漫画、アニメ、ライトノベル関係のロゴに使われているフォントの紹介。オタクのためのフォント読本「書体の研究」の情報も。

« 2012年6月 | メイン | 2012年8月 »

2012年7月19日

●[夏コミ新刊] 書体の研究 Vol.11 の内容紹介

こんにちは。榊です。

ここ最近は夏コミで出す予定の『書体の研究』Vol.11の原稿を書いていたんですが、ようやく今朝方に入稿することが出来ました。

というわけで、早速その内容を紹介させていただきたいと思います。

[夏コミ新刊] 書体の研究 Vol.11 の内容紹介 (ゆず屋)

[夏コミ新刊] 書体の研究 Vol.11 の内容紹介 (ゆず屋)

[夏コミ新刊] 書体の研究 Vol.11 の内容紹介 (ゆず屋)

[夏コミ新刊] 書体の研究 Vol.11 の内容紹介 (ゆず屋)

[夏コミ新刊] 書体の研究 Vol.11 の内容紹介 (ゆず屋)

[夏コミ新刊] 書体の研究 Vol.11 の内容紹介 (ゆず屋)

[夏コミ新刊] 書体の研究 Vol.11 の内容紹介 (ゆず屋)

[夏コミ新刊] 書体の研究 Vol.11 の内容紹介 (ゆず屋)


■ 「ここから始める欧文書体」

今回の特集テーマは「ここからはじめる欧文書体」です。

普段、なんとなく使っている欧文書体ですが、どんな書体があって、それぞれどんな特徴があるのかとか、どういう経緯で出来たのかとか、あんまり知られていないんじゃないかと思うんですよね。

プロのデザイナーの方や美大の学生さんならともかく、一般の人にとってはそういうことを知る機会はそれほど多くないですし、何千円もする専門書をいきなり買うというのもちょっとハードルが高い。

そこで、うちのしょたけんのような比較的敷居の低い本で「さわり」の部分を紹介して、興味を持った方にはちゃんとした本を買っていただこうと、そんな感じの企画です。

というわけで、「知っておきたい10の基礎知識」という副題通り、10項目、各項目2ページにしぼって、書体の分類や特徴、あとはファミリーとか合字、オールドスタイル数字とか、そのあたりの基本的なことを紹介しています。

「ローマン体の歴史を2ページでどうやってまとめろっちゅーねん(笑)」とかぼやきながら四苦八苦して書きましたので、どんな風に仕上がっているか確かめていただければと思います。


■ 「ろごたいぷっ」は大増ページ

今回、特集が比較的真面目な感じなので、その分「ろごたいぷっ」のコーナーを23ページにボリュームアップしてバランスをとっています。

ライトノベルやコミックス、TVアニメのテロップなどの話題に加えて、今回は「番外編」としてマンガ雑誌の表紙の話を4ページほど書いています。

あと、上のサンプル画像にもちらっと出ていますが、表2、表3、表4にはいつもとちょっと違う系統のネタを書いてみました。


■ 夏コミ 3日目

配置は夏コミ 3日目、配置は東 U-07 a になります。

48ページ、フルカラーで 700円(イベント価格)です。

コミケには、バックナンバーの Vol.4~10 も持っていきますので、新刊ともどもよろしくお願いいたします。

ちなみに、『書体の研究』は一応「雑誌」のつもりで作っていますので、どの号からでもお読みいただけます。

バックナンバーの内容についてはこちらをご覧ください。

→ 『書体の研究』 Vol.10 特集「やっぱり明朝体が好き!」

→ 『書体の研究』 Vol.9 特集「このフォントがすごい! 2011」

→ 『書体の研究』 Vol.8 特集「情報量の多い書体を使おう!」


また、コミケと同日より「とらなのあな」さんでの委託も始まる予定です。

通販の予約は既に始まっていますので、こちらもよろしくお願いいたします。

→ とらのあな:『書体の研究』 Vol.11 通販のページ


■ Ust もやります!

最近、恒例になりつつある Ustream での本の内容に関する配信もする予定です。

頒布開始が 8/12 なので、その1ヶ月後くらいで考えています。

ちなみに、過去のUst のアーカイブはこちらでご覧いただけます


というわけで、どうぞよろしくお願いいたします。




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ