漫画、アニメ、ライトノベル関係のロゴに使われているフォントの紹介。オタクのためのフォント読本「書体の研究」の情報も。

« 2008年9月 | メイン | 2008年11月 »

2008年10月30日

●[雑談] しょたけん、雑誌に載る!?

『書体の研究』

うちで出してる同人誌(『書体の研究』)が、市販の雑誌に載っていて驚きました・・・

といっても、『書体の研究』だけが載っていたわけではもちろん無く、『オタクとデザイン』、『オタクブックス』といったデザイン方面の同人誌と、『日本語書体少女』、『ライトノベル×フォント』、『少女と活字』のような書体関係の同人誌が取り上げられたうちの1つなわけですが。

雑誌というのは、『idea (アイデア) 2008年 11月号』Amazon)。

デザイン関係の方はご存じだと思いますが、『アイデア』というとやや高尚な感じののグラフィックアート情報誌で、隔月刊とはいえ3000円近いこともあって、私はたまにしか買ってません(笑)

その中に、見開きで、「デザインで盛り上がる同人誌の兆候」という記事(文章は、ばるぼら氏)があって、この手の同人誌が取り上げられたわけです。

こちらのブログで知って、あわてて買ってきました。

しかし、ちゃんとこのジャンルの本を網羅し、書いていることも短いながらも的確に状況をまとめていて感心しました。


ちなみに、その『書体の研究 vol.1』はというと、とらのあなさんでの委託分は完売いたしました。

次回は、当選すれば冬コミで新刊である vol.2 と一緒に頒布したいと思っています。

興味をお持ちくださった方は、その際にぜひお立ち寄りいただければ幸いです。


Average Rating:not rated
  • 出版社:誠文堂新光社
  • 価格 :¥ 2,970



関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2008年10月29日

●[フォント] 『ささめきこと』

『ささめきこと』のフォント

今日は いけだたかし氏の『ささめきこと(MFコミックス)』のフォントについて。

百合系の恋愛マンガなんですが、ラブコメとして楽しめる内容でありながら、おちついた叙情的な世界を保っているという良作で、かなりお勧めです。

主人公が眼鏡なのも◎。

現在、第3巻まで出ています。


『ささめきこと』のフォント


『ささめきこと』のフォント

タイトルロゴのフォントは味岡かなシリーズの小町 M(リョービイマジクス)です。

ちょっとクセのあるデザインですが、読んだことのある方なら分かるように、本作の情緒的な雰囲気にマッチした書体だと思います。

一方で、表紙の中央に配された著者名には力強い ゴシック MB101 を使い、全体のイメージを引き締めています。

ちなみに、カバーの表記によればデザインは Kプラスアートワークスの小林博明さん。

今度取り上げる予定ですが、同じ MFコミックスの『まりあほりっく』のデザインと同じ方ですね(あの装丁も好きです)。


* 表紙画像は『ささめきこと』((c)いけだたかし)第2巻(メディアファクトリー)より引用。


おまけ

こんなロゴだったら作品の雰囲気が台無しだろうなという『らき☆すた』風デザイン・・・

『ささめきこと』のフォント


他のフォント関係記事はこちら





関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2008年10月25日

●[フォント] 『魔法少女リリカルなのは』

『魔法少女リリカルなのは』のロゴの書体

先日も書いたように HDD レコーダーが壊れて、今期のアニメをまともに見ることが難しくなったので、代わりに DVD で『魔法少女リリカルなのは』と『魔法少女リリカルなのは A's』を観ていました。

『A's』は今回初めて観たんですが、予想以上に面白かったです(あいかわらず「拳で語る」展開でした)。

なんであんなに「なのは」のオンリーイベントに行列が出来ているのか不思議だったんですが、ようやく分かった気がします。

というか、「無印」とくらべて「A's」がかなり面白くなっていたので、今頃まで観ていなかったのがかなり損した気分です。

清水香里さんファンの私としてはシグナムを堪能させていただきました(服がピンクなのはいまいちですが)。

あと、ヴォルケンリッターがなんとなく某 紙使い3姉妹とかぶるのですが(シグナムは除く)、おかしいでしょうか?(笑)


では、少しフォントのお話を。

■ 『魔法少女リリカルなのは』のロゴ

『魔法少女リリカルなのは』のロゴのフォント

『魔法少女リリカルなのは』のロゴのフォント

(クリックで拡大)

「無印」のロゴでは、上の画像のように「とっちらかった」不思議な文字が使われています。

なんとなく、ダイナコムウェアの DF クラフト 遊だろうと思っていたんですがどうも違うようです。

ご存じの方がいらっしゃったらぜひ教えてください(フォントではないのかも知れません)。

それにしても、もう少しまとまりのある書体の方が良かったのでは・・・


■ 『魔法少女リリカルなのは A's』のロゴ

『魔法少女リリカルなのは』のロゴのフォント

『魔法少女リリカルなのは』のロゴのフォント

(クリックで拡大)

一方、『A's』の方はというとガチガチのゴシック体。

おそらく 平成角ゴシックだと思われます(平成書体はメーカーによって細かなデザインが違いますが、上の画像ではダイナコムウェアのを使っています)。

「無印」のときのあの文字から、こんな太いゴシック体に変えるとは極端すぎますよ(笑)

一体どういう発注だったのか謎です・・・(ライセンス費用の関係などで使える書体が限られていたのかも知れませんが)


『魔法少女リリカルなのは』のロゴのフォント

(クリックで拡大)

私がフォントを選ぶと、どうしても個人的な趣味で細いフォントにしてしまうんですが、やっぱりアニメのロゴには向いていないかも知れませんね。


*ロゴ画像はそれぞれ『魔法少女リリカルなのは』((c)なのは PROJECT)と『魔法少女リリカルなのは A's』((c)なのはA's PROJECT)DVD より引用。

マンガやラノベのフォントに関する他の記事はこちら
→ フォント関連記事 一覧


Average Rating:
  • 著作者:メガミマガジン編集部(編集)
  • 出版社:学習研究社
  • 価格 :¥ 2,625



関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2008年10月18日

●[フォント] 『ストライクウィッチーズ』

ストライクウィッチーズ

今日は『ストライクウィッチーズ』のフォントのお話です。

例によって、すでにごった煮ちゃんぽんさんのところで紹介されているので取り上げるつもりはなかったのですが、「ストライクウィッチーズ」×「フォント」という検索キーでこのブログに来られる方が多いので、一応うちでも紹介しておこうと思います。


ストライクウィッチーズ

ストライクウィッチーズ

(クリックで拡大します)

まずはこちらのメインのロゴ。

Gray Graphics さんのところのフリーフォント、Commercial Break のようです。
→ ダウンロードはこちら

見たとおり、分割線のようなものが入っているのですが、それ以外にもちょっと平体ぎみだったり、横線の幅を太くしてあったりと、手が加えられているようです。


これだけだと新しい情報が何もないので、少しおまけを。

ストライクウィッチーズ

ストライクウィッチーズ

TV アニメの各話タイトルに使われているゴシック体ですが、こちらはフォントワークスの ニューロダン DB

第1話のタイトルには仮名がないので「ロダン」か「ニューロダン」か区別がつきにくいですが、話数の「1」で「ロダン」じゃなくて「ニューロダン」だということが分かります。

モダンゴシックとしてはやはりモリサワの「新ゴ」をよく見かけますが、「ニューロダン」はちょっと珍しいのではないでしょうか。

ストライクウィッチーズ

ためしに新ゴで作ってみると、こうなります。


ストライクウィッチーズ

ストライクウィッチーズ

(クリックで拡大します)

あと、『ストライクウィッチーズ』といえば、パッケージの Helvetica が印象的ですね。

Helvetica の使い方としては一般的な感じですが、アニメDVDのパッケージとしてはこういう堅実なデザインは少数派なのでかえって目立ちますね。


*画像は『ストライクウィッチーズ』DVD第1巻と、そのパッケージより引用((c) 第501統合戦闘航空団)。

他のフォント関係の記事はこちら → フォントカテゴリの記事


Average Rating:
  • レーベル:コロムビアミュージックエンタテインメント
  • 価格 :¥ 2,940



関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2008年10月17日

●[PS3] 『リトルビッグプラネット』がようやく発売

1年以上前から噂になっていた『リトルビッグプラネット』が 10/30 に発売になるそうです。

もともとこのゲームが発売されたら PS3 を買おうかと思っていたんですが、本体との同梱版もでるようなので、やはり思い切って買うことにしようと思います。

β版をやった人の評価がかなり高いことからも期待できそうです。

物理演算によるリアルな動きも見事ですが、オンラインで4人同時プレイ出来るのと、自分で作ったステージを公開できるのも魅力ですね。オブジェクトがハルヒとか初音ミクの形になっているステージを作る人がきっとたくさんいるはず(笑)


Average Rating:
  • 販売元:ソニー・コンピュータエンタテインメント
  • 価格 :¥ 5,980
Average Rating:
  • 販売元:ソニー・コンピュータエンタテインメント
  • 価格 :¥ 44,980



関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2008年10月15日

●[雑談] 今期のアニメ終了

10月になって、新しいアニメがいよいよ始まりました。

ほとんど全てのアニメを録画しておいて、後でゆっくり観ながら「どれを観てどれを切るか」を決めようと思っていたのですが、いきなりHDDレコーダーが壊れました・・・

買ってまだ3ヶ月だったのに、ソニーさん勘弁してください(笑)

これは、アニメ観てないで新刊を早く作れということでしょうか・・・

ちなみに、『とらドラ!』は何とか観られたのですが、「インコちゃん:後藤沙緒里」って、マジですか!?(声を聴いてもあれでは誰か分かりません)


そんなわけで、仕方ないので(?)「しょたけん」こと「書体の研究」vol.2 の制作に励むことにします

書体の研究

(とかいいつつ、こんな使いもしない嘘ロゴを作っている私・・・)




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2008年10月13日

●[フォント] タイプバンクもLETS!

タイトルの通り、タイプバンクも LETS に参加するそうです。

LETS というのは、フォントワークスが提供しているフォントのレンタルサービスのようなもので、所定のライセンス料を年ごとに支払うことで、契約期間中、そのメーカーのフォントをほぼ全て、追加料金なしで使用できるというサービスです。

モリサワでいえばフォントパスポートですね。

これまでにも LETS にはフォントワークスだけでなくイワタが参加していたんですが、来年2月からタイプバンクも加わるそうです。

タイプバンクといえば、書体数はモリサワやフォントワークスほどではないものの、タイポスオールマイティなんかもあるわけで(もちろん漢字タイポスも)、非常に気になるところです。

→ 株式会社タイプバンクがLETS事業に参画

フォントというのは、ちゃんと使おうと思うと、単品で(1ウエイトだけ)持っていてもあんまり役には立たないので、全書体、全ファミリーが自由に使えるこの手のサービスは非常にありがたいと思うのですが、リョービイマジクスとか大日本スクリーン製造とかもやってくれないものかなぁ・・・


Average Rating:not rated
  • 販売元:モリサワ
  • 価格 :¥ 52,500



関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2008年10月12日

●[フォント] 『とある魔術の禁書目録』

『とある魔術の禁書目録』

今日は、ついにアニメ放送の始まった『とある魔術の禁書目録』のフォントについて。

『とらドラ!』の場合もそうでしたが、この作品でも原作である電撃文庫版とTVアニメ版とではタイトルロゴが変更されており、デザインもフォントも違っています。


■ 原作

『とある魔術の禁書目録』

再現

『とある魔術の禁書目録』

(クリックで大きな画像が開きます)

電撃文庫版のロゴにはこんな感じで楷書体が使われています。

ごった煮ちゃんぽんさんの所でもすでに紹介されているように、この楷書はモリサワの新正楷書体 CBSK1 です。

「禁書目録」の4文字は 125 % 程度の平体になっています。

一方、フリガナである「インデックス」の文字は、同じくモリサワの 新ゴ M

ついでに背のタイトルなんかのフォントも書いておきましたが、全部モリサワのフォントだったり・・・(笑)


■ TV アニメ

『とある魔術の禁書目録』

再現

『とある魔術の禁書目録』

『とある魔術の禁書目録』

(クリックで大きな画像が開きます)

一方、TV アニメ版では楷書ではなく明朝体に変わっています。

見たとおり、文字ごとに長体や平体がかけて変化をつけてあります。

フォントは Adobe の小塚明朝。基本はウエイト B なんですが、「書」の文字だけはサイズが小さいので線幅を合わせるために1ウエイト上げて H にしてあるようです。

「インデックス」の文字はモリサワの ネオツデイ DB(ウエイトはもしかしたら違うかも)。こちらも新ゴから変わっていますね。


何となく小塚明朝だと物足りない気がして他の明朝体を試してみたんですが、どれもぴんとこない感じでした。

案外、小塚があっているのかもしれません。

『とある魔術の禁書目録』

おまけ。昭和モダン体と Natsumikan で『さよなら絶望先生』風に。


というわけで、今日は『とある魔術の禁書目録』のフォントの話題でした。

画像は電撃文庫版12巻表紙とTV アニメーション OP より引用させていただきました。
(c) 鎌池和馬/アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX





関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2008年10月 9日

●[雑談] ヘルベチカの過去・現在・未来展

こんばんは。結局、この夏のアニメは『夏目友人帳』が一番面白かったと思う榊です。


■ ヘルベチカ

で、『夏目友人帳』とは何の関係もない話なんですが、10月21日(火)~10月28日(火)にラフォーレミュージアム原宿で『A tribute to Typography ~ ヘルベチカの過去・現在・未来』展というのがあるそうです。

ヘルベチカといえば・・・と説明しようかと思いましたがあまりに有名な書体ですから省略(笑)

詳しくはこちら→『A tribute to Typography ~ ヘルベチカの過去・現在・未来』展 開催決定!

あと、噂のヘルベチカのドキュメンタリーDVDの日本語版も今月発売です。

Average Rating:not rated
  • 販売元:角川エンタテインメント
  • 価格 :¥ 4,935

■ 『デザインのひきだし6』発売

『デザインのひきだし6』

『デザインのひきだし6』

『デザインのひきだし』の第6巻がついに発売です。

今号もあいかわらず特殊印刷や箔押し、ファインペーパーのサンプルが山盛りでした。

いろんな箔のサンプルがついていたのはありがたいです。

Average Rating:not rated
  • 出版社:グラフィック社
  • 価格 :¥ 2,100

■ 今月の電撃文庫

今月は『とらドラ!』の新刊が出るよ!

個人的には岩田 洋季さんの『めしあのいちにち』の第2巻も楽しみです。

Average Rating:not rated
  • 出版社:アスキー・メディアワークス
  • 価格 :¥ 536
Average Rating:not rated
  • 出版社:アスキー・メディアワークス
  • 価格 :¥ 620



関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2008年10月 6日

●[イベント] サンクリ無事終了

■ サンシャイン・クリエイション41 終了

こんにちは。榊です。

昨日はサンクリでした。たくさんの方にお越しいただき、おかげさまで持っていった分の『書体の研究』は完売することができました。

売り切れ後にお越しいただいた方は申し訳ありませんでした。後にも書くようにまた販売の予定がありますので次の機会にぜひお願いいたします。

また、ブログを見てくださっている何人かの方に声もかけていただきました。最近、更新頻度が落ち気味のブログですが、これからもよろしくお願いします。ネタのリクエストなんかもお気軽にどうぞ!


■ 今後の予定

『書体の研究』vol.1 はまだ若干の在庫があります。

抽選に通れば冬コミに持って行く予定ですので、ご興味のある方はぜひお立ち寄り下さい。

また、とらのあなさんに委託した分も通販のページを見る限り、少し残っているようです。
→ とらのあな:通販ページ

(在庫があっても店舗によっては店頭にない場合があるのでご注意下さい)


画面上のバナーにも書いているように『書体の研究』vol.2 は冬コミに向けて現在制作中です。

vol.2 と vol.3 では「フォントの買い方(仮題)」という特集を2回に分けて書く予定です。

実は昨日のサンクリで KKITT さんの「同人作家のためのフォントの本」という同人誌を入手できたんですが(著者の方ご自身から声をかけていただきました!)、ネタがかぶっていることが判明(笑)

ですが、題材は同じものの内容の方向性がやや違うので、このまま進めることにしちゃいます。どんな内容になるかお楽しみに。




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2008年10月 3日

●[フォント] 『ベネズエラ・ビター・マイ・スウィート』

『ベネズエラ・ビター・マイ・スウィート』のフォント

本日のフォント買いは『ベネズエラ・ビター・マイ・スウィート (MF文庫)』(Amazon楽天)。

仕事帰りに虎の穴で見かけたんですが、このゴシック体の見事な見せ方に加えて文倉十さんのイラストとくれば、もう買うしか有りませんよね?。

(文倉さん=『狼と香辛料』のイラストレーターさん)


では早速ですが、このタイトルのフォントは何でしょうか?

ぱっと見の印象は、あきらかにモリサワのあのフォントなんですが、なんだか違うような気も・・・

いくつか試してみましょう。


■ セザンヌ(フォントワークス)

『ベネズエラ・ビター・マイ・スウィート』のフォント

このロゴでは少し文字が傾けてあるので、以後の検討ではすべて6度のシアーをかけてあわせてあります。

上の画像のようにセザンヌでは「タ」の3画目が突き出ていなかったり、「ネ」の上の点が寝ていなかったりと、全然違いますね。


■ ロダン(フォントワークス)

『ベネズエラ・ビター・マイ・スウィート』のフォント

ロダンはセザンヌよりは似ていますが、「タ」も「ネ」もやはり違いました。


■ DF 極太ゴシック(ダイナコムウェア)

『ベネズエラ・ビター・マイ・スウィート』のフォント

DF 極太ゴシックでは「ネ」の点は寝ていますが、「タ」は依然として違います。


■ ゴシック MB101(モリサワ)

『ベネズエラ・ビター・マイ・スウィート』のフォント

さて、最初に書いたモリサワのあのフォントというのは、この MB101 のことでした。

たしかに「タ」や「ネ」の形は合っているのですが、決定的に違うのは、MB101 にはアクセントが付いていることです。アクセントというのは線のカドに付いている小さい出っ張りのことで、オリジナルのロゴには有りません。

が、どうさがしてもこれより似ているフォントが見つかりませんでした。

というわけで、MB101 のアクセントを手作業で取り除いたのではないかと考えています。

『ベネズエラ・ビター・マイ・スウィート』のフォント

これは MB101 で再現してみたものですが、よく見てみると「ネ」の最後の点がくっついていないところも違っていましたね・・・

しかし、本の冒頭にあるカラーイラストページで使われているゴシック体には下の写真のようにアクセントが付いていて明らかに MB101 なので、たぶんロゴも同じフォントであっているのではないかと思います。

『ベネズエラ・ビター・マイ・スウィート』のフォント

10/4 追記:書き忘れていましたが、他にも「ウ」の1画目の点や「ー(音引き)」の上の辺の傾斜角度が、他の文字の横画の傾斜と平行になるように調整されています。





関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ