漫画、アニメ、ライトノベル関係のロゴに使われているフォントの紹介。オタクのためのフォント読本「書体の研究」の情報も。

« [イベント] 「秀英体100」のトークショーに行ってきました | メイン | [雑談] イベントの報告と今後の予定 »

2011年1月29日

●[書体の研究] 新刊(Vol.8)が2月に出ます!

■ 新刊完成!

こんにちは。榊です。

去年の冬コミで出せずに延び延びになっていた『書体の研究』の新刊がようやく完成しました。

昨日、印刷所に入稿したので予定通り次のコミティアで頒布できそうです。

開催日や配置は次の通りです。

COMITIA 95
2011年 2月13日(日) 於 東京ビッグサイト
配置:し-26a


■ 情報量の多い書体を使おう!

今回の『書体の研究』も、いつもと同じく「特集」+「ろごたいぷっ!」という構成です。

特集のテーマは「情報量の多い書体を使おう!」

ちょっと意味の分からないテーマですが、ようするに「目立つ書体」についての話です。

ライトノベルやコミックスに使われている書体のなかから、4種類の「目立つ書体」を選び、実例を挙げながら紹介しています。


あと、今回は小特集として、「Bodoni という書体について」という7ページの記事を載せています。

これは、前号(Vol.7)の補足として先日このブログで書いた記事に加筆したもので、ボドニの話と、その延長として Optical Size の話をちょこっとしています。


■ サンプル

ここで内容サンプルの画像をいくつか載せておきたいと思います。

ゆず屋 書体の研究 Vol.8

ゆず屋 書体の研究 Vol.8

ゆず屋 書体の研究 Vol.8

ゆず屋 書体の研究 Vol.8

ゆず屋 書体の研究 Vol.8

ゆず屋 書体の研究 Vol.8

ゆず屋 書体の研究 Vol.8

ゆず屋 書体の研究 Vol.8


■ ろごたいぷっ!

後半の「ろごたいぷっ!」は今回も6作品を紹介しています。

いつもできるだけいろいろなベンダーの書体を紹介したいと思っているのですが、今回はダイナコムウェアから始まって朗文堂・欣喜堂の書体で終わるという流れで、割とうまくいったのではないでしょうか。

作品のチョイスはあいかわらず個人的な趣味丸出しで、今回は『踊る星降るレネシクル』や『主に泣いてます』などを取りあげています。

少しですが『けいおん!!』ネタも入ってたりします。


■ 委託販売について

今回も、とらのあなさんで委託販売をお願いできることになりました。

イベントと同じ 2/13 からの予定です。

こちらも確定ししだい告知させていただきます。

あと、在庫がある分についても再度委託で取り扱っていただけることになりました。

というわけで、とらのあなさんでは Vol. 4~8 が入手となる見込みです。

1/30 追記:とらのあなさんの通販ページに登録されました。

→ とらのあな:『書体の研究』Vol.8

バックナンバーの内容については案内のPDFファイルを用意しましたのでそちらをご参照ください。

→ 『書体の研究』バックナンバーのご案内(PDFファイルが開きます)


というわけで新刊のご案内でした。

どうぞよろしくお願いします。




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://yuzuya.style.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/759