漫画、アニメ、ライトノベル関係のロゴに使われているフォントの紹介。オタクのためのフォント読本「書体の研究」の情報も。

« 2009年7月 | メイン | 2009年9月 »

2009年8月27日

●[雑談] おやすみなさい・・・

こんばんは。榊です。

いろいろコメントとか質問とかいただいているので、何か書くつもりだったのですが、眠くて意識が保てないので今度にします。

今日は上のバナーを差し替えただけで終わってしまいました・・・


そんなに眠いなら、仕事帰りに とらのあな とか行かなければいいのに・・・

それも、買ったのは『アマガミ』のあれとか、『ロッテのおもちゃ!』の新刊とかだし。




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2009年8月23日

●[書体の研究] Vol.1, 2 完売御礼

こんばんは。榊です。

今日はコミティアにサークル参加でした。

先週の夏コミに続いてのイベントでさすがに疲れました・・・

しかし、おかげさまで今回のイベントで『書体の研究』既刊のうち Vol.1, 2 が完売いたしました。

皆様、ありがとうございました。

あとは保存用として数冊残っているだけで、完全に在庫が無くなったので、今後イベントでの頒布はありません(Vol. 3 ~はまだあります)。

Vol.1 はとらのあなさんに若干残っているようですので、よろしければそちらもご利用ください。


ちなみに、秋はスケジュールの関係でイベント参加はお休みして、次のサークル参加は(抽選に受かれば)冬コミとなります。

一人サークルなせいもあって、サークル参加だと全然本を買えないので、次のコミティアあたりには一般参加してじっくり本を買いたいと思っています。


ところで、1つ前の東方についてのエントリですが、あんな愚痴のような内容にもかかわらずコメント欄やWeb拍手経由でアドバイスをたくさんいただきました。ありがとうございました。

とりあえず、東方紅魔郷というのを探して買ってみようかと思います。

コメントへのレスにも書きましたが、もし、後日「もっと早く東方をやっておくべきでした」みたいなことを書いていたら笑ってやってください(笑)




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2009年8月19日

●[雑談] 「東方」にはイライラさせられる

批判記事ではありませんので安心してお読みください(笑)


オタクブックスさんの新刊『東方評論』を読み始めました。

お風呂につかりながら(!)半分程度読んだのですが、結局、私はどこから「東方」にアクセスすればよいのでしょう?


実は、私もオタクブックスの風見ニノさんと同じで、東方にはなんとなく興味はあるものの、どこから手をつけて良いのか分からないという状態で、ここ1年ほど停滞しています。

ニコニコ動画や同人誌の世界ですごい人気なので、自分もそこに触れてみたいと思い調べてみると、原作は同人のシューティングゲームとのこと。

自慢じゃないですが、私にシューティングは無理です。

ましてや弾幕系だなんて・・・1面もクリアできずにディスプレイをたたき割るのが目に見えるようです。

なにしろ、スーパーマリオを初めてやったとき、一番初めに出てくるクリボーに3回連続でぶつかってゲームオーバーになったほどの反射神経!(実話です、残念ながら)

おまけに、どうやらその原作ゲーム自体にはほとんどストーリーらしいものは無いそうです。

8/21 追記:読み返してみると「ストーリーがない」とは書いてませんでした。アニメなんかと比べれば原作ゲーム自体で明らかにされている公式の情報量が少ないというようなニュアンスでした。


とはいえ、原作をやったこともないのにいきなり二次創作から入るのには何だか抵抗があります。

そもそも、二次創作の作品が多すぎて、いまから同人誌を買ってきて読むとしてもどれを買えばよいのか全くの謎。

こうなってくると、世間で「東方」が盛り上がれば盛り上がるほど置いてけぼりをくらったような気がして、「ふんだ! はじめっから東方なんて興味ないんだから!」みたいな感じで、おまえは小学生か!(笑)的なひねくれ方をしてしまうんですよね。

あとは、世間で受けているからといって、そこにすり寄っていくのもどうか、みたいなひねくれた気持ちも若干あるような無いような・・・

こうなるともはや、ブームに乗り遅れたおじさんのひがみでしかありません(笑)

アララギさんじゃないですが、自分の小ささに何だかイライラさせられる訳です。

きっと、苦手でも我慢して原作ゲームをするのがいいんでしょうね。それすら本数が多すぎですが(笑)


とりあえず、『東方評論』の続きを読んできます。

(それにしても、キレイな作りの本ですよね・・・)


8/21 こちらにも追記:ゲームをやってみようと思うんですが、途中からやっても分からないだろうし気持ち悪くもあるので1作目から、と思ったら、まずPC-98を用意した上でとっくに販売が終了した同人ソフトを探し出さないといけないようです・・・まあ、無理ってことですよね。

みんな妥協して途中からやっているんでしょうか???




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2009年8月17日

●[イベント] 夏コミ終了

こんにちは。榊です。

夏コミに参加された皆様、お疲れ様でした。

うちは昨日がサークル参加だったのですが、おかげさまで13:30頃には既刊、新刊とも完売となりました。

お越しくださった皆様、ありがとうございました。

また、せっかく来てくださったのに売り切れていた方々にはお詫び申し上げます。

この時間に売り切れるのなら、もっとたくさん持って行けばと思うのですが、実は今回すでに1つのサークルスペースに置くことのできる限界に近い量の段ボール(かなり大きめのを12箱)持ち込んでいるんです。

実際、私を含めて3人の売り子がいたんですが、積み上がった段ボールのせいで最初の頃は私しかサークルスペースに入れないという有様。

空間に余裕のある壁サークルさんがうらやましいです・・・

おまけに今回は、対応が追いつかずに列ができてしまい、おとなりのKKITTさんにもいろいろと助けていただきました。ありがとうございました。

そんなわけで、次回、コミケで新刊が出る場合にはもうちょっと何とかする必要がありそうです。

もしかすると、お手伝い(売り子)をしてくださる方を募集したりするかもしれません。


さて、コミケも終わり、今年の夏も終わったと言いたいところですが、今週末にはまたビッグサイトで開催されるコミティアにサークル参加します。

新刊と一緒に、自宅に少し残っている既刊(Vol. 1-3)も持って行く予定ですので、よろしくお願いいたします。

配置は「な-13b」です。




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2009年8月11日

●[雑談] 夏コミ3日前

■ 携帯を買い換えました

約2年ぶりに携帯を買い換えたんですが、液晶の解像度が高くてびっくりしました。

フォントをモリサワの丸フォークにして見たんですが、すごくくっきりしていて感動です。

プリティー桃も使えるんですが、さすがにそれは要らないです・・・


■ 夏コミの準備(体力作り)はお済みですか?

さて、夏コミもいよいよあと3日となりました。

サークルチェックもそろそろ終わって、あとはみなさん体力作りのトレーニングをしていらっしゃることと思います。

*コミケ初参加の方へ  夏コミの行列はこんな感じなので覚悟が必要です(→YouTube


うちのサークルは今回お誕生日席をいただいたんですが、たくさん本を持って行くので一人で大丈夫かなと思っていたところ、関西から友人が二人、一緒に売り子をしに来てくれることになりました。

去年の夏コミにも来てくれた二人なんですが、お盆の忙しい時期にわざわざ出向いてきてくれるのはありがたい限りです。

そんなわけで今回は私も含めて3人の売り子でダンボールに囲まれてサークルスペースにいるはずです。

えーと、どうせ手伝ってもらえるなら女性の方がいいのに、とか思ってませんよ?


■ 今回の両どなりは・・・

今回の配置はお誕生日席なんですが、両隣がKKITTさんオタクブックスさんとなっています。

どちらも新刊を出されるようなので楽しみです。




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2009年8月 8日

●[夏コミ新刊] 『書体の研究』Vol.4 続報

こんばんは。榊です。

いよいよ夏コミまであと数日。参加される皆さんはサークルチェックはお済みでしょうか。


■ 新刊 到着!

うちの新刊も、おかげさまで先日無事に印刷があがってきました。

ゆず屋 夏コミ 新刊 書体の研究 Vol.4

ゆず屋 夏コミ 新刊 書体の研究 Vol.4

飛脚のお兄さんがダンボールを落として1梱包分の本がクラッシュするアクシデントもありましたが(iPod nano1個分相当の損失。トホホ・・・)、とりあえず大きなミスや印刷トラブルもなかったようで一安心です。

コミケの場合、イベント会場で荷物を受け取るためには1週間ほど前までに指定されたペリカン便(JPエクスプレス)の支店に送っておく必要があり、その締め切りが今年は 8/8 だったのですが、なんとか前々日に発送することが出来ました。


■ コミケカタログを見て来てくださった方へ

ゆず屋 夏コミ 新刊 コミケ

コミケのカタログにはこんな感じのサークルカットが掲載されていると思いますが、画面上のバナーにあるように実際には「Vol. 3」ではなく「Vol. 4」が出ます。

Vol.3 は前倒しして4月にあったCOMIC☆1 で出しています。

夏コミの申し込みがイベントの半年前(2月)にあるというタイムラグが原因ですね(ほんとは単に私の計画性のなさのせいです・・・)


■ 委託について

今回もとらのあなさんで扱っていただけることになりました。

販売開始はイベントと同日の8/16ですが、既に予約受付が始まっております。

ついでに少数ですが既刊の Vol.1~3の再版も行われていますのでよろしくお願いいたします。

→ とらのあな(通販):Vol. 1~3
→ とらのあな(通販):Vol. 4(予約受付中)

各巻の内容紹介は以下のエントリにあります。

→ 書体の研究 Vol. 1(2008年 夏コミ)
→ 書体の研究 Vol. 2(2008年 冬コミ)
→ 書体の研究 Vol. 3(2009年 COMIC☆1)
→ 書体の研究 Vol. 4(2009年 夏コミ)


■ 『idea』漫画・アニメ・ライトノベル文化のデザイン(後編)

話は変わりますが、延期になっていた特集記事「漫画・アニメ・ライトノベル文化のデザイン(後編) 」が掲載された『アイデア』誌9月号がいよいよ10日に発売になります。

って、この表紙、村田蓮爾さんかな?(あんまり詳しくないんです)

前編は前号であずまきよひこさんの『よつばと!』のイラストだったわけですが、普段マックスフーバーとかチヒョルトとかの特集をしてる雑誌とは思えないですよね(笑)

Average Rating:not rated
  • 出版社:誠文堂新光社
  • 価格 :¥ 2,970



関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2009年8月 4日

●[感想] 『サマーウォーズ』

昨日、仕事帰りに『サマーウォーズ』を観てきました。

月曜日だというのにほぼ満席で、油断して予約せずに行った私は残念ながら最前列でした。

ずっと見上げていないといけないので集中して観られないなぁと思っていたのですが、始まってみればそんなことは忘れてしまうほど話に引き込まれました。


総合評価を100点満点でつけるとすれば、私としては85点くらいでしょうか。

十分満足だけど、大騒ぎするほどでもなかったという感じです。

細田守さんの作品が好きなので、期待しすぎたという面もあるかもしれませんね。

なにしろ、あの「どれみと魔女をやめた魔女」をリアルタイムで観たときは、かなり衝撃的でした(そのときは細田守という名前を知らなかったんですが)。


「デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!」との関係についてはきっとあちこちで話に上っていると思うので省きますが、個人的にはそこはあんまり気にならなかったです。

ああいう話のもって行き方はべつに細田さんだけのものっていうわけでもないですし、作っている方も全部分かった上でしょうし。

ただ、デジモンの時は、「大人は気づいていなくて、子供たちだけが」というところに大きな意味があったわけですから、そういう点では本作で取り立てて外形的な類似性を指摘する必要はないのかも、と思ったり。


そんなことよりも、もっと強く言いたいのは、

池沢佳主馬(キングカズマの中の人)、キャラデザもキャストもあのままでいいので、「女の子」だという設定にしてほしかった!

そう思った人が私以外にも1万人はいるはず・・・

あと、ヒロインは文句なしにかわいかったですね。

キャストも、ほとんどのキャラに声優使わないのはどうかと思うものの、「時をかける少女」の時と同様、みんなしっくりくる感じでした(むしろ永井一郎が個性的すぎるくらいでした(笑))。

8/5 追記

はてブコメントで「大半が『SW』以前にアフレコ経験アリだから、ある意味「声優ばかり」のキャスティングだ」とのご指摘があったので、一応説明を。

上に「ほとんどのキャラに声優使わない」と書いたのは、「仕事の主体がアニメの声や外画の吹き替えである人」をあまり使っていない、という意味であって、吹き替え経験のある人を使っていないという意味ではありません。

仕事としての声優の経験があっても、映画、テレビ、舞台などでの顔出しの仕事の比率の方が多い方の場合、一般的に職業としては「声優」ではなく「俳優」と呼ぶと考えたため、このような表現にしたのですが、分かりにくかったようで申し訳ないです。

追記おわり


仕事の昼休みが終わるので、感想としてはちょっと中途半端ですがここまでで。




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2009年8月 1日

●[雑談] 『化物語』の感想

『化物語』

  • 見ごたえ  :★★★★☆
  • 読みごたえ?:★★★★☆
  • あざとさ  :★★★★★
  • 千和さいこー:★★★★★

夏コミ新刊の入稿も無事済んだので、ようやく録画してあった『化物語』を観ることが出来ました。


■ 一番驚いたこと

「ひたぎクラブ」の「クラブ」って、「倶楽部」の事じゃなかったのか・・・

(おそらく同じ誤解をしていた原作未読者は多いはず)


■ シャフト

それにしても、文字多いですね。いかにもシャフトっていう感じでした。

あまりやり過ぎるのは好きじゃないんですが、この作品では話自体の雰囲気と、ああいうシャフトの見せ方とが比較的合っているのではないかと思います。


■ オープニング

「シャフトらしい」といえば、本編だけじゃなくて「ひたぎ編」のOPもそうでした。

どこからどう見ても尾石さん(シリーズディレクターの尾石達也さん)のカラー100%で、ある意味で安心してみていられるなぁ・・・と思っていたら「まよい編」になって全然方向性のちがうOPに。

「まよい編」OPの絵コンテは板垣伸さんだそうで、自分自身で結構原画も描かれたようです

「まよい編」OPはネットでの評判もかなり良いようですね。

たしかに絵も動きも良かったんですが、単にみんな小さい女の子が好きなだけなんじゃないかという気も。


■ フォント

あと驚いたのが第2話の冒頭。

例によって文字ばかりのスチルの下に、「使用書体 HG明朝B」の文字が・・・(「体」は旧字体)

もう少し観るのが早ければ無理にでも新刊の特集に入れたのに!!

というか、なぜHG明朝?

尾石さんは『化物語』前に、ヒラギノを作ったところに見学に行ってきたそうですが(スクリーンじゃなくて字游工房かな?)、それならヒラギノ使えばいいのに(笑)

まあ、画面で見る限り今のフォントで合っているように思うので不満はないのですが。


■ キャスト

一番最初、キャストなんかの情報もまったく知らない状態で観たんですが、戦場ヶ原ひたぎの声が斎藤千和さんだとしばらく気がつきませんでした。

やっぱこの人むちゃくちゃ上手いな・・・

斎藤千和さんと神谷浩史さんという取り合わせでは、どうしても「シャフトこの二人使いすぎ」的な批判もあるかと思うんですが、そういう意見が無意味に思えるほど二人とも上手かったです(原作派の方がどう感じたかは分かりませんが)。

あと、忍野 メメ役の櫻井孝宏さんがまた凄かった。

こんな演技もする人なんだと驚いて、一気にファンになりました。

他の方もみなさん良いんですが、あとは花澤香菜さん演じる千石撫子がどうなるのかも楽しみです。

そうそう、書き忘れていましたが喜多村英梨さんと井口裕香さんの演じる妹二人というのは反則過ぎです(笑)

だれか私にもあんな妹ください・・・


Average Rating:
  • アニプレックス
  • 価格 :¥ 7,350
単行本(ソフトカバー)
化物語(上) (講談社BOX) 《単行本(ソフトカバー)》
Average Rating:
  • 著作者:VOFAN(イラスト)
  • 出版社:講談社
  • 価格 :¥ 1,680



関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ