漫画、アニメ、ライトノベル関係のロゴに使われているフォントの紹介。オタクのためのフォント読本「書体の研究」の情報も。

« 2012年1月 | メイン | 2012年3月 »

2012年2月22日

●[フォント] 『輪廻のラグランジェ』のOP/ED

ゆず屋 [フォント] 「輪廻のラグランジェ」のOP/ED

今日は現在放送中のTVアニメ『輪廻のラグランジェ』のフォントのお話しです。

といっても、このタイトルロゴではありません。こちらはフォントではないでしょう。

今日触れるのは、オープニングとエンディングのテロップに使われているフォントです。


■ オープニングのフォント

ゆず屋 [フォント] 「輪廻のラグランジェ」のOP/ED

ゆず屋 [フォント] 「輪廻のラグランジェ」のOP/ED

ゆず屋 [フォント] 「輪廻のラグランジェ」のOP/ED

ゆず屋 [フォント] 「輪廻のラグランジェ」のOP/ED

『ラグランジェ』の OP では、このようにカーブを排除した直線的デザインのフォントが使われています。

これは フォントワークスから出ているコメットというフォントで、2010年にリリースされたばかりの比較的新しいものです。

ゆず屋 [フォント] 「輪廻のラグランジェ」のOP/ED

(画像をクリックで拡大)

フォントワークスといっても、あまり馴染みのない方もいらっしゃるかもしれませんが、上のフォントサンプルにもあるように、あのマティスという明朝体を出している会社だと言えばピントくるのではないでしょうか。

ゆず屋 [フォント] 「輪廻のラグランジェ」のOP/ED

そうです、エヴァで使われたことで有名なあのマティスです。


■ コメットの使用例

コメットに話を戻しますと、このフォントはまだ出て2年ほどしか立っていませんが、このラグランジェをはじめ、すでにいろんなところで使われています。

書籍での使用例をいくつか挙げてみましょう。

ゆず屋 [フォント] 「輪廻のラグランジェ」のOP/ED

『わたしと男子と思春期妄想の彼女たち』(ファミ通文庫、やのゆい)

ゆず屋 [フォント] 「輪廻のラグランジェ」のOP/ED

『ダンス・ウィズ・エリシア』(集英社スーパーダッシュ文庫、わかつき ひかる)

こちらの本では帯にも使われています。

ゆず屋 [フォント] 「輪廻のラグランジェ」のOP/ED

『ヤングガン・カルナバル』(徳間文庫、深見真)

書籍といっても私の手元にあるのはラノベ系のものばっかりですが……

特徴がはっきりしたディスプレイ書体なので、分かりやすいですね。


■ エンディングのフォント

次はEDで使われているフォントを見てみることにしましょう。

ゆず屋 [フォント] 「輪廻のラグランジェ」のOP/ED

ゆず屋 [フォント] 「輪廻のラグランジェ」のOP/ED

ゆず屋 [フォント] 「輪廻のラグランジェ」のOP/ED

ゆず屋 [フォント] 「輪廻のラグランジェ」のOP/ED

このように『輪廻のラグランジェ』では、OP、EDともに個性のはっきりしたメジャーなフォントが使われているので、放送をご覧になってすぐ気づかれた方も多いと思います。

ED で使われているのは、先ほどのコメットと同じフォントワークスのロダンひまわりというフォントです。

ゆず屋 [フォント] 「輪廻のラグランジェ」のOP/ED

(画像をクリックで拡大)

「ロダンひまわり」というのは正確には、「ロダン」というモダンゴシック体の漢字に、「ひまわり」という仮名書体を組み合わせたものです。

上の図にあるように、元の「ロダン」とはかなり違い、筆の動きを感じさせる和風なデザインの仮名が印象的です。

オープニングでは直線のみのシャープなデザインのフォントを使っていたのに対して、エンディングでは正反対に曲線を多用した情緒的なフォントを使っているのが興味深いですね。

ちなみに、ロダンには「ひまわり」以外にも多くの置き換え用仮名書体が提供されており、上に挙げた「NTLG」や「墨東」はその一例です。

漢字が共通でも仮名を変えるだけでずいぶん雰囲気が変わるのが分かると思います。


さて、この和風テイストの「ロダンひまわり」ですが、その中でも個人的に好きなのが「の」の文字です。

先ほど挙げた ED画像の2つ目にある「鴨川市の皆さん」というところをご覧ください。

「の」の文字が、つぶれた大福みたいに大胆にひしゃげていますよね。

思いっきり右下がりになっていて、この「ゆるい」感じが私はすごく好きです。

この「の」の持ち味を活かしている良い例が、下に挙げた『のりタマ』のタイトルです。

ゆず屋 [フォント] 「輪廻のラグランジェ」のOP/ED

『のりタマ』(電撃コミックス、オオツカ マヒロ)

表紙絵の雰囲気からもわかるように、かなりのんびりとした雰囲気のマンガなのですが、この「の」の文字の力の抜け具合がまさにぴったりだと思います。

このマンガのタイトルが普通のゴシック体だったりしたら、この可愛さは出せませんよね。


というわけで、今日は『輪廻のラグランジェ』のOP/EDのフォントのお話しでした。

*アニメの画像は『輪廻のラグランジェ』(ラグランジェ・プロジェクト)の地上波放送版より引用させて頂きました。


→ 同人誌:オタクのためのフォント読本『書体の研究』 最新刊の情報はこちら

→ 同人誌の直接通販も期間限定でやってます(3月末まで)




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2012年2月20日

●[書体の研究] 直接通販のご案内(~3/20)

ゆず屋 書体の研究

『書体の研究』はとらのあなさんで取り扱っていただいているのですが、既に売り切れている巻もあってお問い合わせを頂くことが多くなってきましたので、タイトルの通り1ヶ月間限定で直接通信販売を行いたいと思います。

興味はあるけれど、同人イベントやとらのあなで買うのはちょっと……という方も、この機会にぜひご利用いただければと思います。

というか、うちの部屋を占領している在庫の山を減らすのにご協力を(笑)


ちょっとややこしくて恐縮ですが、以下の注意点を確認いただいた上でメールフォームよりご注文ください。

・ 今回取り扱うのはVol. 4 ~ 10です。Vol.1~3 は完売しました。

・ 価格はどの巻も 1冊 1,000円です。

 (やや高めですが、とらのあなで既に購入してくださった方と不公平にならないように設定しています。ご了承下さい。イベントだと700円ですので、イベントに参加できる方はぜひそちらでお求めください。)

・ 発送はメール便。送料は当方で負担します。


・ 支払い方法は、PayPal または 口座振り込みです。

・ いずれの場合も、商品到着後 2週間以内にお支払い下さい。

・ PayPal の場合、フォームに記入していただいたメールアドレスに請求のメールを送らせていただきます。

・ 口座振込みの場合は、振込先口座を書いたものを本と一緒にお送りします。

・ 振込先はみずほ銀行 と ゆうちょ銀行の口座からお選び下さい。

・ 申し訳ありませんが、振込手数料はご負担下さい。


・お申し込みから 1週間以内に発送させていただきます。

・発送後、お知らせのメールをお送りいたします。

・配送トラブル防止のため、建物名(アパート名/マンション名)も略さずご記入ください。


→ 注文用メールフォームはこちらです

なお、本の内容紹介はこちらからどうぞ。

以上、よろしくお願いいたします。




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2012年2月 7日

●[フォント] 『偽物語』と『エトランゼのすべて』、2種類の宋朝体

同人誌『書体の研究』 Vol.10 で取りあげたイワタの宋朝体について、先日の ust で補足を行ったのですが、ブログにも簡単に残しておくことにします。


■ 『偽物語』のフォント

『偽物語』のフォント(ゆず屋)

*画像はTVアニメ『偽物語』(西尾維新/講談社・アニプレックス・シャフト)より

イワタ宋朝体の話の前に、まずは『偽物語』のことから。

現在TVアニメが放送中の『偽物語』(西尾維新)ですが、このタイトルには新宋体というフォントが使われています。

新宋体は、ダイナコムウェアから出ているもので、「宋朝体」という系統の書体です。

『書体の研究』 Vol.10 でも書きましたが、宋朝体は宋代の中国に起源を持つ書体で、木版に彫って印刷していた文字であるために彫刻の鋭さを残したデザインになっています。

明朝体とちがって横の線が右上がりになっているのも特徴です。

『偽物語』のフォント(ゆず屋)

こちらの図は、上がフォントをそのまま打ったもの、下が75%の長体をかけて重ねてみたものです。

こうしてみると、もともと縦に細長い新宋体をさらに縦長にし、右上がりに変形させることによって「縦長」、「右上がり」という宋朝体の特徴をさらに強調していることが分かります。

『化物語』のフォント(ゆず屋)

もちろんこのデザインは『化物語』のタイトルと共通です。

『化物語』のロゴについては、商業誌版『書体の研究』でも触れているのでお持ちの方はご参照ください。


■ 新宋体の使用例

新宋体の使用例をいくつか挙げてみましょう。

[フォント] 『偽物語』から『思いでエマノン』まで+方宋体と長宋体について(ゆず屋)

まずは『放課後プレイ』(黒咲 練導、電撃4コマコレクション)。

[フォント] 『偽物語』から『思いでエマノン』まで+方宋体と長宋体について(ゆず屋)

こちらは『コトノハ遣いは囁かない』(木村航、MF文庫J)。ライトノベルでも使われています。

[フォント] 『偽物語』から『思いでエマノン』まで+方宋体と長宋体について(ゆず屋)

『黒い夏』(ジャック・ケッチャム、扶桑社ミステリー)。

もちろんコミックスやラノベだけでなく、一般の書籍でも使われています。


■ イワタ宋朝体

次はもう一つの宋朝体であるイワタ宋朝体について見ていくことにしましょう。

[フォント] 『偽物語』から『思いでエマノン』まで+方宋体と長宋体について(ゆず屋)

まずこちらは『エトランゼのすべて』(森田季節、星海社FICTIONS)です。

既にVol.10 で書いていますのでここでは説明を省きますが、イワタから出ている宋朝体というフォントがタイトルに使われています。

[フォント] 『偽物語』から『思いでエマノン』まで+方宋体と長宋体について(ゆず屋)

*画像をクリックで拡大

先ほどの新宋体と比べてみるとこんな感じです。

イワタの方にはノーマルのものと「新がな」の2種類があるのですが、どちらもダイナコムウェアの新宋体に比べてストロークが力強く、鋭い印象です。


■ イワタ宋朝体の使用例

このイワタの宋朝体も様々なところで使われています。

少し使用例を挙げてみましょう。

[フォント] 『偽物語』から『思いでエマノン』まで+方宋体と長宋体について(ゆず屋)

1つ目は『巴里の空の下オムレツのにおいは流れる』(石井好子、河出文庫)。

タイトルの文字がイワタ宋朝体です。

[フォント] 『偽物語』から『思いでエマノン』まで+方宋体と長宋体について(ゆず屋)

こちらは『死者のための音楽』(山白朝子、MF文庫ダ・ヴィンチ)。

帯に新宋体が使われています。

[フォント] 『偽物語』から『思いでエマノン』まで+方宋体と長宋体について(ゆず屋)

お菓子の包装にも使われています。

たまたまコンビニで見かけたので買ってきたんですが、この文章を書いている現在、中身はすでに私の胃袋に収まっています(笑)


■ 「方宋体」と「長宋体」

ちょっとここで、もう一度ダイナコムウェアの新宋体とイワタの宋朝体を見比べてみましょう。

[フォント] 『偽物語』から『思いでエマノン』まで+方宋体と長宋体について(ゆず屋)

こうやって枠に入れると分かりやすいと思うのですが、それぞれの文字を見ると、イワタの宋朝体がおおむね正方形に近い形をしているのに対して、ダイナコムウェアの新宋体はやや縦長の長方形になっています。

ここでは画像を挙げていませんが、写研の石井宋朝体もやはり新宋体のような長方形の形をしています。

このように、宋朝体には正方形のものと長方形のものの2種類があります。

この違いは最近出来たわけではなく、中国から日本に宋朝体が持ち込まれて市販されるようになった初期の頃から既にあったものです。

日本で最初に宋朝体を市販したのは名古屋にあった津田三省堂という会社です。

昭和初期のことなので、もちろんデジタルフォントでは無く金属活字でした。

下の2つの図は、昭和12年に出版された『中京印刷材料界』という雑誌に掲載された津田三省堂の書体見本です。

[フォント] 『偽物語』から『思いでエマノン』まで+方宋体と長宋体について(ゆず屋)

[フォント] 『偽物語』から『思いでエマノン』まで+方宋体と長宋体について(ゆず屋)

*画像をクリックで拡大

(ust の時にも言いましたが、長宋二号の「る」なんて宋朝体とは思えない可愛らしさですよね(笑))

このように、正方形の「方宋」、長方形の「長宋」という別々の活字として既に作られていたことが分かります。

イワタの宋朝体は前者、ダイナコムウェアの新宋体は後者のタイプといえるでしょう。

というわけで、宋朝体には2タイプあるという話でした。


■ おまけ:徐明

余談ですが、こんなフォントもあります。

[フォント] 『偽物語』から『思いでエマノン』まで+方宋体と長宋体について(ゆず屋)

この『恋文の技術』(森見 登美彦、ポプラ文庫)のタイトルの文字を見ると、ストロークの鋭さがどことなく宋朝体を連想させますが、横の画が右上がりではなく水平なので宋朝体でないことは明らかです。

これはモリサワの徐明(じょみん)というフォントで、宋朝体と明朝体の中間的なデザインをしています。

徐明については『書体の研究』 Vol.3 と Vol.6 でも使用例を紹介していますので、お持ちの方はご参照ください。




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ