漫画、アニメ、ライトノベル関係のロゴに使われているフォントの紹介。オタクのためのフォント読本「書体の研究」の情報も。

« 2009年4月 | メイン | 2009年6月 »

2009年5月31日

●[フォント] 『みなみけ』

■ お引っ越し

こんにちは。榊です。

先日引っ越しをしたのですが、なかなか片付けが進まずダンボールが山積みです。

前回引っ越してから11ヶ月ほどしかたっていなかったのですが、エレベーターのない建物の3階の部屋だったため、印刷所から届くダンボール箱の上げ下げがちょっと難しくなってきたのと、売れ残りの同人誌を保管するスペースが無くなってきたという、そんな理由で引っ越しをすることに。

引っ越し貧乏って、こういう事をいうのでしょうね・・・


■ 『みなみけ』のフォント

ところで、少し前に『みなみけ』の冒頭で使われているフォントは『夜桜四重奏』のロゴと同じか、というご質問をいただいたのですが、その通りです。

『みなみけ』のフォント(ゆず屋)

『みなみけ』のフォント(ゆず屋)

『夜桜四重奏』の方は『書体の研究』Vol.3 でもご紹介していますが、ダイナコムウェアの POPミックスというフォントですね。


しかし、今見ても「見やがって下さい」とか、すごいですよね(笑)

『みなきけ』(ネットラジオ)もむちゃくちゃフリーダムだし(パーソナリティが本番中に寝るのもすごいけど、それをそのまま流すところも凄すぎです(笑))


■ 大阪のイベントに参加します

話は変わって、次回のイベント参加予定の告知です。

2009年6月7日(日)にインテックス大阪で開催されるComiComi 13に参加します!

心配していたインフルエンザの方も落ち着いてきたようで、予定通り開催されるようです。

当サークル(ゆず屋)の配置は F 25aです。

『書体の研究』Vol. 1~3を持って行きますので関西の方はよろしければお運び下さい(イベント価格は1冊700円です)。

詳しくは、イベント公式サイトをご覧下さい。
→ Comic Communication 公式サイト




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2009年5月25日

●[フォント] ハルヒ新ED『止マレ!』

ハルヒの新作「笹の葉ラプソディ」が放送されて盛り上がっているようですが千葉(チバテレ)ではまだなんですよね。

おまけに、放送前日の明日に「笹の葉ラプソディ」の放送が既に終わっているMXのエリアに引っ越すのでどうやっても見らないという悲惨さ。

HDDレコーダーだけ旧居に残しておいて後日回収すると言うことも考えたんですが、運ぶだけでも大変なのでおとなしくYouTubeの角川アニメチャンネルで見ることにします(配信されますよね?)。


さて、その『涼宮ハルヒの憂鬱』ですがエンディングも新しいものが使われたようで、「止マレ!」という新曲が使われているようです。

で、その中で「止マレ!」という文字がゴシック体で出てくるのですが(上の動画で言うと29秒あたり)、さて何のフォントを使っているのでしょう・・・

[フォント] 「涼宮ハルヒの憂鬱」新ED『止マレ!』

上の図のように、どうやら大日本スクリーン製造のヒラギノ角ゴシックのようです(「!」は傾けたのでしょう)。

今の Mac には標準で付いているのでおなじみのフォントですね。

というわけで、例によって何の役にも立たないフォントの情報でした・・・


(しかし、上の図のように並べてみると新ゴの「マ」や「レ」の角がとんがっているのは収まりが悪いですね。)


Average Rating:not rated
  • レーベル:ランティス
  • 価格 :¥ 3,000
Average Rating:
  • 著作者:ニュータイプ(編集)、SOS団(監修)
  • 出版社:角川グループパブリッシング
  • 価格 :¥ 798



関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2009年5月17日

●[フォント] 『純真ミラクル100%』

『純真ミラクル100%』のフォント(ゆず屋)

こんにちは。榊です。

秋★枝さんの『純真ミラクル100%』第1巻を読んでみました。

ちょっと気恥ずかしい気もするタイトルですが、絵柄や作品の内容とも合っていて結構いいのではないかと思います。

ちなみに私は「100%」と聞くと岡野史佳さんの『フルーツ果汁100%』を思い出す世代だったりします(そこの方、「似合わない」とか言わないように。自分でも分かってますから)。

あのころの白泉社の雑誌(「LaLa」と「花とゆめ」 )は読みごたえありましたよね・・・


閑話休題。

この『純真ミラクル100%』、佐藤利奈さんのネットラジオで加藤英美里さんがゲストだった回にこの作品の話をされていて、聞き流していると「モクソン」とか「オクソン」とかいう名前が出ていたので「外国人? ファンタジー?」とか思っていたんですが、読んでみたら全然違いました!(笑)

絵柄もお話の内容も好みで、かなりいい感じです。

これなら2巻も一緒に買っておけば良かったと後悔。

ドラマCDでは「モクソン」と「オクソン」を佐藤利奈さん、加藤英美里さんが演じていらっしゃるわけですがなんとなくぴったりなイメージですね。

所長が生天目さんだというのも合いすぎです・・・


『純真ミラクル100%』のフォント(ゆず屋)

さて、この表紙のタイトルに使われているフォントはモリサワのはるひ学園

「真」や「ク」の文字の切れている部分をつなぐなど若干手を加えているものの、ほぼそのまま使っているようです。

『書体の研究』Vol.1 でも少しだけ紹介していますが、最近このフォント、よく見かけるようになってきましたね。

個性が強いので使いどころが難しいですが、じゃんけん明朝なんかと同じで上手く使っているのを見かけると感心させられるフォントです。

ただ、使われすぎて丸明みたいにならなければよいのですが・・・


Average Rating:not rated
  • レーベル:Frontier Works Inc.(PLC)(M)
  • 価格 :¥ 3,150



関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2009年5月12日

●[セミナー] +DESIGNING SCHOOL

+DESIGNING が「+DESIGNING SCHOOL」というセミナーを開催するそうです。

第1回は 「文字、書体、フォントとデザイン」(仮)ということで、講師が Cozfish の祖父江慎さん。

日時が5月27日(水)13:00~15:00と、平日の昼間のため残念ながら私は参加できないのですが、まだ申し込みを受付中のようですのでご興味のある方はどうぞ。

*締め切りが書いてないのですが、抽選で30名が参加できるようです。

→ http://www.plus-designing.jp/

祖父江さんって雑誌で見る限りちょっと変わった方のようなので、一度話されているところを直接みてみたいのですが、たぶんやっぱり変わった方なんでしょうね・・・


Average Rating:not rated
  • 著作者:祖父江 慎(監修)
  • 出版社:毎日コミュニケーションズ
  • 価格 :¥ 3,150



関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2009年5月11日

●[書体の研究] 委託販売について

■『書体の研究』の委託販売を再開します

とらのあなさんで扱っていただいている『書体の研究』ですが、おかげさまでVol.1~3まで完売だったのですが、追加発注をいただきましたので昨日納品いたしました。

おそらく明日、明後日あたりには店頭・通販とも在庫が復活するかと思われます。

Vol.1と2に関しては、なんとか印刷した分がほとんどなくなり、それぞれ段ボール2箱程度を残すのみとなりました。(Vol.1~3に関しては増刷は行いません)

こんなにたくさんの方に読んでいただけるとは思っていなかったのでうれしい限りです。あらためてお礼申し上げます。

→ 『書体の研究 Vol. 1』
→ 『書体の研究 Vol. 2』
→ 『書体の研究 Vol. 3』


■ 当ブログ経由での直接通販分について

また、このブログからも直接通信販売をお申し込みいただけるのですが、冊数によってはかなり割高と待ってしまうので、イベントかとらのあなさんでお求めいただくことをおすすめいたします。

すでにフォームからご注文いただいた方で、キャンセルしてとらのあなさんでの購入に変更されたい方は一言ご連絡ください。

あと、ご注文後、支払いなどについてご連絡差し上げてからしばらくたっても入金も連絡もない方がいらっしゃいます。発送の準備は終わっているのですが、ずっとそのままというわけにもいかないので、1ヶ月たってもご連絡がない場合はキャンセル扱いとさせていただきます。

もし、注文したのにメールなんて来てないよ? という方がいらっしゃったら、メーラやプロバイダの設定によっては、こちらからのメールがスパムと誤認されて削除や隔離されている場合もありますのでご確認ください。




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2009年5月 6日

●[同人誌] 『少女サイクル』

こんにちは。榊です。

昨日は同人誌即売会の「コミティア」に参加するために東京ビッグサイトまで行ってきました。

コミティアに参加するのは一般参加も含めて初めてだったので、オリジナル作品のみのイベントってどんな感じだろうと思っていたのですが(コミティアはパロディ作品なしのイベントです)、本当にいろんな作品があって、予想以上に活気もあり、非常に良いイベントだと感じました。

コミケだと三日目の西館が本命の私にはこういうイベントが合っているようです。


初めてのイベントと言うこともあって良く分からないまま、『書体の研究』Vol.1~3を段ボール1箱ずつ持っていたのですが、おかげさまで午後1:30頃にはすべて完売。

予想外に早く売り切れたので、スペースを片付けてどうしても欲しかった本を買いに「残像アパートメント」さんのスペースへ。

以前から読んでみたかった『少女サイクル』と『THE SWINGING BROMPTON』の両方を手に入れることができました。

『少女サイクル』(残像アパートメント)

『少女サイクル』(残像アパートメント)

『THE SWINGING BROMPTON』(残像アパートメント)

『THE SWINGING BROMPTON』(残像アパートメント)

ブロンプトンという英国製の折りたたみ自転車を中心とした「小径自転車本」という珍しい本なのですが、各国の自転車をイメージした女の子のイラストがすごく合っていますし、とにかく可愛い。

収録されている四コマに出てくるデフォルメされたキャラもすごく魅力的ですし、全体的なデザインなどのセンスも本当に素晴らしく、買って良かったって感じです。

なにより読んでいて、「あぁ、自転車好きなんだろうなぁ」というのが伝わってきて、自転車なんか普段乗らない私でも思わずブロンプトンを買いたくなってきました。(決して『けいおん!』のOPで登場したからではありません(笑))。

実は出たのはずいぶん前の本なのでずっと欲しかったんですが、イベントでは一人で売り子しているせいもあって、欲しい本があっても買えないことが多いんですよね。

今度はコミティア一般参加しようかな・・・

ところで、『少女サイクル』の中でもなぜ「日本(ブリヂストン)」のページを載っけているかは『書体の研究』を読んでくださった方なら分かりますよね・・・

→ 残像アパートメント
→ 少女サイクル



しかし、こういうすごい本があるんだから同人誌って言うのはやめられませんよね。

何よりこういう良い本を読むと、自分も何か作りたくなるわけで・・・というわけで、これをアップしたら原稿書くことにします(笑)




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2009年5月 4日

●[フォント] 栗原さんちのおすそわけ

こんにちは。榊です。

明日はビッグサイトで行われるコミティアに参加してきます。

先日も書きましたが、配置は「せ09a」です。

『書体の研究』Vol. 1~3すべてを持って行きますので参加されるかたはぜひお立ち寄りください。

ちなみに、とらのあなさんに委託している分については、Vol.1 と 2 が売り切れているようです。今のところとらのあなさんから再発注は来ていないので、今後はイベントでお求めください。


さて、明日のイベントとは全く無関係ですが、私は甘党です。

京都に住んでいた頃は近くに安くておいしいケーキ屋さんがあったのでよく買いに行っていたのですが(シブーストとパリブレストが絶品でした)、今は残念ながら上の写真のようなものばかり食べています。

これはメグミルクの「栗原さんちのおすそわけ」の「とろけるパンナコッタ」で、このシリーズは味も良いんですが文字を主体としたシンプルなパッケージデザインが好きで時々買っています。


使われているフォントはタイプバンクの「カリグラゴシック」。

手書き風の優しい印象で、個人的に好きなフォントの一つです。

墨東も近い感じで大好きなんですが、仮名書体の墨東とはちがってカリグラゴシックは漢字もあるので使いやすいかと思います。

→ タイプバンク:カリグラゴシック




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2009年5月 2日

●[フォント] モリサワ PASSPORT新パッケージを発売

モリサワの年間ライセンシング用サービスである MORISAWA PASSPORT と MORISAWA PASSPORT ONE のパッケージが新しくなるそうです。

従来のものよりコンパクトになっただけでなく、インストーラーなども新たなものが採用されているようです。

すでに PASSPORT を利用している方には 「2009 年8 月1 日(土)契約開始分より順次お送りいたします」とのことです。

私はつい先日更新したばっかりなので、この新しいのを送ってもらえるのは約1年先になりそうです、残念・・・

→ モリサワ


ちなみに、このモリサワのパッケージとは反対に、フォントワークス LETS のパッケージはやたら大きいです。

豪華な感じではあるのですが、私のように部屋が狭い者にとってはコンパクトなパッケージの方が片付けやすくて助かります。




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ