漫画、アニメ、ライトノベル関係のロゴに使われているフォントの紹介。オタクのためのフォント読本「書体の研究」の情報も。

« 2009年3月 | メイン | 2009年5月 »

2009年4月29日

●[書体の研究] 読者アンケートのお願い

こんばんは。榊です。

急にアクセス数が増えたので驚いてログを調べたら、『書体の研究』がアキバBlogで紹介されていてびっくりしました。

大手のニュースサイトやブログの影響力ってすごいですね…
→ アキバBlog:書体に萌えるフォント萌え同人誌 「書体の研究」


ところでその『書体の研究』ですが、先日無事に新刊も出せたことですので、読んでくださった方のご意見を伺いたいと思いアンケートを作ってみました。

『書体の研究』Vol.1~3のうち、どれか1冊でも読んでくださった方が対象です。

今後の制作の参考にさせていただきたいと思いますので、お手数ですがご協力いただけると幸いです。

なお、すべての項目は入力が任意です。ハンドルやメールアドレスなんかは空欄でもOKです。

→ 『書体の研究』 読者アンケート




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2009年4月27日

●[イベント] 今後の参加予定

昨日のイベント(COMIC 1)に参加された皆様、お疲れ様でした。

おかげさまでうちのサークルも無事新刊を持っていくことができました。

今回は売り切れないようにしようと思って段ボール7箱分+α持っていったのですが、さすがに多すぎたようで2箱送り返しました(笑)

まあ、せっかく来ていただいたのに売り切れてしまっているよりかはよかったかと思います。


今後のイベント参加予定は次のようになっております。


■ COMITIA88 拡大Special

・2009/5/5(祝/火)

・東京ビッグサイト東1・2ホール

・参加確定:配置 せ09a


■ ComicCommunication13

・2009年6月7日(日)

・インテックス大阪 2号館

・参加確定:配置未定

(初の大阪でのイベントへの参加です)


■ 夏コミ

・現在申し込み中



コミティアとコミコミには、今回出た新刊(『書体の研究 Vol.3』)と、既刊をすべて持っていく予定です。

夏コミでは、もし当選すれば新刊(Vo.l.4)を出したいところなのですが、別件で少々忙しくなる見込みなので Vol.4 は秋か冬になりそうです。

ネタ的には Vol.5 までの分がすでに考えてあるのですが・・・



と、そんなわけで5~6月にかけてもイベントに参加しますので、ご都合のつく方がいらっしゃいましたら是非お立ち寄りください。

また、イベントに来られない場合でも、とらのあなさんで『書体の研究』を扱っていただいていますので、そちらもご利用ください(下記のリンク)。

→ 『書体の研究 Vol. 1』
→ 『書体の研究 Vol. 2』
→ 『書体の研究 Vol. 3』




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2009年4月24日

●[フォント] 『文学少女』のロゴ

[フォント] 『文学少女』のロゴ (ゆず屋)

今日は所用で一日、飯田橋でした。

帰りにはJRで秋葉原まで出て買い物を。

ファミ通文庫の『文学少女』シリーズが大好きなんですが、そのコミックス版がちょうど発売されていたので買ってきました。

帯を見て初めて知ったのですが、ついにアニメ化するそうです。

それもなんと劇場アニメ!

たしかにあの作風だと20分程度の細切れで見せるよりは映画の方が良いのかも知れません。

原作を読んだときからアニメには向いていない作品だと思っていたのですが、あの文学作品をモチーフにしたお話をどういう風に映像化するのか楽しみでもあります。

詳しい情報は公式サイトをどうぞ。
→ アニメ版公式サイト:プロジェクト・メモワール
→ ファミ通文庫:アニメ化特集サイト


[フォント] 『文学少女』のロゴ (ゆず屋)

で、コミックスのロゴの書体がまた不思議なことになってます。

下の画像と比べていただければ分かるかと思いますが、モリサワのくもやじA1明朝という2つのフォントを組み合わせて使っています。

組み合わせるといっても文字ごとにではなく、文字のパーツを分解して組み合わせているんですね。

よくみると、「くもやじ」には若干角を丸める処理を施してあって、A1明朝のエレメントと違和感なく組み合わせられるようにしてあることが分かります。

[フォント] 『文学少女』のロゴ (ゆず屋)

原作である文庫版のロゴでも同じようにゴシック体と明朝体のパーツを組み合わせたロゴが使われているので、おそらくそのオマージュだと思われます。

ただ、原作版のロゴでは2つの書体のミスマッチ間を強調しているのに対して、このコミックスのロゴでは上手くなじませてあるので、うっかりすると2書体の組み合わせだということに気づかないこともあるかも知れませんね。

原作版のフォントについてのエントリはこちら
→ 2008年3月20日:[フォント] 『文学少女』と『キノ』



■ コメントへの回答

フォント関係の質問をいただいています。

まず、ペルソナ4のフォントですが、フォントワークスの「スキップ」のはずです。

余談ですが『書体の研究』の編集後記がこのフォントです。

すごく見栄えのする使いやすいフォントでお勧めです。


あと、つじ要著「論理少女」のロゴのフォントですが、Amazonの画像で見る限りでは既存のフォントではなく、独自にデザインされたロゴか、もしくは普通の書体の一部を丸いパーツで置き換えたものだと思われます。

既存のフォントでないことを実証するのは難しいのですが、こういった文字ごとのボディが一定しないものは既存書体では無い場合が多いです。

  • 著作者:no data
  • 出版社:講談社


■ 同人誌即売会

さて、いよいよ明後日の日曜日はCOMIC 1です。

当サークルの新刊情報はこちらをご覧下さい。
→ [書体の研究] Vol.3 内容紹介

どうか雨が降りませんように・・・


Average Rating:not rated
  • 著作者:高坂 りと(イラスト)
  • 出版社:スクウェア・エニックス
  • 価格 :¥ 600



関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2009年4月18日

●[けいおん!] 元ネタ関係のまとめ

アニメ版『けいおん!』の背景に使われている場所などのまとめです。

■ OPの背景:京都市 修学院近辺

まずはOPの背景から。

制作が京アニだからでしょうか、京都市の叡山電鉄 修学院~京都造形芸術大学あたりの風景が使われているそうです。
→ ぶらり聖地巡礼のたび
→ TVアニメ『けいおん!』舞台探訪まとめサイト

思いっきり地元です!

大学があの辺だったので(京都造形芸術大学ではない)、みなれた景色だったのですが放送を見たときには気がつきませんでした(笑)

さすがに鴨川の飛び石と南禅寺の水路閣には気がつきましたが(あの茶色いレンガのやつです)。
→ 南禅寺 「水路閣」

水路閣というのは、南禅寺の設備というわけではなくって、明治時代に琵琶湖から京都へ疎水(水路)を引いたときに南禅寺の境内を横切るようにもうけられた水路橋で、観光スポットとして有名です。

鴨川の飛び石のほうも京阪の出町柳駅付近でしょうから気づいた方が多いはず。

おおざっぱに言うと京大なんかがあるあたりですね(やや離れてますが)。


■ 校舎:滋賀県 豊郷小学校

そして、OPに出てくる広い階段は京都造形芸術大学ですが、校舎の外観や、歴史を感じさせる作りの校舎内部は滋賀県にある豊郷小学校がモデルだそうです。
→ 豊郷小学校
→ 今日もやられやく:『けいおん!』の舞台になっている場所

場所は彦根の方なので先ほどの京都市からは結構離れています。
→ Google map:滋賀県犬上郡豊郷町

宮崎県庁というのは間違いだったようですね。

それにしても、映像としての再現率の高さにはびっくりです。


■ 楽器店:京都市 三条新京極のJEUGIA三条本店

さらに、ギターを買いに行く楽器店は京都の三条新京極にあるJEUGIA三条本店とのこと。

京都市民なら前くらいは通ったことがあるはず。

たしかにいわれてみれば、新京極のアーケードっぽいところも出ていましたね。


で、この辺まででもよく気がつくなぁという感じなんですが、さらに濃い方も・・・


■ ギター:レス・ポール・スタンダード(ギブソン)

→ 「機材面から見る「けいおん!」その1」
→ 「機材面から見る「けいおん!」その2」

こちらの方は、登場する楽器を分析。見ただけで分かるってすごい知識ですよね。

→ 在宅アニメ評論家:けいおん! 機材チェック

こちらは画像あり。

そして、ギブソンなのにロゴがフェンダーに変わっているというような細かい指摘まで(笑)
けいおん!2話を見て気付いたこととか【けいおん!】


■ ティーカップ:波の戯れ(マイセン)

最後のとどめがこちら。

部室でのお茶のシーンに登場するいろんなティーカップ。

こんなものまで特定できるとは恐るべし・・・
→ 『けいおん!』第3話まででわかっている紬が持ってきてるティーセット

しかし、カップにまでちゃんと元ネタがあるんですね。

やっぱり美術の田村せいきさん(ハルヒの美術監督だった方ですね)が決めているのでしょうか。


Average Rating:
  • ポニーキャニオン
  • 価格 :¥ 7,980
Average Rating:
  • レーベル:ポニーキャニオン
  • 価格 :¥ 1,260



関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2009年4月10日

●[フォント] 『鋼の錬金術師』のロゴ

鋼の錬金術師のフォント ゆず屋

4月になって、いろいろ新しいアニメが始まっています。

既に見た中では『けいおん!』が原作の4コマを上手く料理していて予想より良い出来でした。

『鋼の錬金術師』は新シリーズが始まりましたが前シリーズと話がつながっていない上にキャストも一部変更になっており、ちょっと違和感がありました。(ウィンリィ変えるとかありえない・・・)

しばらく様子を見てみたいと思います。

鋼の錬金術師のフォント ゆず屋

で、フォントの話ですが『鋼の錬金術師』というタイトルはモリサワのリュウミン。

かなりきつく長体をかけてシャープな感じにまとめています。


鋼の錬金術師のフォント ゆず屋

鋼の錬金術師のフォント ゆず屋

サブタイトルのフォントは見てびっくりの「はつひやまと」(フォントワークス)。

かなり個性的な仮名書体で、これをマティスと組み合わせたものが使われています。

どうしてここでこの書体を選んだのか謎です・・・


それにしても、今さらなんですがハイビジョン放送って最高ですね、文字がくっきり見えて。


*画像は『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』(© 荒川弘/鋼の錬金術師製作委員会・MBS)第1話より引用


追記:今号の『アイデア』がなんだかすごいことになってます。

『アイデア』誌とは思えない思い切りの良さ・・・

明日ダッシュで買ってくる!

Average Rating:not rated
  • 出版社:誠文堂新光社
  • 価格 :¥ 3,500



関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2009年4月 8日

●[書籍] 『ガムテープで文字を書こう! 』

「修悦体」といえば、工事中のJR新宿駅で案内表示のために警備員の佐藤修悦さんがガムテープで作った文字のことで、ネットでも話題になったのでご存じの方も多いかと思います。

ご存じない方はこちらのサイトでどうぞ →トリオフォー:修悦体

で、なんとこの修悦体の作り方を解説した書籍が発売になるそうです。

作り方を覚えても実践する機会は無いかも知れませんが、ちょっと気になります。

あと、今知ったんですが、「まぼろしの邪馬台国」という映画の題字も佐藤修悦さんが担当されたそうです。

映画のサイトを見てみたら、確かに使われてました。




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2009年4月 3日

●[書体の研究] Vol.3 内容紹介

こんばんは。榊です。

唐突ですが、メガネを無くしました。

しかたないので先ほど新しいのを注文してきたのですがかなり痛い出費です。

このお金があれば、新しいフォントが2つは買えたのに・・・(笑)


■ 『書体の研究』Vol.3 プレビュー

それはさておき、先日、『書体の研究』Vol.3 のデータを入稿することができました。

予告していたとおり、今日はその内容のプレビューを載せたいと思います。

『書体の研究』Vol.3 ゆず屋

『書体の研究』Vol.3 ゆず屋

『書体の研究』Vol.3 ゆず屋

『書体の研究』Vol.3 ゆず屋

『書体の研究』Vol.3 ゆず屋

『書体の研究』Vol.3 ゆず屋

『書体の研究』Vol.3 ゆず屋

『書体の研究』Vol.3 ゆず屋

『書体の研究』Vol.3 ゆず屋

今回の特集は「フォントの買い方 第2回 年間ライセンシング編」です。

Vol.2 では低価格なフォントパッケージをご紹介しましたが、今回はさらに一歩進んで、本格的にフォントを使いたい方向けのパッケージの紹介になっています。

そこそこ本格的に同人誌なんかを作っていこうとしている方を想定した内容ではありますが、どんな方にも読んでいただけるように気をつけて書いてみました。

で、ちょっとがんばってこの特集を書いてみたところ予定ページ数をオーバーしてしまい、考えていた台割りが台無しになってしまいました・・・

あと、「ろごたいぷっ!」も「拡大版」として7作品を取り上げています。

本当はもっと書きたいことがあったんですが、特集にページ数を取られたせいで泣く泣く次号に回すことに。

それでも最終的なページ数は本文48ページと前号より4ページ増!

印刷費だけならまだしも、フォントも大量に買っているので大変なことになっています(主に家計的な意味で)。まぁ、好きでやっているのですごく楽しいんですけどね(笑)


■ 頒布予定

Vol.3 の頒布開始は 4/26(日)にビッグサイトで開催される COMIC 1☆3

当サークルの配置は「た31b」です。ご都合の付く方はぜひお立ち寄りください。
→ COMIC 1 公式サイト

ちなみに、本はそれなりの数を持っていく予定ですが、例によって需要が読めないので万が一売り切れてしまっていたらごめんなさい。

あと、Vol.1 と 2 も少しずつですが持って行く予定です。

4/8 追記:『書体の研究』Vol.1~3 はそれぞれ 1 冊 700円です(イベントでの価格)。


■ 委託予定

『書体の研究』Vol.3 はこれまでと同様、とらのあなさんで取り扱っていただけることになりました。

販売開始は COMIC 1 と同じ 4/26 ですが、すでに通販の予約が始まっていますので、よろしければご利用ください。
→ とらのあな:『書体の研究』Vol.3

また、これに合わせて Vol. 1 と 2 もとらのあなさんで再販が始まっています。

→ とらのあな:『書体の研究』Vol. 1
→ とらのあな:『書体の研究』Vol. 2

こちらは予約ではなく現在販売中です。

数は多くないですが、とらのあなさんの店頭にも出ています(秋葉原のお店に置いてあるのは今日(4/3)見かけました。5階の入って右側でした)。

新刊と合わせてこちらもよろしくお願いいたします。




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ