漫画、アニメ、ライトノベル関係のロゴに使われているフォントの紹介。オタクのためのフォント読本「書体の研究」の情報も。

« 2008年10月 | メイン | 2008年12月 »

2008年11月26日

●[フォント] モリサワが新書体をリリース!?

昨日の夜、モリサワのサイトを見たら2008年11月27か28日付けで、パスポートユーザー向けに新書体を発送しました、というようなことが書いてあった。

未来のことなのにどうして過去形? と思っていたところ、今日見直そうとしたらサイトから消えていた。

私が寝ぼけていたのでなければ、フライングで公開してしまったんだと思う。

はっきり覚えていないが、なんだか「ららぽっぷ」とかいう謎の書体を含めて(名前は覚え間違えているかも)、結構たくさん新書体が出るらしい。

中でも気になったのは、既存の書体の装飾書体、ようするにアウトライン文字にしたり影付きにしたりしたものをリリースするそうで、説明文にはマンガでの使用を想定しているようなことが書いてあった。

フォントワークスが12月にリリースを予定している新書体にも、コミック用途を意識したものがあることを考えると、いよいよマンガでも写植からデジタルへの移行が本格化するということだろう。

ただ、個人的にはスーシャとゴーシャに変わるフォントを出して欲しいところ・・・




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2008年11月23日

●[冬コミ新刊] 『書体の研究』vol.2

こんばんは。榊です。

今度のコミケに出す新刊を作っていたためブログの更新が滞っていましたが、今日、とりあえず全てのページ埋めることが出来ました。

後は1週間ほどかけて推敲し、ファイルを入稿用に整えて印刷所に送るだけです。

というわけで、早速ですが現時点での原稿のプレビューを掲載したいと思います。

ちょっと画像が重いかも知れませんが、ご覧いただければ幸いです。


ゆず屋:冬コミ(C75)新刊『書体の研究』vol.2

ゆず屋:冬コミ新刊『書体の研究』vol.2

ゆず屋:冬コミ新刊『書体の研究』vol.2

ゆず屋:冬コミ新刊『書体の研究』vol.2

ゆず屋:冬コミ新刊『書体の研究』vol.2

ゆず屋:冬コミ新刊『書体の研究』vol.2

ゆず屋:冬コミ新刊『書体の研究』vol.2

ゆず屋:冬コミ新刊『書体の研究』vol.2

ゆず屋:冬コミ新刊『書体の研究』vol.2

ゆず屋:冬コミ新刊『書体の研究』vol.2


夏コミで出した『書体の研究』vol.1 は40ページでしたが、今回は4ページ増えて全44ページです。

さらに、前号の冒頭にあった「はじめに」のページを無くし、各ページの文字数も増やしたので、全体で6ページ分程度は情報量が増えているのではないかと思います。

なお、ページは増えましたがイベントでの頒布価格は前号と同じ700円の予定です。我ながらバカだとは思うのですが、今回も印刷代にボーナスのほとんどをつぎ込む予定だったりします(笑)

で、肝心の内容ですが、今回は特集として「フォントの買い方1」というのをやります。

ダイナコムウェアやニィスなどの安価なフォントパッケージをとりあげて、収録書体やライセンス範囲なんかを比較するというものです。どちらかといえば初心者の方向けの記事ですが、できるだけいろんな層の方に楽しんでいただけるように写研書体との比較なんかも織り交ぜて書いています。

「ロゴタイぷっ!」のコーナーには、前回より1作品増えて6作品の使用書体やデザインのお話を載せています。

「架空文字研究所」のお題は「ゼントラーディ文字」。まあ、今書かないでいつ書くっていうかんじですね、これは。

とまあ、こんな感じで仕上がっております。

印刷は前回と同じく全ページフルカラーのオフセット印刷で、本文44ページ+表紙となります。

冬コミでの配置は 12/30(3日目)西「つ」-16a です。

年末の忙しい時期ですが、ご興味を持っていただけた方はぜひお立ち寄り下さい。

以上、コミケ新刊のご案内でした。


vol.1 も持って行くのでまだの方は良かったらどうぞ!

『書体の研究』vol.1 の内容はこちらをご覧下さい。
→ ●[夏コミ新刊] 『書体の研究』最新情報




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2008年11月13日

●[雑談] 『とらドラ!』やばい

『とらドラ!』のギニュー特戦隊の回を見たんですが・・・

大河がかわいすぎてやばいです!

絵もかわいいし、もちろん釘さまは鉄板。

アニメ化が決まったときは心配もあったのですが、もう言うことなしです。

あ、ちょっと展開早すぎるけど(笑)


文庫
とらドラ!1 《文庫》
Average Rating:
  • 著作者:ヤス(イラスト)
  • 出版社:アスキー・メディアワークス
  • 価格 :¥ 536



関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2008年11月 7日

●[フォント] 『今日の5の2』

『今日の5の2』のフォント

『今日の5の2』のフォント

本日は、現在オンエア中の『今日の5の2』で使われているフォントのお話です。

といっても、上の画像にあるロゴはちょっと微妙なのでスルーして、今回は各話タイトルの書体を見てみたいと思います。


『今日の5の2』のフォント

『今日の5の2』のフォント

『今日の5の2』のフォント

『今日の5の2』のフォント

『今日の5の2』のフォント

それぞれのエピソードの始めにこういう感じでタイトルが表示されるのですが、放送を見ていて「このカタカナの選択はうまいなぁ」と感心してしまいました。

カーブの部分が普通のゴシック体より直線的になっていて、可愛らしいような、素朴なような、何とも言えない複雑な印象を出しています。

(19時間目の「キガエ」(女子版)と19.5時間目の「キガエ」(男子版)とでは、「エ」の文字が変えてあったりも。)


『今日の5の2』のフォント

一瞬、片岡さんの iroha ゴシックかと思ったんですが、違いました。

フォントワークスの ロダンわんぱく Bです。

文章に使うとのと、こうやってカタカナだけでタイトルとして使うのとではずいぶん印象が違って見えるんですね。勉強になりました。

ちなみに、「ロダンわんぱく」というのはフォントワークスから販売されているバージョンの名前で、その仮名部分はモリサワから出ている「わんぱくゴシック N」(仮名書体)と基本的に同じです(こちらは新ゴに合わせて作ってあるのでウエイト展開が違います)。なので、実際に使用されたのはモリサワの方かも知れません。

この「わんぱく」(正確には「ニューわんぱくゴシック」)の書体デザインは現タイプラボの佐藤豊さん。

1984年に発売された写植用書体「わんぱく」をデジタル用にリデザインしてフォント化したものだそうです。
→ タイプラボ


『今日の5の2』のフォント

(クリックで拡大)

余談ですが、この「ロダンわんぱく」ではウエイト DB と B で「ズ」の文字の濁点の位置が変わります(「ガ」では変わっていない)。

一方、「ロダン」では EB と UB の間で変わります。ええ、ただそれだけなんですが・・・


最後に、大切なことを書き忘れていました。

私はもちろん日高メグミ派です。

(下の画像の左から2番目の子)

理由は分かりますよね。もちろんメガ(ry

『今日の5の2』のフォント


*画像は『今日の5の2』((c)桜場コハル・講談社・5年2組保護者会)オンエア版より引用


Average Rating:
  • 販売元:キングレコード
  • 価格 :¥ 7,350



関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2008年11月 6日

●[フォント] これから来春にかけてのリリース情報

これから来春にかけてのフォント関連で気になっているリリース情報をまとめておきます。


■ 2008年12月 フォントワークスから新書体リリース

先月アナウンスのあった新書体がいよいよ来月登場です。

今回リリースされるのは以下の8書体。

  • 筑紫オールド明朝
  • 筑紫丸ゴシック(Aタイプ/Bタイプ)
  • 万葉古印
  • 万葉古印ラージ
  • くろかね
  • コミックレゲエ
  • コミックミステリ

→ フォントワークスのニュースリリース

* 12月にリリースされるのはLETS会員向けです。


■ 2008年中 「ZEN角ゴシック」 リリース

A-1 より ZEN角ゴシックが発売。

時期は「年内」ということで詳細は未定。

1年前に公式サイトでアナウンスされたっきりなんですが、本当に出るのでしょうか・・・

→ A-1 公式サイト


■ 2008年12月30日 新刊『書体の研究 vol.2』発売

タイトル通りです(笑)

冬コミ3日目、配置は「西-つ 16a」です。

年末の忙しい時期だと思いますが、よろしければ是非お立ち寄り下さい。


■ 2009年2月 『タイプバンクLETS』サービス開始

タイプバンクゴシックが!、タイポスが!

入会金は31,500円、年会費は1年コースの場合 37,800円/1PC/1年間だそうです。

→ フォントワークスのニュースリリース


■ 2009年春 游ゴシック体 M, B リリース

字游工房から游ゴシック体 M, B が発売です。

すでに L と H は発売されていたわけですが、ようやく一番欲しかったウエイトが出るようです。

→ 字游工房

(ソースは『idea 11月号』の広告。字游工房のサイトにはまだ情報が出ていないようです。)




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ