屋

江ノ島には和奏の家のモデルになったお店があるので、そこを目指して進みます。

ゆず屋

初めて行ったので知らなかったんですが、江ノ島って小高い山のようになってるんですね。

「江ノ島エスカー」という謎の有料エスカレーターと徒歩で登っていくと、このように上から海を見渡すことが出来ます。

景色は良かったんですが、普段引きこもっていてまったく運動しない私は既にこの辺りでくたくたに。

何しろ、カメラとレンズだけで 2kgほどありますし……

ゆず屋

ゆず屋

そして、ようやく和奏の家のモデルになった「あぶらや」さんに着いたのですが、ご覧のように行列が。

入るのは断念して引き返したのでした……


体力の無さが災いして、あまりあちこちは回れなかったのですが、こうやって聖地巡礼としてカメラ片手に出かけると単に観光に行くよりもずっと楽しいということがよく分かりました。

また機会があったらどこか行ってみたいものです。


ちなみに、この記事を書いている途中に京都の友人からメールが届きました。

なんでも、『中二病でも恋がしたい!』の聖地巡礼に滋賀へ行ってきたそうで、写真がいっぱい添付されてます。

ゆず屋

ゆず屋

えーと、いい歳して何をやってるんでしょうね(笑)

一人で三脚を使って構図を合わせてポーズをとっている姿を想像するとなんとももの悲しい気分になるのは私だけでしょうか(笑)

(いちおう、許可をもらって載せています。)


というわけで、今日は聖地巡礼の話題でした。

明日は朝一で『魔法少女まどか☆マギカ』の映画(後編)なので、今日はもう寝たいと思います。

おやすみなさい。

アニメの画像は『TARI TARI』(tari tari project)、及び『中二病でも恋がしたい!』(虎虎/京都アニメーション/中二病でも製作委員会)より引用させていただきました。




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ