漫画、アニメ、ライトノベル関係のロゴに使われているフォントの紹介。オタクのためのフォント読本「書体の研究」の情報も。

« 2012年2月 | メイン | 2012年4月 »

2012年3月22日

●[フォント] 最近あたらしくリリースされたフォント

[フォント] 最近あたらしくリリースされたフォント(ゆず屋)

今日はタイトルの通り、最近あたらしくリリースされたフォントの話です。

今年に入ってからまだ3ヶ月立っていませんが、そのわずかの間にバラエティに富んだいろんなフォントが登場しています。

今日はそんな中から、2012年1~3月に出たフォント4つと、来月(4月)にリリース予定のフォント1つをざっと紹介したいと思います。

なお、書体見本の画像はすべてクリックすると拡大できますので、ぜひ大きな画像で文字の微妙なデザインを確認してみてください。


■ どうろのじ

[フォント] 最近あたらしくリリースされたフォント(ゆず屋)

まず初めは「ヨコカク」より1月にリリースされたどうろのじです。

その名の通り、道路に書いてある「止まれ」の文字を参考に制作されたフォントで、とても個性的なデザインです。

上のサンプルにもあるように、道路にペイントしてある矢印や自転車のマークなどのシンボルもいくつか収録されています。

かすれ具合の異なるバリエーションがあり、3フォントパックのお値段は 4,410円(2012年3月31日までは特別価格3,780円)となっています。

なお、かなフォントですので漢字が必要な場合は適当なゴシック体の漢字と組み合わせて使います。

詳しくはこちら → ヨコカクストアー


■ ニタラゴルイカ

[フォント] 最近あたらしくリリースされたフォント(ゆず屋)

次はタイプラボより2月にリリースされたニタラゴルイカです。

このフォントは、『書体の研究』 Vol.9 の特集「このフォントがすごい! 2011」でもご紹介したルイカというフォントのファミリーで、かなをニュータイプラボゴシックという明るいデザインのものに置き換えたものです。

「ニュータイプラボゴシック」は、モリサワの「タイプラボN」やフォントワークス「ロダン NTLG」のかなに相当するもので、いずれもタイプラボからライセンスされているものです。

このニタラゴルイカが加わったことにより、上の図にもあるように、スタンダードな「ルイカ」、POP系の「ハッピールイカ」、クラシカルな墨東ルイカ、そして明るくロゴ的な使い方にも向いた「ニタラゴルイカ」と、ファミリーがいっそう充実することになります。

[フォント] 最近あたらしくリリースされたフォント(ゆず屋)

また、上図のようにウエイト(文字の太さ)のバリエーションも豊富に揃っています。

価格も、ダウンロード販売なら1ウェイト(標準・等幅の2フォント同梱)2730円と、漢字もそろった和文書体としては非常にリーズナブルといえるでしょう。

くわしくはこちら → タイプラボ


■ やさしさゴシック

[フォント] 最近あたらしくリリースされたフォント(ゆず屋)

次はつい先日(3/11)にリリースされたばかりのやさしさゴシックです。

このフォントの特徴は人間味を感じさせる個性的なデザインの「かな」で、漢字部分にはM+フォントとIPAゴシックという既存のフォントが使用されています。

無料でダウンロードすることができ、商用・非商用問わず使用できるとのことなので、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

くわしくはこちら → フォントな:やさしさゴシックのフォントダウンロード

ちなみに、既にダウンロードされた方も、今日(3/22)付けで修正版がアップされているので確認してみてください。


■ 銘石B Combination 3

[フォント] 最近あたらしくリリースされたフォント(ゆず屋)

4つ目は、2日前(3/20)に出たばかりのフォント、欣喜堂の銘石Bです。

これについてはすでに先日のエントリでも触れていますので、詳しくはそちらをご覧ください。
→ ゆず屋:[フォント] くれたけ(欣喜堂)の使用例

個人的にとても表情が好きなフォントなので、書籍などでの使用例を見つけるのが今から楽しみです。

なお、朗文堂より販売されていますので詳しくはこちらをどうぞ。
→ 朗文堂タイプ・コスミイクからお知らせ
→ 朗文堂


■ 游明朝体 Pr6 M・游明朝体 Pr6 D

最後は来月リリース予定の游明朝体 Pr6 M と游明朝体 Pr6 Dです。

こちらは昨年発売になった游明朝体 Pr6 Rと同様に、既存の游明朝体の収録字数をAdobe-Japan1-6の範囲に拡大するとともに、文字のデザインに微調整を加えたもので、今回はウエイトMとDがリリースされます。

なお、前回と同じく既存の「游明朝体 Std M/D」ユーザーには低価格でアップグレード出来るとのことで一安心です。

くわしくはこちら → 字游工房


というわけで、今日は最近あたらしくリリースされたフォントの話題でした。




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2012年3月19日

●[書体の研究] 直接通販は明日(3/20)で終了します

先月より行っている『書体の研究』の直接通販ですが、予定通り明日(3/20)で終了いたします。

おかげさまでたくさんの方にご利用いただくことが出来ました。

ありがとうございました。

引き続き、とらのあなさんでの通販は行っておりますので、今後はそちらをご利用いただきたいと思います。

(ただし、一部の号については完売しています)

もちろん、ゴールデンウイークのイベントにも参加予定ですので、詳しいことは改めて告知させていただきたいと思います。


→ [書体の研究] 直接通販のご案内(~3/20)

→ とらのあな




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2012年3月16日

●[雑談] 新しいiPadの液晶(iPad 2との比較)

新しい iPad が届いたので早速セットアップしてみました。

注目はやはり解像度の上がった液晶。

すでにこれ以上の精細さを iPhone 4 で経験しているとはいえ、このサイズでこの解像度というのは初めてなので、文字の読みやすさなどがどのくらい違うものか気になるところです。

まぁ、そのあたりはおいおい見ていくとして、とりあえず液晶をアップで見てみてその精細さを 満喫してみましょう(笑)

ゆず屋 新しいiPadの液晶(iPad 2との比較)

このアイコンを iPad 2で表示したものが下の写真。

ゆず屋 新しいiPadの液晶(iPad 2との比較)

(クリックで拡大)

同じものを新しい iPad で表示すると……

ゆず屋 新しいiPadの液晶(iPad 2との比較)

(クリックで拡大)

上の写真とほぼ同じスケールです。

ちょっとピントが今ひとつですが、やはり見た目でも相当画素が細かくなっていることが分かります。

文字も旧機種に比べてずっとなめらかになっているので、長文でも読みやすくなるのではないかと思います。

ただ、以前に自炊した雑誌のPDFを開いてみると、なんだかぼやけた感じでいまいちだったのが気になるところ。

この液晶だと、今まで分かりにくかったPDFへの変換の仕方が悪いといった「アラ」が見えてしまうのかも。




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2012年3月 9日

●[フォント] くれたけ(欣喜堂)の使用例

こんばんは。榊です。

今日は私の好きなフォントの一つである「くれたけ」のことを書きたいと思います。


■ 『やわらかなレタス』

[フォント] くれたけ(欣喜堂)の使用例(ゆず屋)

先日、江國香織さんの『やわらかなレタス』という本を購入しました。

この本のタイトルに使われているゴシック体系のフォントがくれたけです。

この「くれたけ」は欣喜堂から出ている仮名書体で、『和字 Revision 9』というフォント集に収録されています(販売は朗文堂)。

[フォント] くれたけ(欣喜堂)の使用例(ゆず屋)

ゴシック体というとどちらかと言えばエレメントが単調で、無機的だったり硬質なイメージがあるかもしれませんが、「くれたけ」は見ての通り複雑なカーブからなる柔らかな線で構成されており、字面も小さいため、情緒的でクラッシックな雰囲気を持っています。

[フォント] くれたけ(欣喜堂)の使用例(ゆず屋)

こうやって他の一般的なゴシック体と比べると、全然違いますよね。


■ 「くれたけ」=「ゴシック」?

[フォント] くれたけ(欣喜堂)の使用例(ゆず屋)

*図をクリックで拡大

(『ビネット』 Vol. 5 (朗文堂)より引用させていただきました)

この「くれたけ」は、森川龍文堂活版製造所が1933年(昭和8年)に発行した『活版総覧』という活字の見本帳に掲載されている文字(上図)をベースに制作されたものです。

この見本帳では「一二ポイント角呉竹」という名前で掲載されており、この「呉竹」の訓読がフォント名の由来となっています。

お気づきかもしれませんが、「呉竹」とは元々は「くれたけ」ではなくゴチック(ゴシック)の当て字です。

つまり、「くれたけ」というのは「ゴチック」のことだったんですね。


■ イワタオールド明朝も

本の話に戻ると、この本の帯は下のようなデザインになっています。

[フォント] くれたけ(欣喜堂)の使用例(ゆず屋)

表紙と帯で使われているフォントは次の通りです。

[フォント] くれたけ(欣喜堂)の使用例(ゆず屋)

*図をクリックで拡大

著者名や帯で使われているイワタ明朝体オールド(イワタオールド明朝)も、「くれたけ」と同じく活字書体をベースにしたクラッシックなデザインのフォントで、こういったデザインでは定番です。

(ところで、帯の左のコピーで、読点(「、」)だけ明朝体なのはともかく、スペーシングが不思議なことになっているのはなぜなのでしょうね……)


■ 「くれたけ」の他の使用例

今日はこの「くれたけ」の紹介だけなので、もうネタは無いのですが、せっかくなので手元にある本からもう一つ使用例を挙げておきます。

[フォント] くれたけ(欣喜堂)の使用例(ゆず屋)

こちらは堀江敏幸さんの『なずな』という本で、『本の雑誌』の2011年度年間ベストテンでは第1位だったそうです。

(実は私は買っただけでまだ読めていないのですが……)

この本のタイトルにも「くれたけ」が使われています。

さっきの『やわらかなレタス』もそうでしたが、こういうシンプルなデザインだと特にフォントの選択が重要になりますよね。


■ 「銘石B Combination 3」

[フォント] くれたけ(欣喜堂)の使用例(ゆず屋)

ところで、この「くれたけ」はさっきも書いたように仮名書体なので、文章を組むためには適当な漢字書体と組み合わせる必要があります。

この時、どんな漢字書体と組み合わせるのかはとても難しい問題で、くれたけの場合はゴシック体と組み合わせることも出来ますが、デザイン的には隷書体と合わせた方が合いそうです。

実際、朗文堂のパンフレットでもダイナコムウェアのDFP隷書体と混植したサンプルを掲載しています。

そして、今月20日には、くれたけに「銘石」という新しい漢字書体を組み合わせた「くれたけ銘石」というフォントが発売になります。

正確には、「くれたけ銘石」に加えて「くろふね銘石」、「くらもち銘石」という仮名違いの3種のバリエーションを1つのパッケージにした「銘石B Combination 3」として販売されるようです。

そして、この「銘石」という漢字書体は中国・晋代の『王興之墓誌』の文字をベースにしたもので、隷書体の一種です(「銘石体」というそうです)。

上の画像にあるのがその書体ですが、なんというかすごくキャッチーですよね。可愛いですし。

発売されたら本の装幀なんかでそうとう使われるのではないでしょうか……


「銘石B Combination 3」についてはこちら → 朗文堂タイプ・コスミイクからのお知らせ

なお、欣喜堂のフォントでは金陵の方が使用例が多いと思うのですが、既に『書体の研究』 Vol.8 で紹介済みなので今回はパスしました。


→ 同人誌『書体の研究』 通販やってます(~3/20)




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ