漫画、アニメ、ライトノベル関係のロゴに使われているフォントの紹介。オタクのためのフォント読本「書体の研究」の情報も。

« [フォント] ダイナコムウェアと白舟書体が年間ライセンシングを開始 | メイン | [フォント] 『化物語』千石撫子の後ろに浮かんでいるのは »

2010年1月23日

●[フォント] 『ソラノヲト』は『けいおん!』というより『ARIA』+『灰羽連盟』かと

こんばんは。榊です。

最近ブログでは告知やフォント関係のニュースばかり書いていたので、今日はひさびさにアニメで使用されている書体の話を。

『ソラノヲト』のフォント

この1月から始まった『ソラノヲト』というアニメはキャラクター原案が岸田メルさんということもあって、個人的に非常に楽しみにしていたアニメです。

実際の作品を観てみると、キャラデザが『けいおん!』っぽいということで批判もあるようですが、まぁだからといって面白くなくなるわけでもないと思うので、今のところ今期の作品の中では『ひだまりスケッチ×☆☆☆』と同じくらい期待して観ています。

OP曲が Kalafina なのもいいですよね。

『ソラノヲト』のフォント

『ソラノヲト』のフォント

『ソラノヲト』のフォント

その『ソラノヲト』を観てみると、各話タイトルの文字にフォントワークスのニューシネマというフォントが使われていました。

観てわかるように、というかフォント名からもわかるように映画の字幕の文字をフォント化したもので、「ニューシネマA」と「ニューシネマB」の2種類があります。

このアニメで使われていたのは「A」の方ですが、「A」と「B」で何が違うかのかは上のサンプルを見比べてみていただければと思います。

『ソラノヲト』のフォント

このニューシネマというフォントは最近よく使われていて、『書体の研究』の Vol. 4でも書いたように『シャングリラ』のテロップでも使われていましたし、上の画像にあるように『テガミバチ』でも使われています。

また、何度か書いているように『ヱヴァンゲリヲン新劇場版 破』の冒頭の字幕もこのフォントのはずです。

字幕の文字特有の味わいがあるだけでなく、もともと可読性が要求される字幕用として書かれた文字だけあって非常に読みやすいので、これからもいろいろな場面で使われるのではないかと思います。

『ソラノヲト』のフォント

ところで、この『ソラノヲト』のタイトルの文字はすっきりとしたキレイなデザインで、作品の雰囲気にもあっていると思うのですが、既製のフォントではなくオリジナルのデザインですよね?

(もし、ちゃんとフォントあるよという情報をお持ちの方がいらっしゃったらどうかご指摘ください)

『ソラノヲト』のフォント

ちなみに、同じようなニュアンスの細い線を使った書体にダイナコムウェアの金文体がありますが、こちらはもうすこし装飾的なカーブを取り入れているので、かなり印象が違っています。


最後に、ひとこと。

キャラデザは『けいおん!』に似ているかもしれませんが、2話を観ていてどちらかというと『ARIA』+『灰羽連盟』ではないかと感じました。

天然のカナタに対して、クレハが『恥ずかしいセリフ禁止!!』って突っ込みを入れて、それを観ながらフィリシアが「あらあら、ウフフ」って微笑んでいるわけです。

そんでもってノエルは「でっかい・・・です」という口調にして、えーと、リオが余ったのでとりあえず晃さん的なポジションで。

『灰羽連盟』はもっと重たい話なのでストーリー的にはちょっと違いますが、作品世界の雰囲気とか、あと各話タイトルが単語の羅列になっているところとかからの連想です(『灰羽連盟』では原則として3つの言葉でしたが)。


画像は『ソラノヲト』((c) Paradores・アニプレックス・第1121小隊)第2話より引用

ただし、5枚目の画像のみ『テガミバチ』((c) 浅田弘幸/集英社・テガミバチ製作委員会・テレビ東京)より引用





関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://yuzuya.style.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/721