漫画、アニメ、ライトノベル関係のロゴに使われているフォントの紹介。オタクのためのフォント読本「書体の研究」の情報も。

« [書体の研究] 冬コミ新刊入稿しました!(+売り子さん募集中) | メイン | 恥ずかしながら、帰ってまいりました… »

2009年12月11日

●[冬コミ新刊] 書体の研究Vol.5 内容紹介

[冬コミ新刊] 書体の研究Vol.5 内容紹介

■ 新刊の内容紹介

こんばんは。榊です。

今回は、冬コミで頒布予定の新刊の内容を少しご紹介したいと思います。

[冬コミ新刊] 書体の研究Vol.5 内容紹介

[冬コミ新刊] 書体の研究Vol.5 内容紹介

[冬コミ新刊] 書体の研究Vol.5 内容紹介

[冬コミ新刊] 書体の研究Vol.5 内容紹介

[冬コミ新刊] 書体の研究Vol.5 内容紹介

[冬コミ新刊] 書体の研究Vol.5 内容紹介

今回の特集は「丸ゴシック体」がテーマです。

明朝体なんかと違って丸ゴシック体って、どちらかというと現代的なイメージがあると思うんですが、いったいいつ頃できたもので、どういう風に変化してきたのかといった歴史を簡単に紹介しています。

あとはどんなところで丸ゴシック体が使われているのかという使用例と、書体見本が中心です。

特に書体見本は、いつも巻末にあった分のページも特集内の書体見本に回して、日本国内で市販されている丸ゴシック体のほとんどすべてを掲載しました。

スーラを初めとするスタンダードなものに始まって、アンチック系、ユニバーサルデザイン系、あと先日モリサワからリリースされたばかりのソフトゴシックまでまとめていますので、見比べてみるだけでも面白いと思います。

「ろごたいぷっ!」のコーナーは、まぁいつも通りです・・・(笑)


■ 頒布情報

冬コミの参加日は3日目(12/31)

配置は西1ホール る-17b、お誕生日席です。

ページ数は前号と変わらず本文48ページ、イベントでの頒布価格も今までと同じ700円です。

あと、前号(Vol.4)も結構在庫があるので一緒に持って行こうと思います。

Vol. 4 の内容についてはこちらのエントリをご覧ください
→ 2009年7月25日 [夏コミ新刊] 『書体の研究』Vol.4

Vol. 1~3 に関しては、もう手元に残っておらず、現在販売中の商業誌版『書体の研究』に収録されていますので同人誌としての再版予定はありません。

(もし残っているのが見つかれば数部程度持って行くかも)


■ 委託について

いつものように、とらのあなさんで委託販売をお願いできることになりました。

本来ならば、冬コミの日にあわせて置いていただくのですが、大晦日ということもあってなかなかその日に買っていただくのは難しいだろうと思い、ちょっとイレギュラーですがとらのあなさんでは12/29(火)より取り扱っていただくことにしました。

コミケに来られない方も、とらのあなさんで手に入れていただいて正月休みにゆっくり読んでいただければ幸いです。

→ とらのあな:Vol. 5 通販ページ(予約受付中です)

ちなみに、Vol.4 の通販もまだやってます。


■ 売り子さんの募集について

先日書いた、売り子さん募集のお願いですが、ありがたいことに既に数名の方からご連絡をいただいております。

年末と言うこともあってみなさん早く予定が決まった方が良いと思いますので、あと数日で締め切って結果をメールさせていただこうと思っております。

まだ受付中ですのでご興味のある方は前回の記事をご参照ください。




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:
http://yuzuya.style.coocan.jp/mt/mt-tb.cgi/716