漫画、アニメ、ライトノベル関係のロゴに使われているフォントの紹介。オタクのためのフォント読本「書体の研究」の情報も。

« 2009年6月 | メイン | 2009年8月 »

2009年7月25日

●[夏コミ新刊] 『書体の研究』Vol.4

こんばんは。榊です。

前回の更新から20日も空いてしまいました。

その間、夏コミの新刊を作っていたのですが、ようやく先ほどデータを印刷所に入稿することが出来ました。

更新をサボっている間にも今期のアニメはどんどん始まりますし、化物語のロゴは新宋体だとかいう情報をいただいたり(メールありがとうございました)して、早くみたいと思いつつも、録画がたまる一方という状態でした。

ともあれ、とりあえず入稿できたので一息つけそうです(次の仕事がたまっているのですが・・・)。


■ 『書体の研究』Vol.4

そんなわけで、いつものように新刊の内容のプレビュー画像を掲載させていただきたいと思います。

(画像が重くてすいません)

ゆず屋 夏コミ新刊『書体の研究』Vol.4

ゆず屋 夏コミ新刊『書体の研究』Vol.4

ゆず屋 夏コミ新刊『書体の研究』Vol.4

ゆず屋 夏コミ新刊『書体の研究』Vol.4

ゆず屋 夏コミ新刊『書体の研究』Vol.4

ゆず屋 夏コミ新刊『書体の研究』Vol.4

ゆず屋 夏コミ新刊『書体の研究』Vol.4

ゆず屋 夏コミ新刊『書体の研究』Vol.4

ゆず屋 夏コミ新刊『書体の研究』Vol.4


今回の特集では『てろっぷ!! -アニメの書体はロゴだけじゃない-』と題して、アニメーションのオープニングやエンディングなどで表示されるテロップの書体を取り上げています。

ちょっと地味なネタかも知れませんが、結構いろんな書体(フォント)が使われていて面白いものです。

(記事のネーミングが『ろごたいぷっ!』とかぶってるって!(笑))


連載の『ろごたいぷっ!』では、定番ともいえるよつばスタジオ関係を中心に7作品をご紹介しています。

本文の総ページ数は Vol.3 と同じ48ページ。

本の作りもいつも通りA4、全ページフルカラーとなっております。


■ 頒布予定

1) コミックマーケット76

頒布開始は夏コミとなります。

  8月16日(日曜日)(コミケ3日目)

  東京ビッグサイト

  配置:東2ホール N-25a

  サークル名:ゆず屋

  イベントでの頒布価格:700円

新刊は、合体配置ではない(つまり1スペースのみの)小規模サークルとしては目一杯の量持って行く予定です。

既刊の 1~3号も持って行くつもりなのですが、Vol.1と2はほとんど在庫がないのでお越し下さったときに売り切れていたらごめんなさい。

→ コミックマーケット公式サイト


2) コミティア89

そして、今年は夏コミの翌週にあるコミティアにも参加します。

夏コミに参加できない方はぜひこちらの機会にお立ち寄り下さい。

  8月23日(日曜日)

  東京ビッグサイト

  配置:西1ホール な-13b

  サークル名:ゆず屋

→ コミティア公式サイト


■ プレゼント企画

去年の夏コミのときからこのブログを見て下さったいる方は覚えていらっしゃるかも知れませんが、前回の夏コミではこんな非常識なプレゼント企画をやりました。

そして、今回ももちろんやります!

内容は以下の通りです。

『書体の研究』1周年を記念して、夏コミ当日に次の2つの条件を満たした方、先着3名様に新刊をプレゼントさせていただきます。

条件といっても簡単なもので、

条件1:女性であること。

条件2:コミケの当サークルスペースで私(山王丸榊)に次の合い言葉を言うこと。

合い言葉:「べ、別にあんたの本が欲しくて来たんじゃないんだからね!」

前回は「眼鏡っ娘限定」だったのですが今回はその制限をなくし、また、合い言葉も日常的会話で使っているような言いやすいものにして大幅に難易度を下げました(本当か?)

今年は3日目なので女性は少ないかも知れませんが、お待ちしております。

注意点1:「べ、別に・・・」の「べ」が抜けると無効です(笑)

注意点2:私ではなく売り子さんに言った場合も同じく無効です。


■ 委託情報

Vol.4 もとらのあなさんで取り扱っていただく予定ですので、詳しいことが決まり次第、ご報告させていただきます。




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2009年7月 6日

●[フォント] エヴァ新劇場版:破

エヴァンゲリオン新劇場版:破、観てきました。

いや~、大満足です。

「序」のときは総集編的な内容だったので、「まあこんなものだろう」といった印象だったのですが、今回は新展開が入るうえに眼鏡の新キャラも登場ということで非常に新鮮に観ることができました。眼鏡の新キャラです。大事なことなので2回いいました。

ちなみに眼鏡の新キャラ(真希波・マリ・イラストリアス)のキャストは坂本真綾さんですが、素晴らしい仕事でした。

内容的にも、エヴァらしさが十分に出ていて期待を裏切らない出来でした。

特に、開始早々からあんなの出してくるんですからね・・・

まだの方は、ネットでネタバレを観てしまう前にご覧になることをお勧めします。


ところで、その「破」の冒頭では字幕が出るんですが、あの文字にはフォントワークスのニューシネマAというフォントが使われていたようです。

エヴァンゲリオン新劇場版:破

映像のインパクトが強すぎて、正直なところ正確には覚えていないのですが、たしか「B」じゃなくて「A]の方だったかと。

あと、もちろん明朝体はマティスですよね。

エンドロールにもちゃんと「フォントワークス」のクレジットがありました。

というわけで、今回はエヴァの豆知識でした。


Average Rating:
  • レーベル:キングレコード
  • 価格 :¥ 3,300



関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ