漫画、アニメ、ライトノベル関係のロゴに使われているフォントの紹介。オタクのためのフォント読本「書体の研究」の情報も。

« 2010年8月 | メイン | 2010年10月 »

2010年9月27日

●[告知] 「アンチゴチのおはなし」土曜日にUstやります

アンチゴチのおはなし(ゆず屋)

今週土曜日の夜に「アンチゴチのおはなし」というタイトルで話をさせていただこうと思っています。

Ustream で、夜 9:00 から1時間程度の予定です。

9/29 追記:当日は次のリンク先で視聴していただける予定です。
→ Ustream:ゆず屋

『書体の研究』Vol.7 をお読みいただいた方はご存じのように、「マンガの書体。文字の演技力。」という記事の中で漫画の吹き出しに使われている「アンチゴチ」という混植を紹介したのですが、その記事を書いてからも少し勉強したので、その内容を話したいと考えています。

本当は文章にまとめるべきなんですが、ブログにアップするにはちょっと長くなりますし、かといって『書体の研究』に載せるには真面目すぎて本の趣旨から外れるので、こういう形となりました。

当日、準備が出来たら Twitter でアナウンスさせていただきます。

→ ゆず屋の Twitter


■ お願い

一応、動画配信なので画像を出しながら話すわけですが、書体の細かいところを見ていただくには解像度不足なため、あらかじめ資料の PDF ファイルをアップしておきます。

→ 資料の PDF(約20MB)

重くて落とせない場合は次のサーバーも試してみてください

→ 資料の PDF(約20MB)(同じファイルです)

ちょっと重たいですが、事前にダウンロードしておいていただければ、それを見ながら聞いていただくことが出来ます(プリントアウトしておくことができれば理想的かと)。


■ 内容

内容的には次のような感じにする予定です。

・アンチック体とはどういう書体か

・なぜゴシック体と混植するのか

・なぜ漫画で使われるようになったのか

なお、「なぜゴシック体と混植するのか」といっても「こういう理由です」なんて書いたものが見つかったわけではないので、あくまでも「こういう風に考えることもできる」といった程度の話ですので気楽に聞いていただければと思います。


さて、ところで Ustream ってどうやって使うんでしょうね?(笑)

こういう新しい技術って苦手なんです…




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2010年9月20日

●[フォント] Bodoniの話(Vol.7の補足)

こんにちは。榊です。

ちょっとバタバタしていたもので、ほぼ一月ぶりの更新となってしまいました。

今日は夏コミで出した『書体の研究』Vol.7 について若干の補足をさせていただきたいと思います。

なお、今日の記事では画像をクリックすると PDF が開きますのでご注意ください(そこそこの解像度のJPEG や GIF では微妙な線がうまく出なかったもので)。


■ Bodoni (ボドニ)

今号では『Angel Beats!』の記事の中で Bodoni という欧文書体を紹介させていただきました。

各話タイトルの文字が Bauer Bodoni だという話です(46~47ページ)。

その説明の中で、「Bodoni を元にした書体はいくつかありますが、なかでも Bauer Bodoni はシャープさを強調したデザインになっています。」と書いたのですが、では、他にどんな Bodoni があるんだということを少しここで書いておきたいと思います。


■ そもそも Bodoni って?

その前に、そもそも Bodoni とは何かということを簡単に確認しておきましょう。

Bodoni という言葉は、おおむね3つのもの表すために使われています。

まず一つは人名。イタリア人 ジャンバティスタ・ボドニ(1740-1813)のことです。

2つ目は、彼が作った金属活字の書体。いわばオリジナル・ボドニ。

そして3つ目は、そのオリジナル・ボドニを元に各書体メーカーが復刻した書体。


今、私たちがフォントの話をしていて Bodoni という場合は、ほとんどの場合、この3つ目の意味だと思います。

つまり、オリジナルのボドニではなく、それを復刻したものを使っているわけですが、「各書体メーカーが」と書いたようにいくつものバリエーションがあります。

そして当然のことながら、復刻する際にはさまざまな「解釈」や「翻案」が介在しますので、同じオリジナルの書体を元にしたとしても微妙に違うデザインの書体ができあがることになります。

また、Bodoni の場合にはそもそもオリジナルの書体というのが一つではありません。

というのも、オリジナルのボドニとは、彼が印刷監督官を務めていたイタリアのパロマ公国印刷所で金属活字として開発・使用されたモダン・ローマン書体を指すのですが、これは単一のデザインの書体というわけではありません。

現在のパソコンで使われるアウトラインフォントや、レンズを使って拡大縮小できる写真植字では、一つのデザインの書体を拡大縮小していろいろな大きさで使いますが、金属活字の場合には当然ながら活字自体を拡大縮小するわけにはいかないので、小さい文字は小さく、大きい文字は大きく、使用サイズごとに活字を制作する必要があります。

そしてその際、活字の元となる父型(パンチ)制作時の技術的制約や、使用サイズに合わせた意図的な調整などの理由から、サイズによってデザインが微妙に異なる活字ができることになります。

したがって、復刻する際にはどのサイズの活字を元にするかでデザインに違いが出ることになります(この辺は和文活字書体の復刻でも同じですよね)。


■ デジタルフォントにおける Bodoni

ちょっと話が長くなってしまいましたが、デジタルフォントにおける Bodoni ではどうなっているのかを見てみましょう。

Bodoni (ゆず屋)

こちらの図は、現在デジタルフォントとして販売されている主要な3つの Bodoni を並べたものです。

上の画像をクリックすると PDF ファイルが開きますのでじっくり見比べてみてください。

一番上が『Angel Beats!』でも使われていた Bauer Bodoni(バウアー・ボドニ)。

名前の通り、バウワー活字鋳造所が 1926 年に復刻したもので、ヘアラインと主線とのコントラストがはっきりした見出し向けの、つまり大きなサイズで使うのに適したデザインです。

2つ目は American Type Foundry(ATF、アメリカ活字鋳造会社)版の Bdoni 。

先ほどの Bauer 版と同じ Roman(つまり Bold ではない)のですが、全体的に黒みが強く、セリフも少し太くなっています。

あんまり Bodoni っぽくないと感じるかも知れませんが、安定感があって使いやすいのではないでしょうか。

なお、分かりやすいように「ATF Bodoni」と書きましたが、フォントファイル名としては単なる「Bodoni」です。

そして、残りの3つは ITC 版です。

ITC 版の特徴は、six (6), twelve (12), seventy two (72) という3つのバージョンが存在することです。

お気づきかと思いますが、これらの数字は使用サイズ(ポイント)を表したもので、6はキャプションなどの小さい文字用、12は本文用、72は見出し、タイトル用にデザインされています。

なので、72は Bauer Bodoni のようにコントラストの高い(セリフが細い)デザインをしているのに対して、6はセリフが太い、がっちりした形になっており、本文を組んでもちらつかずに読みやすいようになっています。

また、見出し用の72を他の Bodoni と比べるとこんな感じです。

Bodoni (ゆず屋)

(画像をクリックすると PDF ファイルが開きます)

同じ Bodoni という名前がついていてもセリフの太さや形がかなり異なりますし、ITC版はコンデンス気味だったりと、かなり違いがあって面白いですよね。


ちなみにここでは Bodoni を例に挙げましたが、このように同じ名前でいろいろなバリエーションがあるというのは実は金属活字を元とする欧文書体ではしばしばあることで、Garamond なんかも有名です。

機会があれば本誌の方で紹介させていただきたいと思います。

(見方を変えると、一つの書体をいろんなサイズに使い回している現代よりも、サイズごとに書体があった活字時代の方がデザイン的には豊かだったわけで、そういう意味でも ITC Bodoni のようなアプローチは大変興味深いです。小林章さんの Clifford もサイズ別にデザインされていますね。)




■ 誤記の訂正とお詫び

最後に誤記の訂正を。

『書体の研究』Vol.7、20ページの一番上、図「 j 」のキャプションが『青年のための読書クラブ』となっていますが、正しくは「『黄昏乙女アムネジア』第1巻、ガンガンコミックスJOKER、スクウェア・エニックス、(c) めいびい」でした。

読者、関係者の皆様にお詫び申し上げます。

他にも細かい誤記がいくつかあったり……

やはり十分にチェックできるだけの余裕を持って原稿を仕上げないとだめですね。反省します。




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ