漫画、アニメ、ライトノベル関係のロゴに使われているフォントの紹介。オタクのためのフォント読本「書体の研究」の情報も。

« 2012年7月 | メイン | 2012年9月 »

2012年8月30日

●[コミティア] 眼鏡っ娘割り引き、懲りずにまたやります!

最近、イベントの告知ばかりで申し訳ないのですが、今日も今週末の告知をさせていただきたいと思います。


先日も書いたように、9/2(日)に東京ビッグサイトで行われるコミティア 101に参加します。

配置はち08bです。


■ 全巻セット割り引き

先日の夏コミでは在庫のある『書体の研究』(Vol.4-11)の全巻セット割り引きというのをやったのですが、大変好評だったので、今回のコミティアでもやろうとおもいます。

価格も前回と同様で、Vol.4 ~ 11 の8冊セットで 4,000円。

元が 1冊 700円ですので、5,600円からの 1,600円引きと大変お得です。

ただし、セット数については夏コミの時よりも少なめにさせていただきます(具体的な数は検討中)。

(夏コミでは持参した「在庫がある限り」でした。)


■ 眼鏡っ娘割り引き

今回は、もう一つの割引を行います。

久々の「眼鏡っ娘割り引き」です。

条件は前回と同じく 2つ。

1) 「眼鏡っ娘」であること。

2) 「合い言葉」を言うこと。

今回の合い言葉は「眼鏡っ娘、眼鏡っ娘って、正直きもいんですけど。」

この合い言葉を当日、私に言っていただければどの号でも1冊無料で差し上げます

お一人様、1回だけとさせていただきます。さすがに何回も言われるとへこむので(笑)

もっとも、言われる方より言う方が恥ずかしいこんな企画にチャレンジしてくれる物好きがいるかどうか怪しいですが……


というわけで、今週末はコミティアでお待ちしております!




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2012年8月21日

●[フォント] 『あっちこっち』と『あずまんが大王』

今日は『あっちこっち』のロゴの話です。

本当は先日の夏コミで出した『書体の研究』 Vol.11 に載せたかったのですが、ページが足らずに泣く泣く掲載を見送ったもので、もったいなのでここに書いておきたいと思います。


■ 『あっちこっち』

『あっちこっち』

上の画像は先日放送されていたアニメーション版『あっちこっち』のタイトルです。

(異識・芳文社/あっちこっち製作委員会)

このタイトルにはたかデザインプロダクションタカラインというフォントが使用されています。

元のフォントで再現してみると下の図のような感じです。

『あっちこっち』

元々は先端が角張ったデザインなのですが、『あっちこっち』のロゴでは角を丸めて使っており、やわらかな雰囲気になっています。

『あっちこっち』

ウエイト(太さ)は L から H の6種類あり、ロゴで使われているのは太めの「B」のようです。


タカラインは、マンガやラノベの分野ではどちらかというとあまり見かけないフォントだと思いますが、、『あずまんが大王』のロゴでも使われているので見覚えのあるかたも多いと思います。

『あずまんが大王』

(あずまきよひこ/アスキー・メディアワークス)

『あずまんが大王』

ちなみに、同じ『あずまんが大王』でもアニメ版や新装版のコミックスでは違うフォントが使われています。

その辺りは『書体の研究』 Vol.4で詳しく説明しているのでお持ちの方は見てみていただければと思います。


■ 「タカライン」と「タカハンド」

この「タカライン」というフォントはデザイナーの高原新一さんが制作されたもので、たかデザインプロダクションより発売されています。

お気づきかもしれませんが、フォント名の「タカ」は高原新一さんのフォントに共通して付けられているもので、他にも色々なフォントがあります。

中でも知名度が高いのは、やはりモリサワから発売されているタカハンドでしょう。

モリサワの年間ライセンスパッケージであるパスポートに収録されていることもあって、タカハンドはよく使われており、ライトノベルやコミックスで見かけることも多いフォントです。

いくつか例を見てみましょう。

『ひきこもりの彼女は神なのです。』 HJ文庫、すえばし けん(著)、みえはる(イラスト)

『リューシカ・リューシカ 1』 ガンガンコミックスONLINE、安倍 吉俊

『お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ』 MF文庫J、鈴木 大輔 (著)、閏月戈(イラスト)


『ひきこもりの彼女は神なのです。』と『リューシカ・リューシカ』のタイトルはタカハンドです。

『お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ』のタイトルは、Vol.9 でも触れたように、漢字がタカハンド、かながはせトッポという定番の組み合わせになっています。


このタカハンドは1984年に開催された第1回モリサワ賞国際タイプフェイスコンテストで「和文ディスプレイ部門」に入賞し、その後、モリサワより発売されたものです。

タカハンド

ちなみにこれは、当時、モリサワが作ったタカハンドのリーフレット。

左下に「写真植字 モリサワ」とあるのが時代を感じさせますね。

こういったディスプレイ書体というのはどうしてもその時代の雰囲気を反映してしまうので、だんだんと古くさくなったり、飽きられてしまったりしそうなものですが、タカハンドは30年近くも前にデザインされたとは思えないデザインで、今でもまったく違和感なく使えるのがすごいですね。

なお、タカハンドは L から H の5種類のウエイトがあります。

タカハンド


というわけで、今日はタカラインとタカハンドのお話しでした。




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2012年8月15日

●[イベント] 夏コミ終了。次はコミティアです。

■ 夏コミ終了!

ゆず屋

こんばんは。榊です。

先週末は夏コミで、私も3日目にサークル参加してきました。

おかげさまで、たくさんの方にお立ち寄りいただき、無事に終了することが出来ました。

『書体の研究』をご購入くださった皆様、ありがとうございました!


今回も、例年と同じくサークルスペースに置くことの出来るギリギリの冊数搬入したので大変なことになっていたのですが、関西から手伝いに来てくれた友人2人との3人体制でなんとかしのぐことが出来ました。

なにしろ本がA4サイズでかさばるので、イスに座るどころか売り子の私たち自身が立つスペースもほとんどない状態です。

お誕生日席の、それも角だったから何とかなったという感じです。配置の神さまに感謝です(笑)

ゆず屋

ちなみに、サークルスペースはこんな感じでした。

机の下と、スペース内には本の包みがギチギチに入ってます……


あと、本や差し入れのお菓子などを持ってきてくださった皆様、ありがとうございました。

初めて食べたんですが、「彩果の宝石」という果物のゼリーがとても美味しかったです。

しっかりとした酸味と甘みがあり、後味もさっぱりしていたので疲れているときにはうってつけでした。

あと、驚いたのがハーゲンダッツのアイスクリームをいただいたことでした。

保冷剤と一緒に、エアキャップでぐるぐる巻きにして持ってきてくださったもので、夏コミ会場で暑さでふらふらになっているときに食べる冷たいアイスは格別でした。


■ コミティアにも参加します!

話は変わって今後の予定です。

次に参加する予定のイベントは、9/2(日)に東京ビッグサイトで行われるコミティア 101。

配置はち08bです。

夏コミで出した新刊(Vol.11)と、既刊のVol.4~10を持っていきます。

新刊の内容については先日のエントリをご参照ください。

夏コミでは Vol.4-11の全巻セット割り引きを行いましたが、このコミティアでも何らかの割引をさせていただく予定です。詳しくは会場にて。


■ ご意見、ご感想、ご質問をお寄せください

以前から書いているとおりUstをする予定ですが、まだ日時は決まっておりません。

いまのところ、9/9(日)の夜を考えていますが、正式に決まったら改めて告知させていただきます。

現在は、そのUstで聞きたいことや、『書体の研究』の感想などを募集しております。どんな内容でも結構ですのでメールフォームより送っていただけると参考にさせていただきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

→ メールフォーム

あんまり難しいことにはお答えできないのでご容赦くださいね(笑)

あ、あと『書体の研究』Vol.11はとらのあなさんで通販もやっていただいてますので、そちらもよろしくお願いします!

→ とらのあな:書体の研究 Vol.11




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2012年8月 3日

●[夏コミ] 新刊が届きました!

書体の研究(ゆず屋)

書体の研究(ゆず屋)

夏コミで頒布予定の新刊、『書体の研究』 Vol.11 が印刷所から届きました!

現物があがってくるとやっぱりテンションが上がりますね。

夏コミまであと1週刊、今から楽しみです。

新刊の内容については前回の記事をご覧ください。
→ [夏コミ新刊] 書体の研究 Vol.11 の内容紹介


あと、書き忘れていましたが、今回の夏コミでは「全巻セット割引」を実施する予定です。

今までずっと買ってくださっている方もたくさんいらっしゃって、とても有り難いのですが、中には今回初めて本誌を知ったという方もいらっしゃるわけです。

そういう方が、既刊を全部買おうとすると、在庫のある 4巻から11巻の8冊、合わせて5,600円とかなり高額になってしまいます。

そこで、そういう場合でも買っていただきやすいように、今回限定で1,600円引きの4,000円とさせていただきます。

8冊なのに6冊買うよりも安いという、かなり思い切った割引なのでぜひご利用ください。

ただし、4~11巻、全巻セットでのサービス価格なので、どれか1巻でも売り切れたら終了とさせていただきます。売り切れていたらご容赦ください。




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ