漫画、アニメ、ライトノベル関係のロゴに使われているフォントの紹介。オタクのためのフォント読本「書体の研究」の情報も。

« 2010年10月 | メイン | 2010年12月 »

2010年11月27日

●[雑談] GALAXY Tab 買いました。iPhone, iPad との比較など。

ゆず屋

え~ タイトルの通り NTT docomo から発売された GALAXY Tab を購入しました。

もともと iPhone 3GS と iPad ユーザーなので、その間のサイズの端末を探していたんですが、先日ドコモショップで実機を触ってみたところ、持ち歩くにはちょうどよさそうな感じでしたので思わず予約してしまいました。

そんなわけで、今日は比較写真を少しアップしてみたいと思います。


■ 本体サイズ

ゆず屋

ゆず屋

まずは iPad との比較。

写真の通り、GALAXY Tab の大きさは iPad の約半分です

重さも iPad(Wi-Fiモデル)が 680g なのに対して GALAXY Tab が 382 g と、半分ちょっと(56%)になっています。

サイズや重さの違いからも明らかなように、iPad は自宅で、GALAXY Tab は外出先で使うのに適しています(ジョブズが iPad のお披露目をしたときも、ソファに座ってプレゼンしてましたよね)。

なので、GALAXY Tab など 7 インチ前後のスマートフォンと 9.7 インチある iPad を比較して、どちらが外で使うのに適しているかといった議論をするのはあまり意味がないのではないかと思います。

例えるなら、iPad は 17インチのMacBook Pro のようなもので、持ち歩いて重かったとしてもそれは Apple のせいではないわけです(笑)

(こんな風に書くと Apple 信者かと思われそうですが、ごく普通の Windows ユーザーです。)


ゆず屋

次は普通の携帯と iPhone 3GS との比較。

iPhone と比べると、圧倒的に大きいことが分かります。

ゆず屋

だいたい iPhone の3倍くらいの大きさで、さすがに胸ポケットには収まりそうにありません。

スーツの内ポケットには入るのですが、それなりの重さなのでカバンに入れた方が無難かもしれません。


■ ディスプレイ

私がこの GALAXY Tab を買った一番の理由はこのサイズで、外出先でネットにアクセスする際に、このくらいの画面サイズと解像度があれば、いつも使っている iPhone 3GS よりも便利なのではないかと期待したからでした。

ディスプレイのスペックを比べてみると次のようになっています。

  • iPhone 3GS:320 x 480 px、3.5 インチ
  • iPhone 4:640 x 960 px、3.5インチ
  • iPad:768 x 1024 px、 9.7インチ
  • GALAXY Tab:600 x 1024 px、 7.0インチ

数値を見れば分かるように、iPad の半分のサイズの割にはピクセル数が高く、その反面、iPhone 4 と比べると、ずいぶん粗い画面なっています。

といっても、これはどちらかというと画面サイズに比べて iPad が粗めで、iPhone 4が極端に解像度が高いためで、GALAXY Tab 自体のピクセル密度は標準的なものと言えるかと思います。

ゆず屋

ゆず屋

(*画像をクリックすると flickr が開くので、大きな画像をご覧いただくことが出来ます。)

こちらは画面写真。上が iPad 、下が GALAXY Tab の画面です。

肉眼で実際に見たときの雰囲気を感じていただきたかったのでスクリーンショットではなくデジカメで撮った写真になっています。

iPad よりも文字の表示サイズが大きいため、若干読みやすくなっています。

アイコンのサイズも Tab ではやや大きく表示されています。

本当は普通サイズの Android 携帯を持っていれば比較できたのですが、残念ながら持っていないもので……


ゆず屋

ゆず屋

最後は、さらに液晶画面をアップにした写真です。

上が iPhone 3GS、下が GALAXY Tab です。

だいたい同じ倍率になっているのですが、こうしてみるとピクセルの密度がほとんど同じであることがよく分かります。

画像をクリックして flickr で見ていただくと、比較しやすいと思います。

Tab の方は画素の形状が長方形じゃないこともはっきり見えますね。


というわけで、おおざっぱにいうなら、画面の質は iPhone 3GS と同じくらい、サイズは3倍にして、OS を Android に載せ替えたのが GALAXY Tab ということになります。

さすがに画面が広いだけあって、ブラウジングはかなり快適です。

ただ、スマートフォンの使いやすさはアプリの完成度に大きく依存するので、これから iPhone/iPad 用アプリ並に使いやすいアプリを探す旅に出ようと思います。

Twitter クライアントと RSS リーダーくらいはしっくりくるのを見つけておかないと正直使い物にならないですしね……




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2010年11月11日

●[フォント] 『学校の階段』(ファミ通文庫)

こんばんは。榊です。

最近、携帯電話の買い換えを検討しているのですが、次から次へと新機種が発表されるので混乱気味です。

発表されたときに良いなと思っても、発売される頃にはもっと良い機種のうわさが出てくるのでタイミングが難しいんですよね。

とりあえず、今使っているドコモの携帯をスマートフォンに機種変更したいんですが、Galaxy s の画面が好きになれないんですよね。

そんなわけで、年明けまで様子見の予定です。

iPhone 3GS もiPhone 4に変えたいんですが、予算の都合が(笑)


■ 『学校の階段』のフォント

[フォント] 『学校の階段』(ファミ通文庫)

今日はファミ通文庫のライトノベル『学校の階段』(櫂末高彰)のロゴの話をしたいと思います。

2006年の2月に第1巻が発売され、本編全10巻+短編集2巻が出ています。

(追記: 初出時は「短編集1巻」としていましたが、2巻の誤りでした。)

2007年には実写映画にもなっているのでご存じの方も多いかと思います。

[フォント] 『学校の階段』(ファミ通文庫)

この作品のタイトルロゴに使われているフォントは ギガJr E

ラノベでは(特にファミ通文庫では)おなじみの、視覚デザイン研究所のフォントです。

(「の」の字だけはモリサワの「リュウミン」という明朝体です。)

[フォント] 『学校の階段』(ファミ通文庫)

この「ギガJr E」の「E」はウエイトといってフォントの太さを表しています。

ギガJr には L から U までの5種類の太さがあって、一番細い「L」は『書体の研究』(同人誌版)のタイトルの書体だったりします(下の写真)。

[フォント] 『学校の階段』(ファミ通文庫)


■ コミックス版では?

[フォント] 『学校の階段』(ファミ通クリアコミックス)

ところで、なぜ今になってこの作品を取りあげたのかというと、先日(といっても9月ですが)、この『学校の階段』のコミックス第1巻が発売されたからです。

上の写真にあるように、このコミックス版では原作とは違うフォントが使われています。

[フォント] 『学校の階段』(ファミ通クリアコミックス)

このフォントはフォントワークスのくろかね

「くろかね」という名前からすると「鉄(くろがね)」をイメージしたデザインなんだと思うのですが、見ようによっては紙を切って文字にしたようにも見える、直線的なカットと素朴な雰囲気を両立させたデザインの書体と言えるのではないでしょうか。

ちなみに、このコミックス版のデザインは『オタクとデザイン』の染谷さんが担当されていらっしゃいます。


■ 「くろかね」の使用例をもう一つ

[フォント] 『学校の階段』(ファミ通クリアコミックス)

ついでにこの「くろかね」というフォントの使用例をもう一つ。

先日発売されたライトノベル『魔王学校に俺だけ勇者!?』(夏緑・HJ文庫)のタイトルにもくろかねが使われていました。

『学校の階段』と同じ「学校」の文字があるので分かりやすいかと思います。

デザインされた方は違うのでまったくの偶然だと思いますが、こうやって同じフォントを見かけると何となく「あたり」を見つけたようでちょっと嬉しいですよね(私だけ?)。





関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2010年11月 2日

●[書体の研究] とらのあなでの委託販売がまもなく終了します

■ 冬コミ 落選しました

こんばんは。榊です。

Twitter ではすでに報告しましたが、残念ながら冬コミは落選してしまいました。

というわけで、今年のゆず屋としての活動は先日のサンクリが最後ということになります。

冬コミで出すつもりだった『書体の研究』をどうするかは未定ですが、決まり次第こちらで報告させていただきたいと思います。

もしかしたら、2月のコミティアあわせで出すかもしれません。

といっても、まだなにも出来ていないわけですが……


で、冬コミという締め切りがなくなってしまった私は何をやっているかというと、とりあえずアニメを観まくっています(笑)。

昨日はようやく届いた『とある科学の超電磁砲』のOVAを視聴。

1話なので割高な感じは否めないのですが、十分面白かったです。

8mm をモチーフにしたオープニングも可愛らしくてとてもいい感じでした。

そして、今朝は『侵略!イカ娘』を観たんですが、ミニイカ娘が可愛すぎてもう……

『おとめ妖怪 ざくろ』も予想外の面白さだし、『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』も今週のはちょっと端折りすぎて不満だったものの、おおむね良いできといえるのではないでしょうか。

そんな感じで今期は本当に面白い作品が多くて幸せなのですが、その反動が来期に来るんじゃないかと少し心配です(IS と放浪息子は期待してます。フラクタルは……)。


■ 『書体の研究』の委託販売が終了します

話は変わりますが、現在とらのあなさんで扱っていただいている『書体の研究』のうち、 Vol. 3~5 については委託期間が終了します。

委託販売が終わったものについては、以降はイベントでの販売のみとなります。

あと数日で引き上げられる予定ですので、もし興味をお持ちの方は今のうちにどうぞ。

→ とらのあな:『書体の研究』 Vol. 3~7




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ