漫画、アニメ、ライトノベル関係のロゴに使われているフォントの紹介。オタクのためのフォント読本「書体の研究」の情報も。

« 2011年8月 | メイン | 2011年10月 »

2011年9月27日

●[雑談] 「まどか」と「まどかの中の人」のフォント?

こんばんは。榊です。

先日の、といってももう10日以上前ですが、Ustを聴いてくださった皆様、ありがとうございました。

1年ぶりにやったんですが、勝手が分からずに音が途切れたり録画し忘れたりと散々でした(笑)

あと、高画質よりの設定にしていたせいか、映像がカクカクだった方もいらっしゃったようで、すいませんでした。

終わってから調べて知ったんですが、FMLEを使えばマルチビットレートの配信が出来るようなので、次やるときは試してみたいと思います。


では、今日はフォント関係のちょっとしたネタを一つ……


■ 「まどか」と「まどかの中の人」のフォント?

まどか

このフォントが「まどか」

朗文堂から発売されている仮名書体で、青山進行堂の活字見本帳『富多無可思』(明治42年)に掲載されている四號楷書活字を元に制作されています。

あおい

そして、こちらのフォントが「あおい」

同じく朗文堂から出ている仮名書体で、陸軍所の『歩兵制律』という元治2年(1865年)の書物の活字が元になっています。

あおい金陵

「あおい」については、「金陵」という漢字書体と組み合わせて「あおい金陵」としたものも販売されています。

朗文堂から出ている中でもこの金陵は特によく見かける人気書体で、時代小説のタイトルなんかによく使われています。

マンガのロゴや装幀に使われていることも多く、浜田よしかづさんの『つぐもも』もその一つです(『書体の研究』 Vol.8 参照)。

(ちなみに、一番下にAmazonのリンクが張ってある本はすべて表紙などで「金陵」を使っています)


というわけで、今日は「まどか」と「あおい」の話でした。

言うまでもありませんが、『魔法少女まどか☆マギカ』や、登場人物の「鹿目まどか」、及びその中の人である悠木碧(ゆうき あおい)さんとはまったく何の関係もありません

「ちょっとしたネタ」どころか、駄洒落レベルのネタでしたね。すいません……(笑)

ちなみに、「ほむら」っていう名前のフォントはなさそうです。

→ 朗文堂





関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2011年9月13日

●[予告] 9/16(金)夜10時からUstやります

先日、予告させていただいたとおり、今週末の 9月16日(金)に、『書体の研究』最新刊の補足をUstreamで配信します。

開始時間は夜の10時です。

内容的には夏コミで発行した『書体の研究』 Vol.9 に関する雑談で、書き漏らしたことの補足や訂正などが中心になります。

前回の「アンチゴチのおはなし」の時とは違ってテーマに沿って話すわけではないので、今のところは3, 40分程度でさっくり終わる予定です。難しい話もありません。

というわけで、たいした話をするわけではありませんが、もしよかったら暇つぶしにでも聴いてみてください。

配信は Ustream のサイトでご覧いただけます → Ustream : ゆず屋

もし、ご質問などがあればその場でもうかがえますが、事前に Twitter か こちらの入力フォームから送っておいていただけると助かります。

Ust を利用するのは2回目なのでもしも事故ったらごめんなさい……




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2011年9月12日

●[フォント] モリサワパスポート収録の新書体「ヒラギノ角ゴオールド」

■ アップグレードキット 2011

こんばんは。榊です。

ゆず屋

先週、モリサワから2011年度版のアップグレードキットが届いたので、今日はその話をしたいと思います。

このアップグレードキットというのは、モリサワの年間ライセンシングプログラムである「モリサワ パスポート」を契約している人に毎年送られてくるパッケージで、新しくリリースされたフォントが収録されています。

今年は、モリサワの書体としては黎ミンカモレモンカモライムなどが、大日本スクリーン製造からはヒラギノUD角ゴFヒラギノ角ゴオールドが、それぞれ提供されています。

さらに、あらたにモリサワの子会社となったタイプバンクからUD書体各種TBゴシック for コンデンスが加わりました。

かなりいろんなフォントがありますが、Twitter などをみているとヒラギノ角ゴオールドが話題に上がっていることが多いようなので、今日はこの1書体にしぼってどんなフォントか見てみたいと思います。


■ ヒラギノ角ゴオールド

ゆず屋

(図をクリックで拡大)

ヒラギノ角ゴオールドは、その名前の通り大日本スクリーン製造のヒラギノ シリーズの書体で、オールドスタイルの角ゴシック体です。

上の図にあるように、ウエイト(太さ)は W6~W9の4種類あります。

太めのウエイトに限られていることからも分かるように、主に見出しに使われることを想定した表情豊かなフォントです。

上図の一番下にある通常のヒラギノ角ゴと比べてみるとずいぶんと雰囲気が違うことが分かります。

実は、このヒラギノ角ゴオールドは全くの新書体というわけではなく、以前より字游工房から発売されていた游築初号ゴシックかなという仮名書体とヒラギノ角ゴを組み合わせてひとつのフォントとしたものです。

游築初号ゴシックかなは、ヒラギノ角ゴの漢字と一緒に使えるようにデザインされた仮名書体で、金属活字のゴシック体をベースにデザインされています。

ゆず屋

こちらの図は、游築初号ゴシックかなのベースとなった『藤田活版製造所・ボックス式鋳造初号ゴシック』という活字の見本帖です(字游工房のパンフレットより引用させていただきました)。

ヒラギノ角ゴオールドの仮名、つまり游築初号ゴシックかなは、この見本帖にある活字のデザインを基本として、ヒラギノ角ゴシックの漢字と合うように作られたものなのです。


■ ヒラギノ角ゴオールドと似ている書体

ゆず屋

(図をクリックで拡大)

ヒラギノ角ゴオールドと似ている書体としては、游ゴシック体初号かなV7ゴシックが挙げられます。

游ゴシック体初号かなは、游築初号ゴシックかなと同じく字游工房が制作したもので、游築初号ゴシックかなヒラギノ角ゴ用であるのに対して游ゴシック体初号かな游ゴシック体用に作られています(ややこしいですね……)。

もう一つのV7ゴシックは視覚デザイン研究所のフォントで、最初の二つとはいろいろ違っていて「似ている」と言い切るにはやや無理があるかもしれませんが、「と」の縦棒や「か」のハネなんかは結構似ているといっても良いのではないでしょうか。


ゆず屋

(図をクリックで拡大)

この3つの書体はデザイン以外にも、ウエイトの展開に違いがあります。

ヒラギノ角ゴオールドが太めしかないのに対して、游ゴシック体初号かなとV7ゴシックは細めのものから幅広く揃っています。

また、図には載せていませんがV7ゴシックにはV7明朝とV7丸ゴシックというファミリーも用意されています。

→ 視覚デザイン研究所


■ かな民友ゴシック

上に挙げた「似ている書体」はいずれもデジタルフォントでしたが、写植の書体にまで広げて考えればもっと似ている書体があります。

それが下の図にあるかな民友ゴシックです。

ゆず屋

(図をクリックで拡大)

上のかな民友ゴシックは民友社の活字書体を写研が写植用にリリースしたもので、見て分かるようにヒラギノ角ゴオールドと似ています。

残念ながら私は詳しく知らないのですが、どうも民友社の活字も上で述べた藤田活版製造所の活字も、ともに築地活版製造所の活字に由来するものであり、その結果このようになったようです。

ちなみに、民友社の名前を冠した写植用書体は写研だけのものではなく、モリサワからも出ています(リリースはモリサワの方が先)。

ゆず屋

(図をクリックで拡大)

適当な画像がないので、モリサワの見本帳(昭和47年)からのスキャンですが……


■ ヒラギノ角ゴオールドの使用例

長くなりましたが、最後にコミックスでの使用例を一つ。

ゆず屋

ゆず屋

(図をクリックで拡大)

上の写真は西島大介氏の『世界の終わりの魔法使い』という本の表紙です。

この本の帯で使われているのがヒラギノ角ゴオールド……と言いたいところですが、2005年に出た本ですからヒラギノ角ゴ游築初号ゴシックかなの組み合わせですね。

もちろん、見た目に違いはないはずですが。





関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2011年9月 2日

●[雑談] Mac mini がやって来た

ゆず屋

こんにちは。榊です。

突然ですが、Mac mini を購入しました。

Mac用しか出ていないフォントがあるもので……

本当は MacBook Air が欲しかったんですが、持ち歩く必要もないので価格の手ごろな Mac mini にしておきました。

ゆず屋

ゆず屋

しかし、本当に小さいですよね。

iPad と並べてみれば、そのコンパクトさがよく分かります。

メインで使っている Windows マシンと比べれば(→写真)、外付け HDD くらいにしか見えません。

Mac を使うのは学生の頃以来なので、おそらく10年以上のブランクが。

初めて買ったMacが II vi で、その後は Performa 5210 → PowerBook G3 と乗り換えて使っていたんですが、学業の都合で Windows に乗り換えてそのまま今に至っています。

(途中、一瞬だけ MacBook を持っていたこともあるのですが、すぐに手放してしまいました)

そんなわけで、Lion の新機能どころか Dock の使い方がよく分からないのですが、どうなることやら……


* 先日予告していた『書体の研究』 Vol.9 のフォローのための UST は、今月 9/16(金)の夜にする予定です。

時間が決まりしだい告知させていただきます。




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ