漫画、アニメ、ライトノベル関係のロゴに使われているフォントの紹介。オタクのためのフォント読本「書体の研究」の情報も。

« 2008年8月 | メイン | 2008年10月 »

2008年9月28日

●[フォント] イノセントスマイル!?

「乃木坂春香の秘密」 イノセントスマイルのフォント

昨日の土曜日はこれを観ていました。

『乃木坂春香の秘密』の DVD 第1巻です。

で、同封されていた冊子にちょうど良い資料があったので、以前からやりたかったこのネタを。

そう、劇中に登場するアニメ雑誌「イノセントスマイル」です!


「乃木坂春香の秘密」 イノセントスマイルのフォント

こちらがオリジナル。

TV 放送で観ていたときも、それっぽく作ってあるなぁと感心していたのですが、本物のデザイナーさん(アスキーメディアワークスのグラフィックデザイナーである鈴木亨氏)が担当されたそうです。


「乃木坂春香の秘密」 イノセントスマイルのフォント

で、こちらが手持ちのフォントでまねしたものです。

白黒でもそこそこ雰囲気は出ていると思うのですが、せっかくですから色もつけてみましょう。


「乃木坂春香の秘密」 イノセントスマイルのフォント


「乃木坂春香の秘密」 イノセントスマイルのフォント

使ったフォントはこんな感じです。

「innocent」の文字は Bauhaus Bold、「SMILE」は Cooper Black。

「乃木坂春香の秘密」は先日も書いたように JTC 神楽。

それ以外の部分は基本的にモリサワの新ゴ、新丸ゴになっています。

だいたいあっていると思うのですが、「乃木坂春香の秘密」の「の」の文字だけが、何のフォントかよく分かりませんでした。

上の画像ではとりあえず手持ちの中で比較的近かったスキップ(フォントワークス)を使っています。ダイナコムウェアの麗雅宋も結構似ているんですがちょっと違いました。


あ~、こんなことをやっていたら明け方になってしまいましたよ・・・


Average Rating:
  • 販売元:ジェネオン エンタテインメント
  • 価格 :¥ 5,985



関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2008年9月26日

●[フォント] ひだまり荘の看板は?

こんばんは。榊です。

仕事で熊本に数日間行っていたんですが、行く前にしていたのは仕事の準備ではなく馬刺しのおいしい店を調べることでした・・・


「ひだまりスケッチ×365」キャラクターソングVol.1 ゆの

「ひだまりスケッチ×365」キャラクターソングVol.1 ゆの

先日、「ひだまりスケッチ×365」のキャラソンCDの「ゆの版」を買ったところ、こんなものが。

おそらく他のキャラのものもそれぞれが書いたひだまり荘の看板の文字になっているのでしょう。

さて、この「り」の文字のフォントは何でしょうか?

「ひだまりスケッチ×365」キャラクターソングVol.1 ゆの

「ひだまりスケッチ×365」キャラクターソングVol.1 ゆの

小塚ゴシックではあきらかに形があってませんね。


「ひだまりスケッチ×365」キャラクターソングVol.1 ゆの

意外にも MS ゴシックが近いようですが、1画めの始筆部の角度などが微妙に違っています。


「ひだまりスケッチ×365」キャラクターソングVol.1 ゆの

MS ゴシックの元になったらしいリョービイマジクスの ゴシック-M2 のほうがより近いようです。

ごくわずかに違いがあるようですが(アクセントの大きさなど)、これ以上に近いフォントを見つけることはできませんでした。

ゴシック-M2 を元に修正したのか別のフォントなのか、正解は分かりませんが、とりあえずゆのはむちゃくちゃレタリングが上手いといえるでしょう(笑)。





関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2008年9月22日

●[フォント] 「キスシス」のフォントなど

『Kiss×sis 1 (1) (KCデラックス)』といえば、知る人ぞ知る「ぢたま某」さんの、弟×姉2の「寸止めに完全に失敗しちゃってる」漫画ですが、今日はその表紙のお話です。

『Kiss×sis(シスシス)』

まずは例によってフォント。

カタカナの「キスシス」の文字はダイナコムウェアの DF クラフト遊、著者名の「ぢたま某」の文字は視覚デザイン研究所のギガGですね(ニィスの JTC ウィンZ10かと思ったら違いました)。


で、実は今日書きたかったのはこのフォントの話ではなく、この本の表紙に使われているホログラムのことです。

上の画像を見ていただけると、なんだか全体にわたってムラのようなものが見えると思います。

これは、スキャンの仕方が悪かったわけではなく、表面に施されているホログラム処理のせいです。

『Kiss×sis(シスシス)』

こちらの写真なら、ハート型のホログラムがちりばめられているのが見えると思います。

ホログラム処理としてはホログラムPPと呼ばれる、ホログラム処理したポリプロピレンフィルムを紙に貼り付ける方法がよく知られていますが、この本の処理はそれとは少し違うトランスタバックという方法で加工されています(確認したわけではないですがおそらく)。

トランスタバックというのは、PPフィルムを紙の上に残さないホログラム処理の方法で、株式会社トーツヤ・エコーが開発したものです。

トーツヤ・エコーのサイトにも書いてありますが、紙の上に紫外線を当てると固まる樹脂を塗っておいて、ホログラムのための細かい凹凸をつけたフィルムを押しつけた状態で紫外線照射して、固まった後にフィルムははがしてしまうというものです。

PP フィルムを残さないことや、使う樹脂の量が少ないことから、紙のリサイクルがしやすいといった利点があります。

で、『Kiss×sis(シスシス)』のホロは、トランスタバックの「HL-119(ハート大)」というパターンのようです。

このホログラム処理は結構使われていて、例えば、『危さん (ヤングチャンピオン烈コミックス)』の表紙なんかもそうですし、トレーディングカードにも多用されていますね。





関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2008年9月20日

●[雑談] 『書体の研究』続報

こんにちは。榊です。

先日、数日間だけこのブログのアクセス数が倍増したので何事かと思ったのですが、タイプラボのメールマガジンで紹介していただいたようです。

→ タイプラボ
→ メルマガのバックナンバー


で、そのメルマガをみて『書体の研究 vol.1』を手にしてくださった方もいらっしゃるようです。

→ 「とりあえず3日坊主な日記帳」

こうして非オタの方にも読んでいただけるのはありがたいですね。


他にも取り上げていただいているところがあるかな、と思って検索して見つかったのが以下のサイト。

(順不同、敬称略)


取り上げていただいてありがとうございました。

書いてくださっているコメント、感想は、vol.2 制作の参考にさせていただきます。

(亮月製作所さんや、しろもじメモランダムさんは以前から拝見しているところだったので、自分の本が載っていてびっくりでした・・・)


書体の研究 vol.2

vol.2 ただいま制作(難航)中です(笑)

ちなみに、vol.1 のとらのあなさん委託分はおかげさまで好評で、先日追加納品しましたのでまだ若干残りがあるようです。
→ とらのあな(通販ページ)




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2008年9月18日

●[フォント] DFクラフト花を発見

ダイナフォントの中には、こんなの一体どこで使うの? と言いたくなるようなデザインのものがあります。

DFクラフト花もその一つで、手書き風文字のエレメントの端々に花の模様があしらわれているというものです。
→ サンプル


以前から、この手のフォントが商用印刷物などで使われていないかと探していたのですが、ようやく1つみつけました。

印刷物ではなくてTVアニメですが、次の画像の通りです。

DFクラフト花 スケッチブック

DFクラフト花 スケッチブック

『スケッチブック ~full color's~』第6話「夏の想ひ出」(Totan Kobako / MAG Garden・full color's.)より引用

こうやってみると、しっくりきていますね。

やはりフォントも使い方次第ということでしょうか。




関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ


2008年9月13日

●[雑談] 最近買った本と丸明オールド

こんにちは。かなりお久しぶりの更新です。

最近は、『書体の研究』vol.2 の制作のために毎日パソコンに向かっているものの、どうも歳をとって集中力が落ちているのか、一向に作業がはかどりません・・・

そんなわけでブログの更新も滞りがちなんですが、今日は最近買ったライトノベルのお話を。


最近買った本 ゆず屋

  • 『七姫物語 第5章 (5) (電撃文庫)』(Amazon楽天
  • 『狼と香辛料 9 (9) (電撃文庫)』(Amazon楽天

『七姫物語』は1~4巻まで買って積んであったのですが、読み始めてみると相当良い出来で、あわてて5巻も買ってきました。

1年に1巻出るかでないかという某FSS並の刊行スピードなんですが、内容の方もゆったりと丁寧に描かれた和風ファンタジーです。

主人公であるカラの少女らしい、というかかなり幼い、素直な心の動きが丁寧に綴られてていて、ライトノベルには珍しい独特の雰囲気を持った作品です。

6巻は早めにお願いしたいものです・・・


『狼と香辛料』はついに9巻が。

「対立の町<下>」ということで、8巻と上下巻だったのですが、私は一気に読みたかったので8巻を読まずに待っていました。

これから一気に読むのが楽しみです。

(偶然ですが、この2冊のデザインは同じ「2725」の渡辺さんだったりします。)


最近買った本 ゆず屋

  • 『コピーフェイスとカウンターガール (ガガガ文庫)』(Amazon楽天
  • 『黒猫の愛読書 I -THE BLACK CAT’S CODEX- 隠された闇の系譜 (角川スニーカー文庫)』(Amazon楽天

『コピーフェイスとカウンターガール』は完全に表紙買いです。内容も全く知りませんが、とりあえずこれから読んでみます。

ガガガ文庫を買うのは『とある飛空士への追憶』に続いて(ようやく)2冊目です。

『黒猫の愛読書』の方はというと、「表紙買い」ならぬ「フォント買い」です。

「あ~、この本も丸明オールドか・・・」と思いながら見ていたところ、気がついたら買っていました。

「丸明」というのは片岡 朗さんがデザインした「エレメントに丸をつかった明朝体」で、「丸ゴシック」と対をなす「丸明朝体」といった意味のネーミングのようです。

この書体、2000年に発表されて以来もうやたらとあちこちで使われているので、気づいていないとしても毎日1回くらいは目にしているはず。

たとえば、今販売されているもので有名なところとしては小岩井の純水シリーズのロゴが丸明だったりします。

ライトノベルでは『戦う司書と恋する爆弾 (集英社スーパーダッシュ文庫)』のロゴが丸明を使っていますし、『狼と香辛料』でも最初の数ページにあるカラーイラストの部分ではすべて丸明オールドを使っていますね。

あと、コミックスでは『キミキス-various heroines (1) (ジェッツコミックス)』なんかは中を開くと丸明だらけです。

ただですね、正直言ってそろそろ丸明はおなかいっぱいです(笑)

デザイン的にはまっている場合は良いのですが、たまに「ここに丸明を使う必然性が本当にあるの?」と、デザインされた方の意図を疑いたくなるようなものも見受けられるので(上に挙げた例のことではありません)、流行った書体だからといって安易に使うのはやめてほしいところです(とか言っておいて『書体の研究』vol.2 で丸明を使いまくってたら笑ってください)。


*丸明には丸明オールド意外にもいろんなバリエーションがあります。詳しくはカタオカデザインワークスさんのサイトでどうぞ。





関連する記事


↑「ゆず屋」トップへ