漫画、アニメ、ライトノベル関係のロゴに使われているフォントの紹介。オタクのためのフォント読本「書体の研究」の情報も。

« 2010年6月 | メイン | 2010年8月 »

2010年7月24日

●[フォント] 『セキレイ』第2期のテロップの文字がすごい!

こんばんは。榊です。

先日書いたように夏コミ新刊も無事入稿できたので、この週末は録画してあるアニメをのんびり見てすごしています。

今期のアニメもぼちぼち第3回くらいまで見たわけですが、個人的に好みの作品が多くホクホクです。

『祝福のカンパネラ』の作画が予想したほど悪くなかったのでほっとしたり、『アマガミSS』で「うぉ~、ポンプ小屋!」と叫んでみたり、『ストライクウィッチーズ2』第2話の全員が駆けつけるところで一人テンション上がってみたり。

はたまた、『生徒会役員共』ではデフォルメキャラの時の日笠陽子さんの声にもだえてみたり。

なかでも一番驚いたのは、『あそびにいくヨ!』の第1話を見て「このややこしいシチュエーションでどうやって話を進めるんだろうと思っていたら、あっさり第2話で……(ネタバレにつき伏せておきます)……だったこと。おまけに女性キャラ追加してるし(笑)

とまあ、こんな感じで楽しんでおります(もちろん『世紀末オカルト学院』も忘れてませんよ!)。


■ 『セキレイ~Pure Engagement~』

ゆず屋 [フォント] 『セキレイ』第2期のテロップの文字

さて、上に名前を挙げた以外にも今期は『セキレイ』の第2期である『セキレイ~Pure Engagement~』という作品が放送されています。

ご覧になった方は気づかれたと思いますが、この作品のテロップの文字がかなり凝ったデザインになっています。

ゆず屋 [フォント] 『セキレイ』第2期のテロップの文字

これは第1話Aパートの冒頭に表示された、いわゆる各話タイトルというやつです。

ちょっと見にくいので拡大したものが下の図です。

ゆず屋 [フォント] 『セキレイ』第2期のテロップの文字

文字の形からすると、リュウミンという名前の明朝体が使われているようです。

このリュウミンはモリサワがフォントとして販売しているもので、非常にポピュラーな書体です。

ですが、よく見てみるとなんだか普通の明朝体とはちょっと雰囲気が違いますよね?

そこで、元のフォントであるリュウミンと比較してみたのが下の図です。

(クリックで拡大します)

ゆず屋 [フォント] 『セキレイ』第2期のテロップの文字

90%ほどの長体がかかっている(縦長に変形されている)のはいいとして、それ以外にもかな文字の書き出し部分などが伸ばされていて、より修飾的になっていたり、漢字の「点」の部分が花びらのような形に変えてあったりします。

私の知るかぎりこういう形のフォントは存在しないので、おそらく1文字ずつ手作業でデザインされてのではないでしょうか。

(こういうフォントの存在をご存じの方がいらっしゃったらご指摘を!)

もし手作業でされているのだとしたら、かなりの労力ですよね。

もちろんこれは第1話だけでなく、例えば下の画像(第2話)のように、それ以降の話数でも同じアレンジが施されています。

ゆず屋 [フォント] 『セキレイ』第2期のテロップの文字

さらにすごいのは、このデザインは各話タイトルだけでなくオープニングのテロップすべてに施されている点です。

(「楽」の文字の点とか、「デザイン」の濁点に注目です!)

ゆず屋 [フォント] 『セキレイ』第2期のテロップの文字

(クリックで拡大します)

ゆず屋 [フォント] 『セキレイ』第2期のテロップの文字

(クリックで拡大します)

文字に花びらのデザインを取り入れたり花のワンポイントをスタッフ名のそばにあしらってあるなど、アニメの中とあわせてテロップ全体でも花のイメージを出そうとされているようです。

こういったデザインの手法はタイトルロゴなどではよく見るものですが、アニメのテロップでここまでやるのは珍しいのではないでしょうか。

こういう細部にまで凝っているというのは、スタッフの意欲が伝わってくるようで見ている方としても嬉しいものです。

ちなみに、これはオープニングだからできることであって、毎回キャストやスタッフの名前を差し替える必要のあるエンディングでやったら大変なことに(笑)


画像は東京MXで放送された『セキレイ~Pure Engagement~』第1話、第2話より引用

(c) 極楽院櫻子/スクウェア・エニックス、鶺鴒計画




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2010年7月20日

●[書体の研究] 夏コミ新刊あります!

こんばんは。榊です。

ブログの更新が一月ほど滞っていましたが、その甲斐あって昨日、『書体の研究』Vol.7 の原稿を印刷所に送ることが出来ました。

これで夏コミに新刊を持って行くことが出来ます。

というわけで、早速ですが今日は新刊の内容の紹介をしたいと思います。


■ オタクのためのフォント読本『書体の研究』Vol.7

ゆず屋 夏コミ新刊『書体の研究』Vol.7

ゆず屋 夏コミ新刊『書体の研究』Vol.7

ゆず屋 夏コミ新刊『書体の研究』Vol.7

ゆず屋 夏コミ新刊『書体の研究』Vol.7

ゆず屋 夏コミ新刊『書体の研究』Vol.7

ゆず屋 夏コミ新刊『書体の研究』Vol.7

ゆず屋 夏コミ新刊『書体の研究』Vol.7

ゆず屋 夏コミ新刊『書体の研究』Vol.7

ゆず屋 夏コミ新刊『書体の研究』Vol.7

今回の特集タイトルは「マンガの書体。文字の演技力。」

文字通り、マンガでどういった書体が使われているのかを紹介するものです。

前半と後半とに分かれており、前半では「アンチゴチ」と呼ばれるマンガのフキダシではスタンダードな書体について、その由来や具体的なフォントとしてどういったものがあるのかを紹介しています。

後半ではアンチゴチ以外の書体としてどのようなものが、どのような場面で使われているのかを実例を挙げながら紹介しています。

それ以外にも少しネタはあるのですが、それは読んでみてのお楽しみと言うことで。

前回の Vol.6 の特集が「ユニバーサルデザイン書体」をテーマにしていたこともあってどちらかといえば実用寄りでマンガやラノベといった「オタク」ネタからは離れ気味だったのですが、今回はマンガをテーマにかなりくだけた内容にしたつもりです。

なので、ぜひ気軽に読んでいただければと思います。

もう一つの記事である「ろごたいぷっ!」は、まああいかわらずなので詳しい紹介は省きます。

今回は、『Angel Beats!』『文学少女』シリーズといった人気作品を取りあげる一方で、コバルト文庫や角川つばさ文庫といったレーベルにも対象を広げてみました。

ちなみに、本当は今回からフォントに関するFAQというか基礎知識的の紹介的なコーナーを毎回2ページ程度で設けるつもりだったのですが、特集で筆が進みすぎて見事にページが残りませんでした。

なので、そちらは次回から始めることにしようと思っています。


■ 頒布情報

この『書体の研究』Vol.7 の頒布はこの8月の夏コミになります。

配置などは以下の通りです。

コミックマーケット78(夏コミ)

・8月15日(日) コミケ3日目

・東「O」ー30a 

・48ページ 全ページカラー、オフセット

・1冊 700円


場所は評論島のお誕生日席のようです(オタクとデザインさんの隣です)。

新刊の搬入数は現在検討中です。

去年の夏は売り切れてしまったものの、今回どのくらい売れるかはさっぱり分からないしどうしたものか……

なお、バックナンバーについても4~6巻をそれぞれ出来る範囲で持っていく予定です。

3巻はもうほとんど残っていないのですが、少しくらいは持ち込むかも知れません。


■ 委託販売

今回も、とらのあなさんで委託販売していただけることになりました。

twitter では書きましたが、実はもう予約が始まっていたりします。

→ とらのあな:『書体の研究』Vol.7

とらのあなでの販売価格は 900円(外税)となっています。

価格的にはイベントでお求めいただく方がお得ですが、コミケに来られない方はこちらもご利用ください。




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ