漫画、アニメ、ライトノベル関係のロゴに使われているフォントの紹介。オタクのためのフォント読本「書体の研究」の情報も。

« 2010年12月 | メイン | 2011年2月 »

2011年1月29日

●[書体の研究] 新刊(Vol.8)が2月に出ます!

■ 新刊完成!

こんにちは。榊です。

去年の冬コミで出せずに延び延びになっていた『書体の研究』の新刊がようやく完成しました。

昨日、印刷所に入稿したので予定通り次のコミティアで頒布できそうです。

開催日や配置は次の通りです。

COMITIA 95
2011年 2月13日(日) 於 東京ビッグサイト
配置:し-26a


■ 情報量の多い書体を使おう!

今回の『書体の研究』も、いつもと同じく「特集」+「ろごたいぷっ!」という構成です。

特集のテーマは「情報量の多い書体を使おう!」

ちょっと意味の分からないテーマですが、ようするに「目立つ書体」についての話です。

ライトノベルやコミックスに使われている書体のなかから、4種類の「目立つ書体」を選び、実例を挙げながら紹介しています。


あと、今回は小特集として、「Bodoni という書体について」という7ページの記事を載せています。

これは、前号(Vol.7)の補足として先日このブログで書いた記事に加筆したもので、ボドニの話と、その延長として Optical Size の話をちょこっとしています。


■ サンプル

ここで内容サンプルの画像をいくつか載せておきたいと思います。

ゆず屋 書体の研究 Vol.8

ゆず屋 書体の研究 Vol.8

ゆず屋 書体の研究 Vol.8

ゆず屋 書体の研究 Vol.8

ゆず屋 書体の研究 Vol.8

ゆず屋 書体の研究 Vol.8

ゆず屋 書体の研究 Vol.8

ゆず屋 書体の研究 Vol.8


■ ろごたいぷっ!

後半の「ろごたいぷっ!」は今回も6作品を紹介しています。

いつもできるだけいろいろなベンダーの書体を紹介したいと思っているのですが、今回はダイナコムウェアから始まって朗文堂・欣喜堂の書体で終わるという流れで、割とうまくいったのではないでしょうか。

作品のチョイスはあいかわらず個人的な趣味丸出しで、今回は『踊る星降るレネシクル』や『主に泣いてます』などを取りあげています。

少しですが『けいおん!!』ネタも入ってたりします。


■ 委託販売について

今回も、とらのあなさんで委託販売をお願いできることになりました。

イベントと同じ 2/13 からの予定です。

こちらも確定ししだい告知させていただきます。

あと、在庫がある分についても再度委託で取り扱っていただけることになりました。

というわけで、とらのあなさんでは Vol. 4~8 が入手となる見込みです。

1/30 追記:とらのあなさんの通販ページに登録されました。

→ とらのあな:『書体の研究』Vol.8

バックナンバーの内容については案内のPDFファイルを用意しましたのでそちらをご参照ください。

→ 『書体の研究』バックナンバーのご案内(PDFファイルが開きます)


というわけで新刊のご案内でした。

どうぞよろしくお願いします。




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2011年1月18日

●[イベント] 「秀英体100」のトークショーに行ってきました

■ 秀英体100

[イベント] 「秀英体100」のトークショーに行ってきました (ゆず屋)

こんばんは。榊です。

今日は「秀英体100」の関連企画として開催されたトークショーを聴きに行ってきました。

「秀英体100」というのは、銀座グラフィックギャラリーで現在開催されている企画展で、その名前の通り秀英舎(現在の大日本印刷)の書体である秀英体の100周年を記念したものです。

今日のトークショーは、2005年より大々的に行われている秀英体のリファイン、いわゆる「平成の大改刻」に携わっておられる4名の方々、片塩二郎さん(朗文堂)、鳥海修さん(字游工房)、石岡俊明さん(リョービイマジクス)、そして伊藤正樹さん(DNP秀英体開発室)をパネラーとして、その経緯や書体デザインの意図などを解説してくださるという、非常に興味深いものでした。

最初に片塩さんが話し始められた瞬間から、「これは絶対時間が足りないな」と思っていたら案の定でした(笑)

本当に興味深く、勉強になる内容だったので、本当は丸一日くらい使って思う存分しゃべっていただきたかったところです。

個人的には秀英丸ゴシックが気になっています。はやくリリースしてほしいものです。

ギンザグラフィックギャラリーでの展示は1/31までやっているそうですので、ご興味のある方はぜひ。

→ ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)


■ COMITIA 95 に参加します

書体の研究(ゆず屋)

2011年 2月13日(日)に東京ビッグサイトで開催されるコミティア95に参加することが決まりました。

配置は し-26a です。

なんとか『書体の研究』の新刊(Vol.8)を間に合わせようと、鋭意制作中です。

新刊の詳しい情報は、後日(入稿が間に合えば)改めてアナウンスさせていただきますのでどうぞよろしくお願いします。

あと、5月1日にあるCOMIC1☆5にも申し込んでみたので、こちらも当落が確定したらこのブログで告知したいと思います。

そんなわけで、現行の作業に戻ります……




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2011年1月 2日

●明けましておめでとうございます

[豆知識] JTBのサイトには「宇宙旅行」のページがある。

新年、明けましておめでとうございます。

今年は入院することもなく無事に年を越せた榊です。

(去年は胆石で入院する羽目になって冬コミを欠席したのです。健康ってスバらしい……)


今日は少し告知を。

まず、冬コミに落ちたことで延期になっている『書体の研究』の新刊ですが、2月13日(日)の COMITIA95 で出したいと思って作り出しているのですが、時間的には間に合うかどうか微妙な状況です。

がんばって何とか出したいと思っていますが、はっきりしたら告知させていただきたいと思います。


あと、1月9日(日)に「SF乱学講座」さんで2時間ほど話をさせていただくことになりました。

「書体の楽しみ方 ―ライトノベルのロゴデザインから電子書籍まで―」というタイトルで、普通の方(書体やフォントにとくに興味のない方)向けの内容を予定しています。

なお、副題に「電子書籍」と入っていますが、あくまでもトピックの一つとしてさらっとふれるだけです。念のため。

文字コードなんかのテクニカルな話も一切なしの、ごく初歩的な内容にする予定ですので、くれぐれもも詳しい方は来ないでください。恥ずかしいので(笑)

くわしくは「SF乱学講座」Webサイトで
→ SF乱学講座


そんなわけで、本年もどうぞよろしくお願いいたします。




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ