漫画、アニメ、ライトノベル関係のロゴに使われているフォントの紹介。オタクのためのフォント読本「書体の研究」の情報も。

« 2011年7月 | メイン | 2011年9月 »

2011年8月15日

●[イベント] 夏コミ終了! 次は8/21(日)のコミティアに参加します

■ 夏コミ終了!

こんばんは。榊です。

先週の金曜日から日曜日は夏コミだったわけですが、私も昨日の日曜日には『書体の研究』の新刊を持ってサークル参加してきました。

参加された皆様、お疲れ様でした。

また、あの暑さの中お立ち寄りくださった皆様、本当にありがとうございました。

差し入れで冷却ジェルシートを頂いたんですが、なんでもあらかじめ凍らせたペットボトルにくっつけて冷やしておいてくださったそうで、もう感動するほど気持ちよかったです。

あと、大勢の方に声をかけていただいたのですが、暑さでやられていた上にバタバタしていたので落ち着いてご挨拶できず失礼いたしました。

ともあれ、無事に夏コミも終わったことなので、しばらくのんびり……と言いたいところですが、冬コミの締め切りが今月の22日なんですよね(笑)

さて、冬はどうしたものか……


■ 今週末はコミティア97

冬コミの申込も大事なことですが、さらにその前にコミティアが控えています。

それも、今週末の 8/21(日)です。

ゆず屋の配置は す-32bになります。

新刊(Vol.9)+既刊(Vol.4~8)を持っていく予定なので、ご興味のある方はぜひお越しください。

→ 新刊の内容紹介はこちら

とらのあなさんでも扱っていただいています。 → とらのあな:『書体の研究』 Vol.9




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2011年8月 1日

●[フォント] 『輪るピングドラム』のロゴ

こんばんは。榊です。

今日は『輪るピングドラム』のフォントのお話しです。

■ 各話タイトルのフォント

メインのロゴの話の前に、まず分かりやすい各話タイトルのフォントから見てみましょう。

『輪るピングドラム』のフォント(ゆず屋)

上の画像は第1話のタイトルで、太めのゴシック体が使われています。

また、よく見てみると「ベル」の文字だけ強調されたように太くなっていることも分かります。

『輪るピングドラム』のフォント(ゆず屋)

(図をクリックで拡大)

実際に使われているフォントは、上の図に示したようにモリサワのゴシック MB101のようです。

MB101 は雑誌の見出しなどにもよく使われていて目にする機会の多いメジャーなゴシック体なので、アニメを見ていて気づかれた方も多いかと思います。

上の各話タイトルではこのフォントを、90%程度の平体、つまり横長につぶした状態で使っています。

平体にしている理由は分かりませんが、もしかするとゴシック4550のオマージュかもしれません。

というのも、この『輪るピングドラム』という作品では地下鉄(丸ノ内線?)をモチーフにしたと思われる表現が随所に見られるからです。

『輪るピングドラム』のフォント(ゆず屋)

(写真は『たて組ヨコ組』 Vol. 42、モリサワ、1994)

ゴシック4550というのは東京の営団地下鉄(現在の東京メトロ)のサインシステム用に鎌田経世氏が制作した書体で、その名の通り高さと横幅の比が 45:50 になっています。

つまり、90%の平体というのはゴシック4550とほぼ同程度の扁平さということになります。


次に、フォントのウエイト(太さ)について見てみると、先ほどの各話タイトルではゴシック MB101の「B」という太さのフォントが使われていますが、「ベル」の文字だけ一段階太い「H」になっているようです。

また、さっきの図の「重ねて比較」を見ると、「が」の文字だけオリジナル(グレー)に対して MB101(赤のアウトライン)が大きくずれていることが分かります。

断言は出来ないのですが、ほかにぴったり来るフォントもないようですので MB101 の「が」の文字をベースに、点や濁点部分を微調整して使っているのではないかと思われます。

それ以外にも、「の」、「が」、「る」の平がな3文字は、他の文字に比べて一回り小さいサイズにするなど、様々な調整が施されています。

図の一番下にある「MB101 べた」というのが変形やサイズ調整をしない元のままのフォントを並べたものなので、これとオリジナルとを見比べると違いが分かりやすいと思います。


■ メインタイトルのフォント

では次に、メインタイトルのフォントを見てみましょう。

『輪るピングドラム』のフォント(ゆず屋)

先ほどの各話タイトルと同じように太めのゴシック体なので、同じようにゴシックMB101だろうと推測されます。

比較してみると次のようになります。

『輪るピングドラム』のフォント(ゆず屋)

(図をクリックで拡大)

どうやら、やはりゴシックMB101のようです。

ただし、各話タイトルの時ほど平体はかかっておらず、だいたい95%程度でした。

太さは、「輪」の文字が「B」、「ピングドラム」が「H」です。

一見かなり太く見えるかもしれませんが、MB101には「H」の上にもう一段太い「U」というのがありますから(下図)、特に「B」が使われている「輪」の文字などはそれほどでもないことが分かります。

『輪るピングドラム』のフォント(ゆず屋)

そして、図の中で「る」の文字だけフチ取りが付いていますが、これはこの文字だけ違うフォントが使われているためです。

図の一番下の「MB101 H べた」にあるように、MB101の「る」の文字はかなり横幅の広いどっしりした形なのですが、実際のロゴの「る」の文字はもっと幅の狭いデザインになっています。

いくつかのフォントを比べてみたところ、同じモリサワのゴシック体である見出しゴMB31とほぼ同じ骨格のようです。ただし、MB31 はMB101 H と比べるとかなり細い書体なので、図にあるように太さ4ポイントのアウトラインをつけてやるとオリジナルとほぼ同じ形になりました。

『輪るピングドラム』のフォント(ゆず屋)

また、「輪」、「ピ」や「ム」の文字で 線と線とを切り離すように変更してあることに加えて、起筆部にある「突き出し」が文字によってはほとんど省かれている点や、「ラ」の2画目の肩部分にあった上向きの突起も取り去って単純化されているなど、多くの部分に手が加えられていることも分かります。

このように、既存のフォントを使ったロゴの場合であってもいろいろな工夫が凝らされているということがよく分かります。


(21:05 追記)

ゴシックMB101 はプロの方にとっては身近なフォントですが、普通の人はそうそう持っていないと思いますので、もっと普及しているフォントでべたうちしたらどのくらい違いが出るのかを載せておきます。ご参考まで。

ただし、95%の平体だけはかけてあります。

『輪るピングドラム』のフォント(ゆず屋)


画像は『輪るピングドラム』 ((c) イクニチャウダー/ピングループ) 第1話より引用

→ モリサワ: ゴシックMB101




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ