漫画、アニメ、ライトノベル関係のロゴに使われているフォントの紹介。オタクのためのフォント読本「書体の研究」の情報も。

« 2011年11月 | メイン | 2012年1月 »

2011年12月27日

●オタクのためのフォント読本『書体の研究』:冬コミの案内+ustのお知らせ

■ まさに「クルシミマス」でした

こんばんは。ゆず屋の榊です。

クリスマスも終わって、いよいよ冬コミが近づいてきました。

2年前の冬は、コミケに当選していたにもかかわらず12/28に胆石の発作が出て急遽入院することになって参加できなかったという悲惨な思い出が……

まぁ、今年は大丈夫だろうと思っていたんですが、まさかの発作が!

クリスマス・イブの夜に這うようにして近所の病院へ行くはめになりました(笑)

入院を勧められたんですが、「31日にどうしても外せない仕事(コミケ)があるから……」といって、点滴と検査だけでなんとか帰ってきました。

こんな風にさんざんなクリスマスだったわけですが、コミケ当日までは食事に気をつけて万全の体調で臨みたいと思います。


■ ゆず屋は3日目です

コミケに関しては既に一度告知していますが、念のためもう一度告知を。

当サークル「ゆず屋」の配置は 12/31日(3日目)の東2ホール R-31a です。

オタクのためのフォント読本『書体の研究』の新刊+バックナンバーを持っていきます。

新刊(Vol.10)の詳しい内容については先日の記事をご覧ください。
→ [冬コミ] 『書体の研究』 Vol.10の内容紹介

同じ日に「とらのあな」さんでの委託販売も始まります。

もちろん通販もやってますのでコミケに来られない方はぜひご利用下さい。
→ とらのあな:『書体の研究』 Vol.10 通販のページ


■ 今回も ust やります!

今回も、新刊の内容の解説・補足と雑談メインの配信を Ustream で行いたいと思います。

詳細は決まりしだい告知いたしますが、今のところ 1月の中頃を考えています。

お時間のある方はぜひおつきあいいただければと思っております。

えーと、これはつまり、「それまでに新刊を買っておいてね」、という意味です(笑)


というわけで、コミケに参加される皆様とは会場でお目にかかれるのを楽しみにしています。

眼鏡っ娘の差し入れ歓迎です。

(「眼鏡っ娘からの差し入れ」と「差し入れが眼鏡っ娘」、どっちでもOKです)




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2011年12月22日

●[書籍] 『アニメ・コミック・ライトノベル・ゲームのデザイナー集』

『アニメ・コミック・ライトノベル・ゲームのデザイナー集』

今日は珍しく本の紹介を。

今日12/22日、ワークスコーポレーションさんより『アニメ・コミック・ライトノベル・ゲームのデザイナー集』という本が発売になりました。

そのタイトルの通り、コミックスやライトノベルなどのデザインを手がけられているデザイナーさんに焦点を当てた本です。

各デザイナーさんやデザイン事務所さんごとにページを分けて、作品の写真を掲載してあります。

その数、なんと約250人(社)。288ページ、フルカラーです。

ラノベでおなじみの伸童舎さん、ムシカゴグラフィクスの百足屋ユウコさんから始まって、個人的に好きなデザインの多いVeiaさん、木緒なちさん、WINFANWORKSの歌足音人さん、草野剛さん、名和田耕平デザイン事務所さん、内古閑智之さん、さらには祖父江慎さんのコズフィッシュ、はては南伸坊さんまで載っていて、眺めているだけでかなり楽しめます。

(もっといっぱい挙げたいけど切りがない……)


中身はこんな感じです(↓)。

『アニメ・コミック・ライトノベル・ゲームのデザイナー集』

『アニメ・コミック・ライトノベル・ゲームのデザイナー集』

『アニメ・コミック・ライトノベル・ゲームのデザイナー集』


『書体の研究』の場合、フォントの話ばかりしていてデザイナーさんに言及することはめったに無いのですが、こういう風にデザイナーさんごとのポートフォリオ的にまとめられていると、「この作品とこの作品は同じ方のデザインだったのか」とか、「このデザイナーさんって、こういうデザインもされるんだ」とか、いろいろと新しい発見があって楽しいです。

特に私の場合、ライトノベルはよく読むのですが漫画はそれほどでも無いので、普段目にすることの無いようなジャンルの本がいっぱい載っているのも良かったです。

あと、個人的に面白かったのが、デザイナーさんごとにそろえているソフトとフォントが書かれていたところ。

つまり、Photoshop と Illustrator はCS3~5.5まで対応できますよ、というような情報と一緒に、モリサワのPASSPORT、フォントワークス、視覚デザイン研究所のフォントを使えますといったことまで載っているんです。

なので、やっぱりこの辺のジャンルでは視覚デザイン研究所のフォントを使っている人が多いな~とか、この人どんだけフォント持ってるんだ(笑)とか思いながら作品を眺めるという楽しみ方も出来ます。


* ちなみに表紙はモタさんです。白っぽく見えるのはトレペがかかっているからです。





関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2011年12月12日

●『書体の研究』第10号記念 プレゼント企画

突然ですが、『書体の研究』が今月末の冬コミで出る号で Vol.10 となることを記念して、プレゼント企画をやりたいと思います。

数日中に刷り上がってくる予定の最新刊『書体の研究』 Vol.10 と、ずっとさかのぼって2009年の夏コミで出した Vol.4 のセットを 3名の方にプレゼントさせていただきます。

それぞれの内容については次のエントリを参照してください。

Vol.10 の内容紹介

Vol.4 の内容紹介

応募は、次の2つのうち好きな方法でお願いします。

1) メールフォームから応募

2) twitter で @yuzuya_shotaken 宛にダイレクトメッセージで応募

どちらの方法の場合も、一言「応募」と送っていただければOKです。

締め切りは 12/14(水)の24時。

12/21 追記: 締め切りました

応募いただいた中から 3名の方に抽選で送らせていただきます。

当選された方にはメールでご連絡いたしますので、折り返し送付先をお知らせください。

なので、メールフォームを使われる場合は返信できるようにメールアドレスを記入しておいてください。

(申し訳ありませんが、はずれた方には連絡差し上げませんのでご了承下さい。)

うまく行けば、当選された方は冬コミ新刊をフラゲできることに(笑)

というわけで、ご応募お待ちしております。




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2011年12月 6日

●[雑談] アイマス、UN-GO、Fate/Zeroの各話タイトルのフォント

冬コミの新刊作業も終わったので、久しぶりにアニメのフォントの話でも。


■ THE IDOLM@STER

今期は面白いアニメが沢山あって嬉しいのですが、中でも個人的に好きなのがアイマスです。

(正確には前期からやってますが)

もう春香が可愛くて可愛くて……

18、19話あたりでの千早とのエピソードが本当によかったです。

と、内容の話じゃなくてフォントの話をするんでした。

ゆず屋

(NBGI / PROJECT IM@S, Anipkex Inc.)

上の画像は21話のタイトルですが、アイマスのアニメではこのように各話タイトルなどでゴシック体と明朝体を混ぜて使っています

こうやって違う書体を混ぜるのは書籍のデザインなどでも時々見かける手法で、特別珍しいものではないのですが、やはりまったく違う書体が混在していると少し違和感があります。

デザイン関係のお仕事をされている方に話を伺うと、ロゴなどをデザインするときにはあえて少し違和感を感じさせるようにして目にとまるようにするということをよく聴きますが、これはそのわかりやすい例と言えるでしょう。

同じ書体、同じフォントサイズ、同じ色で文字が並んでいると、自然すぎてすっと流してしまいがちですが、こうやって変化をつけるとそれが「ひっかかり」になって、頭に情報が入りやすくなるようです。

ゆず屋

ちなみに、使われているフォントは漢字がモリサワのゴシックMB101、かなが同じくモリサワのリュウミンです。

両方とも定番のフォントなので、いちいち指摘するまでもなくあちこちで使われているわけですが、このブログで紹介したものとしては次のような使用例があります。

ゴシックMB101 → 2011年8月 1日 [フォント] 『輪るピングドラム』のロゴ

リュウミン → 2010年7月24日 [フォント] 『セキレイ』第2期のテロップの文字がすごい!


■ UN-GO

ゴシック体と明朝体の混在といえば、同じく今期のアニメである『UN-GO』でも使われています。

ゆず屋

見にくいので拡大するとこんな感じです。

ゆず屋

(「UN-GO」制作委員会)

こちらは第7話のタイトルですが、これ以外にもOPなどで全体を通してこのようにフォントをまぜて使っています。

ゆず屋

この話数の場合は特に、原作のタイトルが「白痴」であるのに対して「ハクチユウム」というタイトルにしているので、「ハクチ」の部分だけゴシック体にして二重の意味になっていることを示しているのもポイントでしょう。

使用フォントは漢字がニューロダン、かながマティス

先ほどのアイマスがモリサワ書体だったのに対し、『UN-GO』ではフォントワークスのものが使われています。

マティスといえば、言わずと知れたエヴァンゲリオンで多用されていた明朝体ですね。

一方、ゴシック体のニューロダンはMB101とちがってエレメントがシンプルなモダンゴシックなので、一口にゴシック体といっても印象はかなり異なっています。

ちなみに、モリサワが出しているモダンゴシックは新ゴというのですが、もしこのアニメで新ゴが使われていたら「UN-GO(アンゴ)じゃなくて新ゴ……」とかいう素敵ギャグを飛ばすつもりだったのですが、当てが外れました。

……えーと、ブラウザを閉じないでください。あと少し続きます(笑)


■ Fate/Zero

最後は『Fate/Zero』です。

ゆず屋

ゆず屋

ゆず屋

(Nitroplus / TYPE-MOON・ufotable・FZPC)

『Fate/Zero』の各話タイトルには明朝体が使われています。

実はこれもフォントワークスのマティスで、先ほどの『UN-GO』の明朝体と同じです……

と言いたいところですが、よくみるとちょっと平がなにクセがあるようです。

上の画像で言うと、「凛の冒険」の「の」や「殺し」の「し」を見てみてください。

実はこれ、マティスではなくマティスVという名前のフォントで、縦書き用のマティスなんです。

ゆず屋

縦書きしたときに読みやすいように仮名の横幅を狭くするなどデザイン上の変更が施されています。

ゆず屋

詳しくは冬コミで出す予定の『書体の研究』 Vol.10をご覧ください(と思いっきり宣伝……)

もっとも、このアニメでは横書きで使われているのであまり関係ないわけですが(笑)

あと、時刻の数字にはフォントワークスのライラが使われています。

かなり個性的でエキゾチックな雰囲気のフォントで、ここでは数字しか使っていませんが、れっきとした和文書体なので漢字も仮名も揃っています。

これまでに紹介したライラの使用例としては、次のようなものがあります。

ライラ → 2011年5月 4日 [フォント] 『花咲くいろは』 と『Aチャンネル』の共通点


というわけで、今日は今やっているアニメの各話タイトルのフォントの話でした。




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2011年12月 4日

●[冬コミ] 『書体の研究』 Vol.10の内容紹介

ゆず屋 書体の研究 Vol.10

今月末にあるコミックマーケット81で『書体の研究』の新刊を出します。

Vol.1 を出したのが2008年の夏コミだったので3年ほど続いていることになりますが、おかげさまで10号まで来ることが出来ました。

では、さっそく内容の紹介を。

ゆず屋 書体の研究 Vol.10

ゆず屋 書体の研究 Vol.10

ゆず屋 書体の研究 Vol.10

ゆず屋 書体の研究 Vol.10

ゆず屋 書体の研究 Vol.10

ゆず屋 書体の研究 Vol.10

ゆず屋 書体の研究 Vol.10


何度か書いているように、特集のテーマは「明朝体」

「やっぱり明朝体が好き!」というタイトルになっていますが、あまり深い意味はありません(笑)

ただ、副題を「本文用書体としての明朝体」として、仮名のデザインや漢字と仮名のバランスなどに着目しています。

本職の方からはお叱りを頂くかもしれませんが、フォントごとのデザインの差異を分かりやすく説明するために、かなり割り切った見方をしています(グラフが載っているあたりです)。

あと、実際に明朝体74種の見本を載せています。

それぞれ文庫本1ページ分あるので実際に使ったときのイメージを見ていただけると思います。

掲載書体は以下の通りです。

  • フォント名(ベンダー)
  • 平成明朝 W3 (Adobe)
  • 小塚明朝 R(Adobe)
  • リョウ Text R(Adobe)
  • IPA明朝(IPA)
  • IPAex明朝(IPA)
  • イワタUD明朝 R(イワタ)
  • イワタ明朝 R(イワタ)
  • イワタUD明朝かなA R(イワタ)
  • イワタUD明朝かなD R(イワタ)
  • イワタ明朝オールド R(イワタ)
  • ZENオールド明朝 R(エイワン)
  • うぐいす M(欣喜堂)
  • たおやめ(欣喜堂)
  • たいら M(欣喜堂)
  • きざはし金陵(欣喜堂)
  • おゝはなぶさ(欣喜堂)
  • ほくと M(欣喜堂)
  • V7明朝 M(視覚デザイン研究所)
  • 游明朝体 R(字游工房)
  • 游明朝体Pr6 R(字游工房)
  • 游明朝体五号かな R(字游工房)
  • 游明朝体36ポかな R(字游工房)
  • 平成明朝体 W3(ダイナコムウェア)
  • 華康明朝体 W3(ダイナコムウェア)
  • ヒラギノ明朝 W3(大日本スクリーン製造)
  • 游築五号仮名 W3(大日本スクリーン製造)
  • 築地体前期五号仮名(大日本スクリーン製造)
  • 游築36ポ仮名(大日本スクリーン製造)
  • 築地活文舎五号仮名(大日本スクリーン製造)
  • 築地体後期五号仮名(大日本スクリーン製造)
  • TB明朝 M(タイプバンク)
  • TB UD明朝 M(タイプバンク)
  • TBカリグラ明朝かな L(タイプバンク)
  • TBクラシック明朝かな M(タイプバンク)
  • TB築地 M(タイプバンク)
  • 大正明朝体 R(テラ・マーク・アンド・システム)
  • JTCウイン M3(ニィス)
  • 堀明朝(ニィス)
  • S明朝体ハード W3(ニィス)
  • S明朝体ソフト W3(ニィス)
  • ヒラギノUD明朝 W4(ヒラギノ)
  • クラシック明朝 W3-IPA(フォント910)
  • 解なでしこ小仮名 W3(フォント解)
  • 解なでしこ仮名 W3(フォント解)
  • 解ありあけ仮名 W3(フォント解)
  • 解築地かな W4(フォント解)
  • 解築二号かな W4(フォント解)
  • 解築三号細かな W3(フォント解)
  • マティス M(フォントワークス)
  • マティスV M(フォントワークス)
  • 筑紫明朝 R(フォントワークス)
  • 筑紫オールド明朝 R(フォントワークス)
  • モトヤ明朝 W3(モトヤ)
  • 黎ミン R(モリサワ)
  • UD黎ミン R(モリサワ)
  • 黎ミンY10 R(モリサワ)
  • 太ミンA101(モリサワ)
  • 秀英5号 R(モリサワ)
  • リュウミン R-KS(モリサワ)
  • リュウミン R-KL(モリサワ)
  • 秀英明朝 L(モリサワ)
  • リュウミン R-KO(モリサワ)
  • 秀英3号 R(モリサワ)
  • MS明朝(リコー)
  • 本明朝 Book(リョービイマジクス)
  • 本明朝新小がな Book(リョービイマジクス)
  • 本明朝新がな Book(リョービイマジクス)
  • 本明朝新小がな L(リョービイマジクス)
  • 本明朝小がな L(リョービイマジクス)
  • 本明朝 L(リョービイマジクス)
  • 杉明朝体(朗文堂)
  • 清和堂明朝 L(新版)(清和堂フォントデザイン室)
  • 清和堂明朝 L-KS(清和堂フォントデザイン室)
  • 清和堂明朝 L(旧版)(清和堂フォントデザイン室)

* いくつかの書体については異なるウエイトも載せています。

見本を掲載する書体についてアドバイスをくださった皆様、ありがとうございました。


■ 冬コミでの配置

冬コミでの配置は 12/31日(3日目)の東2ホール R-31a です。

本の頒布価格は 700円。増ページしてますが価格はいつも通りです。

バックナンバーも Vol.4~9 を持っていく予定です。

バックナンバーの内容はこちらのページをたどってみてください。


■ 委託情報

いつものように「とらのあな」さんで委託販売していただけることになりました。

すでに通販の予約も始まっていますので、コミケに来られない方はどうぞ。

→ とらのあな:書体の研究 Vol.10


というわけで、『書体の研究』新刊の紹介でした。

ご興味を持ってくださった方は、お立ち寄りいただければと思います。




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ