漫画、アニメ、ライトノベル関係のロゴに使われているフォントの紹介。オタクのためのフォント読本「書体の研究」の情報も。

« 2010年5月 | メイン | 2010年7月 »

2010年6月19日

●[書体の研究] バックナンバーの再販が始まりました

こんにちは。榊です。

先日発売になった『文字をつくる 9人の書体デザイナー』という本を購入しました。

書名の通り、書体自体ではなく書体デザイナーさんに焦点をあてた本で、まだ読み始めたところなのですがすごく面白い本でした。

これから続きを読むのが楽しみです。


■ 『書体の研究』のバックナンバーあります

とらのあなさんで『書体の研究』のバックナンバーの販売が再開されました。

取り扱いがある巻は以下の通りです。

『書体の研究』Vol. 3 特集「フォントの買い方 年間ライセンシング編」
『書体の研究』Vol. 4 特集「てろっぷ!!」
『書体の研究』Vol. 5 特集「丸ゴシック体 概論」
『書体の研究』Vol. 6 特集「ユニバーサルデザイン書体」(最新刊)


上のリンクは通販ページですが、いくつかの店舗には出庫されたようですので明日あたりから「とらのあな」さんの店頭でもお求めいただけるはずです(今のところ、秋葉原、池袋、新宿、大宮、名古屋、仙台の各店)。

なお、Vol. 1、2はすでに完売しており、同人誌として再版される予定はありませんが、何度か書いているように『書体の研究 for Digital Creators』という商業誌として刊行されていますので、もしよろしければそちらをお読みいただければと思います。

商業誌版には同人誌版1~3巻の内容ほぼすべてと、書き下ろしの「デジタルフォントの基礎知識」、「ゴシック体入門」が収められています。

Vol. 3はこれでほぼ在庫がなくなる見込みです。私の手元にはあと10冊程残っているのですが、こちらについては夏コミに持って行こうと思います。


各巻の内容については、以下の記事をご参照ください。

『書体の研究』Vol.1
『書体の研究』Vol.2
『書体の研究』Vol.3
『書体の研究』Vol.4
『書体の研究』Vol.5
『書体の研究』Vol.6





関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2010年6月 9日

●[フォント] 極太ゴシック体(ダイナコムウェア)の「ロ」って…

こんばんは。榊です。

いきなりアニメの話ですが、今度ボンズが『STAR DRIVER 輝きのタクト』というオリジナルのアニメを制作という話を聞いて公式サイトを見ていたんですが、そこでちょっと気になることが。

その公式サイトのトップページには太めのゴシック体で「プロジェクト始動!!」と書いてあります(2010/6/9現在)。

この文字は、ダイナコムウェアの極太ゴシック体というそのまんまの名前のフォントなのですが、なんだか「ロ」(カタカナの「ろ」)の形に違和感を感じてよく見ると、文字の右肩の部分が斜めになっています。

下の画像に矢印で示した部分です。

ゆず屋 [フォント] 極太ゴシック体(ダイナコムウェア)の「ロ」って…

図にあるように、「フ」・「ヤ」・「マ」など他のカタカナの場合、右肩のように折れている部分が斜めなのは一般的だと思うのですが、「ロ」の右肩が斜めになっているというのはあまり見た記憶がありません。

そこで、手元にあったいくつかのゴシック体を見てみたところ、下の図のようにやはり「ロ」の右肩は直角に折れていて、斜めになっているフォントはほとんどありませんでした。

ゆず屋 [フォント] 極太ゴシック体(ダイナコムウェア)の「ロ」って…

(図をクリックで拡大)

唯一あったのは視覚デザイン研究所のV7ゴシック(図の14番)で、15番のカリグラゴシックも同じなのですが、こちらは「ロの右の辺」が斜めに下がるデザインで普通のゴシック体とは少し違うので例外だと思われます。

また、「ロ」だけでなく「カ」の右肩についても直角のものと斜めのものがあるようです。

単に慣れの問題かも知れませんが、個人的に「ロ」の右肩が斜めなのは少し違和感があるのですが、そういった好みは別として、なぜこういった違いが生じるのか興味深いところです。




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2010年6月 4日

●[速報] 夏コミ当選しました!

タイトルの通り、夏コミに当選しました。

配置は 日曜日 東地区 "O" ブロック 30a です。

受かったのはありがたいのですが、まだ全然新刊を作っていません!

やばい!(笑)




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2010年6月 3日

●[報告] プレゼント企画について

こんばんは。榊です。

ミーハーな話でなんなのですが、先日の発売日に iPad を入手しました。

当初は自宅でのみ使うつもりだったので、当然のように Wi-Fi モデルを購入したんですが、いざ使い始めてみるとあまりの便利さに毎日持ち歩くことに(Pocket Wi-Fi で使ってます)。

正直なところ iPad と iPad で利用できるサービスやアプリを含めた現在の環境は、電子書籍端末としては不十分ですが、Web 端末としてはすばらしいと思います。

この話は機会があれば続きを書きたいと思います。


今日書きたかったのは iPad の話ではなく、先日行った『書体の研究』プレゼント企画の結果についてです。

だいたい120名くらいの方からご応募をいただき、その中から適当に13名くらいの方を選ばせていただきました。

当選された方にはすでにご案内を送らせていただいていますので、今の段階でメールが来ていない方は残念ながら落選となります。

当選人数が多くなったのは、意外と皆さん控えめの部数を希望されたためで、中には上限の400部近い部数を申し込まれた方もいらっしゃったのですが、合理的な理由を書いてくださった方を優先したため、申し訳ないのですが今回は落選とさせていただきました。

はずれた方も、これに懲りずに機会があればイベントなどで手にとっていただければと思います。

なお、最新刊の『書体の研究』Vol. 6 は現在、とらのあなさんで販売中です(通販もやってます)。
→ とらのあな:『書体の研究』Vol. 6

ぶっちゃけた話、これがもうちょっと売れてくれないと印刷費などの諸経費が回収できず、またもや夏のボーナスで補填することに…

まぁ、家計が厳しいのは iPad なんて買ったからなんですが(笑)




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ