漫画、アニメ、ライトノベル関係のロゴに使われているフォントの紹介。オタクのためのフォント読本「書体の研究」の情報も。

« 2011年4月 | メイン | 2011年6月 »

2011年5月 4日

●[フォント] 『花咲くいろは』 と『Aチャンネル』の共通点

こんにちは。榊です。

今日もまた、何の役にも立たなさそうなフォント関係の小ネタを一つ。


■ 『花咲くいろは』のフォント

ゆず屋:花咲くいろはのフォント

上の画像は、この4月から放送されているTVアニメ 『花咲くいろは』のオープニングに登場するタイトルです。

このタイトルにはモリサワのはるひ学園というフォントが使われています。

このブログや『書体の研究』でも何度か紹介していますが、文字を構成するエレメントの間に隙間がたっぷり取ってある、ゆるい感じのフォントです。

(参考: → ゆず屋: [フォント] 『純真ミラクル100%』

文字に隙間が多いせいか、大きなサイズで使うとバラけた感じになりがちなんですが、こうやって小さめのサイズで使うといい感じですね。

実際のフォントで再現してみると、下のようになります。

ゆず屋:花咲くいろはのフォント

元の画像では色が薄くて見づらいですが、ローマ字横書きでも文字が入っており、こちらのフォントも「はるひ学園」になています。

はるひ学園はいろんなところで使われていますが、こんなふうに従属欧文を使っているのは珍しいですね。

ゆず屋:花咲くいろはのフォント

ちなみに、上の画像のように各話タイトルにも同じようにはるひ学園が使われています。


■ 『花咲くいろは』 と『Aチャンネル』の共通点

ついでに、さらに役に立たないネタをもう一つ。

ゆず屋:花咲くいろはのフォント

上の画像は『花咲くいろは』のエンディングの1カットです。

縦ロールの左にある「のぼり」を見てみると、何か文字が書いてあります。

拡大してみると……

ゆず屋:花咲くいろはのフォント

「乃鷺サイダー 柚子乙」の文字が見えます。おそらく「湯乃鷺サイダー 柚子乙女」と書いてあるのでしょう。

こののぼりの文字には、フォントワークスのライラというフォントが使われています。

ダイナコムウェアの金文体に見えるかもしれませんが、下の画像にあるようによく見るとデザインが違います。

ゆず屋:花咲くいろはのフォント

確かにカーブを多用したデザインや、文字の重心が高い点などは金文体と共通しているのですが、微妙なカーブの向きや、ストロークの両端が金文体のように細くならないなど、いろいろと違いがあるようです。

また、「柚」の木偏や「鷺」の「鳥」の部分などを見ると分かるように、金文体よりは普通の文字(楷書体など)に近い形をしているといえるでしょう。


なお、このライラというフォントは『Aチャンネル』でも使われています。

ゆず屋:花咲くいろはのフォント

ゆず屋:花咲くいろはのフォント

『Aチャンネル』のアニメでは、毎回Bパートの途中に挿入歌が入りますが、そのときの歌詞に使われているのがこのライラだったりします。


■ 明日はコミティア

というわけで、今日は『花咲くいろは』関係のフォントネタでした。

ついでに告知をしておくと、明日は東京ビッグサイトでCOMITIA96にサークル参加する予定です。

『書体の研究』の Vol.3~8を持っていきますので、よかったらお立ち寄りください。

配置は K-10a です。

なお、『書体の研究』各号の内容については、こちらのリンク先をたどっていただければ紹介記事がありますのでご覧ください。


画像は『花咲くいろは』(©花いろ旅館組合)、『Aチャンネル』(© 黒田bb・芳文社/Aチャンネル委員会・MBS)よりの引用です。




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ