漫画、アニメ、ライトノベル関係のロゴに使われているフォントの紹介。オタクのためのフォント読本「書体の研究」の情報も。

« 2009年12月 | メイン | 2010年2月 »

2010年1月31日

●[フォント] 『化物語』千石撫子の後ろに浮かんでいるのは

こんばんんは。榊です。

[フォント] 『化物語』千石撫子の後ろに浮かんでいるのは(ゆず屋)

『化物語』の第4巻、『なでこスネイク』が届きました。

発売延期になって1ヶ月余分に待ったわけですが、どうやら相当数のカットが書き直されているようで、そこまでやるのかと感心する一方でTVオンエアの時からちゃんと間に合うように作ってくださいという気も(笑)

「あとがたり」ではその辺りの話もネタになってましたね。


■ 撫子の後ろに浮かんでいる文字は

[フォント] 『化物語』千石撫子の後ろに浮かんでいるのは(ゆず屋)

[フォント] 『化物語』千石撫子の後ろに浮かんでいるのは(ゆず屋)

[フォント] 『化物語』千石撫子の後ろに浮かんでいるのは(ゆず屋)

[フォント] 『化物語』千石撫子の後ろに浮かんでいるのは(ゆず屋)

[フォント] 『化物語』千石撫子の後ろに浮かんでいるのは(ゆず屋)

そんなわけで、昨日は届いたBlu-rayを早速見ていたわけですが、このOPはすばらしいですね。

「ひたぎクラブ」のOPもよかったと思いますが、花澤香菜さんの歌う「恋愛サーキュレーション」もかなりいい感じです。

そして、上の画像にあるように撫子の後ろには丸っこい文字がたくさん浮かんでいて、TV放送時にも気になっていたんですがよく見てみるとフォントワークスのPopジョイというフォントのようです。

[フォント] 『化物語』千石撫子の後ろに浮かんでいるのは(ゆず屋)

本編中では一貫して HGP明朝を使っている『化物語』ですが、このOPではちゃんと撫子のキャラクターに合わせた書体を選んでいるようですね。


■ 原作小説の本文書体も・・・

[フォント] 『化物語』千石撫子の後ろに浮かんでいるのは(ゆず屋)

[フォント] 『化物語』千石撫子の後ろに浮かんでいるのは(ゆず屋)

そういえば、偶然だとは思いますが講談社から出ている原作小説の本文にもフォントワークスの書体が使われていました。

本の冒頭にも明記されているように筑紫明朝というフォントで、ウエイトは一番細い L が使われています。

[フォント] 『化物語』千石撫子の後ろに浮かんでいるのは(ゆず屋)

小説の本文書体のことはよく知らないのですが、こうやって明記されているのは珍しいのではないでしょうか。

他のレーベルの書体も調べてみると面白いかもしれませんね。


画像は『化物語』(西尾維新/講談社・アニプレックス・シャフト)Blu-ray 第4巻より





関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2010年1月23日

●[フォント] 『ソラノヲト』は『けいおん!』というより『ARIA』+『灰羽連盟』かと

こんばんは。榊です。

最近ブログでは告知やフォント関係のニュースばかり書いていたので、今日はひさびさにアニメで使用されている書体の話を。

『ソラノヲト』のフォント

この1月から始まった『ソラノヲト』というアニメはキャラクター原案が岸田メルさんということもあって、個人的に非常に楽しみにしていたアニメです。

実際の作品を観てみると、キャラデザが『けいおん!』っぽいということで批判もあるようですが、まぁだからといって面白くなくなるわけでもないと思うので、今のところ今期の作品の中では『ひだまりスケッチ×☆☆☆』と同じくらい期待して観ています。

OP曲が Kalafina なのもいいですよね。

『ソラノヲト』のフォント

『ソラノヲト』のフォント

『ソラノヲト』のフォント

その『ソラノヲト』を観てみると、各話タイトルの文字にフォントワークスのニューシネマというフォントが使われていました。

観てわかるように、というかフォント名からもわかるように映画の字幕の文字をフォント化したもので、「ニューシネマA」と「ニューシネマB」の2種類があります。

このアニメで使われていたのは「A」の方ですが、「A」と「B」で何が違うかのかは上のサンプルを見比べてみていただければと思います。

『ソラノヲト』のフォント

このニューシネマというフォントは最近よく使われていて、『書体の研究』の Vol. 4でも書いたように『シャングリラ』のテロップでも使われていましたし、上の画像にあるように『テガミバチ』でも使われています。

また、何度か書いているように『ヱヴァンゲリヲン新劇場版 破』の冒頭の字幕もこのフォントのはずです。

字幕の文字特有の味わいがあるだけでなく、もともと可読性が要求される字幕用として書かれた文字だけあって非常に読みやすいので、これからもいろいろな場面で使われるのではないかと思います。

『ソラノヲト』のフォント

ところで、この『ソラノヲト』のタイトルの文字はすっきりとしたキレイなデザインで、作品の雰囲気にもあっていると思うのですが、既製のフォントではなくオリジナルのデザインですよね?

(もし、ちゃんとフォントあるよという情報をお持ちの方がいらっしゃったらどうかご指摘ください)

『ソラノヲト』のフォント

ちなみに、同じようなニュアンスの細い線を使った書体にダイナコムウェアの金文体がありますが、こちらはもうすこし装飾的なカーブを取り入れているので、かなり印象が違っています。


最後に、ひとこと。

キャラデザは『けいおん!』に似ているかもしれませんが、2話を観ていてどちらかというと『ARIA』+『灰羽連盟』ではないかと感じました。

天然のカナタに対して、クレハが『恥ずかしいセリフ禁止!!』って突っ込みを入れて、それを観ながらフィリシアが「あらあら、ウフフ」って微笑んでいるわけです。

そんでもってノエルは「でっかい・・・です」という口調にして、えーと、リオが余ったのでとりあえず晃さん的なポジションで。

『灰羽連盟』はもっと重たい話なのでストーリー的にはちょっと違いますが、作品世界の雰囲気とか、あと各話タイトルが単語の羅列になっているところとかからの連想です(『灰羽連盟』では原則として3つの言葉でしたが)。


画像は『ソラノヲト』((c) Paradores・アニプレックス・第1121小隊)第2話より引用

ただし、5枚目の画像のみ『テガミバチ』((c) 浅田弘幸/集英社・テガミバチ製作委員会・テレビ東京)より引用





関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2010年1月22日

●[フォント] ダイナコムウェアと白舟書体が年間ライセンシングを開始

こんにちは。榊です。

先日 Twitter でも書きましたが、白舟(はくしゅう)書体がフォントの年間ライセンシングを開始するそうです。

フォントワークスの LETS というライセンシングプログラムのオプションとして提供されるようで、価格などの詳しい情報は2月に開催される印刷関連機材展示会「PAGE2010」で発表されるようです。

白舟書体と言えば、お店の POP なんかに使いやすそうなインパクトのある筆文字がいろいろあるので需要はかなりあるのではないでしょうか。あとは価格が気になるところですね。

→ フォントワークス:「PAGE2010」に出展いたします(ソースはこちら)
→ 白舟書体(まだ情報は出ていないようです)


さらに、ダイナコムウェアも年間ライセンシングを始めるようで、こちらは PAGE2010 の出展情報に書かれていました。

「DynaSmart」と「DynaSmart Plus」という2つのプログラムがあり、使用できる書体数が違うとのことです。

LETS で提供されているベンダーさんの書体と違って、ダイナコムウェアの場合には既にパッケージでフォントをお持ちの方も多いと思うので、あらたに年間ライセンシングを申し込むかどうか悩みどころですね。

→ PAGE2010 出展情報:ダイナコムウェア株式会社(ソースはこちら)
→ ダイナコムウェア(まだ情報は出ていないようです)




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2010年1月14日

●[イベント] 2/14 COMITIA91 参加します

■ COMITIA 91 に参加します

こんばんは。榊です。

2010年2月14日(日) に東京ビッグサイトで行われるコミティアに参加することが確定しました。

配置は 「て」-01a です。

今回は体調管理を万全にして挑みます!(笑)

というか、冬コミに参加できなかったためにダンボールのまま死蔵されている『書体の研究』Vol.5 を早くイベントで頒布したいんです・・・


■ その後のイベント参加予定

あと、4月11日(日) のサンクリと、4月29日(祝) の COMIC 1☆4 には申し込む予定ですので、こちらも当落が確定したらこのブログでご報告いたします。

COMIC 1 のサークルカットに 「Vol.6」って書いちゃったよ・・・

こうして自分にプレッシャーをかける私・・・

(毎号買ってくださってる方はお気づきかもしれませんが、基本的に4月のCOMIC 1、8月の夏コミ、12月の冬コミの年3回、4ヶ月ごとに新刊を出すのが目標なのです)


というわけで、ご都合のつく方はよろしければぜひお立ち寄りください。




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2010年1月11日

●[雑談] 組んだ早々にパソコンが壊れました・・・

こんばんは。榊です。

退院したにもかかわらず、どうして更新が滞っていたのかというと、今まで使っていたパソコンが不調だったので新しいパソコンを組んでいたわけです。

それで、一昨日ようやくアプリケーションやフォントも最低限必要なものをインストールし終わって、やれやれと思っていたんですが、昨日の朝立ち上げようとしても何も起こりません。

どうやらメインのハードディスクがご臨終なさったようで、OS の再インストールすらできない状態に。

一緒に買ったもう一台もなぜか反応してくれないので、もしかしたらハズレのロットだったのか、それとも HDD ではなくマザーボードが壊れているのか・・・

いずれにせよどうしようもないので、とりあえず明日にでも旧マシンをもう一度使えるようにするつもりです(今日はもう心が折れたので寝ます)。

モリサワのフォントを入れたまんま壊れたんで、またモリサワに電話しないと再インストールできないというのも面倒なんですよね。

そんなわけで、今はネットブックからの更新です。

しかし、年末から何かとついてないなぁ・・・


ところで、先日でた『+DESIGNING』Vol. 19 で、ユニバーサルデザインフォントの記事が数ページありましたね。

個人的にとても関心のあるところだったので、興味深く読みました。

実は、次号の『書体の研究』でもユニバーサルデザインフォントの特集をやりたいと考えているんですが、一つ問題が。

というのも、ユニバーサルデザインフォントの話は、フォント業界としては結構大きい話題なんですが、アニメやマンガと言った方面とはほとんど関係のない動きなので、しょたけんを読んでくださっている方の大半にとっては興味がないだろうということです。

というわけで、ユニバーサルデザインフォントの記事を「第1特集」、もう少し一般的な記事を「第2特集」としてバランスをとろうかなと、現在思案中です。


あと、同じく『+DESIGNING』の編集部から1/22に『デザイン事典 文字・フォント』という本が発売されます。

モリサワと一緒に作られた本なので、内容的にもモリサワの書体の紹介がメインなのではないかと思うのですが、とりあえず買ってみる予定です。

やはり2010年に発売される予定の書体関係の本で一番楽しみなのは、ライターの雪 朱里さんが現在制作されていらっしゃる本ですね。





関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2010年1月 3日

●恥ずかしながら、帰ってまいりました…

■ 入院してました・・・

こんばんは。榊です。

恥ずかしながら、帰ってまいりました。

もう今回のことでは多くの皆さんにご迷惑をおかけしてしまい、本当にすいませんでした。

……何のことかとお思いの方もいらっしゃると思いますが、実は年末から今日までの1週間、入院していたんです。

以下、簡単に経緯をご報告しておきます。


12月27日(日)の朝、腹部に強い痛みを感じ、いったん収まったものの翌日になってさらにひどい症状が出たため近くの病院で診察を受けたところ、そのまま入院することに。

もともと胆石があって薬を飲んでおり、その痛みだということはわかっていたので、「とりあえず痛み止めをもらえれば」くらいの気持ちでいたので、「おい、ちょっと待ってくれ、数日後にコミケがあるんだよ!」って感じでした。

なんでも、胆汁が逆流してしまって肝臓に影響が出ているとのことで、実際、γ-GTPが652と高く(基準値は73以下)、黄疸も出まくっていたようで、仕方ない状況でした。


で、絶食して投薬を受けつつ過ごし、今日、1月3日の午後、ようやく退院となったわけです。

もちろん直ったわけではないので、近いうちに手術することになると思うのですが、そんな先のことよりはどうでもよくて、ともかく今回はこのせいで冬コミに出られなかったわけです!

冬コミ3日目、『書体の研究』の新刊を買いにうちのスペースまで足を運んでくださった皆さん。本当にすいませんでした。

決して新刊を落としたからサボったわけではありません(笑)

急な入院だったため、当然ブログの更新もできず、結局、携帯を使って twitter でつぶやいたのが唯一できた欠席の告知でした。

twitter でメッセージをくださった皆さんも、本当にありがとうございました。


ちなみに冬コミ当日は、同じフォント関係の本を出している関係でご縁のあるサークル「KKITT」の捏造さんにお願いしてサークルスペースに告知の張り紙をしていただき、おまけに会場に送っていた同人誌の詰まったダンボール10箱分の本を自宅に送り返す手配までしていただきました。

本当にありがとうございました。


■ で、新刊はどうなるの?

そんなわけでコミケで頒布できなかった新刊『書体の研究』 Vol.5 ですが、以前告知させていただいたように とらのあなさんでの販売は年末から始まっております。

→ とらのあな:『書体の研究』 Vol.5

イベントでは頒布は今のところ未定ですが、2月14日(日) の COMITIA 91 に申し込んでいるので、抽選に通ればそこであらためて頒布したいと考えております。

(2月7日(日) のサンクリは不参加です)

それ以降となると、4月29日(木・祝) の COMIC☆1 4 にも申し込む予定ですが、ホントはそのときにはさらに次の巻(Vol. 6)を出したいんですよね。どうなるかなぁ…


以上、今日はご報告とお詫び+告知でした。


■ 蛇足

今回の入院中いちばん大変だったのは、妹(15歳・どういうわけか最近兄にべったり)が見舞いにきてリンゴを食べさせてくれているところに、幼なじみ(162cm・ロングヘア)が見舞いにきて、さらにそこへ仲のいいクラスメイト(ひとつ結びの眼鏡っ娘・155cm、あだ名はもちろん「いいんちょ」)までお見舞いに来て鉢合わせになってしまい、なんだか微妙な雰囲気の中、3人からこの女は何なの的な視線を浴びるというアクシデントがあったことでしょうか。

っておい、おまえ35歳だろ!(笑)

こんなことばっかり考えてるから彼女もできないんだろうな……




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ