漫画、アニメ、ライトノベル関係のロゴに使われているフォントの紹介。オタクのためのフォント読本「書体の研究」の情報も。

« 2009年9月 | メイン | 2009年11月 »

2009年10月30日

●[雑談] 『書体の研究』発売&冬コミ当選報告

■ 『書体の研究』 発売!

こんばんは。榊です。

仕事帰りに秋葉原のとらのあなへ行ってきたんですが、『書体の研究』(商業誌版)、無事に発売されていました。

1階の奥と2階の奥に、それぞれ少しずつひっそりと置いてありました。

というか、私、まだ持ってないよ!(笑)

まあ、自分で買うのも何なので、それを横目に見つつ、『大阪万博』あたりを買って帰りました。

なお、全国的には11月になってからの発売ですのでご注意ください。


ちなみに、フィルムで包装されているので中を見ることはできなかったのですが、ご興味を持ってくださった方はこのブログの同人誌版の紹介記事をご覧いただければだいたい同じ内容になっています。

→ 『書体の研究』同人誌版 Vol.1
→ 『書体の研究』同人誌版 Vol.2
→ 『書体の研究』同人誌版 Vol.3

前回も書きましたが、商業誌版では同人誌1~3巻の内容に加えて、「デジタルフォントの基礎知識」と「ゴシック体入門」という2つの記事を書き下ろしています。

「ゴシック体入門」は名前そのまんまの内容ですが、「明朝体入門」のときと同じようにコミックスの装幀を実例としてあげて説明したりしています。

「デジタルフォントの基礎知識」のほうは、ありがちな「アウトラインフォントとは」みたいな説明に始まって、「TrueType」や「OpenType」の説明なんかを簡単にまとめています。

余談ですが、DTP関係の本なんかを見ると、必ずといっていいほどOpenTypeの特徴としてダイナミックダウンロードを挙げているんですが、そればちがうだろう!と、いつも思っていたわけです(笑)

そんなのは Mac でPostScriptフォントを使っていた人にとっての主観に過ぎ無くって、Windows でTrueTypeフォント使っている一般ユーザーにとっては「?」なわけです。

同人誌のときもそうでしたが、今回の本でもその辺の感覚に気をつけて書いてみました。


なお、『書体の研究』 Vol.4 の内容は今回の本には収録されていません。とらのあなさんにはまだいくらか残っているようなので、よろしければそちらをご利用ください。
→ 『書体の研究』同人誌版 Vol.4


■ 冬コミ、受かりました!

あと、ご報告なんですが、おかげさまで今年の冬コミも参加できることになりました。

3日目、12月31日です!

がんばって新刊作りますよ! 今から・・・





関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2009年10月17日

●[書体の研究] 本が出ます!&『とある科学の超電磁砲』のフォント

■ 『しょたけん』が本屋さんに・・・

こんにちは。榊です。

上のバナーにも書いてあるように『書体の研究』が書籍化します!

ももともと同人誌なので「書籍化」というよりは「商業誌化」とでも言うべきかも知れませんが、ちょっと語呂が悪いので「書籍化」としました。

詳しい情報は後日あらためてアップしたいと思いますが、とりあえず発売予定日は次の通りです。

発売日:11月3日(火)

首都圏の一部の店舗では 10月30日(金)

Amazon にも先ほど登録されました(→ 『書体の研究 for Digital Creators』


内容は、同人誌版『書体の研究』の Vol. 1~3の3冊を1つにまとめ、増補改訂したものとなっています。

「デジタルフォントの基礎知識」、「ゴシック体入門」という記事を書き下ろしたのにくわえ、「ろごたいぷっ」では『化物語』と『放課後プレイ』を追加で取りあげています(自分の趣味丸出しです(笑))。

こういう本が出せるのも同人誌を買ってくださった方のおかげなので、その同人誌と内容がかぶる本を出すというのは心苦しいところもあるのですが、ともあれご興味を持っていただけた方はぜひよろしくお願いします。


■ 『とある魔術の禁書目録』のフォント

そういうわけで、今日は本の宣伝をかねて『とある科学の超電磁砲』『とある科学の超電磁砲』で使用されているフォントの話をしたいと思います。

『とある魔術の禁書目録』のフォント

上の写真は同人誌版『書体の研究』 Vol.3 のものです。

『書体の研究』では、こんな感じでアニメやマンガ、ライトノベルなんかのロゴで使われている書体を解説したりしています(今回出る書籍版にも収録されています)。

『とある魔術の禁書目録』のフォント

『とある魔術の禁書目録』のフォント

『とある魔術の禁書目録』のロゴには明朝体が使われているのですが、これはアドビの「小塚明朝 B」というフォントです。


『とある魔術の禁書目録』のフォント

書体についての詳しいことは本で読んでいただくとして、ちなみにこのフォント、『しゅごきゃら!』の日奈森あむが「あたしの心、アンロック!」っていうときの「解錠(アンロック)」の文字と同じだったりします。それもウエイト(太さ)までおんなじ小塚明朝 B。

余談ですが、『しゅごきゃら!』の日奈森あむの声は『とある科学の超電磁砲』の佐天涙子と同じ伊藤かな恵さんです(ほんといい声ですよね)。

とまあ、『書体の研究』ではこんな感じの非常に役に立つ(?)情報をいっぱい紹介しています。


■ 『とある科学の超電磁砲』のフォント

で、ここからは本の内容とは関係ないのですが、レールガンのフォントも見てみましょう。

『とある科学の超電磁砲』のフォント

というか、わざわざ調べたりするまでもなく『インデックス』と同じフォントですね。

『とある科学の超電磁砲』のフォント

メインのロゴだけじゃなくって各話タイトルとか次回予告も同じフォントで、さらにすべて縦書きで統一されていますね。

色もあざやかなオレンジで、すごくキレイですね。

内容的にも・・・ すごくいいですよね~

いえ、別に中学生が好きとか、黒子のクラスメイトが可愛かったとか、そんなことではないですよ?

まあ、コミックス読んで楽しみにしていたかいがあります。


『とある科学の超電磁砲』のフォント

あと、『書体の研究』 Vol.3 でも書きましたがレールガンの DVD/Blu-ray には特別番外編として『とある秋沙の吸血殺し(ディープブラッド)』が毎回1話ずつついてくるので楽しみです(もちろんウソです!。信じないでね!)


画像は各作品のDVDまたはTV放送より引用させていただきました。
(c) 鎌池和馬/アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX
(c) 鎌池和馬/冬川基/アスキー・メディアワークス/PROJECT-RAILGUN
(c) PEACH-PIT・講談社/エンブリオ捜索隊・テレビ東京





関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2009年10月15日

●[雑談] 最近買った本

こんばんは。榊です。

今日は久しぶりに最近(ここ半月ほど)で購入した本の話などを。

なんだか写真の写りがおかしいですがご容赦を。あと、書名はAmazonへのリンクになってます。


最近買った本(ゆず屋)

『タイポグラフィメイキング』は前半が味岡伸太郎さんと片岡朗さんの特集だったので購入。後半は「MdN」にでも載っていそうなPhotoshopのテクニック集みたいな感じだったので正直いらない感じでした。

『MdN』は普段買わないんですが、UDフォントの記事があったので買いました。ヒラギノのUDフォントも出るというのは初めて知りました。

『デザインの引き出し』、今号はシールの特集。あいかわらずの こった作りになってます。


最近買った本(ゆず屋)

この2誌はいつも買うんですが、今回ははからずも両方でシャフト関係のインタビュー記事が。読みごたえがありました。

しかし、冷静に考えてみるとこんな八九寺の表紙、いいのでしょうか…


最近買った本(ゆず屋)


最近買った本(ゆず屋)

あとはライトノベルを少々。

もっとも、まだ全然読めていないのですが(先ほどまでまとめ買いした『化物語』、『傷物語』、『偽物語』を読んでいたもので・・・)。





関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2009年10月 5日

●[フォント] モトヤがUDフォントの販売を開始

モトヤが UDフォントの販売を開始したようです。

→ モトヤ:UD対応フォント発売について


今回リリースされるのは、UDアポロ4、UDシーダ4、UDマルベリ4の4つ。

さらに来月(11月)には UDアポロ2B、UDシーダ2B、UDマルベリ2Bが、来年3月以降にも明朝系や新聞書体などのUD版が順次発売される予定です。

また、今回発売された分については、3ヶ月のあいだ20%割引で提供されるそうです。




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2009年10月 2日

●[フォント] ラブプラスのフォントは・・・

「いきあたったらばったり」さんでご指名をいただいたので書いておきますと、
『ラブプラス』のロゴに使われているフォントは・・・・・・

えーと、よく分かりません(笑)

というか、既製のフォントでは無いんじゃないかと考えています。


こちらの「「ブラタモリ」のロゴがラブプラスにそっくりな件」というエントリを拝見して、一瞬フォントが存在するのかと思ったものの、よくみると「ラ」の1画目の長さ(右端がどこまで伸びているか)がラブプラスのロゴとは違っています。

あと、「フ」の高さもですね。

まあ、「フ」はともかく、同じフォントを使っていたら多少アレンジされることを考えてもこの「ラ」のような違いは起こりにくいので、同じフォントを使ったわけでは無いと思います。

偶然似てしまったのか、それともあえて『ラブプラス』の文字に似せたのか・・・


もちろん推測でしかないので、もし「元になったフォントを知っているよ」という方がいらっしゃったら教えていただけると助かります。


ちなみに、私が知っているフォントの中で比較的にているのがこのフォントでした。

『ラブプラス』のロゴと少し似ているフォント

FLOP DESIGN さんから出ているこちらのパッケージにも収録されているフォントで、Lovedesign さんの Bloody Valentine です。

「ラ」なんかは似ているのですが、明らかに「ス」や「タ」などの形が違っていて残念です。

もし、パロディロゴなどを作る場合には自分で一から書いた方が早そうです。





関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2009年10月 1日

●[フォント] モリサワ 新OSへの対応

こんにちは。榊です。

仕事が立て込んでいるせいで最近ほとんど更新できていないのですが、あと1週間ほどで一段落しそうです。

おちついたらまたブログにもフォント関係のネタをアップしたいと思います。

もっとも、その頃には冬コミの分の原稿を書き始めないとまずいんですけどね・・・


さきほど、モリサワのサイトに「MORISAWA PASSPORTならびにその他フォント製品の新OS対応」というニュースリリースがアップされました。

パスポートの新OS用インストーラは、それぞれ次の時期にダウンロードできるようになるとのことです。


■ Mac OS X 10.6 Snow Leopard

  提供開始予定:2009年10月5日(月)


■ Windows 7

  提供開始予定:2009年10月19日(月)




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ