漫画、アニメ、ライトノベル関係のロゴに使われているフォントの紹介。オタクのためのフォント読本「書体の研究」の情報も。

« 2009年1月 | メイン | 2009年3月 »

2009年2月28日

●[フォント] 『はるみねーしょん』のロゴ

[フォント] 『はるみねーしょん』のロゴ

今日は本を買いに秋葉原まで行ってきました。

とらのあなで何冊か買った後、先日オープンしたCOMIC ZINへ。

小さなビルのワンフロアなのでそれほど広くはないのですが、少年マンガなんかはばっさり省いて、ターゲットを絞り込んだ品揃えになっているのでむしろ充実していると感じました。

店内の雰囲気も適度に落ち着いていて良い感じだったのでこれからも利用したいと思います。


というわけで、調子に乗っていろいろ買ってしまったんですが、今日はその中から大沖さん『はるみねーしょん』のフォントのお話を。
→ 大沖さんのサイト「ダイオキシン」

[フォント] 『はるみねーしょん』のロゴ

表紙を見れば分かるかも知れませんが、装丁は里見英樹さん(よつばスタジオ)です。

[フォント] 『はるみねーしょん』のロゴ

タイトルロゴの書体はモリサワの秀英3号

里見さんの装丁には秀英や築地といったクラシカルな仮名書体がよく使われれていますね。

さて、突然ですがここで問題。『はるみねーしょん』のロゴには、秀英3号では無い部分があります。さてどこでしょうか?

写真では分かりづらいかもしれませんが、実物を書体見本とでも比較すればすぐ分かるはずです(ここではもったいぶって答を書かないことにします(笑))。


[フォント] 『はるみねーしょん』のロゴ

この本の装丁で一番いいと思ったのは上の写真の「やべえ」。奥付のページのすみっこです。

主人公である(?)はるみの口癖なんですが、こんなところに入れるとは・・・

こういうちょこっとしたネタって面白くていいですよね。

『まんがタイムきららキャラット』2009年2月号表紙の「うごくの?」(デザインは「オタクとデザイン」の染谷さん)とかも個人的にツボでした。


[フォント] 『はるみねーしょん』のロゴ

ところで、時々どうやってフォントを調べるのかというご質問をいただくのですが、自分の持っているフォントなら実際に打ってみて実物と比較するのが簡単ですし、そうでない場合にはフォントの見本帳というのがいくつか市販されていますので、ページをめくって探します。

(上の写真は『フォントブック 和文基本書体編』(Amazon)という見本帳です。)

特にたいしたテクニックとかがあるわけでも無いので、漢字は差が出にくいので出来るだけ仮名文字で比べるとか、その程度の基本さえ知っておけば(あとは見本帳でも買えば)誰でも出来ます。

本を見なくてもすぐに分かる書体もありますが、それはあくまでも好きな書体だから、あるいはよく使う書体だから見れば分かるというだけのことです。(嫌いな書体だから分かる場合もありますが・・・)

『書体の研究』Vol.1 の前書きで「書体」と「声優さん」を対比しましたが、そういう意味では文字を見て書体名が分かるというのは声を聴いて声優さんの名前が分かるのと似たようなものかも知れませんね。

なので、まずはいろんな書体を眺めて「自分の好きな書体」を見つけてみるのがお勧めです。


Average Rating:
  • 著作者:祖父江 慎(監修)
  • 出版社:毎日コミュニケーションズ
  • 価格 :¥ 3,150



関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2009年2月27日

●[ラノベ] 『アカイロ/ロマンス』

アカイロ/ロマンス

電撃文庫の『アカイロ/ロマンス』1,2巻を買ってみました。

著者・イラストレーターは『レジンキャストミルク』のコンビだそうですが、『レジンキャストミルク』を読んだことのない私がこの本を買ったのは、もちろん装丁が良かったから(あとイラストも好みだったから)。

デザインは伸童舎さんだそうですが、思いっきり好みです。

長体の使い方がとても印象的だし、ロゴも格好いいし。

ちょっと表紙のロゴ横のローマ字が間延びしているのが残念ですが、それ以外は素晴らしいです。

このロゴの書体はやっぱりオリジナルなのかなあ・・・

もちろん内容も面白いですよ。

来月には早くも第3巻が出るそうです。


Average Rating:
  • 著作者:椋本 夏夜(イラスト)
  • 出版社:アスキーメディアワークス
  • 価格 :¥ 599



関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2009年2月24日

●[ラノベ] 『ギャルゲヱの世界よ、ようこそ! 』

ファミ通文庫の『ギャルゲヱの世界よ、ようこそ!』という本を読んでみました。

こういうタイトルで、いかにもな表紙絵だったので、かなり軽いコメディなのかと思いきや、読んでみると以外にまじめな話でした。

『生徒会の一存』シリーズ的な軽さを予想していた私としては、良い意味で予想を裏切られた感じです。

小説の世界とゲームの設定とのリンクのさせ方も上手いし、終わらせ方も模範的でした。

なによりも、主人公の考え方がまっとうで、感情移入して読むことが出来ました。

やっぱりなんでも見た目で判断せずに読んでみるべきですね。


あと、それまでの経緯から多少ひっかかりはあるものの、終盤での高橋愛子の変わり様はツボでした。


Average Rating:
  • 著作者:有河 サトル(イラスト)
  • 出版社:エンターブレイン
  • 価格 :¥ 630



関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2009年2月19日

●[ゲーム] セブンスドラゴン

「オタクとデザイン」さんのサイトをふと見ると、『セブンスドラゴン』というゲームの予約特典のデザインなどをされたとのこと。

どんなゲームかよく知らないんですが、その予約特典がかなり格好よさげで、サウンドトラック+冊子とボリュームもありそうなのでちょっと興味が。

調べてみると、ディレクター:新納一哉氏、サウンドコンポーザー:古代祐三氏と、『世界樹の迷宮』のスタッフのお名前が。『世界樹の迷宮』をフィールドタイプにしたようなシステムなのかな?

さらに絵がモタさんって・・・ちびキャラの個性的な可愛さがいい感じですね。

買いたいけど、買ってしまったら同人誌作る時間が減っちゃうしなぁと思案中だったり。

→ セブンスドラゴン 公式サイト


ちなみに、古代祐三さんというと、若い頃にイースやソーサリアンの曲のスーパーアレンジバージョンとかをカセットテープで(!)聴いていたのが懐かしいです。

難波弘之のアレンジもよかったなぁと、思いっきり歳がばれるような思い出が。

さらに、自分でもMSXのPSGとかFM音源でピコピコ鳴らしたりもしていたり。

PSGしかなかった頃は3和音しか出ないから、メロディ+ベース+ノイズでパーカッションっぽい音とか、メロディ+アルペジオ+ベースとか、下手すると主旋律に2音使ってデチューンかけたりとか、そんな苦労が楽しい時代でした・・・

分かる人にしか分からない話題でゴメンナサイ。





関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2009年2月16日

●[イベント] 見学会、展示など

こんばんは。榊です。

うちで出している同人誌の名前は「書体の研究」。略して「しょたけん」と言うんですが、これに関して少し前に「遠近法ノート」さんのところで面白いことを書いておられました。
→ [dtp][others]しょたけんVol.2届いた。

まあ、この「書体の研究」というタイトルを選ぶときの決め手になったのは、省略したときに「そういう単語」と似た音になるからだったわけですが・・・

ちなみに私がそういう趣味というわけではありません(笑)



■ 近々あるイベントなど

・ヘルベチカ展

 → ギンザ・グラフィック・ギャラリー、2009年2月5日(木)~2月28日(土)

  21日には小林章さんたちのギャラリートークもあるんですが、既に申し込みは締め切られています。

  私は先日あわてて電話したら立ち見で受け付けてもらえました。ぎりぎりだったみたいです。


・活版活字鋳造見学体験会

→ 築地活字 3 月 14 日(土)午後 1 時~

こちらはまだ受付中のようです。私も申し込みました。


・かみの工作所 第5回工場見学&交流会

→ かみの工作所、福永紙工株式会社

  3月28日(土)14:00~19:00位

  書体関係ではありませんが、個人的に興味があったもので。

  残念ながらスケジュールの関係で参加は出来ないのですが。


・第17回活版印刷ワークショップ ~初心者向け名刺編~

→ 活版工房、2月28日(土) 13:00~16:30

こちらは明日の17日が申込期限です!




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2009年2月13日

●[フォント] 『まりあほりっく』の続き

先日、『まりあほりっく』のロゴのフォントの話を書きましたが、今度はTVアニメのオープニングでテロップに使われているフォントは何か、というご質問をいただきました。

『まりあほりっく』のフォント:ゆず屋

『まりあほりっく』のフォント:ゆず屋

『まりあほりっく』のフォント:ゆず屋

たしかに、カクカクとして非常に印象的な書体ですよね。

私もたまたまこの書体のことは知っていたのですが、初めてOPを見たときには「すごいとこでつかってきたなぁ」と驚きました。

というか、読みにくいよ!(笑)

このフォントは、FONT1000というシリーズで出ている「方眼」というフォントです。

はっきりと見えないのですが、方眼-K250 か方眼-K375 あたりでは無いでしょうか。(数字は太さの違い)

方眼紙に定規で線を引いて文字を書いたようなイメージなのでしょう。

FONT1000 の方眼

→ 参考:和文書体革命 FONT1000

(たくさん並んでいる「道』の文字の最上段が方眼。クリックでサンプルを見ることが出来ます。)

で、ここで驚きの情報を。

この方眼をデザインされたのは、あの味岡伸太郎さんだったりします。

ご存じの方も多いかと思いますが、築地、小町、良寛、行成、弘道軒の、いわゆる味岡伸太郎かなシリーズをデザインしたことで知られる方です。

ご本人のWebサイトには、使用例なんかと合わせて方眼のことが紹介されていますのでご参考に。


画像はTVアニメ『まりあ†ほりっく』(遠藤海成・メディアファクトリー/まりあ†ほりっく製作委員会)の OP より引用させていただきました。

→ まりあ†ほりっく(公式サイト




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2009年2月11日

●[雑談] サンクリ42お疲れ様でした

先日の日曜日はサンクリ42でした。

参加された皆さん、お疲れ様でした。

私はサークル参加だったわけですが、おかげさまで今回もたくさんの方にお越しいただけました。

冬コミのときに短時間で売り切れてしまった教訓を生かし、さらに多めに持っていたのですが午後1:30頃に完売。冊数的には冬コミより多く出たことに。

やはりサンクリのカタログで取り上げていただいたことも大きかったのでしょう。

しかし、そろそろ一人で売り子するのも限界かも・・・

ちなみに私は、イベントから帰ってきた直後に風邪でダウン。今日が休みで助かりました。



あと、Vol.3 は現在、鋭意制作中です。

「鋭意」というのは、ネトラジ聴きながら作業していて全然進まないとか、まぁ、そんな感じです(笑)

今回の特集は、「フォントの買い方 第2回 年間ライセンシング編(仮題)」です。

まだ2ページ書いただけなんですが、なんとかCOMIC 1に間に合わせたいところ・・・



最後に、連絡事項を。

メールフォームなどから、「この作品のフォントは何?」といった質問をいくつかいただいているのですが、手元に現物が無かったりしてなかなかお答えできていません。

申し訳ないのですが気長にお待ちいただけると助かります。




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2009年2月 4日

●[フォント] モリサワがユニバーサルデザインフォントを開発

「株式会社モリサワ ユニバーサルデザインフォントの開発を表明」

ということだそうです。

えーと、ようするにイワタのUDフォントみたいなのを出すっていうことですよね。

イワタのUDはLETSに入っていないけど、モリサワだとおそらくパスポートに含まれるだろうからちょっと楽しみです。

あと、「提供予定書体:ゴシック体/丸ゴシック体/明朝体」だそうで、明朝体がどんな風になるのかも気になるところ。

→ モリサワのニュースリリース




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ