漫画、アニメ、ライトノベル関係のロゴに使われているフォントの紹介。オタクのためのフォント読本「書体の研究」の情報も。

« 2009年10月 | メイン | 2009年12月 »

2009年11月26日

●[雑談] 『フォント・スタイルブック』が休刊!?

おはようございます。榊です。

先日、朗文堂さんのWebサイトを見ていたところ、「ワークスコーポレーション刊『フォント・スタイルブック』が休刊となりました」との記事が。

ご存じの方も多いと思いますが、『フォント・スタイルブック』というのは国内各社から販売されている日本語フォントをまとめて掲載している見本帳の一つで、毎年新しい情報を追加して刊行されていたものです。

結構便利な本で、需要もそれなりにあると思っていたのですが、休刊とは非常に残念です。

twitterで書いたときにもあった意見なのですが、やはり書体見本は紙でほしいと思います。

各社のWebサイトに行けば、とりあえずの書体見本は見ることが出来るわけですが、画面で見るのと印刷してみるのとではずいぶん違いますよね・・・


あと、数日前にダイナコムウェアのサイトがリニューアルしたようで、オンラインショップでフォントパッケージの30%オフセールをやっているようです。

ちらっとみたところ、Amazonよりも安くなっているようですので購入を検討されている方には良い機会かもしれませんね。




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2009年11月16日

●[雑談] 冬コミの進捗など

■ 冬コミ新刊制作中

こんにちは。榊です。

冬コミの新刊を作っていることに加えて、ちょっとしたことはTwitterでつぶやいて済ましてしまうので最近ブログの更新がとどこおり気味なわけですが、その分、新刊の方は20ページあたりまでできてきました。

といっても、今月中にほとんど仕上げないといけないことを考えるとギリギリのペースなので、これからかなりがんばらないといけないんですが・・・

以前にも書きましたが、今回の特集は丸ゴシック体がテーマです。

奇をてらわずに、シンプルに丸ゴシック体を紹介する内容で、市販の丸ゴシック系書体をほぼ網羅した書体見本もついています。

幸いアップグレードキットが先日届いたので、モリサワから今年リリースされたソフトゴシックは載せられそうなのですが、カタオカデザインワークスさんの丸丸ゴシックはWin版のリリースがまだのため間に合わないのが非常に残念です。


■ Darker Than Black

ところで今期のアニメの話なんですが、みなさんはどれが気に入られたでしょうか?

私はというと、『とある科学の超電磁砲』と『にゃんこい!』が結構いいとおもうんですが、それにもまして好きなのが『DARKER THAN BLACK -流星の双子-』です。

1期もすごくよかったですが、今回も期待を裏切らない出来ですね。

1期同様に作画もきれいだし、なによりキャスティングがすばらしい。こういう花澤香菜さんもいいですね。

とりあえず、BD購入決定です(勢いで1期のBD-BOXも買ってしまいました・・・)。


■ フォントネタ

そういえば、最近あんまりフォントがらみの記事を書けていませんね。

『化物語』関係のネタなんかもあるんですが、画像があった方がいいだろうと思ってBD待ちの状態です(録画したのはうっかり消してしまいました・・・)。

とりあえず、新刊が入稿できたらもうちょっとまともにブログの方も更新していきたいと思います。




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2009年11月 4日

●[フォント] フォントワークスが新書体を発表

おはようございます。さかきです。

まずはお礼から。

先日も書いたように、無事『書体の研究』商業誌版が発売となりました。

たくさんの方にブログや Twitter などで紹介していただき、それをきっかけに興味を持ってくださった方もたくさんいらっしゃるようで、本当にありがとうございました。

中でもアキバBlogさんでは記事に取り上げていただいただけでなく、右カラム上部の目立つ位置にリンクをおいていただきびっくりです。


本の方は一段落したので、現在は冬コミの新刊を作り始めています。

今回の特集は「丸ゴで始めるフォント入門(仮題)」です。

これまでの特集で明朝体(Vol.1)、ゴシック体(商業誌版)と取り上げているので、次が丸ゴシック体というのはひねりがないと思われるかもしれませんが、明朝体、ゴシック体の時とは少し違うアプローチで書いているのでご期待ください(←こうやって自分でハードルを上げてしまう私・・・)。


■ フォントワークスが新書体を発表

すでに各所で話題にあがっており、私も Twitter の方ではコメントしていますが、フォントワークスから今年の新書体が発表されています。

→ フォントワークス

今回のリリースでは、これまで1ウエイトのみだったハミングにL/M/D/Eの4ウエイトが追加されてファミリー化するとのことで、実用性がぐんと上がりますね。

私はスキップがとても好きなので、できればあちらもファミリー化していただきたいところです。

また、角隷-L も個人的に好きなデザインなので楽しみです。

また、ライラ-DB という書体はこれまでフォントワークスになかったエキゾチックな印象の書体で、同人誌やゲームなんかのデザインにも使えそうです。


最近はどのフォントベンダーも UD 書体を中心にリリースしていて、ややおもしろみに欠ける面もあったのですが、今回のフォントワークスのリリースは既存の人気書体のファミリー化や、これまで自社になかったジャンルのフォントの追加などが中心なのでユーザーとしてはありがたいです。

(UD 書体は同じLETSで出しているイワタにまかせる方針なのかな?)


ライセンシングプログラムのLETSに加入している方にはいつものようにディスクが送られてくるわけですが、リリース日はまだ発表されていないようです。届くのが楽しみですね。




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ