漫画、アニメ、ライトノベル関係のロゴに使われているフォントの紹介。オタクのためのフォント読本「書体の研究」の情報も。

« 2010年7月 | メイン | 2010年9月 »

2010年8月26日

●[イベント] 8/29 コミティア93に参加します

■ 遅ればせながら、お疲れ様でした!

こんばんは。榊です。

コミケが終わってからずいぶんたってしまいましたが、参加された皆様、お疲れ様でした。

また、うちのサークルにお立ち寄りくださった皆様、ありがとうございました。

おかげさまでたくさんの方にお運びいただいたんですが、実は今回は大きな失敗をしてしまいました。

それは… 本を搬入しすぎました!(笑)

去年の夏に売り切れたことを考慮して、かなり多めに持ち込んだんですが、さすがに多すぎました。

机の下はもちろん、売り子の自分たちの足下に置いても置ききれず、若干通路側へはみ出してしまう始末。

うちのA4の本の場合、この冊数は物理的に搬入不可能でした。

次回は持ち込む数を考え直さなくては……


■ 今週末はコミティアです

で、コミケが終わってそうそうですが、今週末、8月29日(日)のコミティアにも参加します。

配置は 「き」-20b

夏コミで持っていったのと同じく『書体の研究』Vol. 3~7を持参いたします。

ご都合のつく方はぜひ!


■ 『Quarterly pixiv』vol.02 に掲載されました

『Quarterly pixiv』 Vol. 2

『Quarterly pixiv』 Vol. 2

明日発売予定の『Quarterly pixiv』vol.02 (エンターブレイン)に、『書体の研究』のことをちょこっと載せていただきました。

「Qp編集部10選 この同人誌がすごい 2010年上半期版」という企画ページで、恐れ多いことにJH科学さんの『魔法町コンプリートコレクシオン』や残像アパートメントさんの『少女サイクル』などと一緒に選んでいただきました。

すごい本の中に、うちの本の色気のない写真がぽつんと混じっていて、こんなので良かったのだろうかとちょっと心配になります(笑)


しかし、読んでいて思ったんですがみなさん本当に絵がうまいですよね。

まったく絵の描けない私としては絵の綺麗さに感心するわけですが、それだけじゃなく、絵を書いていく工程の解説やテクニックの紹介を読んでいると、手間のかけ方がすごすぎてため息が出そうなほどです。

やっぱり楽することを考えてたら良いものは出来ないよなぁと反省させられました。





関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2010年8月 9日

●[雑談] いよいよ今週末は夏コミ!

こんにちは。榊です。

いよいよ今週の金曜日から夏コミですね。

台風が来たりもしているようですが、当日、雨が降らないことを祈っています。

夜の間だけ降って昼間は曇り。気温は低めというのが理想的なんですが、そんなにうまくは行きませんよね……


おそらくコミケ前の更新はこれが最後になると思いますので、念のため配置を書いておきますと、うちのサークル「ゆず屋」の配置は

15日(3日目) 東2 O-30a です。

* 「O」はアルファベットの「オー」です。

ゆず屋 2010年 夏コミ配置 O-30a

前にも書いたように、お誕生日席(並んでいる机の端の席)で、オタクとデザインさんの隣になります。

さらにその隣(31a)はオタクブックスさん

普段はKKITTさんの隣になることが多いのですが、今回は 「N」39a と少し離れていますのでご注意ください。

以下、3日目の自分用メモを兼ねて。

OTADさん:東「N」12a

I.S.W. DESIGNINGさん:東「キ」58a

「少女サイクル」の残像アパートメントさん:西「え」18b

「萌えるAfterEffects読本」の SideGraphさん:西 「く」29a

パン本の C2機関さん:西「え」17a

一般参加の頃から変な本(失礼)がいっぱいある3日目が好きだったのですが、自分がサークル参加するようになると見て回れないのが悩ましいところです。特に西に行ったら帰ってこれなくなる(笑)


おまけ:コミケに初めて行ってみたいけど長時間並ぶのは嫌だなと思案されている方へ

コミケというと炎天下(または極寒の中)長時間並ばないと行けないというイメージがあるかも知れませんが、実のところ一部の大手サークルや企業ブース目当てでなければほとんど並ぶ必要はありません。

朝の11時過ぎ頃にビッグサイトに着くように行けばほとんど並ばずに中に入れますし、大半のサークルなら並ばなくても買えます。

事前に目当てのサークルの配置を確認し、暑さと人の多さにさえ覚悟しておけばそれほどしんどい思いをすることはないので、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。


それでは、サークル参加される方も一般参加の方も、良いコミケを!




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2010年8月 4日

●[書体の研究] 夏コミ新刊(Vol.7)

こんにちは。榊です。

夏コミの情報をぼちぼち見ていたんですが、先日も twitter で言ったようにI.S.W.DESIGNING さんのところの新刊がすごく気になってます。

デザイナーさんのポートフォリオを同人誌にしちゃったというもののようで、どういう見せ方をされているのか大変興味のあるところです。

表紙は箔押しに帯付きか……いいなぁ(笑)


■ 『書体の研究』Vol.7 完成

書体の研究 Vol.7

書体の研究 Vol.7

書体の研究 Vol.7

さて、本日ようやく印刷所から刷り上がった『書体の研究』の新刊(Vol. 7)が届きました。

会場への直接搬入をやっていない印刷所を利用しているので、夏コミでの頒布分は開梱せずにそのままゆうパックで発送。

これで先日発送した既刊分とあわせてコミケで頒布する本の発送は完了です。

あとは配送上のトラブルにあわないことを祈るばかりです。

(当日、会場に届いてなかったら目も当てられませんよね……)

ちなみに、悩んだあげく去年の夏より多めに搬入することにしました。

せっかく来てくださったのに売り切れて買えないよりは、余る方がましだろうと思ってのことですが、あんまり売れ残ると自宅へ送り返すのが大変なんですよね。

どうかあんまり残りませんように……


内容などの詳細については先日のエントリをご参照ください。
→ [書体の研究] 夏コミ新刊あります!




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2010年8月 2日

●[雑談] 紙の本は無くなるだろうか

「紙の本は無くなるだろうか」なんて大きなタイトルですが、単なる雑談ですので気軽にお読みください。


■ 「写研」という本

ゆず屋 『写研』19 (昭和45年)

上の写真にあるのは写研が発行していたPR誌『写研』の第19号です。

発行は今から40年前の昭和45年(1970年)。まさに写真植字の隆盛期といえるでしょう。

したがって、内容の方も「写植オペレーターは花形職業」とか、そういった感じになっています。

実際、この時期の本を見ていると大勢の女性写植機オペレーターが写植産業(と出版)を支えていたようで、そういった人たち向けの「スピカ印字スピードコンテスト」なるものまで開かれていたりします(スピカは写植機の名前)。

そのコンテストの上位入賞者は20分で約1000字、つまり1分に50字という驚異的なスピードをたたき出していたりします。


■ 今後の文字組版を考える

ちょっと話がそれましたが、この『写研』第19号では「今後の文字組版を考える」という特集が組まれていて、「これからは写植か活字か」といったことが議論されています。

おおよその論調としては、一部では活版も残るが基本的には写植に移行するのが必然といった感じです。

組の簡単な物であれば、すぐに刷版が出来るモノタイプの方が有利だというような意見もあったようです。

モノタイプというのは紙テープ(鑽孔テープ)にパンチ開けた指示にしたがって活字の鋳造と植字を自動的に行う装置です。今では見かけることもありませんが、どうやら当時はかなり現実的なソリューションとして見られていたようです。


■ 活字は無くなるだろうか

ゆず屋 『写研』19 (昭和45年)

その記事の中に「活字は無くなるだろうか」という章があり、この問に対して上の写真にあるように「無くなることは絶対にない」と力強く言い切っているのがとても印象的でした。

「グーテンベルグ以来五〇〇余年、明治以来一〇〇年以上の歴史を持つ活版が消滅するとは考えられない」、「凸版方式のマージナルゾーンは、単なる郷愁にすぎない……とはいっても……活字への愛着、「活字の力強さ」を問題としている間はなおさら」といった意見も挙げられています。

しかし、この記事が書かれてから40年後に生きる私たちは、実際に活版印刷がどのようになったかを知っているわけです。

もちろん無くなってはいないわけですが、ごく一部の特殊な用途や趣味性の高い印刷物に使われている程度というのが実状と言えるでしょう。

(記事自体は5年、10年と言ったスパンを想定して書かれているようなので、40年後の視点であれこれ言うのは本当は適切ではないと思います。ご容赦ください。)


■ 紙の本は無くなるだろうか

言いたかったのは「活版」がどうなったかと言うことではなく、この記事が書かれた当時と現在の状況とが似ているのではないかと言うことです。

この記事を読んで真っ先に思ったのですが、「写植」と「活版」を「電子書籍」と「紙の本」に置き換えれば同じようなことが言えるのではないでしょうか。

私個人としては、電子書籍はまだまだこれからの技術であって、紙の本に置き換わるようなレベルではないと思っていますし、仮に技術が進歩したとしても「紙の本」の手軽さや文字の読みやすさ、その紙や装丁、印刷などが持つ有体物ならではの「味」などと比べれば、電子書籍というのはあまり魅力を感じません。

が、活版がそうであったように、「紙の本」も「無くならない」と思っているうちに気がつけば……なんていうこともあり得なくはないかも知れません。

今から40年後の2050年にはいったいどういう結論が出ていることでしょうか……




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ