漫画、アニメ、ライトノベル関係のロゴに使われているフォントの紹介。オタクのためのフォント読本「書体の研究」の情報も。

« 2010年3月 | メイン | 2010年5月 »

2010年4月24日

●[フォント] iPhone & iPhoneアプリのフォント

今日はアニメじゃなくて iPhone 関係のフォントの話です。

ちょっと長くなりそうなので早速始めましょう。

iPhone & iPhoneアプリのフォント (ゆず屋)


■ iPhone 自体のフォント

Apple 社の Macintosh には「ヒラギノ」シリーズの和文フォントが搭載されていることが有名ですが、iPhone にも同じフォントが搭載されています。

下の画像は iPhone の標準ブラウザである Safari の画面ですが、この文字の表示に使われているのがヒラギノ角ゴです。

iPhone & iPhoneアプリのフォント (ゆず屋)

iPhone & iPhoneアプリのフォント (ゆず屋)

もちろん Safari だけでなく、iPhone OS やその他のアプリでも使われてます。

ただし、Mac には「ヒラギノ角ゴ」以外にも「ヒラギノ明朝」と「ヒラギノ丸ゴ」が搭載されているのに対して iPhone には「角ゴ」しか入っていません。

なので、iPhone では標準的な太さの「ヒラギノ角ゴ W3」と、やや太めの「W6」の2種類しか和文フォントの選択肢が無いことになります。

したがって、アプリでゴシック体以外のフォントが使われている場合には、そのアプリが独自にフォントデータを持っているわけです(*タイトル画面だけに使うような場合にはフォントデータではなく単なる画像として持っています)。

→ 大日本スクリーン製造(ヒラギノ/千都フォント)


■ iPhone 搭載フォントを確認できるアプリ

iPhone OS が持っている和文フォントは「ヒラギノ角ゴ」だけでしたが、欧文書体は比較的多くの種類が搭載されています。

どんなフォントがあるかを確認するのに便利なのが Cédille -the Font viewer-というアプリです。

iPhone & iPhoneアプリのフォント (ゆず屋)

iPhone & iPhoneアプリのフォント (ゆず屋)

iPhone & iPhoneアプリのフォント (ゆず屋)

フォントの一覧を表示できるのはもちろん、フォントデータに入っている文字を見たり、そのフォントを使って例文を表示させたりと、フォントビューアとしての一般的な機能がそろっています。

→ Cédille -the Font viewer- (無料)


■ iPhone アプリで使われている和文書体

ここからは、iPhone アプリが独自に持っている和文フォントのお話です。

まず1つめは物書堂の「大辞林」です。

iPhone & iPhoneアプリのフォント (ゆず屋)

iPhone & iPhoneアプリのフォント (ゆず屋)

iPhone & iPhoneアプリのフォント (ゆず屋)

このアプリは2009年のグッドデザイン賞も受賞しており、かなり話題になったのでご存じの方も多いかと思います。

上の画像にあるように、辞書の本文には明朝体が使われているのですが、これは iPhone がもともと持っている「ヒラギノ角ゴ」の明朝体版である「ヒラギノ明朝体 W3」です。

つまり、Mac と同じゴシック体と明朝体の組み合わせですね。

iPhone & iPhoneアプリのフォント (ゆず屋)

iPhone & iPhoneアプリのフォント (ゆず屋)

アプリ内にもちゃんと使用フォントの説明があります。

→ 物書堂:大辞林 (2,500円)


■ ユニバーサルデザイン フォントも

iPhone & iPhoneアプリのフォント (ゆず屋)

iPhone & iPhoneアプリのフォント (ゆず屋)

おなじく物書堂から発売されている「角川類語新辞典」では、さきほどの「大辞林」とはまったく違う、イワタの「UD明朝 R」というフォントが使われています。

iPhone & iPhoneアプリのフォント (ゆず屋)

「UD」とは「ユニバーサルデザイン」の略で、簡単に言うと、ここでは「見やすさを重視してデザインを調整されたフォント」であることを表しています。

このユニバーサルデザインフォントはここ昨年あたりから急速に普及しつつあるもので、フォントとしては比較的新しい部類に入るのですが、このアプリでは早速それを取り入れています。

ちなみに、ユニバーサルデザインフォントについての同人誌を出しますので興味のある方はぜひそちらもお読み下さい。
→ ゆず屋:[書体の研究] Vol.6 内容紹介(UDフォント特集)

iPhone & iPhoneアプリのフォント (ゆず屋)

やはりこのアプリでも、ちゃんと使用フォントの表示がありました。

上の画像で、「UD明朝」ともう一つ、「イワタ中明朝体オールド」という名前が挙がっていますが、こちらは見出しに使われているフォントです。

UD明朝が新しいフォントなのに対して、こちらは「オールド」とついていることから分かるように伝統的なデザインのフォントになっています。

→ 物書堂:角川類語新辞典 (1,500円)

→ イワタ


■ 教科書体がアプリの内容にぴったり

iPhone & iPhoneアプリのフォント (ゆず屋)

iPhone & iPhoneアプリのフォント (ゆず屋)

iPhone & iPhoneアプリのフォント (ゆず屋)

iPhone & iPhoneアプリのフォント (ゆず屋)

次は先日リリースされたばかりの「漢検プチドリル5000」です。

タイトル通り、漢字の読み書きをテストするアプリなんですが、上の画像にあるように「教科書体」と呼ばれるフォントが使われています。

名前の通り、小学校などの教科書に使われているタイプの書体なので、漢字ドリルというアプリの内容にぴったりですね。

実際に搭載されているのは「字游工房」という会社の「游教科書体 M」というフォントです。

iPhone & iPhoneアプリのフォント (ゆず屋)

字游工房といえば、先ほどから出ているヒラギノシリーズのフォントを制作した会社で、この游教科書体など定評のある書体を自社でもリリースしています(ヒラギノを販売しているのは大日本スクリーン製造です)。

余談ですが、この「漢検プチドリル5000」をやってみて、手書き認識の精度の高さに驚かされました。指で書いた文字がこんなにさくさく判別できるなんてすごいですよね。

→ 物書堂:漢検プチドリル5000 (900円)

→ 字游工房


■ おまけ:秀英体活版見本帳

最後に「秀英体」のアプリを紹介して終わりたいと思います。

(本当は他にも紹介したいアプリがあったんですが、ちょっと長くなったので別の機会にします)

iPhone & iPhoneアプリのフォント (ゆず屋)

iPhone & iPhoneアプリのフォント (ゆず屋)

iPhone & iPhoneアプリのフォント (ゆず屋)

この「秀英体活版見本帳」というアプリは、その名の通り「秀英体」という活字の見本帳をスキャンして iPhone アプリにしたものです。

「秀英体」とは現在の大日本印刷の前身である秀英舎(集英社ではありません)が開発した活字書体で、このアプリでは、その見本として大正3年に発行された「活版見本帳」の内容を見ることが出来ます。

大日本印刷では現在、「平成の大改刻」と呼ばれる大規模な書体の整備プロジェクトを数年がかりで行っており、秀英体ファミリーのリファインと普及活動を行っているのですが、このアプリもその一環として制作されたもののようで、無料で頒布されています。

→ DNPデジタルコム:秀英体活版見本帳 (無料)

→ 大日本印刷:秀英体


なお、大日本印刷では PC向けに「秀英体見本帳」という Flash を使ったコンテンツも公開しています。

こちらは iPhone アプリの見本帳とは違い、自分でタイプした文字(8文字まで)を秀英体で表示させるというものです。

→ 秀英体 平成の大改刻 Flash見本帳




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2010年4月15日

●[書体の研究] Vol.6 内容紹介(UDフォント特集)

こんばんは。榊です。

今日は 4/29 のイベント(COMIC 1)で頒布予定の『書体の研究』Vol.6 の内容を簡単に紹介させていただきたいと思います(一部、先日のエントリの文章を流用していますが、ご容赦下さい)。

なお、初めてご覧になる方のために一応書いておきますと、『書体の研究』というのはうちのサークル(ゆず屋)で発行している同人誌です。

「オタクのためのフォント読本」と題してマンガやアニメ、ライトノベルなどのロゴにどんなフォントが使われているのかを紹介したり、フォントや書体について好き勝手なことを書いたりしています。


■ 内容紹介

ゆず屋 COMIC 1 新刊『書体の研究』 Vol.6

ゆず屋 COMIC 1 新刊『書体の研究』 Vol.6

ゆず屋 COMIC 1 新刊『書体の研究』 Vol.6

ゆず屋 COMIC 1 新刊『書体の研究』 Vol.6

ゆず屋 COMIC 1 新刊『書体の研究』 Vol.6

ゆず屋 COMIC 1 新刊『書体の研究』 Vol.6

ゆず屋 COMIC 1 新刊『書体の研究』 Vol.6

ゆず屋 COMIC 1 新刊『書体の研究』 Vol.6

今回の特集は「UD書体」あるいは「UDフォント」と呼ばれるユニバーサルデザインを意識してデザインされた書体のお話です。

あまりアニメやマンガとはあまり直接的な関係のあるテーマではありませんが、前にも書いたように日本のフォント関連分野で今現在かなり関心を集めている話題です。

UD書体なんて聞いたこともないという方もいらっしゃるとは思いますが、電化製品の操作表示や公共交通機関の案内表示(サイン)、それにゲーム(グランツーリスモ5)なんかにも使われていて、実はすでに身近な存在だったりもします。

先日たまたまもらったコミクリ21(同人イベント)のパンフレットにもUDフォント(たしかモリサワのUD新ゴだったはず)が使われていて驚いたりもしました。

そういった背景もあって、フォント好きの方には興味を持っていただける話題ではないかと思っています。

とくに、ユニバーサルデザインという考え方自体が社会的に広まりつつあることを考えると、これから社会に出る学生さんは「ユニバーサルデザイン」という言葉くらいは知っておけば何か役に立つことがあるかもしれませんね。

いつものように、イワタ、モリサワ、モトヤ、大日本スクリーン製造など、各社のUDフォントの見本も収録されています。

なお、今回の特集では「そもそもUD書体ってなに?」というところから始まって、「UD書体」っていうのは「ユニバーサルデザイン向きの書体」であって「ユニバーサルな書体」ではありませんとか、ほんとに既存の書体より読みやすいのかという比較なんかもやっています。


■ 頒布について

『書体の研究』Vol.6 は、4月29日(祝)に東京ビッグサイトで開催される同人イベント「COMIC 1☆4」で頒布予定です。

サークルの配置は「ちー44a」です。

本文48ページ+表紙の全ページフルカラー。イベント価格は700円です。

とらのあなさんでも取り扱っていただけることになりましたので、通販をご希望の方はこちらのサイトをご参照下さい
→ とらのあな:『書体の研究』Vol.6

とらのあなさんには Vol. 5 も若干残っているようなので、こちらもよろしければどうぞ。
→ とらのあな:『書体の研究』 Vol.5

イベントには Vol. 3~5 も少しずつ持って行く予定です。

また、 Vol. 1, 2 はすでに完売して私の手元にも残っていない状態ですので、こちらに関しては Vol. 1~3の内容+α を1冊にまとめた商業誌版『書体の研究』をお読みいただければと思います。





関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2010年4月 8日

●[フォント] 『Angel Beats!』のロゴのフォント

こんばんは。榊です。

先ほどようやく『書体の研究』 Vol.6 のデータを印刷所に送ることが出来ました。

これで無事に今月末のイベント(COMIC 1)に新刊が出せそうです。

印刷が上がってくるまでは暇なので、しばらくはのんびり録画してあるアニメでも見ることにしたいと思います。


アニメといえば、ちょうど今は4月からの新番組が始まっているところですよね。なにしろ同人誌を書いていたのでまだあまり見られていないのですが、とりあえず気になっていた『けいおん!!』や『Angel Beats!』あたりは見てみました。

今日はその中から『Angel Beats!』に使われているフォントをざっと見てみたいと思います。


■ タイトルロゴ

[フォント] 『Angel Beats!』のロゴのフォント (ゆず屋)

[フォント] 『Angel Beats!』のロゴのフォント (ゆず屋)

まずはこちらのタイトルロゴ。

テレビ放送の画像なのでちょっと見にくいのですが、どうやら Avant Garde Gothic(アバンギャルド・ゴシック)というフォントのようです。

古くからある有名な書体で、「A」の右側の縦線が垂直になっているのが特徴です。

これはもともとこういう形なのではなく、前後の文字などにあわせて置き換えられるようにこういう形の文字を余分に持っているフォントなんです。

なので、そういった変更を施さなければ下の図のような「A」や「t」の形になっています。

[フォント] 『Angel Beats!』のロゴのフォント (ゆず屋)

こういう特殊な形状の文字もそろったOpenType版のフォントは、たとえば、Font Shop などで購入することが出来ます。Medium だけなら数千円です。

→ Font Shop (海外のサイトです)

特殊な形状の文字が入っていない普通の True Type フォントでよければ、コストパフォーマンスの高さで知られる『TrueTypeフォントパーフェクトコレクション』にも収録されています。

4/9 追記:申し訳ありません。パーフェクトコレクションに収録されているのは下で紹介している Bodoni の方でした。

改訂5版 TrueTypeフォントパーフェクトコレクション (IJデジタルBOOK)

カタカナの部分はにじんでよく見えないのですが、おそらく視覚デザイン研究所の
ロゴGというフォントをアレンジしているのではないかと思います。

上の図にあるようにタイプラボNやG2サンセリフでもそれほど違いはないので、もしロゴをまねたい場合、持っている方は代わりに使っても良いかもしれません。

ちなみに、このロゴをデザインされたのはグラフィックデザイナーの内古閑智之さん。

こちらのご本人のブログを見ていただければ分かるように、『グレンラガン』や『おおきく振りかぶって』のように誰でも知っているような有名な作品のデザインを数多く手がけていらっしゃる方です。
→ インターネッツ でざいん道: 『Angel Beats!』ロゴデザイン


■ 各話タイトル

[フォント] 『Angel Beats!』のロゴのフォント (ゆず屋)

[フォント] 『Angel Beats!』のロゴのフォント (ゆず屋)

ついでなので、他にも『Angel Beats!』で使われていたフォントを見てみましょう。

上の写真にある各話タイトルの文字には、Bodoni(ボドニ)というポピュラーな書体が使われています。

会社ごとにいろいろな Bodoni があるのですが、すべて 19世紀にイタリア人のボドニがつくった活字が元になっています。


■ 次回予告

[フォント] 『Angel Beats!』のロゴのフォント (ゆず屋)

[フォント] 『Angel Beats!』のロゴのフォント (ゆず屋)

[フォント] 『Angel Beats!』のロゴのフォント (ゆず屋)

[フォント] 『Angel Beats!』のロゴのフォント (ゆず屋)

最後に、次回予告にはモリサワのA1明朝が使われています。

アニメでは珍しいですが、市販の書籍などではよく見かける書体で、線と線の交わる部分などをにじませてあるのが特徴です。

『書体の研究』 Vol.4 をお持ちの方は、34~35ページに載っていますのでそちらをご覧いただければと思います。

この本のタイトルと同じフォントですね→ 魔法少女いすずさんフルスロットル 1 (まんがタイムKRコミックス エールシリーズ)

→ モリサワの書体見本


というわけで、今回は『Angel Beats!』のフォントのお話でした。

アニメの内容についてはあえて触れませんでしたが、とりあえず脚本で魅せてくれることに期待しています(あののっぺりしたキャラの絵がなんとももったいない・・・)。

画像は『Angel Beats!』第1話より引用させていただきました
(c) VisualArt's/Key/Angel Beats! Project

→ 公式サイト





関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ