漫画、アニメ、ライトノベル関係のロゴに使われているフォントの紹介。オタクのためのフォント読本「書体の研究」の情報も。

« 2008年12月 | メイン | 2009年2月 »

2009年1月31日

●[イベント] 次の週末はサンクリ!

こんばんは。榊です。

前回、東方の記事を書いてから更新が滞り気味ですが、どうしてかというと、ちょっと思うところがあって、『書体の研究』vol.3 の制作を前倒しで始めたからです。

まぁ、「思うところ」なんていってもたいした話ではなく、もし間に合いそうなら4月にあるCOMIC 1で新刊を出したいと、そういうわけです。

そして夏コミで Vol.4 を出すと・・・

正直、時間的に間に合うかどうかは微妙なので、内容的に中途半端なものになってしまいそうならあきらめて、当初の予定通り夏コミで Vol.3 を出すつもりです。


■ イベント参加予定

で、そんな先の話はさておき、次の週末、2月8日(日)にはサンシャインクリエイション42に参加します。

サンクリは例の個人情報流出問題で、43回が中止、それ以降の開催も未定という状態ですが、とりあえず次の42回は予定通り開催されます。

当サークル「ゆず屋」の配置は Bホール 「ウ」-12bです。

今回はお誕生日席(島の端の席)ですので見つけやすいかと思います。

→ サンシャインクリエイション公式サイト

新刊はありませんが、Vol.1 と Vol.2 、両方持って行きます。

調子に乗って両方とも増刷したので家の中が段ボールだらけです!(たぶんこれだけの冊数があれば10年は戦える)

おまけに1、2巻合わせての印刷費が給料○ヶ月分とか、恐ろしい話になっています(今日、家賃が引き落とされた後の通帳をみたらなぜか残高がマイナスになっていたよ!)

そんなわけで、買ってください!(笑)

売り上げは Vol.3 の印刷費として大事に使わせていただきます(あと、食費と)。


ところで、このサンクリというイベント、どのくらいの知名度なんでしょうか?

同人活動しているものにとってはかなりメジャーなイベントだと思うのですが、そうでない方の中にはコミケ以外の同人イベントには行かない、という方も多いのではないかと思います。

たしかにコミケと比べると知名度も規模も数段落ちますが、その分コミケより気軽に参加できるので個人的には一般参加する方にもお勧めです。

あと、最初に少しふれた「COMIC 1」は今年でまだ3回目の新しいイベントですが、今回も申し込みサークル数が定員を大きく上回ったので、それに合わせてビッグサイト2ホールから3ホールに拡大したそうで、さらに盛り上がりそうです。

→ COMIC 1 公式サイト

もし都合が付くようでしたら、ぜひ一度参加されてみてはいかがでしょうか。


■ 『書体の研究』通信販売

イベントに参加できない方むけに、『書体の研究』の通信販売もやっています。

くわしくは、こちらのエントリをご覧下さい。




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2009年1月24日

●[フォント] 東方シリーズのロゴ

こんにちは。榊です。

フィギュアは普段買わないんですが、グッドスマイルカンパニーのセイバー・リリィ ~全て遠き理想郷(アヴァロン)~ がすごすぎて、かなり惹かれています。

画面上にある Amazon のランキングでも売れまくってるみたいですし。

けど、家の中が増刷分の段ボールだらけで飾る場所がないんだよなぁ・・・

→ グッドスマイルカンパニー:セイバー・リリィ ~全て遠き理想郷(アヴァロン)~


さて、今日は東方シリーズのフォントの話題を。

先日、『東方地霊殿』のロゴに使われているフォントをご紹介したんですが、好評だったので今回は東方シリーズの他の作品もまとめて紹介させていただこうと思います。

なお、ロゴ画像は上海アリス幻樂団さん黄昏フロンティアさんのサイトから引用させていただきました。


■ 東方地霊殿

東方シリーズのフォント

まずは『東方地霊殿』。

これはダイナコムウェアの「DF 龍門石碑体 W9」でした。


■ 東方風神録

東方シリーズのフォント

お次の『東方風神録』はダイナコムウェアの「DC 方隷書 W3」でした。

ダイナコムウェアのフォントはだいたい名前に「DF」というのが付いているのですが「DC」で始まるのは(株)システムグラフィからライセンスを受けてダイナコムウェアが販売しているフォントです。


■ 東方花映塚

東方シリーズのフォント

『東方花映塚』のロゴは同じくダイナコムウェアの「DF 金文体 W3」。

あちこちで使われていて有名なフォントですね。


■ 東方永夜抄

東方シリーズのフォント

『東方永夜抄』もまたまたダイナコムウェアの「DF 郭泰碑 W4」。

なんだかダイナコムウェアばかりですね。


■ 東方萃夢想

東方シリーズのフォント

黄昏フロンティアさんが制作された『東方萃夢想』のフォントは「DF 郭泰碑 W4」。

『東方永夜抄』と同じフォントが使われていました。


■ 東方妖々夢

東方シリーズのフォント

『東方妖々夢』のフォントは「DC 麗楷書 W5」。

もちろんダイナコムウェアです。


■ 東方紅魔郷

東方シリーズのフォント

最後に、『東方紅魔郷』のフォントは「DF クラフト童 W9」。

2011.2.23 追記:DF クラフト童 「W3」の誤りでした。ご指摘ありがとうございました。

落ち着いた感じの他のロゴとはずいぶん雰囲気が違いますが、フォントメーカーはやはりダイナコムウェア。


というわけで、ここに挙げた東方シリーズの作品では、すべてダイナコムウェアのフォントが使われていることが判明。

二次創作に同じフォントを使ってみたい方は、『DynaFont TrueType600+欧文3000』などのパッケージに全部入っていますのでどうぞ。

→ 『DynaFont TrueType600+欧文3000 Vista対応版』(Amazon

追記:ダイナコムウェアのフォントは、ゲームなどに使用する場合、かなり高額な追加費用が発生しますのでご注意ください。





関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2009年1月23日

●[書体の研究] Vol.2 増刷しました!

オタクのためのフォント読本『書体の研究』Vol.2 増刷分が刷り上がってきました。

さっそく[とらのあな]さんでも通販が再開していますので、まだの方はぜひ!

→ とらのあな:通販のページ
→ 『書体の研究』Vol.2 内容の紹介

なお、今朝納品したところなので、とらのあな店頭での販売再開は店舗によっては数日後になると思います。


Vol.1 の通販についてはこちらのエントリをご参照下さい。
→ [書体の研究] Vol.1 通信販売開始




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2009年1月19日

●[新刊] フォント関連の書籍

単行本(ソフトカバー)
フォントブック[伝統・ファンシー書体編] 《単行本(ソフトカバー)》
Average Rating:not rated
  • 著作者:祖父江 慎(監修)
  • 出版社:毎日コミュニケーションズ
  • 価格 :¥ 3,150

フォントブックの「伝統・ファンシー書体編」が今月末に発売になるそうです。

『和文基本書体編』が出たのが去年の春ですから意外と早かったですね。

『和文基本書体編』は本がかなり分厚いのでちょっと使いづらいのですが、デジタルフォントとして一般に流通していないような書体まで網羅しているので、『基本日本語活字集成 OpenType版』と合わせて持っておくとフォントを調べるのが大変楽になります。というか、これらの本が無かったら探していられないですよね・・・

「伝統・ファンシー書体編」も楽しみです。

あと、『フォントスタイルブック2009』も 2/2 に発売です。
→ ワークスコーポレーション(発売元)の情報ページ

こちらは、毎年買う必要があるかちょっと微妙ですが、まぁきっと買ってしまうんだろうな・・・


Average Rating:not rated
  • 著作者:アイデア編集部(編集)
  • 出版社:誠文堂新光社
  • 価格 :¥ 4,515



関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2009年1月16日

●[雑談] 最近買った本

こんばんは。榊です。

数日前のことになりますが、何気なくネットを巡回していると、いつも見ているサイトで「書体の研究 Vol.2」のことを取り上げていただいていたのでびっくり。

→ 亮月製作所さん(2009.1.6の記事)
→ 路地裏萬亭さん(2009.1.7の記事)

他にもブログなどで感想を書いてくださった方や、メールで感想を送って下さった方もいらっしゃいました。みなさんありがとうございました!


■ 最近買った本

新しいのもそうでないのも取り混ぜて何冊か購入。

ゆず屋

  • 『青い花 1巻 (F×COMICS)』(Amazon楽天
  • 『リストランテ・パラディーゾ (f×COMICS)』(Amazon楽天
  • 『ラズベリーフィールドの魔女1』(Amazon楽天

『リストランテ・パラディーゾ』は読み終えたんですがとても良い感じでした。

「老眼鏡紳士萌え」というのはありだなと思ったんですが、色気のあるイタリア人だからいいんでしょうね。

ちなみにフジテレビのNOISE枠でアニメ化予定です(「ミチコとハッチン」の後番組)。


ゆず屋

  • 『3月のライオン (1) (ジェッツコミックス)』(Amazon楽天
  • 『青年のための読書クラブ 1 (Flex Comix)』(Amazon楽天
  • 『エスプリト 1 (1) (BLADE COMICS)』(Amazon楽天

『青年のための読書クラブ』は少し読みかけたんですがいまいち何を書こうとしているのか良く分からなかったです。

原作が桜庭 一樹さんなので買ってみたんですがもしかすると原作小説で読む方が良いかも。

『エスプリト』は某アキバ系サイトで紹介していたんで買ってみたんですが、まあ普通でした…


ゆず屋

  • 『ばけらの! (GA文庫)』(Amazon楽天
  • 『ばけらの!2 (GA文庫 す 2-2)』(Amazon楽天
  • 『付喪堂骨董店〈5〉―“不思議”取り扱います (電撃文庫)』(Amazon

『ばけらの!』は、1巻を読み終わって今、2巻を読み出したところなんですが、表紙イラストにだまされました!(良い意味で)

「杉井ヒカル」というライトノベル作家が主人公の軽いタッチのお話なんですが、さすが杉井光さん、それだけでは終わりませんでした。

『さよならピアノソナタ (電撃文庫)』も素晴らしかったし(完結しちゃいましたが)、やっぱりこの人の書く話はいいなぁ・・・

あと、この『ばけらの!』を読むと間違いなくラノベ作家になりたくなるはず(笑)




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2009年1月10日

●[フォント]『東方地霊殿』のロゴ

こんばんは。榊です。

冬コミ新刊の『書体の研究』Vol.2 ですが、おかげさまで[とらのあな]へ委託した分はほぼ売り切れたようです。

実は1月2日の段階で追加発注を受けたのですが、手元にもほとんど残っていないのであわてて増刷をかけました。

今月末には[とらのあな]の店頭と通販の在庫が復活する予定ですのでよろしくお願いいたします。


ところで先日、Web拍手コメントで「東方地霊殿のタイトルロゴのフォントは何でしょうか」というご質問をいただいたのですが、こちらのリンク先にあるタイトル画面のロゴのことでしょうか?

このフォントはダイナコムウェアの龍門石碑体で、パッケージとしては「DynaFont TrueType600 + 欧文3000 Vista対応版」などに収録されています。

→ ダイナコムウェアのサイト

東方地霊殿のタイトルロゴのフォント


2009年 1/24 追記:この記事の続きはこちらへ
→ ●[フォント] 東方シリーズのロゴ

他のフォント関連のエントリはこちら


Average Rating:
  • 販売元:ダイナコムウェア
  • 価格 :¥ 14,490



関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2009年1月 7日

●[フォント] 『夜桜四重奏』のロゴ

[フォント] 『夜桜四重奏』のロゴ


新年あけましておめでとうございます。

今年第1回目の更新は先日アニメが終わったところの『夜桜四重奏』です。


作者はヤスダスズヒトさん。『神様家族 (MF文庫J)』のイラストを書かれていた方で、個人的に好みの絵なんですが、それだけじゃなくてヤスダさんは本の装丁もやっちゃうところが珍しいところです。

この『夜桜四重奏』でもご本人が装丁をされています。


[フォント] 『夜桜四重奏』のロゴ

「夜桜四重奏」という漢字のロゴはダイナコムウェアのPOPミックスというフォントです。『DynaFont TrueType600+欧文3000』に収録されています。

右側の縦角が丸くしてあるのが特徴的なフォントで、ロゴではこれを150%程度の長体で使用しています。

中央に横書きされているカタカナのロゴは、嘉藤釖美という方の書だそうです。

「ヤスダスズヒト」の文字のフォントは・・・分かりませんでした。ご存じの方はぜひご一報を。


Average Rating:
  • 販売元:ダイナコムウェア
  • 価格 :¥ 14,490



関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ