漫画、アニメ、ライトノベル関係のロゴに使われているフォントの紹介。オタクのためのフォント読本「書体の研究」の情報も。

« 2010年9月 | メイン | 2010年11月 »

2010年10月22日

●[イベント] 10/24 サンクリに参加します

告知することをすっかり忘れていましたが、今週末、10/24(日)のサンシャインクリエイション49に参加させていただきます。

配置は Cホール セ-04b です。

今回は夏コミと冬コミの狭間と言うことで新刊もありませんので、搬入する冊数も少なめにする予定です。

というか、宅急便で送るのを忘れていたので、当日カートで運べるだけしか搬入できない(笑)

冊数は少なめですが、在庫のある Vol. 3~7 をすべて持っていきますので、ご興味のある方はぜひお立ち寄りください。




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2010年10月15日

●[フォント] 『もっとToLOVEる』

こんばんは。榊です。

10月も半ばになって、今期のアニメもほぼ出そろいましたがいかがでしょうか。

個人的には、原作付きのいくつかのアニメが、予想よりもずっといい感じだったので安心しているところです。

イカ娘の声も、実際に見てみると意外なほどあっていて、キャスティングされた方はさすがだなぁと思った次第です。

それにしても、イカ娘にしてもソラノヲトにしてもそうですが、金元寿子さんの声ってとても22歳には聞こえないですよね。

高校生くらいかと思ってました。可愛すぎです。


■ 『もっとToLOVEる』

今期始まったアニメの中に『もっとToLOVEる』がありますが、その中で気になったのが各話タイトルのフォントです(下の画像)。

『もっとToLOVEる』のフォント(ゆず屋)

(画像をクリックで拡大表示)

各話タイトルと言っても、毎回3話構成なので何度も出てくるんですが、そこでフォントワークスのライラというフォントが使われています。

エキゾチックな雰囲気の個性的なフォントで、昨年リリースされたばかりのものです。

『もっとToLOVEる』以外では、先日まで放送されていた『祝福のカンパネラ』のCMでもこの「ライラ」が使われていました。

『祝福のカンパネラ』のフォント(ゆず屋)

(画像をクリックで拡大表示)

すこしクセはありますが、いろんな場面で使えそうなフォントなので今後は目にする機会も増えてくるのではないかと思います。

あと、先ほどの『もっとToLOVEる』の各話タイトルの上側の文字に使われているのはすでにおなじみのニューシネマ(フォントワークス)です。

『書体の研究』Vol.7 でも紹介したフォントです)


それにしても、今期のアニメを見ていても思うんですが、やっぱりアニメやゲームでのフォントワークス率は高いですね。

とくに「ぶどう」なんて使われまくっていますよね。

まあ、それだけ使われていてもあまり気にならないのが「ぶどう」の良さだと思うわけですが。


それと、そのフォントワークスからの今年の新書体も12月にはリリースされるようなので楽しみです。

→ フォントワークスのニュースリリース

「コメット」と「カラット」は正直なところまったく予想外の書体でした。

どんな風に使われるのか楽しみです。

けど、やっぱり一番の目玉は筑紫A丸ゴシックのファミリー化でしょうね。

ウエイトがそろうとずっと使い勝手が良くなりますしね。

というわけで、今期のアニメでのフォントに関する小ネタでした。


画像は『もっとToLOVEる』第6話(第2回放送)、((c)矢吹健太朗・長谷見沙貴/集英社・もっととらぶる製作委員会)、『祝福のカンパネラ』CM ((c)ういんどみる・祝福のカンパネラ制作委員会)より引用させていただきました。


余談ですが、私的には 結城 美柑=金色の闇>籾岡 里紗>>>>西連寺 春菜 です……

矢作紗友里さんの声補正があっても西連寺は目立たなさすぎかと。





関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2010年10月 4日

●[お礼] 「アンチゴチのおはなし」を終えて

こんばんは。榊です。

先週の土曜日は「アンチゴチのおはなし」というタイトルで話をさせていただきました。

予想外にたくさんの方に見に来ていただき、本当にありがとうございました。

なにぶん初めての Ustream 配信だったもので、スムーズとはいえないものの、とりあえず何とか終えることが出来ました。

(途中、マイクのケーブルが抜けたりもしましたが……)

一応、録画を残してありますのでご興味のある方はこちらでご覧いただくことができます。
→ Ustream:「アンチゴチのおはなし」

最初の数分が欠けている上に冒頭画面が真っ黒ですが(笑)


あと、話の中でご紹介した参考文献はこちらになります。

紹介したときにも言いましたが、この2冊に載っている内田明さんの記事にはアンチック体やアンチゴチに関してとても詳しく書かれているので、ぜひ読んでみていただければと思います。

あと、最近の漫画雑誌のアンチゴチにどういうフォントが使われているかについては、KKITT さんのところの同人誌で詳しく取りあげられているので、そちらもどうぞ。

あ、もちろんうちの同人誌もよろしくお願いします(笑)

イベントで買うよりもちょっと割高ですが通販もやってます


■ 感想1

今回のネタをまとめていて特に感じたことが2つあって、1つはやっぱりアンチック体だけじゃなくて明朝体の歴史を勉強しないといけないなということです。

たまたま夏の新刊に漫画の書体の記事を書くことになったので、アンチゴチについて調べだしたのがきっかけだったため、明朝体の歴史についての基本的な知識が欠けたまま勢いでやっていたのですが、もう少し踏み込んだ話をしようと思うとアンチック体だけのことを見ていたらだめだなと痛感しました。

太字、太仮名と通常の明朝体用仮名との接点となる「初号」活字についての話を今回避けていたことに気づかれた方も多かったのではないかと思います。

もう一つ感じたのは、手間を惜しまずもっと網羅的に資料に当たらないといけないということです。

なにしろ根が面倒くさがりなので、今回は手近にある資料だけを調べたのですが、やはり一部のサンプルだけを取りあげてどうこう言ってもまとまりのある話にはならないようです。

といっても、このままずっとアンチゴチの話だけを調べているわけにもいかないので、とりあえずはいったん置いて、冬の新刊の作業を始めたいと思います。


■ 感想2(Ust について)

Ustream の配信は今回が初めてだったわけですが、予想以上に面白かったです。

普段、同人誌を書いているのとは違って、やはりリアルタイムで質問や感想を伺えるというのはすごく新鮮で、やっていてとても楽しかったです。

Ust の配信にはまる人がいらっしゃるのも何となく分かるような気がします。

私もまたやってみたいのですが、そのためにはネタを用意しないといけませんね……

ちなみに、今回の配信では Canon のビデオカメラから HDMI で出した画をキャプチャして使いました。

最初は Logicool の Webカメラを使うつもりだったのですが、フレームレートが低いようだったので変更しました。

使ったカメラはリモコンでズームできるものだったので、今回のように書画カメラ代わりに使うのにはちょうどよかったです。


今後も機会があったら Ust することもあるかも知れませんが、その際にはまたよろしくお願いいたします。




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ