漫画、アニメ、ライトノベル関係のロゴに使われているフォントの紹介。オタクのためのフォント読本「書体の研究」の情報も。

« 2012年4月 | メイン | 2012年6月 »

2012年5月28日

●[フォント] 藤田重信さん×草野剛さんのトークセッションを聴いてきました

■ イベントに参加してきました

先週の金曜日(5/25)にフォント関係のイベントに参加してきたので、今日はその報告を簡単にしようと思います。

イベントの名前は「フォントというデザイン」。フォントワークスさんとワークスコーポレーションさんの主催で開かれたものです。

デザイナーさん向けのクローズドイベントだったので、参加者はそれほど多くなかったのですが、その分、前置きなしにフォントについての濃いお話しを聴くことができて非常に楽しいイベントでした。


■ 筑紫シリーズ

イベントの主な内容は、筑紫明朝体を初めとする筑紫シリーズ書体の制作者であるフォントワークスの藤田重信さんと『鋼の錬金術師』や『交響詩篇エウレカセブン』のデザインで知られるデザイナーの草野剛さんのトークセッションでした。

筑紫書体の開発経緯や現在開発中の新書体など、話の内容が興味深かったのはもちろんですが、フォントを作る側と使う側というお二人の立場による視点の違いも面白く感じました。


ところで少々脱線しますが、このブログや『書体の研究』で取りあげるようなオタク系コンテンツではフォントワークスの書体というと、どうしても「スキップ」や「くろかね」、「コメット」、「ぶどう」といったデザイン系、キャッチ系の書体の方が幅をきかせていますが、筑紫シリーズの書体ももちろん使われています。

例えば、こちらは筑紫オールド明朝。

東雲侑子は短編小説をあいしている (ファミ通文庫)


こっちは筑紫A見出ミン(メインタイトル)と筑紫B見出ミン(サブタイトル)。

ストライク・ザ・ブラッド〈1〉聖者の右腕 (電撃文庫)


■ 新書体

トークセッションで一番印象に残ったのはやはり筑紫シリーズの新書体のお話しでした。

実際に文字のサンプルを拝見しながら説明をうかがいました。

残念ながらオフレコとのことでここでは書けないのですが、すごく情感たっぷりのフォントで、今から出るのが楽しみです。

そのフォントについては次号の『デザインのひきだし』の「もじ部」のコーナーに載るとのことでしたのでぜひ読んでみようと思います。

と、ここまで書いて気づいたのですが、「デザインのひきだし・制作日記」に既に書いてありました(笑)

なので書いちゃっても大丈夫でしょう…… ようするに、筑紫Oldゴシックです。

サンプルを拝見するかぎり、オールドだけど単に古いだけじゃなく筑紫らしいシャープさも備わっていてすごく魅力的でした。

リリースが待ち遠しいです。


■ 古さと新しさ

この筑紫Oldゴシックもそうなんですが、草野さんは筑紫書体について「古いんだけれど新しさも備えていて使いやすい」という趣旨のことを何度もおっしゃっていました。

確かに、筑紫オールド明朝をみても、オールドと言いつつもかなりシャープで洗練された印象があります。

また、草野さんの「使いやすい」という言葉は、ぱっと組んだだけでもそれなりに見えるというような(肯定的な)意味合いで言われたようなのですが、それについて藤田さんが「簡単に使えるからフォント」だと答えられていたのが印象的でした。

難しく考えなくても使いやすい(見栄えのする)フォントというのは私のような人間にとってはとても有り難いのですが、草野さんや藤田さんのような方でもそういう見方をされるというのがちょっと面白かったです。


また、その使いやすさに関連して草野さんが筑紫Oldゴシックのことを「情報量が多い」と表現されていたのもすごく納得でした。

手前味噌で恐縮なんですが、偶然ながら私も『書体の研究』の Vol.8 で「情報量の多い書体を使おう」という記事を書いていたものですから、草野さんの説明はすごく理解しやすいものでした。

「情報量」というのは、言い換えるなら文字の存在感とか、情緒、ニュアンスとか、そういったものではないかと思います。

「情報量」が多い書体というのは真っ白の紙の上に無造作にぽんぽんと並べても「さまになる」んですよね。

私はこういった文字の「情報量の多さ」や「さまになる」、「間をもたせる」力のことを「空間を支配する力」と呼んでいるのですが、あまりに中二病っぽいので人前では使ってません(笑)

筑紫オールド明朝なんかはかなりこの「空間を支配する力」が強いですよね。

A1明朝もそういうタイプの使いやすい書体で私は好きなんですが、使い方によっては「墨だまり」の付け方が露骨に感じられる嫌いもあります(このことを草野さんがユニークな表現で言われていたのですが書くのは控えておいた方が良さそうですね……)。


■ ユーザーニーズの反映

長くなってしまったので、最後にもう一つだけ書いて終わります。

藤田さんのお話しをうかがっていて感じたのが、かなり積極的にユーザーのニーズを調査されているということでした。

以前からフォントワークスは、マンガのDTP化(脱写植)が進み出した頃にはコミックレゲエ、コミックミステリなどコミック向けの書体をリリースするなど、ユーザーニーズに敏感だという印象があったのですが、筑紫書体の開発に於いてもかなりデザイナーさんたちの意見を参考にされているとのことでした。

例えば、とてもよく使われている筑紫丸ゴシックですが、これは筑紫シリーズの開発が始まった当初は予定されていなかったそうです。

けれど、ナールやスーラではない、オールドスタイルの丸ゴシックが欲しいというリクエストが多かったため開発に踏み切ったとのことです。

また、その筑紫丸ゴシックをリリースすると予想以上に反響が大きかったため、筑紫オールド明朝より優先して筑紫丸ゴシックをファミリー化したのだそうです。

なので、どうしてもこんなフォントが欲しいというのがあれば、フォントワークスの営業さんにしつこく言っていればいつか作ってもらえるかもしれませんね(笑)

(もちろん、商売にならないようなフォントは無理でしょうけど)


他にも、さんずいの形の話とか「よもぎまんじゅう」のフォントとか、いろんな話があったのですが長くなりすぎるのでこのあたりで終わりにしておこうと思います。

第2回の開催を期待しております。




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2012年5月21日

●[フォント] 丸明オールド

■ 「丸明オールド」の使用例

今日は「丸明オールド」というフォントのお話しです。

といってもたいした話ではなく、使用例の写真をいくつか挙げるだけなのですが……


フォントに詳しい方には今さら言うまでもない話なんですが、この丸明オールドというフォントは本当にあちこちで使われています。

それも、新聞広告や駅貼りのポスター、書籍の装幀、商品パッケージなど、場面を問わず、いろんなところで見かけます。

先日も、スーパーで飲み物を買おうとしたら、商品名などに丸明オールドを使っているものがいくつもありました。

丸明オールド (ゆず屋)

例えば、これはフォションのアップルネクター・ティー。

丸明オールド (ゆず屋)

丸明オールド (ゆず屋)

こんな感じで丸明オールドが使われています。

丸明オールド (ゆず屋)

丸明オールド (ゆず屋)

丸明オールド (ゆず屋)

こちらは同じくフォションの抹茶と抹茶ラテ。

丸明オールド (ゆず屋)

丸明オールド (ゆず屋)

他にも、キリンの氷結――

丸明オールド (ゆず屋)

丸明オールド (ゆず屋)

チョーヤのスパークリング梅酒――

丸明オールド (ゆず屋)

丸明オールド (ゆず屋)

最後はサントリーの絹の贅沢。

こんな感じで、今売っている飲み物一つとっても本当によく使われています。

ライトノベルなどでの使用例は、同人誌『書体の研究』の Vol.4 の「ろごたいぷっ!」で紹介しているので、お持ちの方はそちらをご覧ください。

そこでは7冊ほど使用例を挙げていますが、そのとき挙げなかったものとしてはこんなのもあります。

丸明オールド (ゆず屋)

(クリックで拡大)

かずまこをさんの『純水アドレッセンス』ですが、タイトルとオビの両方で丸明オールドが使われています。

■ 「丸明オールド」の凄いところ

この丸明オールドが凄いと思うのは、これだけ大量に使われているにもかかわらず、飽きられていないところです。

もちろん、使用頻度だけで言えば普通の明朝体やゴシック体の方がはるかに多いわけですが、そういった書体は丸明オールドのような書体と比べてクセがないので、あまり飽きるといったことはありません。

それに対して丸明オールドのように個性的な書体の場合、あまり頻繁に使われると目につきすぎて飽きが来そうなものですが、未だにこうやって使われ続けています。

仮名のデザインが個性的ではあるものの極端に形を崩しているわけではなく、また、漢字についてもリュウミンの骨格をベースにしているそうで、やはり可読性が保たれているのが長く使われている理由の一つなのではないかと思います。

(もちろん、個人的に見飽きてしまった方もいらっしゃるでしょうし、安易に丸明オールドを使いすぎではないかと思う時もありますが、未だにこれだけ使われているという事実は素直にすごいと思います。)

ちなみに、「長く使われている」と書きましたが、フォントとしてはかなり新しい方で、2000年頃にアートディレークターの副田高行さんがサントリーモルツの広告に使ったのが最初のようです。

丸明オールドを制作された片岡朗さんのインタビュー記事がマイナビに載っているので、詳しくはそちらを。
→ 【クリエイター100選】第63回 片岡朗(タイプデザイナー)


というわけで、今日は丸明オールドのお話しでした。

→ カタオカデザインワークス

→ 同人誌 オタクのためのフォント読本『書体の研究』の通販(とらのあな)




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2012年5月13日

●[雑談] コミティアで購入した本

ゴールデンウイークが終わって既に1週間以上立ってしまいましたが、COMIC1とCOMITIA、2つのイベントに参加してきました。

立ち寄って下さった皆様、ありがとうございました。

あと、差し入れもありがとうございました。美味しくちょうだいいたしました。

この場を借りてお礼申し上げます。


COMITIAでの戦利品(ゆず屋)

いつものように1人でサークル参加だったのでほとんど席から離れられなかったのですが、コミティアでは欲しい本があったので開始直後と終了間際に少し時間を作って買ってきました。

上段左からPRINTGEEKさんの『網点と線数』KKITT出版部さんの『オタクとフォント+1』、残像アパートメントさんの『少女サイクル3』

下段左から、やもさんの『覗きのススメ』、えむのん(@m_non)さんの蝶の素材集。

そして、右下の『クイーンズブレイド リベリオン ZERO 1』 は著者のさがら梨々さんから頂戴してしまいました。ありがとうございます!

(さがらさんは、商業誌版『書体の研究』 でイラストを担当してくださったので、そのご縁で。)


COMITIAでの戦利品(ゆず屋)

ちなみに『覗きのススメ』というのは、印刷物の網点をチェックしたりするのに使えるルーペのレビュー本で、かなりマニアックです(笑)

私が持っている定番のものも載っていました。

ニコンのベローズキット、使ってみたいです……


やっぱりコミティアはこういうマニアックな本と出会えるので楽しいですね。





関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ