漫画、アニメ、ライトノベル関係のロゴに使われているフォントの紹介。オタクのためのフォント読本「書体の研究」の情報も。

« 2011年2月 | メイン | 2011年4月 »

2011年3月26日

●[雑談] 近況報告と『PSG』のフォント

こんばんは。榊です。

今日はあの地震のあった3月11日以来、最初の更新となります。

被害に遭われた皆様にはお見舞い申し上げます。

私はというと、Twitterでも書きましたが、地震の当日こそ電車が止まったため職場から自宅まで歩いて帰るはめになったものの、それ以外には目立った被害もなく、おかげさまで普通に生活しております。

自宅の本棚が倒れて自室の床一面がラノベだらけになっていましたが、その程度で済んだのは幸いでした。

そんなわけで、ブログの更新が滞っていたのは単にサボっていただけです……


で、その間なにをやっていたのかというと、録画してあるアニメを消化したり、好きなアニメを観なおしたり、積んであるラノベを消化したりと、非常に忙しい(?)日々を過ごしておりました。

そのときに、『Panty&Stocking with Garterbelt(以下、「PSG」)』のフォントの話を書くつもりですっかり忘れていたことを思い出したので、今日、少し書いておこうと思います。


■ 『PSG』のフォント

先日出した『書体の研究』Vol.8 で、『学校の階段』のコミックスや、ガガガ文庫の『うちの魔女知りませんか?』などでフォントワークスのくろかねというフォントが使われていることを紹介しましたが、同じフォントが『PSG』のテロップにも使われています。

『書体の研究』をお持ちでない方は、このブログでも一部取りあげていますので、その記事をご参照ください。
→ ゆず屋:[フォント] 『学校の階段』(ファミ通文庫)

実際のテロップの画像は次のような感じです。

ゆず屋 [雑談] 近況報告と『PSG』のフォント

ゆず屋 [雑談] 近況報告と『PSG』のフォント

このように、オープニングでもエンディングでも「くろかね」という同じフォントが使われています。

見やすいように拡大すると、こんな感じです。

ゆず屋 [雑談] 近況報告と『PSG』のフォント

記事でも書きましたが、このフォントはかなり使い勝手が良いと思います。

というのも、個性はちゃんとあるのに主張しすぎないんですよね。

例えば、勘亭流や金文体のような書体の場合、目立つには目立つんですが、アクが強すぎて使いどころが難しいと思うんですが、この「くろかね」はそういう意味では悪目立ちすることなく使いやすいんだと思います。

あと、ちゃんと文字として読みやすいのも大事な点です。

テレビのバラエティ番組のテロップなどでもよく見かけますし、下の写真のようにコミックスの帯にも使われたりしています。

ゆず屋 [雑談] 近況報告と『PSG』のフォント

探せばもっといろいろなところで使われているかもしれませんね。


というわけで、今日は『PSG』のテロップのフォントのお話でした。

画像は『Panty&Stocking with Garterbelt』(© GAINAX/GEEKS)テレビ放送版からの引用です。




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2011年3月 7日

●[ラノベ] 『はるかかなたの年代記』は『黄昏色の詠使い』+『インフィニット・ストラトス』

こんばんは。榊です。

先日、『はるかかなたの年代記』(スーパーダッシュ文庫)の第2巻を読みました。

「換象(かんしょう)」という魔法のような能力が登場する独特の世界観や、物語全体の雰囲気は細音啓さんの『黄昏色の詠使い』シリーズを想起させる私好みのもので、第1巻を読んだときから続きを楽しみにしていました。

今回、待望の2巻が発売になったので早速読んでみたんですが、その感想を一頃で言うなら、「『黄昏色の詠使い』と『インフィニット・ストラトス』の良いところをあわせたようなお話しだな」です。

ファンタジーとしての物語の展開と主人公の少年の成長を見せつつも、一方でハーレムものとして期待通りの展開をしてくれる、そんな一粒で2度美味しいといった内容でした。

未読の方は、読んでいただければきっとこのたとえに納得していただけると思います。

ふゆの春秋さんのイラストも素敵で、とくに1巻表紙のカティアは素晴らしかったです。


ちなみに私は『はるかかなたの年代記』ではアレット、『インフィニット・ストラトス』ではシャルル派です。

本当は鈴だったんですが、アニメ版を観て花澤さんボイスに降伏しました……

(もう「ツン」ばかりの「ツンデレ」キャラはいらないですよね)





関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ