漫画、アニメ、ライトノベル関係のロゴに使われているフォントの紹介。オタクのためのフォント読本「書体の研究」の情報も。

« 2008年11月 | メイン | 2009年1月 »

2008年12月31日

●[冬コミ] ご報告とお礼

こんばんは。榊です。

冬コミが終わって今日は12月31日。今年最後の更新です。


■ 冬コミのご報告

まずは、冬コミのご報告から。

え~・・・ 皆さんすいませんでした!

もう、お詫びするしかないっていう状況でした。

自分なりにどのくらい需要があるかを予想して、その1.5~2倍程度の冊数を持って行ったのですが、開場して1時間30分で(11:30 頃) Vol. 1、Vol. 2 ともに完売してしまいました。

その後は見本誌を1部ずつ残し、来てくださった方に今後の頒布予定などをひたすらご案内するばかり・・・

わざわざ来てくださったのに買っていただけなかった方には本当に申し訳なかったです。

搬入数を倍くらいにしておけば少し残ったかどうか、という感じだったので、今後のイベントではもっとたくさん持って行くようにします・・・と書きたいところですが、
もう手元には vol. 1、2 ともに100冊づつくらいしか残ってないよ!

まさかこんなニッチな本を読んでくださるマニアな方がこんなに多いとは・・・

そんなわけで増刷を検討しているんですが、ある程度まとまった数を刷らないと1冊の単価がすごいことになるのに加えて、あとどのくらい需要があるのか分からないので悩みどころです。

(例えば、 Vol.1を200冊だけ印刷すると印刷費だけで1冊約1,200円になります。)

まあ、どちらにしろ贅沢な悩みですよね。


あと、差し入れを持ってきてくださった方、本やブログの感想を伝えてくださった方、どうもありがとうございました。

普段、ブログの方にはあんまりリアクションがないので、正直なところどんな方がどんな風に見てくださっているのかさっぱり分からないんですが、こうやってイベントで読者の方と少しでもお話しできると参考になるのに加えてとても励みになります。

さあ、夏コミに向けてがんばって Vol.3 を作ろう!


■ 委託販売と通販

『書体の研究』Vol. 1 は通信販売しています。

詳しくはこちらのエントリをごらんください。

『書体の研究』Vol. 2 は「とらのあな」で委託販売中です。

通販の在庫も復活しているようです。
→ とらのあな


■ 今後の活動予定

サンシャインクリエイション42(2009年 2/8(日))

 こちらは参加確定で、配置はBホール「ウ」12b です。

 ありがたいことに、今回のカタログの「サンクリ同人誌見聞録」と言うコーナー(p.182)で「書体の研究」vol.1 を紹介していただきました。


COMIC 1 (2009年 4/26(日))

 こちらは申し込み中で、当落が確定するのは3月上旬の予定です。


とりあえず、2月のサンクリには Vol. 1、2 の両方を持って行きます。

たぶんサンクリで両方なくなるからやっぱり増刷しなきゃだめだな・・・


と、こんな感じで来年もやっていく予定です。

それでは皆様、良いお年を!




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2008年12月24日

●[書体の研究] Vol.1 通信販売開始

Web拍手コメントなどでご要望をいただきましたので、『書体の研究』vol.1 の通信販売を開始させていただきます。

2009年7月26日追記:現在、通販は休止中です。

以前も書いたように、とらのあなさんで委託していた訳ですが、そちらが完売してしまったので、手元に残っている分をこのブログを通して頒布させていただくというものです。

申し込み方法

1)このエントリの最後にあるリンク先の注文フォームから、住所、氏名、メールアドレスと、注文される冊数を送信してください。

2)折り返し当方から支払い方法のご案内をメールで送らせていただきます。

3)入金を確認次第、メール便で送付いたします。

◎注意点

・フォームに入力していただいた住所、氏名が郵送先となりますので、正確に記入をお願いいたします。

・入金先は当方の銀行口座となります(みずほ銀行)。申し訳ございませんが、振り込み手数料のご負担をお願いいたします。また、振り込みされる方の名義が送付先と異なる場合はフォームの備考欄にその旨記入をお願いいたします。

・発送は、入金確認後、翌日~遅くとも一週間以内です(本業で出張していたりする可能性があるため)。

・とらのあなさんでの価格と合わせるために、1冊1000円とさせていただきます。ただし、送料込みです。イベントだと700円ですので出来るだけイベントの機会をご利用下さい。

Vol.2 の通販ではないのでくれぐれもご注意下さい。Vol.2 の通信販売は、とらのあなさんでやってます。
→ とらのあな:『書体の研究』Vol. 2

2009/3/28 追記:下記注文フォームから Vol.2 もあわせてご注文いただけるようにしました。

vol.1, 2の内容については下記のリンクをご参照下さい。
→ 『書体の研究』Vol. 1
→ 『書体の研究』Vol. 2


2009年7月26日追記:現在、通販は休止中です。

→ 注文フォームはこちら


12/30 の冬コミにもVol.1 を多めに持って行きますので、たぶん売り切れることは無いと思います。

(Vol.1 も 2 も、実際コミケでどれだけ買っていただけるかさっぱり予想が付かないので多めに持って行かざるを得ないんですよね・・・)

>やす様

Web拍手コメントでご連絡いただいた件、了解です。適当に声をかけてください。




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2008年12月20日

●[フォント] 『まりあほりっく』

『まりあほりっく』のロゴのフォント(ゆず屋)

今回は、来年1月から1アニメ化も決定している『まりあ・ほりっく(MFコミックス アライブシリーズ)』のロゴのフォントについて。
→ アニメ公式サイト

『まりあほりっく』のロゴのフォント(ゆず屋)


使用フォントはアトリエフォント和楽

『FONTWIRE 3400 EXTRAPACK for Windows』にも収録されているので持っている方も多いかも知れません。

「あ」の左下のカーブが折れていたり「く」の頭に段差がつけてあったりと、アクセントの付け方が面白いフォントですが、ロゴではこれに少し長体をかけて使われています。

文字には金系の特色で縁取られています。金色というと派手な印象があるのですが、ちょっとくすんだ感じの落ち着いた色合いで構成されているイラストやその背景と上手くなじんでいて良い感じです。


Average Rating:
  • 販売元:データクラフト
  • 価格 :¥ 14,700



関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2008年12月17日

●[書体の研究] vol.2 通販受付開始

冬コミの新刊『書体の研究』vol.2 も、とらのあなさんに委託することになりました。

販売開始は冬コミでの頒布に合わせて 12/30 からの予定です。

vol.1 のときと同じく945円(税込)です。

(イベントなら700円ですので冬コミに来られる方はできればそちらでどうぞ。)

とらのあなさんでは通信販売もありますので遠方の方はどうぞご利用下さい。

すでに予約受付を開始しています。

→ とらのあな:書体の研究 vol.2


ちなみに、vol.1もとらのあなさんに委託したんですが、おかげさまで完売しております。

が、まだ手元には若干残っていますので個人的に通販をしようかと現在検討中です。




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2008年12月16日

●[雑談] 游ゴシック体など

なんだか最近アクセスが多いと思ったら、オタクとデザインさんのところでうちの名前が・・・

新刊は現在制作中とのことですが、かなり面白そうな感じです。間に合うように祈ってます。

ちなみに、「オタクとデザイン」さんと「オタクブックス」さんの配置は、うちのスペースから2列ほど離れているだけなので、何とか売り子を中断して買いに行こうと思っています。


■ 『書体の研究』vol.1 の取り置きについて

数日前に、冬コミの際に、「行くのが遅くなりそうだが『書体の研究』vol.1を取り置いてもらうことは出来るだろうか?」という趣旨のご連絡をいただいたので、それについて。

一応、売り切れることがないように十分な冊数を持って行くつもりですが、万が一無くなりそうだったら取っておきますので適当に声をかけてください。

ただ、事情により閉会(16:00)までスペースにいられるかどうか分からないので、15:00までに来ていただけると確実かと思います。


■ 游ゴシック体

游ゴシック体のMとBが来春に出るというのは先日も書いたとおりですが、今日、字游工房の鳥海さんが3月に出すとおっしゃっていました。まだ少し先ですが楽しみに待つことにします。
→ 2008/11/06:[フォント] これから来春にかけてのリリース情報

あと、游ゴシック体が楽しみなのはもちろんですが、その後何を作るのかも気になるところですね。


■ 買う予定の本、買い忘れていた本

Average Rating:
  • 著作者:竹岡 美穂(イラスト)
  • 出版社:エンターブレイン
  • 価格 :¥ 2,520

大好きな「文学少女」シリーズのファンブック。15日発売なのにうっかり忘れていました・・・

しかたないので Amazonで注文・・・と思ったら納期がかなり先なので断念。


『ベネズエラ・ビター・マイ・スウィート (MF文庫J)』と同じ著者:森田季節+イラスト:文倉十のコンビの新刊『プリンセス・ビター・マイ・スウィート』が出る模様。一応読んでおく予定。


クリスマスなんて関係ない私ですが、12/25日には芳文社から『ひだまりスケッチ』の4巻と『あっちこっち』の2巻のプレゼントが。って、もちろん自分で買うわけですが・・・

クリスマスは・・・一人でマンガ読んで、アニメのDVDでも見て健全に過ごします。

元旦もおそらく自宅で一人で以下同文。




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2008年12月12日

●[冬コミ新刊] 『書体の研究』vol.2 完成

こんばんは。榊です。

『書体の研究』の新刊のデータは先週印刷所に入稿していたのですが、今日、無事に印刷があがってきました。

なんと段ボール17箱!

といっても別に何千冊も刷ったわけではなく、どういうわけか小さい箱に小分けされて送られてきただけなんですが・・・

[冬コミ新刊] 『書体の研究』vol.2 完成

[冬コミ新刊] 『書体の研究』vol.2 完成

[冬コミ新刊] 『書体の研究』vol.2 完成

ちょっと表紙の色が地味な気もしますが仕様です・・・

画面の一番上に大きく書いているように、冬コミ3日目で頒布いたしますので興味を持ってくださった方はぜひお立ち寄りください。


宣伝のため、先日アップしたプレビューを以下にもう一度載っけておきます。


ゆず屋:冬コミ(C75)新刊『書体の研究』vol.2

ゆず屋:冬コミ新刊『書体の研究』vol.2

ゆず屋:冬コミ新刊『書体の研究』vol.2

ゆず屋:冬コミ新刊『書体の研究』vol.2

ゆず屋:冬コミ新刊『書体の研究』vol.2

ゆず屋:冬コミ新刊『書体の研究』vol.2

ゆず屋:冬コミ新刊『書体の研究』vol.2

ゆず屋:冬コミ新刊『書体の研究』vol.2

ゆず屋:冬コミ新刊『書体の研究』vol.2

ゆず屋:冬コミ新刊『書体の研究』vol.2


夏コミで出した『書体の研究』vol.1 は40ページでしたが、今回は4ページ増えて全44ページです。

さらに、前号の冒頭にあった「はじめに」のページを無くし、各ページの文字数も増やしたので、全体で6ページ分程度は情報量が増えているのではないかと思います。

なお、ページは増えましたがイベントでの頒布価格は前号と同じ700円の予定です。我ながらバカだとは思うのですが、今回も印刷代にボーナスのほとんどをつぎ込む予定だったりします(笑)

で、肝心の内容ですが、今回は特集として「フォントの買い方1」というのをやります。

ダイナコムウェアやニィスなどの安価なフォントパッケージをとりあげて、収録書体やライセンス範囲なんかを比較するというものです。どちらかといえば初心者の方向けの記事ですが、できるだけいろんな層の方に楽しんでいただけるように写研書体との比較なんかも織り交ぜて書いています。

「ロゴタイぷっ!」のコーナーには、前回より1作品増えて6作品の使用書体やデザインのお話を載せています。

「架空文字研究所」のお題は「ゼントラーディ文字」。まあ、今書かないでいつ書くっていうかんじですね、これは。

とまあ、こんな感じで仕上がっております。

印刷は前回と同じく全ページフルカラーのオフセット印刷で、本文44ページ+表紙となります。

冬コミでの配置は 12/30(3日目)西「つ」-16a です。

年末の忙しい時期ですが、ご興味を持っていただけた方はぜひお立ち寄り下さい。

以上、コミケ新刊のご案内でした。


vol.1 も持って行くのでまだの方は良かったらどうぞ!

『書体の研究』vol.1 の内容はこちらをご覧下さい。
→ ●[夏コミ新刊] 『書体の研究』最新情報


2008年 12/20 追記:通販に関する情報はこちら




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2008年12月 6日

●[フォント] モリサワの新書体

モリサワから新書体がリリース

先日書いていたモリサワの新書体が届きました。

パスポートユーザにはこんな感じでディスクが送られてきます。

モリサワから新書体がリリース

フォントデータの入ったディスクだけでなく、新書体のコンセプトなどを紹介した小冊子(31ページ)と、おまけのフォント用語辞典のようなもの(46ページ)が付いてきました。

ユーザー全員に追加料金なしで発送している割にはしっかりした感じです。


リリース内容は至極まっとうで、基本書体の Adobe Japan 1-6への対応や学参書体の追加といった基本的な部分を着実に進めています。


モリサワから新書体がリリース

あと、新丸ゴ用のかなとして、「丸ツデイ」と「丸アンチック」が登場。

「丸アンチック」みたいなオールドスタイルの要素を取り入れた書体はやっぱり流行なんでしょうか。

フォントワークスからも「筑紫A丸ゴシック-B」と「筑紫B丸ゴシック-B」とオールドスタイルの丸ゴシック体が出ますからね。
→ フォントワークス 新書体情報

また丸明みたいにあちこちで見かけることになるのかも・・・


モリサワから新書体がリリース

意外だったのは、新ゴ用の欧文書体が出たことです(上の画像の一番目)。

ClearTone SG と言うそうですが、ちょっと味気ない名前ですね・・・

デザインの好みはさておき、ウエイトが新ゴに合わせてEL~Uまで揃っているのはたしかにメリットですね。


モリサワから新書体がリリース

装飾書体は新ゴと新丸ゴについて、それぞれ「シャドウ」、「エンボス」、「太ライン」がリリース。

こんなサンプルを乗せているように、あきらかにマンガ用です。


と、今回のリリースはこんな感じですが、実は一番有用なのはゴシックMB101用の小がなだったり・・・

あと、気になっていた「ららぽっぷ」は、単なる新丸ゴ用のPOP系かな書体でした。




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2008年12月 2日

●[同人] 『オタクとデザイン』は出るの?

今週末には冬コミのカタログ(冊子版)が発売になるわけですが、今一番気になっているのは『オタクとデザイン』の新刊が出るのかということです。

オタクとデザインさんのサイトを見ても夏コミの新刊情報のままなので気になっているんですが、今日届いた『虎通(とらのあなの情報誌)』に染谷さんが連載されていらっしゃる「同人とデザイン」を見ると、すみっこに「冬コミ新刊は「オタクとデザイン第3号のはず」と書かれていたので、たぶん出るのでしょう・・・

ちょっと不安ですが、楽しみに待つことにします。

もし3日目だとすると、うちのスペースの近くだと買いに行きやすいのでありがたいなぁと。

(一人で売り越しているのでスペースを離れられないのです・・・)

あと、オタクブックスさんも夏コミの本がむちゃくちゃ面白かったので、もし冬も出されるなら何とか買いたいと思っているところです。

(うちの新刊『書体の研究』vol.2 の情報はこちら


ところで、昨日、『かんなぎ』のフォントが「"ComicStudio-GA Regular"ではないか」という情報をいただきました。(774さん、ありがとうございました。)

実は、『かんなぎ』は非常に好きな作品で(コミックスの方)、ロゴの書体も築地という好みの書体で、さらに本の装丁がよつばスタジオの里見さんと、非常にそそられる題材だったので、時間が出来たら何か書こうと思っていたのですが、気がついたら既に「ごった煮ちゃんぽん」さんのところで紹介済みでした(笑)

なんか、以前にも似たようなことがあった気が。仕事早いの見習わないとなぁ・・・

というわけで、あの「かんなぎ」の文字は味岡かなシリーズの築地なのですが、ググってみたところどうやら ComicStudio-GA Regular というフォントの仮名も築地らしいので、これも正解かと思われます。

(コミックスタジオのサイトを見ても付属フォントの情報がなかったのではっきりとは確認できませんでした)




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ