漫画、アニメ、ライトノベル関係のロゴに使われているフォントの紹介。オタクのためのフォント読本「書体の研究」の情報も。

« 2012年8月 | メイン | 2012年10月 »

2012年9月24日

●[ust] アーカイブ公開中です

こんばんは。榊です。

すでに1週間前の話ですが、9/16(日)に『書体の研究』 Vol.11 のおさらいのUstを行わせていただきました。

大勢の方がご覧くださったようで、ありがとうございました。

ご都合がつかなかった方も、アーカイブも残してありますのでよかったらそちらをご覧ください。

→ 『書体の研究』 on USTREAM


Ustをするのは今回で4度目ですが、やはり人様に説明するというのは難しいですね。

よっぽどよく分かっていないと分かりやすく話せませんし、興味を持ってもらえるような話し方もできません。

そういう意味で、今回は非常に反省することの多いUstでした。もっと精進します……


■ 書体の分類についての補足

Ustでは書体の分類についても少し話しました。

『書体の研究』Vol.11ではばっさりカットしたVox-ATypI 分類と、その元になった Vox の分類の件です。

Vox-ATypI 分類については小泉均さんの『タイポグラフィ・ハンドブック』(研究社)のp.72~に載っています。

また、Ustでも出た『書き文字から印刷文字へ』(女子美術大学)のp.29にも載っています。

(英語版のWikipediaにもあります。 → Vox-ATypI classification

こういった分類というのは、生物の分類や本の分類と同じで、多くのものを区分して取り扱いやすくするための便宜的な取り決めにすぎません。

したがって、「絶対的に正しい分類」というのはありませんし、着目する要素によっていろいろな分類法が存在し得ます。

また、複数の分類のどちらに入れていいのかはっきりしない書体、あるいは複数の分類のどちらにも当てはまってしまう書体というのもしばしば存在します。

なので、Vox-ATypI classification なんて聞くと身構えてしまうかもしれませんが、「そんな分け方もあるんだ」くらいの認識で良いのではないかと思います。

強いて分類の利点を挙げるとすれば、書体のことを勉強したり、本にまとめたりするときに便利なこと位でしょうか。

もっとも、個人的には「役に立つから」分類を作るのではなく、ある程度の合理性を持った統一的な分類を作ることが出来たら気持ちいいから分類を作るんだと理解してます……


分類に関してあと、もう一点だけ補足を。

Vox の書体分類

Ustの中で、この『Fonts & Encodings』を引用して Vox の分類の話をしました。

この本で Vox の分類は下図のように円形に描かれています。

Vox の書体分類

そのときは、Vox がもともとこんな風に円形に書いたのかは知りませんと話していたのですが、確認したところ、Vox 自身も円形に書いていました。

Vox の書体分類

こちらが参照した本。

1963年に出版された『faisons le point』(Union bibliophile de France)の『Cent Alphabets ‘Monotype’』と題した本です。

Maximilien Vox が分類を提案したのは1954年のことなので、それよりかなり後に出版されたものですが、少なくともこの本で Vox は下図のように円状に分類を書いています。

Vox の書体分類

拡大すると……

Vox の書体分類

ということは確認したんですが、なにしろこの本、フランス語なんで私にはぜんぜん読めません(笑)

ちなみに、この本では美しい印刷でいろんな書体が紹介されています。

Vox の書体分類

Vox の書体分類

以上、Ustでの話題に関して若干の補足でした。





関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2012年9月11日

●[告知] 9/16(日)「Vol.11のおさらい」Ustやります+ ローソンの氷菓キャンペーン

『書体の研究』Vol.11 のおさらい

ちょっと遅くなりましたが、以前より告知していたように、この夏に出た『書体の研究』の新刊のおさらいというか補足のUstをさせていただきたいと思います。

日時は、今週末 9月16日(日) 夜10:00~

雑談中心なので終了時間ははっきりと決めませんが、目標は1時間~1時間半程度です。

『書体の研究』 Vol.11をお読みいただいた方向けの配信ですので、お手元に用意していただいて聞いていただけるとありがたいです。

今回の特集「ここから始める欧文書体」に関する話がメインになると思いますが、あんまり難しい話にはならない予定です。

本当はもっとデザインとタイプフェイスの歴史なんかを掘り下げて紹介したいところなんですが、自分の知識がまったく追いついていないのもので……

なにか良い本あったら教えてください(笑)


配信は、こちらで行います。

→ 『書体の研究』 on USTREAM

Vol.10 と 7 の時の配信がアーカイブされているので、よかったらそちらもご覧ください。


■ アサヒ飲料×氷菓×ローソン カンヤ祭 キャンペーン

アサヒ飲料×氷菓×ローソン カンヤ祭 キャンペーン

Ustの告知だけというのも寂しいので、小ネタを一つ。

10月からローソンで『氷菓』がらみのキャンペーンが始まるそうです。

上の画像はローソンのWebサイトより引用させていただいたものですが、
FONT1000のTA-ドラミンとTA-プラスというフォントが使われています。

アサヒ飲料×氷菓×ローソン カンヤ祭 キャンペーン

FONT1000のフォントは個性的なものが多いのでよく目にとまりますね。

「FONT1000定額」という年間ライセンスも始まっているので、これからますます目にする機会が増えるのでは無いでしょうか。

以上、小ネタでした。

しかし、コーヒーですら3人しか当たらないとは、競争率高いですね。

どうせなら米びつじゃ無くて田んぼが当たるとかにすればいいのに(笑)

→ FONT1000




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2012年9月 9日

●[フォント] TypeBank PASSPORTが届きました

TypeBank PASSPORT(ゆず屋)

■ TypeBank PASSPORT

先日注文していたTypeBank PASSPORTが届きました。

PASSPORTというのはモリサワが提供しているフォントの年間ライセンシング・プログラムの名前で、PC1台あたり決まった額を毎年支払えば、その会社のフォントを原則すべて使えるというものです。

タイプバンクでは、以前よりフォントワークスのLETSに参加して同様のサービスを提供してきましたが、2010年にモリサワの子会社となったため、この9月よりPASSPORTを提供することになりました。

なお、モリサワのPASSPORTにも2011年のアップグレードキットからタイプバンクのフォントが収録されていますが、あくまでもUD系など一部のフォントのみなので、タイプバンクのフォントをすべて利用するためにはTypeBank PASSPORTを契約する必要があります。

→ モリサワ|株式会社タイプバンクの株式取得による完全子会社化を発表

→ タイプバンク|年間ライセンスシステム TypeBank PASSPORT


TypeBank PASSPORT(ゆず屋)

上の写真のように、パッケージは一般的なトールケースで、インストーラーとフォントデータのDVD=ROMが、それぞれ1枚ずつ入っています。

ライセンスキーなどが書かれた証明書が一緒に送られてくるので、インストーラーを起動してインターネット経由で登録すれば、すぐにフォントを使い始めることが出来ます。

(「ライセンス証明書」がパッケージの中に収まるサイズだともっと便利だと思いました。)


■ タイプバンクの332書体を収録

なにしろ膨大な数の書体が入っているので全部紹介したりはしませんが、気になるポイントをいくつか紹介したいと思います。

まず、当たり前のことですがタイプバンクの書体がすべて入っています。

332書体もあるそうです。

UDじゃないタイポスも入っていますし、あの素朴で可愛らしいちび丸ゴシックも使えます。

TypeBank PASSPORT(ゆず屋)

TypeBank PASSPORT(ゆず屋)

(図をクリックで拡大)

他にどんな書体が入っているかはタイプバンクのサイトにある「収録書体一覧」をご覧ください。


■ 旧リョービの145書体も収録

このTypeBank PASSPORT と、これまで提供されていた TypeBank LETSとの最大の違いは、旧リョービの書体も一緒に入っている点です。

リョービのフォント事業は2011年にモリサワへ譲渡されていたわけですが、さらに今年に入って旧リョービのフォントはタイプバンクに譲渡され、タイプバンクフォントとして提供されることとなりました。

→ モリサワ|モリサワ リョービ株式会社ならびにリョービイマジクス株式会社からのフォント事業譲渡を発表

→ モリサワ|モリサワ 旧リョービ書体を株式会社タイプバンクへ移譲

その結果、このTypeBank PASSPORTでは旧リョービの書体も使えるようになっています。

本明朝や本明朝Bookなんかも全部使えるのでかなりお得といえるのではないでしょうか。

個人的には、これまでにリョービのフォントは少しずつ購入していたのでそれほどメリットは無いのですが、まだ買えていなかった伝統書体シリーズが使えるのが有り難いです。

TypeBank PASSPORT(ゆず屋)

「伝統書体シリーズ」というのは上の図にあるように隷書体の「花牡丹」、宋朝体の「花胡蝶」、そして楷書体の「花蓮華」の3書体からなるセットで、リョービ株式会社、リョービイマジクス株式会社、文鼎科技開発有限公司の3社が共同開発したものだそうです。

文鼎科技開発有限公司というのはつまり Arphic のことですね。

そして、仮名は欣喜堂の今田欣一さんが担当されたとのことです。

花胡蝶と花蓮華は3種類のウエイトが用意されています。

新たにリリースされたフォントというわけではないのですが、こうやってライセンスパッケージに収録されることで使われる機会も増えるのではないかと思います。


中でも特に気になるのは花胡蝶です。

宋朝体というのは普通の明朝体などと比べて存在感があり、また、他のフォントにはあまりないシャープな雰囲気を持っているため、書籍のタイトルなどでよく使われています。

以前はなんとなく、ダイナコムウェアの新宋体かイワタの宋朝体くらいしか選択肢が無いような気がしていたのですが、気がつけばこんなに増えていたんですね(下図)。

TypeBank PASSPORT(ゆず屋)

ちなみに、花胡蝶は新宋体と同じく文字が縦長の長宋体、イワタ宋朝体と欣喜堂の龍宋は文字が正方形の方宋体の系統になっています。

そのあたりの違いについては次の記事をご参照いただければと思います。

→ ゆず屋|[フォント] 『偽物語』と『エトランゼのすべて』、2種類の宋朝体


■ 新しい仮名書体

最後に、もう一度タイプバンクのフォントの話に戻りましょう。

今回の TypeBank PASSPORTには完全新作の仮名書体も収録されています。

下の画像がその書体です。

TypeBank PASSPORT(ゆず屋)

見ての通り、どれもかなり個性的なデザインで、名前も「赤のアリス」、「白のアリス」と市販のフォントとしてはかなり斬新です。

「クリーパー」というのはつる植物(つた)のことで、その名の通りつたが這ったようなアール・ヌーボ的デザインをしています。

欧文書体でいうところのArnold Böcklin みたいな感じでしょうか。


うちのブログや同人誌『書体の研究』では、コミックスやライトノベルのタイトルなどを主に題材にさせていただいているので、ディスプレイ書体をネタにすることが多いのですが、なかなかここまで個性的な仮名書体をフォントメーカーが出すのは珍しいように思います。

フォントワークスはかなりディスプレイ書体に力を入れていますが、一般的に個性的な書体というのはそれだけ使える場面が限られるので、なかなか制作に時間や人手を割くのが難しいのでは無いかと思います。

そんな中、こういった個性的な書体が登場するというのは嬉しいですし、うちのブログと『書体の研究』的にも、これからどういった使われ方をしていくのかとても楽しみです。


少し話はそれますが、写植の時代にも似たような状況はあったようです。

下の図は、日本タイポグラフィ協会が 1974年に発行した『タイポグラフィ』の第4号からの引用です。

TypeBank PASSPORT(ゆず屋)

TypeBank PASSPORT(ゆず屋)

これらは、奥泉元晟さんが主宰されていたスタジオG2で提供されていた書体で、奥泉さんに加え、桑山弥三郎さんや小塚昌彦さんと、そうそうたるメンバーの手によるものです。

記事を読むと、写植でも明朝体、ゴシック体といった基本的な書体が優先して制作されるので、写植以前から人間がレタリングで書いていたような個性的な装飾文字に変わるような文字を使いたいという需要があったようですが、なかなか写研やモリサワがそういうった特種な書体を全部文字盤にして売るわけにも行かない。そこで、デザイナーさんは自分たちでこういった書体を使えるようにしていたそうです。

後に写植用の文字盤として市販されたものもあるようで、例えば、上図の左上で「ファンファンのおしゃれ」と書いてあるのは小塚昌彦さんのピコという書体ですが、後にピコ・カジュアル36として写研とリョービから販売されたようです。

(あの小塚明朝、小塚ゴシックの小塚さんです。念のため。)

これなんて、今でも十分使えると思うんですが、デジタルフォントが無いのがもったいないかぎりです。

ピコ・カジュアル36についての詳細は下記のサイトをどうぞ。

→ 亮月製作所|忘れ去られてしまった書体

→ しろもじ域|ピコ・カジュアル36


だんだん話がまとまらなくなってきましたが、要するに、これからもこういったいろんな仮名書体が出てくるといいなぁと、そういう話でした(笑)




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ