漫画、アニメ、ライトノベル関係のロゴに使われているフォントの紹介。オタクのためのフォント読本「書体の研究」の情報も。

« 2011年9月 | メイン | 2011年11月 »

2011年10月27日

●[フォント] 『僕の小規模な奇跡』(入間人間)

こんばんは。榊です。

久しぶりの更新です。前回から20日も開いてしまいました。

ここしばらくは『書体の研究』の新刊の用意をしていたんですが、なかなかはかどりません。

明日、ようやく冬コミの当落が発表されるので、当選していたら本気を出します(笑)


先日も書いたように、新刊の特集は明朝体がテーマになる予定ですが、今日のネタも明朝体です。

ゆず屋:[フォント] 『僕の小規模な奇跡』(入間人間)

上の表紙写真は入間人間さんの『僕の小規模な奇跡』という本です。

書店で見かけて、フォントが分かりやすく使われていたので買ってきました。

タイトルの文字に使われているのはモリサワのA1明朝というフォントです。

ゆず屋:[フォント] 『僕の小規模な奇跡』(入間人間)

A1明朝は結構よく使われているフォントで、線と線の交点がにじんだようなデザインが特徴です。

普通の明朝体(リュウミン)と比べてみると分かりやすいと思います(下図参照)。

ゆず屋:[フォント] 『僕の小規模な奇跡』(入間人間)

TVアニメ 『Angel Beats!』の次回予告でも使われていましたね。
→ 2010年4月 8日 [フォント] 『Angel Beats!』のロゴのフォント


いろんなところで見かけるフォントですが、私の場合A1明朝といってまず思い出すのは『日経エレクトロニクス』でしょうか。

下の写真にあるように、特集タイトルなどでいつも使われています。

ゆず屋:[フォント] 『僕の小規模な奇跡』(入間人間)


あと思いつくのは……腐食防食協会『材料と環境』

タイトルがA1明朝です。

地味な例ですいません。仕事の関係で読んでいるもので(笑)

ゆず屋:[フォント] 『僕の小規模な奇跡』(入間人間)

ラノベでもよく使われているので、探してみると面白いかも。

コミックスだと、かなり以前に書いた『魔法少女いすずさんフルスロットル』もA1明朝でしたね。


というわけで、今日はモリサワのA1明朝でした。


蛇足

A1明朝がよく使われるのは、メニューの先頭に出てくるから……じゃないですよね?

ゆず屋:[フォント] 『僕の小規模な奇跡』(入間人間)




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2011年10月 4日

●[ご意見募集中] 『書体の研究』次号の明朝体 組見本について

こんばんは。榊です。

今日は次号の『書体の研究』について。

先日のUSTでも少し話しましたが、12月に出す予定をしている次号の『書体の研究』(Vol.10)では、明朝体についての特集を掲載しようと考えています。

Vol. 1 の特集が「明朝体入門」だったので、10冊目で一回りして基本に返るような、そんなイメージです。

今回の特集では、もちろん明朝体についての説明も多少は書くのですが、Vol.1 で既に書いたことを繰り返すようなことはせずに、大部分のページを組見本に割こうと思っています。

様々な明朝体で同じ文章を組んだものをまとめて掲載することで、実際の見え方、読みやすさ等を比べられるようにしたいと思っています。

掲載するフォントは、現在一般に流通していてフォント単独で入手可能な明朝体(または明朝体用の仮名書体)のうち初号系、見出し用を除いた主要なもので、今のところ下に挙げたものを考えています。

ただ、漏れがある可能性もあるので、これをご覧頂いて「あのフォントも載せた方がいいのでは」とか「載せるんだったらウエイトはLとM両方載せるべきだ」といったご意見、アドバイスがあれば、Twitter @yuzuya_shotaken メールフォームからぜひお知らせ頂きたいと思います。

  • 平成明朝 W3(Adobe)
  • 小塚明朝 R(Adobe)
  • リョウ Text R(Adobe)
  • IPA明朝(IPA)
  • イワタ明朝 R(イワタ)
  • イワタUD明朝 R(イワタ)
  • イワタ明朝オールド R(イワタ)
  • ZENオールド明朝 R(エイワン)
  • V7明朝 M(視覚デザイン研究所)
  • 游明朝体 R(字游工房)
  • 游明朝体36ポかな R(字游工房)
  • 游明朝体五号かな R(字游工房)
  • 平成明朝体 W3(ダイナコムウェア)
  • 華康明朝体 W3(ダイナコムウェア)
  • ヒラギノ明朝 W3(大日本スクリーン製造)
  • 築地活文舎五号仮名(大日本スクリーン製造)
  • 游築36ポ仮名(大日本スクリーン製造)
  • 游築五号仮名 W3(大日本スクリーン製造)
  • 築地体前期五号仮名(大日本スクリーン製造)
  • 築地体後期五号仮名(大日本スクリーン製造)
  • TB明朝 M(タイプバンク)
  • TB UD明朝 M(タイプバンク)
  • TBクラシック明朝かな M(タイプバンク)
  • TBカリグラ明朝かな L(タイプバンク)
  • TB築地 M(タイプバンク)
  • JTCウイン M3(ニィス)
  • 堀明朝(ニィス)
  • S明朝体ハード W3(ニィス)
  • S明朝体ソフト W3(ニィス)
  • ヒラギノUD明朝 W4(ヒラギノ)
  • クラシック明朝 W3-IPA(フォント910)
  • 解築二号かな W4(フォント解)
  • 解なでしこ小仮名 W3(フォント解)
  • 解なでしこ仮名 W3(フォント解)
  • 解ありあけ仮名 W3(フォント解)
  • 解築地かな W4(フォント解)
  • 解築三号細かな W3(フォント解)
  • マティス M(フォントワークス)
  • 筑紫明朝 R(フォントワークス)
  • マティスV M(フォントワークス)
  • 筑紫オールド明朝 R(フォントワークス)
  • モトヤ明朝 W3(モトヤ)
  • UD黎ミン R(モリサワ)
  • 太ミンA101(モリサワ)
  • リュウミン R-KS(モリサワ)
  • リュウミン R-KL(モリサワ)
  • 秀英明朝 L(モリサワ)
  • 秀英5号 R(モリサワ)
  • 秀英3号 R(モリサワ)
  • リュウミン R-KO(モリサワ)
  • MS明朝(リコー)
  • 本明朝 Book(リョービイマジクス)
  • 本明朝小がな L(リョービイマジクス)
  • 本明朝 L(リョービイマジクス)
  • 本明朝新小がな Book(リョービイマジクス)
  • 本明朝新がな Book(リョービイマジクス)
  • 本明朝新小がな L(リョービイマジクス)
  • 杉明朝体(朗文堂)
  • うぐいす M(朗文堂・欣喜堂)
  • たおやめ(朗文堂・欣喜堂)
  • たいら M(朗文堂・欣喜堂)
  • ほくと M(朗文堂・欣喜堂)
  • おゝはなぶさ(朗文堂・欣喜堂)
  • 清和堂明朝 L-KS(清和堂フォントデザイン室)
  • 清和堂明朝 L(清和堂フォントデザイン室)

仮名書体については、発売元が公表している見本などを参考に、本明朝などの漢字と混植します。

また、どのように組むかは検討中です。

本当は1書体ごとに文庫1ページ分の見本を載せたいのですが、ページ数的に難しいのでもう少し小さいもの(例えば、雑誌の本文1段程度など)になりそうです。

というわけで、ご意見・アドバイスをお待ちしております。どうかよろしくお願いいたします。




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2011年10月 1日

●[フォント] 『まよチキ!』のロゴのフォント

先日のまどかネタが大不評だったので(笑)、今日は改めてフォント関係の小ネタを。

『まよチキ!』のロゴのフォント(ゆず屋)


TVアニメも無事に終了した『まよチキ!』ですが、そのタイトルロゴにはまーと太丸ゴシックというフォントが使われています。


『まよチキ!』のロゴのフォント(ゆず屋)

まーと太丸ゴシックはC FONT から出ているフォントで、データ販売での価格は2,850円です。

こういったディスプレイ書体の場合、平がなや片かなだけの、いわゆる1バイトフォントとして公開されているものが多いのですが、このまーと太丸ゴシックは漢字もそろっているのでかなりお買い得です。

『まよチキ!』のロゴで使われている「まーと太丸ゴシック」には、文字の横幅が95%程度になるよう微妙に長体がかけられています。

また、元のフォントでは「チ」の文字の1画目が2画目が平行ですが、ロゴでは1画目を傾ける変更が加えられています。

一方、ロゴの下にある著者名などには視覚デザイン研究所のロゴ丸が使われていますが、「illustration」の文字は「まーと太丸ゴシック」に手を加えたもののようです(ロゴ丸Jrの欧文に所々似ているかも)。


というわけで、今日は『まよチキ!』のフォントのお話しでした。


しかし、TVではなんで最終回にナクルの話を持ってきたんでしょうね。

どう考えても、もっと涼月奏を出すべきでしょう!

というかそもそも、「メガネ」で「褐色」なんて、そんなの眼鏡っ娘じゃない!(笑)




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ